K712 PRO スペック・仕様・特長

2013年 9月17日 発売

K712 PRO

  • 独自のハウジング構造によって原音の再現性を追求した、オープンエアー型ヘッドホン。
  • リボン状のワイヤーを使用した「フラットワイヤー・ボイスコイル」を採用し、ボイスコイル を小型・軽量化。
  • 2種類の素材を組み合わせた「Two-layerダイヤフラム」構造と独自の「バリモーション・テクノロジー」により、分割振動を抑制。
K712 PRO 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥36,910

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥36,910

eイヤホン

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥36,910¥39,490 (3店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥36,910 〜 ¥36,910 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:開放型(オープンエアー) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:10Hz〜39.8kHz K712 PROのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • K712 PROの価格比較
  • K712 PROの店頭購入
  • K712 PROのスペック・仕様
  • K712 PROのレビュー
  • K712 PROのクチコミ
  • K712 PROの画像・動画
  • K712 PROのピックアップリスト
  • K712 PROのオークション

K712 PROAKG

最安価格(税込):¥36,910 (前週比:±0 ) 発売日:2013年 9月17日

  • K712 PROの価格比較
  • K712 PROの店頭購入
  • K712 PROのスペック・仕様
  • K712 PROのレビュー
  • K712 PROのクチコミ
  • K712 PROの画像・動画
  • K712 PROのピックアップリスト
  • K712 PROのオークション

K712 PRO のスペック・仕様・特長



  • 独自のハウジング構造によって原音の再現性を追求した、オープンエアー型ヘッドホン。
  • リボン状のワイヤーを使用した「フラットワイヤー・ボイスコイル」を採用し、ボイスコイル を小型・軽量化。
  • 2種類の素材を組み合わせた「Two-layerダイヤフラム」構造と独自の「バリモーション・テクノロジー」により、分割振動を抑制。
基本仕様
タイプ*1オーバーヘッド 接続タイプワイヤード
装着方式両耳 構造開放型(オープンエアー)
駆動方式ダイナミック型 プラグ形状標準プラグ/ミニプラグ
インピーダンス 62 Ω 音圧感度 93 db
再生周波数帯域10Hz〜39.8kHz ドライバサイズ  
コード種類  コード長3 m
最大入力200 mW 充電端子 
ワイヤレス機能
ワイヤレス   Bluetoothバージョン 
連続再生時間  充電時間 
対応コーデック   NFC  
NFMI・MiGLO対応   TWS Plus対応  
マルチペアリング対応     
機能
リケーブル  ノイズキャンセリング  
ハイレゾ   マイク  
外音取り込み  音質調整 
自動電源ON機能  自動電源OFF機能 
防水・防滴性能  サラウンド  
リモコン   マグネット連結対応 
折りたたみ   DTS Headphone:X  
Dnote     
カラー
カラーブラック系   
サイズ・重量
重量298 g   
 
 
 
 
 
 
※イヤホン・ヘッドホン項目解説

*1タイプ

  • オーバーヘッド型

    オーバーヘッド型

    ヘッドバンドを頭に載せ耳をはさみこむタイプ。小型で軽量のタイプや、外出時に便利な折りたためるタイプもある。

  • インナーイヤー型

    インナーイヤー型

    耳の穴に軽く押し込むタイプ。付属ヘッドホンはほとんどこのタイプ。オープンエアー型が多く、音漏れしやすい。

  • 耳かけ型

    耳かけ型

    耳にひっかけるタイプ。耳に密着しないため耳への負担は少なめだが、隙間ができやすく音漏れしやすい。

  • カナル型

    カナル型

    耳栓のように、イヤホンを耳の穴の中に押し込むタイプ。密閉感が高く、外部の音が聞こえにくい。

  • オーバーヘッド型

    ネックバンド型

    ハンドを首の後ろからまわしこんで、耳をはさみこむタイプ。オーバーヘッド型より小型のものが多い。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

K712 PRO
AKG

K712 PRO

最安価格(税込):¥36,910発売日:2013年 9月17日 価格.comの安さの理由は?

K712 PROをお気に入り製品に追加する <746

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース AKG、モニタリング用ヘッドホン「K712 PRO」「K612 PRO」
2013年9月12日 18:36掲載
K712 PRO K612 PRO

ヒビノは、AKG(エーケージー)製のオープンエアー型ヘッドホンとして、フラッグシップモデル「K712 PRO」と、エントリーモデル「K612 PRO」の2機種を発表。9月17日より発売する。

いずれも、オープンエアー型を採用したモニタリング用ヘッドホン。モニタリング用として、正確で緻密な描写力を備えており、原音を忠実に再現。AKG独自のハウジング構造を採用し、目の前で演奏を聴いているかのように音場が広く、音の定位や奥行きを正確に描き出せるという。オープンエアー型の空気の流れを妨げない構造で、ドライバーの再生能力を最大限に引き出すことが可能だ。

また、リボン状のワイヤーを使用したフラットワイヤー・ボイスコイルをドライバーに搭載。ワイヤーを高い密度で巻くことが可能で、可動部分をコンパクトで軽量にし、すぐれた過渡特性を実現している。強力なネオジム磁石と相まって感度も向上しており、繊細な音声信号にも俊敏に反応する。さらに、ダイヤフラムには異なる2種類の素材を組み合わせた「TWO-LAYERダイヤフラム」構造に加えて、中心部と外縁部で厚みを変える独自の「バリモーション・テクノロジー」を採用。高域特性を維持しながら、ダンパー特性を改善し、分割振動を抑制する。一つ一つの音を丁寧に描き出し、微細な残響音も正確に再現することが可能だ。

装着感では、耳全体をすっぽりと覆うアラウンドイヤータイプのイヤーパッドを採用し、耳への圧迫が少なく長時間のモニタリングでも快適な着け心地を維持することができる。イヤーパッドの素材は、滑らかなベロア素材でできており、上質な肌触りとなっているほか、取り外して手洗いも可能だ。ヘッドバンドは、ソフトな本皮製でフィット感にすぐれており、装着するだけで長さが調整できるセルフアジャスト機能を採用する。

さらに、フラッグシップモデル「K712 PRO」には、新開発の高性能ドライバーを搭載。従来のオープンエアー型ヘッドホンでは再現が難しかった低域も、鮮明で量感豊かに出力できるという。イヤーパッドには、耳の周りの形状に合わせて自在に変形する低反発素材を採用する。

フラッグシップモデル「K712 PRO」の主な仕様は、再生周波数帯域が10Hz〜39.8kHz、感度(1kHz)が93dB SPL/mW、最大許容入力が200mW、インピーダンスが62Ω。ケーブルは、片出しの着脱式で、3mストレートケーブル(OFC)と5mカールコード(OFC)を用意。重量は298g(ケーブル除く)。標準プラグアダプター、キャリングポーチなどが付属する。

エントリーモデル「K612 PRO」の主な仕様は、再生周波数帯域が12Hz〜39.5kHz、感度(1kHz)が92dB SPL/mW、最大許容入力が200mW、インピーダンスが120Ω。ケーブルは、片出しの3mストレート(OFC)となる。重量は256g(ケーブル除く)。標準プラグアダプターが付属する。

価格はいずれもオープン。

ページの先頭へ