MDR-XB50 (W) [ホワイト] スペック・仕様・特長

MDR-XB50 (W) [ホワイト]

  • 独自開発の「高感度12mmドライバーユニット」とグルーヴ感をダイレクトに伝達する「ベースブースター」を搭載。
  • ドライバーユニットから鼓膜までの気密を高め、ハウジング上に設けたダクトにより低域の振動板の動作を最適化した。
  • 耳の奥まで装着できるアングルドイヤーピース方式の採用により、装着時の遮音性を高めている。
MDR-XB50 (W) [ホワイト] 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥3,659 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2014年 2月14日

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜24kHz MDR-XB50 (W) [ホワイト]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]の価格比較
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]の店頭購入
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]のスペック・仕様
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]のレビュー
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]のクチコミ
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]の画像・動画
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]のピックアップリスト
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]のオークション

MDR-XB50 (W) [ホワイト]SONY

最安価格(税込):¥3,659 (前週比:±0 ) 発売日:2014年 2月14日

  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]の価格比較
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]の店頭購入
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]のスペック・仕様
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]のレビュー
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]のクチコミ
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]の画像・動画
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]のピックアップリスト
  • MDR-XB50 (W) [ホワイト]のオークション

MDR-XB50 (W) [ホワイト] のスペック・仕様・特長



  • 独自開発の「高感度12mmドライバーユニット」とグルーヴ感をダイレクトに伝達する「ベースブースター」を搭載。
  • ドライバーユニットから鼓膜までの気密を高め、ハウジング上に設けたダクトにより低域の振動板の動作を最適化した。
  • 耳の奥まで装着できるアングルドイヤーピース方式の採用により、装着時の遮音性を高めている。
基本仕様
タイプ *1カナル型 装着方式 両耳
構造 密閉型(クローズド) 駆動方式ダイナミック型
プラグ形状ミニプラグ インピーダンス 16 Ω
音圧感度 110 db 再生周波数帯域4Hz〜24kHz
ドライバサイズ 12 mm コード種類Y字型
最大入力100 mW 充電端子 
ワイヤレス機能
ワイヤレス   Bluetoothバージョン 
連続再生時間  充電時間 
対応コーデック   NFC  
NFMI・MiGLO対応   TWS Plus対応 
マルチペアリング対応     
機能
リケーブル   ノイズキャンセリング  
ハイレゾ   マイク  
外音取り込み  音質調整 
自動電源ON機能  自動電源OFF機能 
防水・防滴性能  サラウンド  
リモコン   マグネット連結対応 
折りたたみ   DTS Headphone:X  
Dnote     
カラー
カラーホワイト   
サイズ・重量
コード長1.2 m 重量8 g
 
 
 
 
 
 
※イヤホン・ヘッドホン項目解説

*1タイプ

  • オーバーヘッド型

    オーバーヘッド型

    ヘッドバンドを頭に載せ耳をはさみこむタイプ。小型で軽量のタイプや、外出時に便利な折りたためるタイプもある。

  • インナーイヤー型

    インナーイヤー型

    耳の穴に軽く押し込むタイプ。付属ヘッドホンはほとんどこのタイプ。オープンエアー型が多く、音漏れしやすい。

  • 耳かけ型

    耳かけ型

    耳にひっかけるタイプ。耳に密着しないため耳への負担は少なめだが、隙間ができやすく音漏れしやすい。

  • カナル型

    カナル型

    耳栓のように、イヤホンを耳の穴の中に押し込むタイプ。密閉感が高く、外部の音が聞こえにくい。

  • オーバーヘッド型

    ネックバンド型

    ハンドを首の後ろからまわしこんで、耳をはさみこむタイプ。オーバーヘッド型より小型のものが多い。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
重低音のグルーヴ感をあますところなく伝える「ベースブースター」
重低音のグルーヴ感をあますところなく伝える「ベースブースター」

ドライバーユニットから鼓膜までの気密を高めつつ、ハウジング上に設けたダクトにより低域の振動板の動作を最適化。圧倒的な量感の低音を正確なリズムで捉えることで、重低音のグルーヴ感をダイレクトに伝達します。

小型・高感度の独自開発の12mmドライバーユニット

●新しく開発された振動板
振動板を新たに開発し、16mmドライバーユニットと同じサイズのドーム面積を実現。最小のエッジ幅で最大の可動性を獲得すると同時に、ドーム部を拡大し振動板の有効面積を最大化することで高い感度を実現します。

●高磁力ネオジウムマグネット
16mmドライバーユニットと同じサイズの300kJ/m3高磁力ネオジウムマグネットと、従来のボイスコイルよりも長く、マグネットとの接地を安定させるロングボイスコイルを採用。強力かつリニアリティの高い駆動系で、小型でありながら高感度で低歪な音響特性を実現します。

小型・高感度の独自開発の12mmドライバーユニット
快適で落ちにくい装着性
快適で落ちにくい装着性

●アングルドイヤーピース方式
ドライバーの小型化によりアングルドイヤーピース方式を実現。耳の奥まで装着できるので遮音性が向上し、快適な装着感と高音質を両立します。

●装着感と音質を向上させるハイブリッドイヤーピース
2種類の硬度のシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースを採用。芯の部分は硬い素材を用いることで音の通路の形状を保持し、先端の潰れによる音質劣化を防止。外側の部分は柔らかい素材を用いることで耳へのフィット感を向上。密閉度を高め、長時間でも快適な装着性を実現します。

からみにくいセレーションコード
からみにくいセレーションコード

コード表面の細かい溝によりからみの原因である摩擦を低減。コードスライダーとの併用で効果的にからみを防ぐので、リスニング時や持ち歩きも快適です。

スタイリッシュなデザインとカラーバリエーション

ベーシックなブラックとホワイトに加え、グレー地に鮮やかな差し色を配したブルーとイエローをラインアップしました。

スタイリッシュなデザインとカラーバリエーション
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

MDR-XB50 (W) [ホワイト]
SONY

MDR-XB50 (W) [ホワイト]

最安価格(税込):¥3,659発売日:2014年 2月14日 価格.comの安さの理由は?

MDR-XB50 (W) [ホワイト]をお気に入り製品に追加する <118

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ソニー、「ベースブースター」搭載のイヤホン2機種
2014年1月21日 15:20掲載
MDR-XB70 MDR-XB50

ソニーは、「EXTRA BASS」シリーズの新型イヤホンとして、「MDR-XB70」と「MDR-XB50」を発表。2月14日より発売する。

重低音に特化した「EXTRA BASS」シリーズの新型イヤホン。ドライバーユニットから鼓膜までの気密を高めつつ、ハウジングの上に設けたダクトにより低域の振動板の動作を最適化した「ベースブースター」を備えるのが特徴。重低音のグルーヴ感をダイレクトに伝達できるという。

ドライバーユニットには、新開発の12mmドライバーユニットを採用。振動板のドーム部を拡大して有効面積を最大化することで、16mmドライバーユニットと同サイズのドーム面積を確保して、小型でありながら高感度で低歪な音響特性を実現した。

■「MDR-XB70」

「MDR-XB70」は切削アルミニウムハウジングを搭載。360kJ/m3高磁力ネオジウムマグネットとロングボイスコイルを採用することですぐれた音響特性を実現している。

主な仕様は、再生周波数帯域が4〜26000Hz、感度が112dB/mW、インピーダンスが16Ω、最大入力が100mW。ケーブルはからみにくいセレーションコードを採用し、ケーブル長は1.2m。コードタイプはY型となる。ハイブリッドイヤーピースのSS、S、M、Lサイズ(各2個ずつ)、キャリングポーチが付属。ボディカラーは、ブラックとゴールドの2色を用意する。

価格は8,715円。

■「MDR-XB50」

「MDR-XB50」は、ブラック、ブルー、ホワイト、イエローの4色のカラーバリエーションを用意するのが特徴。300kJ/m3高磁力ネオジウムマグネットとロングボイスコイルを採用することですぐれた音響特性を実現している。

主な仕様は、再生周波数帯域が4〜24000Hz、感度が110dB/mW、インピーダンスが16Ω、最大入力が100mW。ケーブルはからみにくいセレーションコードを採用し、ケーブル長は1.2m。コードタイプはY型となる。ハイブリッドイヤーピースのSS、S、M、Lサイズ(各2個ずつ)、キャリングポーチが付属する。

価格は4,935円。

ページの先頭へ