スピードライト 600EX II-RT スペック・仕様・特長

2016年 6月23日 発売

スピードライト 600EX II-RT

外部ストロボのフラッグシップ機

スピードライト 600EX II-RT 製品画像
最安価格(税込):

¥47,272

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥32,384 (15製品)


価格帯:¥47,272¥72,215 (52店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥72,000

店頭参考価格帯:¥47,272 〜 ¥67,716 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

調光方式:E-TTL II/E-TTL/TTL 最大ガイドナンバー(ISO100):60 重量:435g 機能:マニュアル設定/オートズーム機構/ワイヤレス発光/バウンス/外部測光/連続発光/モデリング発光/マルチ発光/ スピードライト 600EX II-RTのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • スピードライト 600EX II-RTの価格比較
  • スピードライト 600EX II-RTの中古価格比較
  • スピードライト 600EX II-RTの店頭購入
  • スピードライト 600EX II-RTのスペック・仕様
  • スピードライト 600EX II-RTのレビュー
  • スピードライト 600EX II-RTのクチコミ
  • スピードライト 600EX II-RTの画像・動画
  • スピードライト 600EX II-RTのピックアップリスト
  • スピードライト 600EX II-RTのオークション

スピードライト 600EX II-RTCANON

最安価格(税込):¥47,272 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 6月23日

  • スピードライト 600EX II-RTの価格比較
  • スピードライト 600EX II-RTの中古価格比較
  • スピードライト 600EX II-RTの店頭購入
  • スピードライト 600EX II-RTのスペック・仕様
  • スピードライト 600EX II-RTのレビュー
  • スピードライト 600EX II-RTのクチコミ
  • スピードライト 600EX II-RTの画像・動画
  • スピードライト 600EX II-RTのピックアップリスト
  • スピードライト 600EX II-RTのオークション

スピードライト 600EX II-RT のスペック・仕様・特長



基本仕様
最大ガイドナンバー(ISO100)60(照射角200mm) 照射角20〜200 mm
調光方式E-TTL II/E-TTL/TTL 電池種類単3
電池本数4   
その他機能
マニュアル設定 オートズーム機構
ワイヤレス発光 バウンス 
外部測光  モデリング発光 
マルチ発光  赤目軽減 
ハイスピードシンクロ(FP発光)  後幕シンクロ 
外部電源対応   
サイズ・重量
横幅x高さx奥行78.7x143.2x122.7 mm 重量435 g
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

スピードライト 600EX II-RT
CANON

スピードライト 600EX II-RT

最安価格(税込):¥47,272発売日:2016年 6月23日 価格.comの安さの理由は?

スピードライト 600EX II-RTをお気に入り製品に追加する <378

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース キヤノン、外部ストロボのフラッグシップ機「スピードライト600EX II-RT」
2016年5月11日 15:53掲載
「スピードライト600EX II-RT」

キヤノンは、レンズ交換式デジタルカメラ「EOS」シリーズ向け外部ストロボのフラッグシップモデルとして、「スピードライト600EX II-RT」を発表。7月上旬より発売する。

外部ストロボ「スピードライトEXシリーズ」のフラッグシップモデル「スピードライト600EX-RT」の後継機種。最大ガイドナンバー60の大発光量と、焦点距離20〜200mm(フルサイズ35mm判換算)をカバーする。なお、キヤノンのコンパクトデジタルカメラ「PowerShot」シリーズの一部にも装着可能だ。

また、耐熱性にすぐれた部品の採用に加えて、発光部の内部構造の最適化や発光部周辺の放熱対策、発光アルゴリズムの改善などにより、従来機種と比較して、連続発光回数が最大約1.5倍に向上した点も特徴だ。

機能面では、「発光モード」と「ワイヤレスモード」の設定操作を、「ボタン+ダイヤル」操作に変更しており、より直感的にすばやく設定を変更できる。加えて、電波通信ワイヤレスストロボ撮影時に、マスターストロボの表示パネルでスレーブストロボの充電状態を確認することが可能だ。

本体サイズは78.7(幅)×143.2(高さ)×122.7(奥行)mm(防塵・防滴アダプターを除く)、重量は約435g(ストロボ本体のみ、電池別)。

このほか、ストロボ光を拡散させることで被写体の影を抑え、より自然な描写を実現する「バウンスアダプター」、白熱電球照明(タングステン光源)下でストロボ撮影を行う際に、被写体と背景をともに適切なホワイトバランスで撮影するための「カラーフィルター」を同梱する。

価格は72,000円(税別)。

ページの先頭へ