HVL-F45RM スペック・仕様・特長

2017年 4月28日 発売

HVL-F45RM

α7向け最大ガイドナンバー45の小型・軽量外付けフラッシュ

HVL-F45RM 製品画像
最安価格(税込):

¥34,380

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥34,380

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥28,600 (6製品)


価格帯:¥34,380¥46,906 (46店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥43,000

店頭参考価格帯:¥34,380 〜 ¥41,800 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

調光方式:ADI/P-TTL 最大ガイドナンバー(ISO100):45 重量:317g 機能:マニュアル設定/オートズーム機構/ワイヤレス発光/バウンス/連続発光/モデリング発光/マルチ発光/ハイスピ HVL-F45RMのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HVL-F45RMの価格比較
  • HVL-F45RMの中古価格比較
  • HVL-F45RMの店頭購入
  • HVL-F45RMのスペック・仕様
  • HVL-F45RMのレビュー
  • HVL-F45RMのクチコミ
  • HVL-F45RMの画像・動画
  • HVL-F45RMのピックアップリスト
  • HVL-F45RMのオークション

HVL-F45RMSONY

最安価格(税込):¥34,380 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 4月28日

  • HVL-F45RMの価格比較
  • HVL-F45RMの中古価格比較
  • HVL-F45RMの店頭購入
  • HVL-F45RMのスペック・仕様
  • HVL-F45RMのレビュー
  • HVL-F45RMのクチコミ
  • HVL-F45RMの画像・動画
  • HVL-F45RMのピックアップリスト
  • HVL-F45RMのオークション

HVL-F45RM のスペック・仕様・特長



基本仕様
最大ガイドナンバー(ISO100)45(照射角105mm) 照射角24〜105 mm
調光方式ADI/P-TTL 電池種類単3
電池本数4   
その他機能
マニュアル設定 オートズーム機構
ワイヤレス発光 バウンス 
外部測光   モデリング発光 
マルチ発光  赤目軽減 
ハイスピードシンクロ(FP発光)  後幕シンクロ 
外部電源対応    
サイズ・重量
横幅x高さx奥行69.4x113.7x88.3 mm 重量317 g
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

HVL-F45RM
SONY

HVL-F45RM

最安価格(税込):¥34,380発売日:2017年 4月28日 価格.comの安さの理由は?

HVL-F45RMをお気に入り製品に追加する <137

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ソニー、α7向け小型・軽量フラッシュ「HVL-F45RM」を4/28発売
2017年3月16日 18:00掲載
HVL-F45RM HVL-F45RM HVL-F45RM

ソニーは、4月の発売を予定していた、電波式ワイヤレス通信対応の外付けフラッシュ「HVL-F45RM」の発売日を決定。4月28日より発売する。

従来機「HVL-F43M」比で体積が約12%減と、小型・軽量で最大ガイドナンバー45の大光量を両立する外付けフラッシュ。「α」の電波式ライティングシステム(電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」)との組み合わせによるワイヤレスライティングが可能だ。

「α7 シリーズ」との使用に適した小型設計ながら、大光量を実現し、光を天井や壁などに反射させて自然な光を演出するバウンス発光時や、ハイスピードシンクロ撮影(HSS)対応時にも、十分な光量を確保する。発光部は、上下左右の4方向にバウンスできる。

また、電波式ワイヤレス通信機能を内蔵しており、コマンダー(送信側)とレシーバー(受信側)、どちらの役にも割り当てられる。最大5グループ、計15台まで接続でき、最大30mの通信距離内で手元のコマンダーにて撮影モードや光量などの調整を行える。

さらに、本体背面には、視認性の高い液晶モニターを搭載。メニュー画面は、カメラ本体と同じタブ構成を採用するほか、使用頻度の高い機能をアサインできるキーカスタマイズ機能を搭載し、素早く直感的な操作が可能だ。加えて、充電時間約2.5秒で、最大発光回数約210回の使用を実現。屋外でも安心して撮影できる防塵防滴設計となっている。

本体サイズは、69.4(幅)×113.7(高さ)×88.3(奥行)mm、重量が317g(本体のみ)。電源が単3形アルカリ乾電池 単3形ニッケル水素電池×4。端子保護キャップ、ミニスタンド、キャリングケースが付属する。

価格は43,000円(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソニー、α7向け最大ガイドナンバー45の小型・軽量外付けフラッシュ

ページの先頭へ