VIERA TH-49JX850 [49インチ] スペック・仕様・特長

2021年 4月23日 発売

VIERA TH-49JX850 [49インチ]

  • 4K放送の2番組同時録画に対応した4Kダブルチューナー内蔵液晶テレビ(49V型)。地震に強く倒れにくい「転倒防止スタンド」を採用。
  • AI技術により映像のシーンを判別して自動で最適な画質に調整する。「ヘキサクロマドライブ」が光と色をさらに美しく、忠実に再現。
  • 高さ方向の音表現も可能にする「ドルビーアトモス」に対応。「Bluetoothオーディオ連携」で、スマホやテレビの音をワイヤレスで送受信できる。
VIERA TH-49JX850 [49インチ] 製品画像

拡大

この製品の環境ラベルを見る

省エネ性マーク

3.0/5

省エネ性マーク

最安価格(税込):

¥118,580

(前週比:-1,998円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥118,680

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥118,580¥149,800 (11店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国700店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ

種類 : 液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:オブジェクト検出 倍速表示 録画機能:外付けHDD VIERA TH-49JX850 [49インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]の価格比較
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]の店頭購入
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]のスペック・仕様
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]の純正オプション
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]のレビュー
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]のクチコミ
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]の画像・動画
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]のピックアップリスト
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]のオークション

VIERA TH-49JX850 [49インチ]パナソニック

最安価格(税込):¥118,580 (前週比:-1,998円↓) 発売日:2021年 4月23日

  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]の価格比較
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]の店頭購入
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]のスペック・仕様
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]の純正オプション
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]のレビュー
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]のクチコミ
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]の画像・動画
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]のピックアップリスト
  • VIERA TH-49JX850 [49インチ]のオークション

VIERA TH-49JX850 [49インチ] のスペック・仕様・特長



  • 4K放送の2番組同時録画に対応した4Kダブルチューナー内蔵液晶テレビ(49V型)。地震に強く倒れにくい「転倒防止スタンド」を採用。
  • AI技術により映像のシーンを判別して自動で最適な画質に調整する。「ヘキサクロマドライブ」が光と色をさらに美しく、忠実に再現。
  • 高さ方向の音表現も可能にする「ドルビーアトモス」に対応。「Bluetoothオーディオ連携」で、スマホやテレビの音をワイヤレスで送受信できる。
表示性能
種類液晶テレビ 画面サイズ49 V型(インチ)
パネル性能4K 画素数 3840x2160
HDR 対応 HDR方式 HDR10
HDR10+
ドルビービジョン
HLG
映像処理エンジンヘキサクロマドライブ パネル種類IPSパネル
バックライトLEDバックライト 画面分割(2画面機能) 
倍速機能 オブジェクト検出 倍速表示 Ultra HD Premium 
1V型(インチ)あたりの価格\2,420   
搭載チューナー
BS 8K  BS 4K
110度CS 4K 地上デジタル
BSデジタル 110度CSデジタル
124/128度CS4K(スカパープレミアム)対応チューナー    
チューナー数
BS 8K数  BS 4K数2
110度CS 4K数2 地上デジタル数3
BSデジタル数3 110度CSデジタル数3
録画・再生機能
録画機能外付けHDD ドライブ内蔵 
自動録画機能  早見再生1.3 倍速
VODサービス
Android TV  Google TV 
YouTube Amazonプライム・ビデオ
Netflix DAZN
FOD  dTV
ひかりTV ひかりTV4K
TSUTAYA TV Hulu
U-NEXT Paravi
Rakuten TV TELASA
ネットワーク
有線LAN 無線LAN
Bluetooth Wi-Fi Direct対応  
ホームネットワーク機能お部屋ジャンプリンク DTCP-IP  
コンテンツ保護
SeeQVault対応     
接続端子
HDMI端子4端子
ARC対応
eARC対応
USB端子3
D端子入力   コンポーネント入力 
PC入力端子  光デジタル音声出力端子1
LAN端子1 ヘッドホン出力端子
基本仕様
視聴距離(目安)0.9 m 消費電力162 W
待機時消費電力0.3 W リモコン(音声操作)
スマートスピーカー連携Google アシスタント
Amazon Alexa
カードスロット 
音質性能
DOLBY ATMOS 音声実用最大出力30 W
スピーカー数フルレンジ:2   
ゲーム
ゲームモード VRR 
ALLM   
サイズ・重量
幅x高さx奥行 1099x694x245 mm 重量 20.5 kg
省エネ性能
多段階評価 ★★★ 省エネ基準達成率 191%(2012年度)
省エネ性マーク(緑)  年間消費電力量117 kWh
年間電気代*23159 円   
 
 
 
 
 
 
※液晶テレビ・有機ELテレビ項目解説

※「VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス」に関するご注意
VODとは、インターネットを利用して視聴者が見たいときに、映像コンテンツを視聴できるサービスです(一部有料)。
(ソフトウェアアップデートにより、対応サービスが変更になる場合がございますので、メーカーサイトで最新の情報をご確認ください)

*1 倍速液晶
1秒間に60枚で表示している映像を倍の120枚で表示し、動きの速いシーンやテロップなどもより滑らかに表示できる。
中には1秒間に240枚表示しているタイプもある。

*2 年間電気代
年間消費電力から電気代を換算したものです。
電力料金は電力会社や各ご家庭の使用電力量によって異なりますが、目安として1kWhあたり27円(税込)として算出しています。
有機ELテレビは省エネ法に基づく年間消費電力量が定義されていないため、液晶テレビの基準で算出した参考値です。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

VIERA TH-49JX850 [49インチ]
パナソニック

VIERA TH-49JX850 [49インチ]

最安価格(税込):¥118,580発売日:2021年 4月23日 価格.comの安さの理由は?

VIERA TH-49JX850 [49インチ]をお気に入り製品に追加する <845

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース パナソニック、“新4K放送の2番組同時録画”に対応した「4Kビエラ JX900/JX850」
2021年3月26日 15:15掲載
「4Kビエラ JX900シリーズ」2機種および「4Kビエラ JX850シリーズ」 「4Kビエラ JX900シリーズ」 「4Kビエラ JX850シリーズ」

パナソニックは、4K液晶テレビの新モデルとして、「4Kビエラ JX900シリーズ」2機種および「4Kビエラ JX850シリーズ」2機種を発表した。

「4Kビエラ JX900シリーズ」のラインアップは、65V型「TH-65JX900」、55V型「TH-55JX900」を用意し、いずれも4月23日から発売する。

「4Kビエラ JX850シリーズ」のラインアップと発売時期は、49V型「TH-49JX850」が4月23日、43V型「TH-43JX850」が今夏を予定している。

いずれも、映像処理回路を一新し、高画質技術が進化したという点が特徴。ディープラーニングを活用したAI技術による、シーン認識アルゴリズムを搭載したことで、シーンに応じて画質を自動で最適化する「オートAI画質」を実現する。

さらに、映像信号処理技術も進化。プロの映像制作用マスターモニターにも採用されているという3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)を搭載した「ヘキサクロマドライブ」や「Wエリア制御」が進化し、「明部から暗部まで、4K/HDR映像の色と階調を忠実に再現する」とのことだ。

このほか、HDMI2.1規格の4K120p入力に加えて、映像の入力から表示までの遅延を抑えて、より快適なゲーム体験を楽しめる「ゲームモード エクストリーム」も新たに装備した。

音質面では、総合30W(15W+15W)のダイナミックサウンドシステムに加えて、立体音響技術「Dolby Atmos」に対応し、「テレビのスピーカーのみで、上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響」を実現するという。

なお、「4Kビエラ JX900シリーズ」のみ、薄型メタルフレームを採用。新構造によってフレームデザインを刷新し、パネル面とフレームの段差をなくしたフラット構造を施したという。

主な仕様は共通で、画面解像度は3840×2160ドット。HDRをサポートし、「HDR10」「HLG」「HDR10+」「Dolby Vision」規格に対応する。チューナーは、BS4K/110度CS4Kチューナーを各2基、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを各3基装備する。

録画機能では、外付けのUSB HDD(別売り)を使った番組録画が可能。また、「新4K衛星放送の2番組同時録画にも対応する(新4K衛星放送を2番組同時録画中に視聴できる新4K衛星放送は、録画中の番組のみ)」とのことだ。

価格はオープン。

■関連リンク

パナソニック、AI技術で画質・音質を調整するハイエンド4K液晶ビエラ「JX950」

ページの先頭へ