映像部門

価格.com Product Award 2020 大賞

映像部門大賞

薄型テレビ・液晶テレビ

ハイセンス

65S6E
製品詳細
ユーザーレビュー 価格推移

最安価格 読込中...

お気に入り登録 読込中...

評価ポイント 7,221pt

受賞ポイント

  1. BS/CS 4Kチューナーを内蔵する65型4K液晶テレビが10万円クラスの低価格
  2. 傘下の東芝映像ソリューションと共同開発した「NEOエンジン」を搭載
  3. 独自UI「VIDAA」でNetflixやプライム・ビデオをスマートに楽しめる

大賞寸評 多くのユーザーから満点に近い満足度を集めたハイセンス液晶テレビ

外出自粛にともなう「おうち時間」の増加によって、テレビを見る時間が増えたという人は多いだろう。特に最近のテレビは、単純に地上波や衛星放送のテレビ番組を見るだけでなく、パソコン並みのネットワーク機能を搭載していることから、「YouTube」や「Netflix」に代表されるようなネット配信動画を楽しむデバイスとしても利用価値が増加している。そのため、この機会にテレビをさらに大型のものに買い換えたという人も少なくない。ハイセンスの「65S6E」は、まさにそんなテレビの大型化を代表するようなモデルだ。本製品は、65V型の大画面でありながらも、10万円程度という戦略的な価格設定で、これまで価格面でサイズアップをためらっていた人たちから一気に人気を得た。
画質面でも、傘下の東芝映像ソリューションと共同開発した「NEOエンジン」を搭載するなど、なんら不足がなく、動画配信サービスのコンテンツも、独自のUI「VIDAA」やリモコンに搭載されたワンタッチボタンによって簡単にアクセス可能。もちろん、新4K衛星放送にも対応しており、地上/BS/CS110°の3波チューナーは3基搭載しているので、裏番組の録画にもしっかり対応する。ほぼベゼルレスの外観デザインも高評価で、10万円という低価格を感じさせない、しっかりした製品として多くのユーザーから満点に近い満足度を集めた。

全文を読む

基本スペック 更に詳しく 更に詳しく 最安価格やレビュー、スペックを見る

画面サイズ 65インチ
種類 液晶テレビ
画素数 4K (3840x2160)
搭載チューナー数 BS 4K:1 / 110度CS 4K:1 / 地上デジタル:3 / BSデジタル:3 / 110度CSデジタル:3

レビューピックアップ

ブッハさん

満足度 5

ここ数年のテレビの進化をまざまざと見せつけられておりニヤニヤが止まりません、いい買い物しました。有機ELはあと数年待ちたいけど買い替え必要な私みたいな人やテレビとか機械よくわかんないって人にもメチャクチャおすすめします。

全文を読む

SHMSさん

満足度 5

購入後、約2ヶ月でのレビューとなります。現時点で初期不良や不具合も無く非常に満足しております。国産と比較しても圧倒的なコストパフォーマンス、非常に鮮やかな液晶、クリア音声と文句無しです。

全文を読む

yaooさん

満足度 5

10年以上前に購入したパナソニックのプラズマ42型からの買換えです。デザインは高級感があり、画質は素晴らしく感動しました。65型ですが地デジ画質もとてもキレイです。Netflixの4K映像はまさに圧巻です。

全文を読む

レビューデータ

    ※2020年11月時点のデータです。

    みんなの レビュー・クチコミ総括
    ベゼルレスでスッキリしたデザイン、そして下部には派手すぎないゴールドのラインが入っているなど、高級感のあるデザインを評価する声が多く寄せられています。リモコンの操作性も良く、YouTube、Amazon Prime Video、Netflixなどのネット動画のボタンが搭載されているなど、その使いやすさが賞賛されています。クリアで鮮明な画質への評価も高く、優れたコストパフォーマンスを実現している点も人気の秘密と言えるでしょう。
    メーカーコメント

    ハイセンスジャパン株式会社

    「より大画面で高画質なテレビが欲しい」との声を

    昨年の映像部門 薄型テレビ・液晶テレビ 金賞に引き続き、今年は映像部門 大賞を授与いただき大変光栄です。
    65S6Eをご購入いただいたお客さま、そしてレビューしてくださったお客さま、誠にありがとうございます。
    2019年に発売した弊社製品も、お客さまから大変好評をいただきましたが、それと共にお客さまから「より大画面で高画質なテレビが欲しい」との声をいただきました。そこで2020年に発売したのが、今回65型で大賞をいただいたS6Eシリーズになります。
    S6Eシリーズで高くご評価いただいた画質については、東芝映像ソリューションと共同開発した「NEOエンジン」に加え、さらに輝度を高めるための「バックライトブーストフィルム」を搭載することで、皆さまにご満足いただける映像を楽しんでいただけたのではないかと、私どもも喜ばしく感じております。
    またリモコンでVODダイレクトボタンを拡充したことに対して高い評価をいただいたことについても、お客さまのテレビの視聴スタイルに対応できたことを大変嬉しく感じております。
    今後ともハイセンスジャパンは、高画質・大画面・高品質をテレビのストラテジーとして、多くのお客さまにご満足いただけるより良い製品をご提供できるよう、頑張ってまいります。引き続きハイセンス製品をよろしくお願いいたします。

    開発センター 李 建波

    このページの上へ戻る