MDR-1000X スペック・仕様・特長

2016年10月29日 発売

MDR-1000X

  • ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で楽しめる、高音質コーデック「LDAC」に対応した、ノイズキャンセリングステレオヘッドセット。
  • 装着時の個人差を検出して最適化する「パーソナルNCオプティマイザー」や騒音を気にせずに、音楽に浸れる「フルオートAIノイズキャンセリング」を搭載。
  • ハウジング部の「タッチセンサーコントロールパネル」で、音楽再生機の曲送り/戻し、音量調節などが行える。SiriやGoogle Now機能の起動・操作もできる。
MDR-1000X 製品画像

拡大

MDR-1000X (B) [ブラック] MDR-1000X (C) [グレーベージュ]
最安価格(税込):

¥22,800 グレーベージュ[グレーベージュ]

(前週比:-1,000円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥23,556 グレーベージュ[グレーベージュ]

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥22,800¥40,568 (4店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:4Hz〜40kHz ハイレゾ:○ MDR-1000Xのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MDR-1000Xの価格比較
  • MDR-1000Xの店頭購入
  • MDR-1000Xのスペック・仕様
  • MDR-1000Xのレビュー
  • MDR-1000Xのクチコミ
  • MDR-1000Xの画像・動画
  • MDR-1000Xのピックアップリスト
  • MDR-1000Xのオークション

MDR-1000XSONY

最安価格(税込):¥22,800 [グレーベージュ] (前週比:-1,000円↓) 発売日:2016年10月29日

  • MDR-1000Xの価格比較
  • MDR-1000Xの店頭購入
  • MDR-1000Xのスペック・仕様
  • MDR-1000Xのレビュー
  • MDR-1000Xのクチコミ
  • MDR-1000Xの画像・動画
  • MDR-1000Xのピックアップリスト
  • MDR-1000Xのオークション

MDR-1000X のスペック・仕様・特長



  • ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質で楽しめる、高音質コーデック「LDAC」に対応した、ノイズキャンセリングステレオヘッドセット。
  • 装着時の個人差を検出して最適化する「パーソナルNCオプティマイザー」や騒音を気にせずに、音楽に浸れる「フルオートAIノイズキャンセリング」を搭載。
  • ハウジング部の「タッチセンサーコントロールパネル」で、音楽再生機の曲送り/戻し、音量調節などが行える。SiriやGoogle Now機能の起動・操作もできる。
基本仕様
タイプ*1オーバーヘッド 接続タイプワイヤレス
装着方式両耳 構造密閉型(クローズド)
駆動方式ダイナミック型 プラグ形状ミニプラグ
インピーダンス 16 Ω 音圧感度 98 db
再生周波数帯域4Hz〜40kHz ドライバサイズ 40 mm
コード種類  コード長1.5 m
最大入力  充電端子 
ワイヤレス機能
ワイヤレス Bluetooth BluetoothバージョンVer.4.1/Class2
連続再生時間最大20時間(NC ON時)
最大22時間(NC OFF時)
充電時間約4時間
対応コーデック SBC
AAC
aptX
LDAC
NFC 
NFMI・MiGLO対応   TWS Plus対応 
マルチペアリング対応     
機能
リケーブル  ノイズキャンセリング 
ハイレゾ  マイク 
外音取り込み  音質調整 
自動電源ON機能  自動電源OFF機能 
防水・防滴性能  サラウンド  
リモコン  マグネット連結対応 
折りたたみ  DTS Headphone:X  
Dnote     
カラー
カラーブラック
グレーベージュ
  
サイズ・重量
重量275 g   
 
 
 
 
 
 
※イヤホン・ヘッドホン項目解説

*1タイプ

  • オーバーヘッド型

    オーバーヘッド型

    ヘッドバンドを頭に載せ耳をはさみこむタイプ。小型で軽量のタイプや、外出時に便利な折りたためるタイプもある。

  • インナーイヤー型

    インナーイヤー型

    耳の穴に軽く押し込むタイプ。付属ヘッドホンはほとんどこのタイプ。オープンエアー型が多く、音漏れしやすい。

  • 耳かけ型

    耳かけ型

    耳にひっかけるタイプ。耳に密着しないため耳への負担は少なめだが、隙間ができやすく音漏れしやすい。

  • カナル型

    カナル型

    耳栓のように、イヤホンを耳の穴の中に押し込むタイプ。密閉感が高く、外部の音が聞こえにくい。

  • オーバーヘッド型

    ネックバンド型

    ハンドを首の後ろからまわしこんで、耳をはさみこむタイプ。オーバーヘッド型より小型のものが多い。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

MDR-1000X
SONY

MDR-1000X

最安価格(税込):¥22,800発売日:2016年10月29日 価格.comの安さの理由は?

MDR-1000Xをお気に入り製品に追加する <1285

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ソニー、ワイヤレス時でも圧縮音源をハイレゾ相当で楽しめるNCヘッドホン
2016年10月4日 17:05掲載
「MDR-1000X」 「MDR-1000X」 「MDR-1000X」

ソニーは、ワイヤレスタイプのノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-1000X」を発表。10月29日より発売する。

圧縮音源をアップスケーリングし、サンプリング周波数とビットレートを最大96kHz/24bitまで拡張する「DSEE HX」を搭載したヘッドホン。ワイヤレス使用時でも、圧縮音源をハイレゾ相当で楽しめる点が特徴だ(SBC/AAC/aptXコーデックによるBluetooth接続時)。

さらに、業界最高レベル(同社調べ)というノイズキャンセリング技術を採用。個人の装着状態に合わせてノイズキャンセリング性能を最適化する「パーソナルNCオプティマイザー」、ハウジングの内外に配置した2つのセンサーでノイズを集音し、DNCソフトウェアエンジンで、騒音を打ち消す効果のある信号を生成してノイズを低減する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」、周囲の騒音を常に分析し、3つのノイズキャンセリングモードから最も効果的なモードを自動で選択する「フルオートAIノイズキャンセリング」を搭載した。

また、本体右側のハウジングを使ったタッチ操作で、音楽再生/一時停止、音量調節などが可能(Bluetooth時のみ操作が有効)。スマートフォンとBluetooth接続して、Google NowやSiriなどスマートフォンの音声アシスタント機能を、タッチ操作で簡単に起動できる。

機能面では、ノイズキャンセリング使用時でも、右側のハウジングに搭載したタッチセンサーコントロールパネル全面を手で触れている間のみ、一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を取り込む「クイックアテンション」、音楽を楽しみながら周囲の音に気づける「外音取り込み機能(アンビエントサウンドモード)」に対応した。

このほか主な仕様は、40mm径ドライバーユニットを装備。周波数特性が4Hz〜40000Hz。感度が103dB、インピーダンスが46Ω(いずれも、有線接続、POWER ON時 1kHzにて)。電源は充電式リチウムイオンバッテリーを内蔵し、充電時間が約4時間、連続音声再生時間が最大20時間(NC ON時)/最大22時間(NC OFF時)。

Bluetoothのバージョンは4.1、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックがSBC、AAC、aptX、LDACをサポート。SCMS-T方式にも対応する。最大通信距離はClass2相当で見通し約10m。重量は約275g。ボディカラーはブラック、グレーベージュを用意した。

市場想定価格は40,000円前後(税別)。

ページの先頭へ