EOS 7D Mark II ボディ スペック・仕様・特長

2014年10月30日 発売

EOS 7D Mark II ボディ

  • 最高約10コマ/秒の高速連写や、最大65点クロス測距が可能なAF性能を搭載した、ハイアマチュア向けデジタル一眼カメラ。
  • APS-Cサイズの約2020万画素CMOSセンサーや映像エンジンを2基採用した「デュアル DIGIC 6」で、常用ISO感度最高16000を実現。
  • 動きの速い被写体でも残像感を抑え、よりなめらかな動画撮影が可能なフルハイビジョン60p動画を実現したほか、MP4形式にも対応。
EOS 7D Mark II ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥99,800

(前週比:-9,700円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥54,980 (99製品)


価格帯:¥99,800¥195,525 (9店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥118,000 〜 ¥195,525 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ : 一眼レフ 画素数:2090万画素(総画素)/2020万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/22.4mm×15mm/CMOS 重量:820g EOS 7D Mark II ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品において、PTP通信とファームウエアアップデートに関する脆弱性が発表されました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • EOS 7D Mark II ボディの価格比較
  • EOS 7D Mark II ボディの中古価格比較
  • EOS 7D Mark II ボディの買取価格
  • EOS 7D Mark II ボディの店頭購入
  • EOS 7D Mark II ボディのスペック・仕様
  • EOS 7D Mark II ボディの純正オプション
  • EOS 7D Mark II ボディのレビュー
  • EOS 7D Mark II ボディのクチコミ
  • EOS 7D Mark II ボディの画像・動画
  • EOS 7D Mark II ボディのピックアップリスト
  • EOS 7D Mark II ボディのオークション

EOS 7D Mark II ボディCANON

最安価格(税込):¥99,800 (前週比:-9,700円↓) 発売日:2014年10月30日

  • EOS 7D Mark II ボディの価格比較
  • EOS 7D Mark II ボディの中古価格比較
  • EOS 7D Mark II ボディの買取価格
  • EOS 7D Mark II ボディの店頭購入
  • EOS 7D Mark II ボディのスペック・仕様
  • EOS 7D Mark II ボディの純正オプション
  • EOS 7D Mark II ボディのレビュー
  • EOS 7D Mark II ボディのクチコミ
  • EOS 7D Mark II ボディの画像・動画
  • EOS 7D Mark II ボディのピックアップリスト
  • EOS 7D Mark II ボディのオークション

EOS 7D Mark II ボディ のスペック・仕様・特長



  • 最高約10コマ/秒の高速連写や、最大65点クロス測距が可能なAF性能を搭載した、ハイアマチュア向けデジタル一眼カメラ。
  • APS-Cサイズの約2020万画素CMOSセンサーや映像エンジンを2基採用した「デュアル DIGIC 6」で、常用ISO感度最高16000を実現。
  • 動きの速い被写体でも残像感を抑え、よりなめらかな動画撮影が可能なフルハイビジョン60p動画を実現したほか、MP4形式にも対応。
基本仕様
タイプ 一眼レフ レンズマウントキヤノンEFマウント
画素数2090万画素(総画素)
2020万画素(有効画素)
撮像素子 APS-C
22.4mm×15mm
CMOS
撮影感度標準:ISO100〜16000
拡張:ISO25600、51200
記録フォーマットJPEG/RAW
連写撮影高速連続撮影:最高約10コマ/秒 シャッタースピード1/8000〜30秒
液晶モニター3インチ
104万ドット
ファインダー形式 ペンタプリズム
ローパスフィルターレス   ファインダー倍率 1 倍
ファインダー視野率(上下/左右)100/100 電池タイプ専用電池
専用電池型番LP-E6N/LP-E6 撮影枚数ファインダー使用時:800枚
液晶モニタ使用時:270枚
記録メディアコンパクトフラッシュ
SDHCカード
SDカード
SDXCカード
スロットダブルスロット
コンパクトフラッシュ/SDカード
その他機能
防塵・防滴  手ブレ補正機構  
5軸手ブレ補正  自分撮り機能  
タッチパネル  ゴミ取り機構 
内蔵フラッシュ  タイムラプス  
ライブビュー  可動式モニタ 
GPS  USB充電 
RAW+JPEG同時記録  バルブ 
RAW14bit タイム 
PictBridge対応  セルフタイマー10/2秒
インターフェースminiHDMI、USB3.0、AV出力 起動時間0.1 秒
AFセンサー測距点65点(クロス測距点:最大65点)   
動画撮影
4K対応   動画記録画素数フルHD(1920x1080)
59.94fps
ファイル形式MOV/MP4 映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264
可変(平均)ビットレート方式
音声記録方式リニアPCM
AAC
  
ネットワーク
Wi-Fi   Bluetooth 
BLE(Bluetooth Low Energy)  Wi-Fi Direct対応  
NFC     
サイズ・重量
幅x高さx奥行き148.6x112.4x78.2 mm 重量820 g
付属
付属レンズ無(本体のみ)   
カラー
カラーブラック   
 
 
 
 
 
 
※デジタル一眼カメラ項目解説

*1 撮影枚数
CIPA規格(カメラ映像機器工業会が定める電池寿命測定方法)に基づいた枚数です。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
オールクロス65点AFセンサー
最大65点クロス測距を実現。 狙った被写体を高精度・広範囲で捕捉。中央は開放F8に対応

より速く、より高精度にピントを合わせるために。AFフレームの多点化、そしてクロス測距化を追求。EOS 7D Mark IIのオールクロス65点AFセンサーは、キヤノンテクノロジーの限界に挑んだ末に生まれました。65点の測距点をファインダー内で広範囲かつ高密度に配列。思い通りの構図で、被写体を高精度に捉えることが可能に。全測距点で、F5.6光束対応のクロス(縦/横)測距が可能※1なので、縦線または横線どちらか片方の検知では得られない捕捉性能を発揮します。使用頻度の高い中央測距点のラインセンサーは、高いピント精度を実現するF2.8とF5.6光束対応クロス測距(デュアルクロス測距※2)を配置。開放F8に対応※3しているため、エクステンダーを装着して開放F8になるレンズでも、中央測距点でのクロス測距が可能です。さらに、低輝度限界はEV-3(中央1点)を達成。暗いシーンを高感度で撮影するときも、高精度なAFを活かした撮影が行えます。

すべてのAFフレームで、精密な合焦と捕捉力を発揮。

中央縦一列のセンサーとF2.8光束の斜めクロスセンサーを2ライン・千鳥配列で二重に測距。すべての測距エリア選択モードで、2ライン測距を行うため、シビアなピント精度が求められる大口径レンズ使用時に効果を発揮します。中央測距点では、F5.6対応センサー全体を使うことで、大デフォーカス(大ボケ)状態での被写体検出が可能。素早くAFすることができます。

さまざまなセンサーを連携させた、高性能AFシステム。

従来のEOSのAFシステムに対し、さらなるAF精度と応答性を追求。「オールクロス65点AFセンサー」に「被写体検出用・AEセンサー」「AF補正用・光源検知センサー(AEセンサーを使用)」という、3つのセンサーを連携させた独自のAFシステムです。被写体やシーンに合わせてAF特性を最適化。より高精度かつ安定的なAFを実現します。

多点化と小型化を両立。耐久に優れた新AFユニット。

AFを多点化しながらも、AF光学系を最適化することで、ユニットの小型化を実現。また、耐環境特性に優れる構造・材質を採用することで、安定したAF性能が発揮できるよう設計しています。

被写体や構図に合わせて選べる7つの測距エリア選択モード。

あらゆる撮影シーンに対応するために、7つの測距エリア選択モードを搭載。EOS初のラージゾーンAFが可能です。背面液晶の右横に新搭載された測距エリア選択レバーにより、モードの切り替えもスムーズに行えます。

オールクロス65点AFセンサー

※1 使用レンズにより、測距点数、クロス測距点数、デュアルクロス測距点数が変動する場合があります。
※2 EF50mm F2.5 コンパクトマクロ、EF28-80mm F2.8-4L USMではF5.6クロスセンサーで測距します。
※3 EF180mm F3.5L マクロ USM+エクステンダー EF2×では行えません。

EOS iTR※1 AF
被写体の特徴を見分け、予測できない動きにも高精度に自動追尾。

高速で動く被写体、予期せぬ動きをする被写体にも追尾し続けるEOS iTR AF。最初にピントを合わせた被写体の顔や色を、まずカメラが認識。被写体の速度や方向が急変し、測距点を外れてしまっても、測距点を移動させてピントを合わせ続けることができます。さらに顔や色の検知だけでなく、新しい追尾アルゴリズムにより、高精度な被写体検出、追尾が可能に。またEOS iTR AFは、被写体の顔や色を解析し、AEとAFを最適に制御するEOS iSA※2 Systemと連携しています。

EOS iTR※1 AF

※1 iTR:intelligent Tracking and Recognition
※2 iSA:intelligent Subject Analysis

* 測距エリア選択モードの65点自動選択AF時、ゾーンAF、ラージゾーンAF時に有効な機能です。
* AF情報と人物の顔情報、被写体の色情報をもとに測距点選択を行います。

画像処理性能を追求。映像エンジンはEOS初のDIGIC 6を2基搭載。

画像処理の速度だけを高速化しても、同時に精度が伴っていなければ高画質な一枚は生まれません。EOS 7D Mark IIの映像エンジンは、速度と精度を高次元で両立したデュアル DIGIC 6を採用。約2020万画素CMOSセンサーから出力される8チャンネル高速信号読み出しに対応するため、アナログ信号をデジタル信号に高速変換する4チャンネルA/D変換フロントエンド処理回路を2個採用。デュアル DIGIC 6とセットで働く高速並列処理回路により、最高約10コマ/秒の高速連続撮影を実現。階調や色を繊細に捉え、自然な画像を、より高速に生成することが可能です。常用ISO感度100〜16000や撮影時の歪曲収差補正、EOS iTR AFの顔検出精度の向上、さらにはフルハイビジョン動画の60pのIPB圧縮、MP4動画記録などの実現に結びつきました。

画像処理性能を追求。映像エンジンはEOS初のDIGIC 6を2基搭載。
高ISO感度
ISO16000
ISO16000
ノイズ低減機能がさらに進化。常用ISO感度※最高16000、拡張最高51200。

シャッターチャンスは、時間も場所も選びません。光量が足りないことを理由に、その瞬間を逃すことは、撮影者にとって大きな損失です。EOS 7D Mark IIは、APS-Cサイズで約2020万画素の高画素CMOSセンサーながら、常用ISO感度最高16000という高感度を達成。暗いシーンでの撮影や、より速いシャッター速度で撮影したい時に有利です。静止画撮影時の常用ISO感度は100〜16000。感度拡張により、H1:25600、H2:51200の設定も可能です。

ISOを自動制御するISOオート※。

撮影現場において明るさが変化したとき、カメラ側で自動でISO感度を調整するISOオートを搭載しています。ISO感度の自動制御範囲は、上限設定が可能。暗いシーンを遅いシャッター速度で撮影したいときや、画質を優先するため高ISO感度側を制限したいときなどに有効です。また、シャッター速度が自動的に遅くならないよう[ISOオート低速限界]も設定可能。手動での設定範囲は、1/8000〜1秒と設定範囲が拡大。設定したシャッター速度より遅くならないよう、カメラが自動でISO感度をシフトします。自動設定では[遅め⇔速め]を7段階から設定できます。

※ ISO感度はすべて推奨露光指数です。
※ ISOオートでは、感度拡張は行われません。

フルハイビジョン動画撮影
フルハイビジョン動画撮影
より高感度に強く。多彩な機能を実現した高画質EOSムービー。

映画やCMなど、プロの制作現場でも活躍するEOSムービー。70種以上のEFレンズがすべて使えるので多彩な表現が楽しめます。静止画と同様に高感度、高画質な描写性能も見逃せません。EOS 7D Mark IIのEOSムービーは、高感度の性能も大きく進化。デュアル DIGIC 6と新開発CMOSセンサーにより、常用ISO感度100〜16000を実現。暗いシーンも低ノイズでクリアな映像表現が可能です。また、デュアルピクセル CMOS AFにより、滑らかで追従性にも優れたAFが可能。記録形式は、従来のMOVに加え、互換性の高いMP4にも対応しています。

フルハイビジョン60p動画記録を実現。記録形式はMP4にも対応。

動きの速い被写体でも残像感を抑え、より滑らかで美しい動画撮影を可能にするフルハイビジョン60p動画を実現。1/2倍速スロー再生時にも滑らかなスロー再生が行えます。記録形式はMOVに加え、再生互換性に優れるMP4フォーマットにも対応。幅広いデバイスで再生することができます。またフレームレートは24.00fpsの設定が可能。映画制作でフィルム素材が混在する映像編集のワークフローにも対応できます。

※ フルハイビジョンで60p設定時、動画サーボAFは使用できません。また、ワンショットAFはコントラストAFになります。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

EOS 7D Mark II ボディ
CANON

EOS 7D Mark II ボディ

最安価格(税込):¥99,800発売日:2014年10月30日 価格.comの安さの理由は?

EOS 7D Mark II ボディをお気に入り製品に追加する <3112

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース キヤノン、「EOS 7D Mark II」を前倒しで10/30に発売
2014年10月22日 19:31掲載
EOS 7D Mark II

キヤノンは、11月上旬発売を予定していたデジタル一眼レフカメラ「EOS 7D Mark II」の発売日を前倒しし、10月30日より発売すると発表した。ラインアップとして、ボディ単体、EF-S18-135 IS STM レンズキット、EF24-70L IS USM レンズキットを用意する。

2009年10月発売の「EOS 7D」から約5年ぶりとなる後継機種で、同社のAPS-CサイズCMOSセンサー搭載機のフラッグシップモデル。約2020万画素の新開発CMOSセンサーと映像エンジンを2基採用した「デュアルDIGIC 6」を搭載し、静止画・動画ともにISO 100〜16000の常用ISO 感度を達成。静止画の拡張設定では、ISO 25600、ISO 51200に対応。低ノイズで階調豊かな描写を実現している。

また、最高約10コマ/秒の高速連写に加え、EOSシリーズの中で最多の測距点数となるオールクロス65点AFを装備。動く被写体の補足性能や、ピント合わせの精度を向上させている。

動画撮影では、すべての有効画素が撮像と位相差AFの機能を兼ね備えた撮像面位相差AF技術「デュアルピクセルCMOS AF」を採用し、動画撮影時もなめらかで追従性の高い動画サーボAFを実現。フルHD動画記録では59.94pの高フレームレートでの撮影に対応。MOV形式に加え、再生互換性の高いMP4での記録に対応した。 記録媒体は、CFカードとSD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I カード対応)のデュアルスロットに対応。光学ファインダーはペンタプリズム使用し、視野率100%を実現する。

このほか、背面モニターは、約104万ドット対応の3.0型ワイド液晶を搭載。撮影可能枚数の目安は、ファインダー撮影で約670枚、ライブビュー撮影で約250枚。本体サイズは148.6(幅)×112.4(高さ)×78.2(奥行)mm。重量は約910g(CIPA ガイドラインによる)/約820g(本体のみ)。

市場想定価格は、ボディ単体が220,000円前後、EF-S18-135 IS STM レンズキットが260,000円前後、EF24-70L IS USM レンズキットが350,000円前後。

■関連リンク

【新製品ニュース】キヤノン、65点AFと10コマ/秒に対応した「EOS 7D Mark II」

ページの先頭へ