AH-D1200-WT [ホワイト] スペック・仕様・特長

2018年 4月下旬 発売

AH-D1200-WT [ホワイト]

  • 大口径50mmドライバー採用で、低域の量感と中高域の抜けの良さを両立したハイレゾ対応ポータブル・オーバーイヤー・ヘッドホン。
  • 2軸式ヒンジの折り畳み機構を採用。収納スペースに合わせ、ハウジングを内側へ畳むフォールド・イン、平らにするフォールド・フラットを選べる。
  • 音質最優先のストレートケーブルと手元でiOSデバイスの操作ができるリモートケーブルの2種類が付属。リモコン部にはマイクも内蔵。
AH-D1200-WT [ホワイト] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥13,167

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥13,167¥14,637 (7店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥14,490 〜 ¥14,490 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜40kHz ハイレゾ:○ AH-D1200-WT [ホワイト]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AH-D1200-WT [ホワイト]の価格比較
  • AH-D1200-WT [ホワイト]の店頭購入
  • AH-D1200-WT [ホワイト]のスペック・仕様
  • AH-D1200-WT [ホワイト]のレビュー
  • AH-D1200-WT [ホワイト]のクチコミ
  • AH-D1200-WT [ホワイト]の画像・動画
  • AH-D1200-WT [ホワイト]のピックアップリスト
  • AH-D1200-WT [ホワイト]のオークション

AH-D1200-WT [ホワイト]DENON

最安価格(税込):¥13,167 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 4月下旬

  • AH-D1200-WT [ホワイト]の価格比較
  • AH-D1200-WT [ホワイト]の店頭購入
  • AH-D1200-WT [ホワイト]のスペック・仕様
  • AH-D1200-WT [ホワイト]のレビュー
  • AH-D1200-WT [ホワイト]のクチコミ
  • AH-D1200-WT [ホワイト]の画像・動画
  • AH-D1200-WT [ホワイト]のピックアップリスト
  • AH-D1200-WT [ホワイト]のオークション

AH-D1200-WT [ホワイト] のスペック・仕様・特長



  • 大口径50mmドライバー採用で、低域の量感と中高域の抜けの良さを両立したハイレゾ対応ポータブル・オーバーイヤー・ヘッドホン。
  • 2軸式ヒンジの折り畳み機構を採用。収納スペースに合わせ、ハウジングを内側へ畳むフォールド・イン、平らにするフォールド・フラットを選べる。
  • 音質最優先のストレートケーブルと手元でiOSデバイスの操作ができるリモートケーブルの2種類が付属。リモコン部にはマイクも内蔵。
基本仕様
タイプ*1オーバーヘッド 接続タイプ有線(ワイヤード)
装着方式両耳 構造密閉型(クローズド)
駆動方式ダイナミック型 プラグ形状ミニプラグ
インピーダンス 24 Ω 音圧感度 100 db
再生周波数帯域5Hz〜40kHz ドライバサイズ 50 mm
コード種類  コード長1.3 m
最大入力1300 mW 充電端子 
ワイヤレス機能
ワイヤレス   Bluetoothバージョン 
連続再生時間  充電時間 
対応コーデック   NFC  
NFMI・MiGLO対応   TWS Plus対応  
マルチペアリング対応   マルチポイント対応 
機能
リケーブル  ノイズキャンセリング  
ハイレゾ  マイク 
外音取り込み  音質調整 
自動電源ON機能  自動電源OFF機能 
防水・防塵性能   リモコン 
マグネット連結対応  折りたたみ 
フルデジタル   サラウンド  
AIアシスタント搭載  AIアシスタント呼び出し機能 
カラー
カラーホワイト   
サイズ・重量
重量260 g   
 
 
 
 
 
 
※イヤホン・ヘッドホン項目解説

*1タイプ

  • オーバーヘッド型

    オーバーヘッド型

    ヘッドバンドを頭に載せ耳をはさみこむタイプ。小型で軽量のタイプや、外出時に便利な折りたためるタイプもある。

  • インナーイヤー型

    インナーイヤー型

    耳の穴に軽く押し込むタイプ。付属ヘッドホンはほとんどこのタイプ。オープンエアー型が多く、音漏れしやすい。

  • 耳かけ型

    耳かけ型

    耳にひっかけるタイプ。耳に密着しないため耳への負担は少なめだが、隙間ができやすく音漏れしやすい。

  • カナル型

    カナル型

    耳栓のように、イヤホンを耳の穴の中に押し込むタイプ。密閉感が高く、外部の音が聞こえにくい。

  • オーバーヘッド型

    ネックバンド型

    ハンドを首の後ろからまわしこんで、耳をはさみこむタイプ。オーバーヘッド型より小型のものが多い。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

AH-D1200-WT [ホワイト]
DENON

AH-D1200-WT [ホワイト]

最安価格(税込):¥13,167発売日:2018年 4月下旬 価格.comの安さの理由は?

AH-D1200-WT [ホワイト]をお気に入り製品に追加する <94

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース デノン、ハウジングに天然木を採用したプレミアムモデル「AH-D5200」など
2018年3月28日 12:50掲載
「AH-D5200」「AH-D1200」 「AH-D5200」 「AH-D5200」

デノンは、プレミアム・オーバーイヤー・ヘッドホン「AH-D5200」と、ポータブル・オーバーイヤー・ヘッドホン「AH-D1200」を発表。「AH-D5200」を4月上旬より、「AH-D1200」を4月下旬より発売する。

「AH-D1200」は、ゼブラウッド・ハウジング採用のプレミアム・オーバーイヤー・ヘッドホンで、「AH-D1200」が、ポータブル・オーバーイヤー・ヘッドホン。いずれも、イヤーパッドには一般的な人工皮革のおよそ2倍の耐久性を持つ人工皮革を採用。頭部のカーブに合わせて最適なフィット感が得られる形状記憶フォームと合わせ、ストレスフリーな付け心地を実現した。

また、ハンガー部にはアルミダイキャストを用いて長期間の使用に耐える信頼性を確保。「AH-D1200」のハンガー部には2軸式のヒンジが組み込まれており、フォールド・イン、フォールド・フラットの2通りの折りたたみ方に対応する。

■「AH-D5200」

デノンのフラッグシップモデル「AH-D7200」同様に、天然木をハウジングに採用したプレミアムヘッドホン。美しい縞模様を特徴とするゼブラウッドのハウジングは、その高い硬度により圧倒的な透明感とディテールの緻密な描写を可能にする。ドライバーには「AH-D7200」同様に、50mm径のフリーエッジ・ドライバーを採用。スピーカーと同様に振動板外周をロールエッジで保持するフリーエッジ構造により、振動板全域にわたる均一なピストンモーションを可能にし、入力信号に極めて正確で低域の量感豊かなサウンドを実現する。

主な仕様は、形式が密閉ダイナミック型、ドライバーが50mm径フリーエッジ・ドライバー、インピーダンスが24Ω、感度が103dB/mW、最大入力が1800mW、再生周波数が5〜40000Hz、重量が385g(ケーブル除く)。ケーブル長は3.0m OFC線(着脱式)、プラグはアンプ側が3.5mmステレオミニプラグ(6.3mm標準プラグアダプター付属)、ヘッドホン側が3.5 mm モノラルミニプラグ×2。6.3mm 標準プラグアダプター、キャリングポーチが付属する。

価格はオープン。

■「AH-D1200」

ポータブル・ヘッドホンながら50mmの大口径ドライバーを搭載し、充実した低音再生を実現。また、再生周波数は可聴帯域を超え、ハイレゾに対応する40kHzまでをカバー。密閉型でありながら、開放的で抜けの良い中高域が豊かな低音再生と絶妙なバランスでチューニングされている。ボディカラーはブラックとホワイトの2色を用意。

主な仕様は、形式が密閉ダイナミック型、ドライバーが50mm径、インピーダンスが24Ω、感度が100dB/mW、最大入力が1300mW、再生周波数が5〜40000Hz、重量が260g(ケーブルを除く)、ケーブル長が1.3m×2(ストレートケーブル/iOS対応リモコン付きケーブル)、プラグがアンプ側が3.5mmステレオミニプラグ(L型)、ヘッドホン側(左ハウジング)が2.5mmステレオプラグ(4極)。ストレートケーブル、iOS対応リモコン付きケーブル、キャリングポーチが付属する。

価格はオープン。

ページの先頭へ