BRAVIA KJ-55A9F [55インチ] スペック・仕様・特長

2018年10月13日 発売

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]

  • 次世代プロセッサー「X1 Ultimate」搭載の55V型4K有機ELテレビ。従来のプロセッサー「X1 Extreme」と比べ約2倍のリアルタイム処理能力で高画質を実現。
  • ハンズフリー音声検索/操作に対応しネット動画を快適に楽しめる。従来モデルと比較し、Netflixは最大約1/4、YouTubeは最大約1/2の起動時間に短縮。
  • パネル制御技術「ピクセル コントラスト ブースター」で色表現が鮮やかに、音響技術「アコースティック サーフェス オーディオプラス」で高音質に進化。
BRAVIA KJ-55A9F [55インチ] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥238,000

(前週価格なし) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥246,120

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥238,000¥257,516 (4店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥238,000 〜 ¥238,000 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ

種類 : 有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:倍速駆動パネル 録画機能:外付けHDD BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ] の後に発売された製品BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]とBRAVIA KJ-55A9G [55インチ]を比較する

BRAVIA KJ-55A9G [55インチ]

BRAVIA KJ-55A9G [55インチ]

最安価格(税込): ¥223,800 発売日:2019年 6月 8日

画面サイズ:55インチ 種類:有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:倍速駆動パネル 録画機能:外付けHDD
 
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のオークション

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]SONY

最安価格(税込):¥238,000 (前週価格なし) 発売日:2018年10月13日

  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]のオークション

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ] のスペック・仕様・特長



  • 次世代プロセッサー「X1 Ultimate」搭載の55V型4K有機ELテレビ。従来のプロセッサー「X1 Extreme」と比べ約2倍のリアルタイム処理能力で高画質を実現。
  • ハンズフリー音声検索/操作に対応しネット動画を快適に楽しめる。従来モデルと比較し、Netflixは最大約1/4、YouTubeは最大約1/2の起動時間に短縮。
  • パネル制御技術「ピクセル コントラスト ブースター」で色表現が鮮やかに、音響技術「アコースティック サーフェス オーディオプラス」で高音質に進化。
表示性能
種類有機ELテレビ 画面サイズ55 インチ
8K  4K 
フルハイビジョン  画素数 3840x2160
HDR 対応 HDR方式 HDR10
ドルビービジョン
HLG
Ultra HD Premium  LEDバックライト 
IPS方式   画面分割(2画面機能)  
3Dテレビ  倍速機能 倍速駆動パネル
1インチあたりの価格\4,327   
搭載チューナー
BS 8K  BS 4K 
110度CS 4K  地上デジタル
BSデジタル 110度CSデジタル
124/128度CS4K(スカパープレミアム)対応チューナー    
チューナー数
BS 8K数  BS 4K数 
110度CS 4K数  地上デジタル数2
BSデジタル数2 110度CSデジタル数2
録画・再生機能
録画機能外付けHDD 再生機能 
自動録画機能     
VODサービス
Android TV YouTube
Amazonプライム・ビデオ Netflix
Hulu DAZN
dTV ひかりTV
ひかりTV4K TSUTAYA TV
アクトビラ アクトビラ4K
U-NEXT FOD
Paravi  Rakuten TV
TELASA   
ネットワーク
有線LAN 無線LAN
Bluetooth Wi-Fi Direct対応 
DLNA   DTCP-IP 
コンテンツ保護
SeeQVault対応     
接続端子
HDMI端子4端子
ARC対応
USB端子3
D端子入力   コンポーネント入力 
PC入力端子  光デジタル音声出力端子1
LAN端子1 ヘッドホン出力端子
基本仕様
適正視聴距離(目安)1 m 消費電力393 W
待機時消費電力0.5 W   
その他機能
リモコン(音声操作) スマートスピーカー連携Google アシスタント
Amazon Alexa
カードスロット  ゲームモード
サイズ・重量
幅x高さx奥行 1228x709x320 mm 重量 30 kg
省エネ性能
省エネ評価  省エネ基準達成率 
年間消費電力量  年間電気代*2 
 
 
 
 
 
 
※薄型テレビ・液晶テレビ項目解説

※「VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス」に関するご注意
VODとは、インターネットを利用して視聴者が見たいときに、映像コンテンツを視聴できるサービスです(一部有料)。
(ソフトウェアアップデートにより、対応サービスが変更になる場合がございますので、メーカーサイトで最新の情報をご確認ください)

*1 倍速液晶
1秒間に60枚で表示している映像を倍の120枚で表示し、動きの速いシーンやテロップなどもより滑らかに表示できる。
中には1秒間に240枚表示しているタイプもある。

*2 年間電気代
年間消費電力から電気代を換算したものです。
電力料金は電力会社や各ご家庭の使用電力量によって異なりますが、目安として1kWhあたり27円(税込)として算出しています。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]
SONY

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]

最安価格(税込):¥238,000発売日:2018年10月13日 価格.comの安さの理由は?

BRAVIA KJ-55A9F [55インチ]をお気に入り製品に追加する <798

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ソニー、次世代プロセッサー「X1 Ultimate」搭載の4K有機ELテレビ「BRAVIA A9F」
2018年9月4日 12:30掲載
「BRAVIA A9F」 「BRAVIA A9F」 「BRAVIA A9F」

ソニーは、「4K ブラビア」の新モデルとして、4K有機ELテレビ「BRAVIA A9F シリーズ」を発表。65V型「KJ-65A9F」および55V型「KJ-55A9F」をラインアップし、10月13日より発売する。

「クリエイターの制作意図を忠実に再現し、ユーザーに届けたい」という想いを結実させた「MASTER Series(マスターシリーズ)」として位置づける、「ブラビア」シリーズのフラッグシップモデル。「MASTER Series」の称号は、同社が独自に設定した厳しい内部基準をクリアした最高峰モデルにのみ付与され、さらなる高コントラストな映像表現や、忠実な色再現性を実現するという。

映像面では、次世代の高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を装備。従来の高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」に対して、約2倍のリアルタイム処理能力を有し、ディスプレイパネルの特長を存分に引き出す。深い黒から高輝度映像まで忠実に再現する、同社独自のパネル制御技術「Pixel Contrast Booster」も新たに採用した。映像本来の明るさやコントラスト、鮮やかな色を再現するHDR(ハイダイナミックレンジ)信号に対応する(ドルビーラボラトリーズ社のHDR技術「Dolby Vision」にも対応)。

音質面では、「A1シリーズ」(2017年6月発売)や「A8Fシリーズ」 (2018年6月発売)で搭載した、画面そのものから音が出る独自技術「Acoustic Surface」を進化させた「Acoustic Surface Audio+」を搭載。3.2ch/実用最大出力(JEITA)98Wの臨場感あふれる高音質サラウンドを楽しめる。さらに、新機能のセンタースピーカーモードによって、シアターシステムと組み合わせて、映像と音が一体となる映画館のような臨場感を体感できるとのことだ。

機能面では、テレビ本体にマイクを内蔵。テレビに話しかけるだけで、電源のオン/オフやチャンネルの切り替え、テレビ番組やインターネット動画を検索できるなど、ハンズフリーによる音声操作・検索が可能だ。さらに、従来モデル(2015年〜2017年に発売したAndroid TV機能搭載機種)と比較して、Netflixアプリは最大約1/4、YouTubeアプリは最大約1/2の起動時間を実現するという。

加えて、2018年内対応予定として、Google アシスタントに対応したソニーの機器や他社の対応機器をGoogle Home アプリで連携させると、対応機器の音声操作が可能になる(Google アシスタントの搭載は2018年内を予定)ほか、Amazon Alexaにも対応し、Amazon EchoなどのAmazon Alexa搭載デバイスに話しかけることで、ブラビアのボリュームコントロールや電源のオン/オフなどの操作を行えるという。

このほか、チューナー数が地上/BS/110度CSデジタル×2。2018年12月から放送が開始される「BS・110度CSによる4K・8K放送」を受信する機能は搭載しておらず、別売りチューナーが必要となる。

65V型「KJ-65A9F」の本体サイズは144.9(幅)×83.2(高さ)×32(奥行)cm、重量は35.6kg(いずれもスタンド含む)。

55V型「KJ-55A9F」の本体サイズは122.8(幅)×70.9(高さ)×32(奥行)cm、重量は30kg(いずれもスタンド含む)。

市場想定価格は、65V型「KJ-65A9F」が650,000円前後、55V型「KJ-55A9F」が450,000円前後(いずれも税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソニー、4K裏番組録画対応のBS4K/CS4Kチューナー「DST-SHV1」

ページの先頭へ