MDR-M1ST スペック・仕様・特長

2019年 8月23日 発売

MDR-M1ST

  • 独自開発のドライバーユニットを採用したハイレゾ対応のスタジオモニターヘッドホン。可聴帯域を超えるハイレゾ音域をダイレクトかつ正確に再現する。
  • ジョイント部にシリコンリングを採用し、体を動かす際に発生しやすいノイズを低減。人間工学に基づいた立体縫製のイヤーパッドで長時間の装着も快適。
  • 可動部の耐久性や耐落下強度も向上させ、プロユースに耐えうる品質を実現。ケーブルのみの交換が可能な着脱式ケーブルを採用している。
MDR-M1ST 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥29,450

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥29,450¥36,200 (20店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥29,450 〜 ¥34,020 (全国42店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜80kHz ハイレゾ:○ MDR-M1STのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MDR-M1STの価格比較
  • MDR-M1STの店頭購入
  • MDR-M1STのスペック・仕様
  • MDR-M1STのレビュー
  • MDR-M1STのクチコミ
  • MDR-M1STの画像・動画
  • MDR-M1STのピックアップリスト
  • MDR-M1STのオークション

MDR-M1STSONY

最安価格(税込):¥29,450 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 8月23日

  • MDR-M1STの価格比較
  • MDR-M1STの店頭購入
  • MDR-M1STのスペック・仕様
  • MDR-M1STのレビュー
  • MDR-M1STのクチコミ
  • MDR-M1STの画像・動画
  • MDR-M1STのピックアップリスト
  • MDR-M1STのオークション

MDR-M1ST のスペック・仕様・特長



  • 独自開発のドライバーユニットを採用したハイレゾ対応のスタジオモニターヘッドホン。可聴帯域を超えるハイレゾ音域をダイレクトかつ正確に再現する。
  • ジョイント部にシリコンリングを採用し、体を動かす際に発生しやすいノイズを低減。人間工学に基づいた立体縫製のイヤーパッドで長時間の装着も快適。
  • 可動部の耐久性や耐落下強度も向上させ、プロユースに耐えうる品質を実現。ケーブルのみの交換が可能な着脱式ケーブルを採用している。
基本仕様
タイプ*1オーバーヘッド 接続タイプ有線(ワイヤード)
装着方式両耳 構造密閉型(クローズド)
駆動方式ダイナミック型 プラグ形状標準プラグ
インピーダンス 24 Ω 音圧感度 103 dB
再生周波数帯域5Hz〜80kHz ドライバサイズ 40 mm
コード種類  コード長2.5 m
最大入力1500 mW 充電端子 
ワイヤレス機能
ワイヤレス   Bluetoothバージョン 
連続再生時間  充電時間 
対応コーデック   NFC  
NFMI・MiGLO対応   TWS Plus対応  
マルチペアリング対応   マルチポイント対応 
機能
リケーブル  ノイズキャンセリング  
ハイレゾ  マイク  
外音取り込み  音質調整 
自動電源ON機能  自動電源OFF機能 
防水・防塵性能   リモコン  
マグネット連結対応  折りたたみ 
フルデジタル   サラウンド  
AIアシスタント搭載  AIアシスタント呼び出し機能 
カラー
カラーブラック系   
サイズ・重量
重量215 g   
 
 
 
 
 
 
※イヤホン・ヘッドホン項目解説

*1タイプ

  • オーバーヘッド型

    オーバーヘッド型

    ヘッドバンドを頭に載せ耳をはさみこむタイプ。小型で軽量のタイプや、外出時に便利な折りたためるタイプもある。

  • インナーイヤー型

    インナーイヤー型

    耳の穴に軽く押し込むタイプ。付属ヘッドホンはほとんどこのタイプ。オープンエアー型が多く、音漏れしやすい。

  • 耳かけ型

    耳かけ型

    耳にひっかけるタイプ。耳に密着しないため耳への負担は少なめだが、隙間ができやすく音漏れしやすい。

  • カナル型

    カナル型

    耳栓のように、イヤホンを耳の穴の中に押し込むタイプ。密閉感が高く、外部の音が聞こえにくい。

  • オーバーヘッド型

    ネックバンド型

    ハンドを首の後ろからまわしこんで、耳をはさみこむタイプ。オーバーヘッド型より小型のものが多い。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

MDR-M1ST
SONY

MDR-M1ST

最安価格(税込):¥29,450発売日:2019年 8月23日 価格.comの安さの理由は?

MDR-M1STをお気に入り製品に追加する <367

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ソニー、ハイレゾに対応したスタジオモニターヘッドホン「MDR-M1ST」
2019年6月27日 16:13掲載
MDR-M1ST MDR-M1ST

ソニー・ミュージックソリューションズは、ハイレゾに対応したスタジオモニターヘッドホン「MDR-M1ST」を発表。8月23日より発売する。

ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツと、同社が所有するレコーディングスタジオ「ソニー・ミュージックスタジオ」が共同開発したスタジオモニターヘッドホン。ハイレゾの高音質に対応する。

また、約4年半もの歳月をかけて磨き上げられた音質は、中域の骨太感と、全体の音が俯瞰できる音像を両立。音楽で重要な中域へのフォーカスをしながら、低音域や高音域もしっかり聴こえるという。

ドライバーユニットは、独自開発しており、可聴帯域を超えるハイレゾの音域をダイレクトかつ正確に再現。楽器配置や音の響く空気感といった演奏空間全体を広く見渡すことができ、原音のイメージそのままの音質を実現している。

さらに、ジョイント部にシリコンリングを採用し、体を動かしたときに発生しやすいノイズを徹底的に低減。人間工学に基づいた立体縫製のイヤーパッドで長時間の装着も快適に使用できるほか、可動部の耐久性や耐落下強度も向上させており、プロユースに耐えうる品質を実現している。

主な仕様は、型式が密閉ダイナミック型、ドライバーユニットが40mm径のドーム型(CCAWボイスコイル)、音圧感度が103dB/mW、マグネットがネオジウム、再生周波数帯域が5〜80000Hz(JEITA)、インピーダンスが24Ω(1kHzにて)、最大入力が1500mW(IEC)。

製造は、プロフェッショナル向け音響製品を生産しているソニー・太陽が担当。プロ用製品で培われた品質管理のもと、熟練作業者により手作業で1つひとつていねいに作られ、厳しい検査を経て出荷される。

このほか、重量は約215g(ケーブル含まず)。ステレオ標準プラグで着脱式のケーブル(約2.5m)が付属する。

価格は31,500円(税別)。

なお、数多くのスタジオで使用しているスタジオモニターヘッドホン「MDR-CD900ST」も継続して販売される。

ページの先頭へ