VIERA TH-55LZ1800 [55インチ] スペック・仕様・特長

2022年 6月17日 発売

VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]

  • 独自設計・組み立ての有機ELディスプレイを採用したハイグレードモデルの4Kダブルチューナー内蔵有機ELテレビ(55V型)。
  • 映像を自動で最適化する「オートAI画質」を採用。背面上部のイネーブルドスピーカーが音を天井に反射させることで立体的で臨場感ある音を生み出す。
  • 地震に強く倒れにくい「転倒防止スタンド」を装備。スマートフォンやタブレットで番組や録画が見られるアプリ「Panasonic Media Access」に対応。
VIERA TH-55LZ1800 [55インチ] 製品画像

拡大

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥197,000

(前週比:-1,000円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥197,000

PCボンバー

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥197,000¥330,880 (54店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥197,000 〜 ¥252,000 (全国742店舗)最寄りのショップ一覧

画面サイズ

種類 : 4K有機ELテレビ 画素数:3840x2160 倍速機能:オブジェクト検出 倍速表示 VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]の価格比較
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]の店頭購入
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のスペック・仕様
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]の純正オプション
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のレビュー
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のクチコミ
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]の画像・動画
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のピックアップリスト
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のオークション

VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]パナソニック

最安価格(税込):¥197,000 (前週比:-1,000円↓) 発売日:2022年 6月17日

  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]の価格比較
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]の店頭購入
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のスペック・仕様
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]の純正オプション
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のレビュー
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のクチコミ
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]の画像・動画
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のピックアップリスト
  • VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]のオークション

VIERA TH-55LZ1800 [55インチ] のスペック・仕様・特長



  • 独自設計・組み立ての有機ELディスプレイを採用したハイグレードモデルの4Kダブルチューナー内蔵有機ELテレビ(55V型)。
  • 映像を自動で最適化する「オートAI画質」を採用。背面上部のイネーブルドスピーカーが音を天井に反射させることで立体的で臨場感ある音を生み出す。
  • 地震に強く倒れにくい「転倒防止スタンド」を装備。スマートフォンやタブレットで番組や録画が見られるアプリ「Panasonic Media Access」に対応。
表示性能
種類4K有機ELテレビ 画面サイズ55 V型(インチ)
画素数 3840x2160 パネル種類 
HDR方式 HDR10
HDR10+
HDR10+ ADAPTIVE
ドルビービジョン
ドルビービジョンIQ
HLG
映像処理エンジンヘキサクロマドライブ プラス
バックライト  画面分割(2画面機能) 
倍速機能 オブジェクト検出 倍速表示 Ultra HD Premium 
1V型(インチ)あたりの価格\3,582   
チューナー
BS 8K  BS 4K/110度CS 4K2
地上デジタル3 BSデジタル/110度CSデジタル3
124/128度CS4K(スカパープレミアム)対応チューナー    
録画・再生機能
録画機能外付けHDD ドライブ内蔵 
自動録画機能  2番組同時録画
早見再生1.3 倍速   
スマートテレビ
Android TV  Google TV 
VODサービス
YouTube Amazonプライム・ビデオ
Netflix Disney+
DAZN FOD 
dTV ひかりTV 
ひかりTV4K  Hulu
U-NEXT Paravi
Rakuten TV TELASA
ネットワーク
有線LAN 無線LAN
Bluetooth Wi-Fi Direct対応  
ホームネットワーク機能お部屋ジャンプリンク DTCP-IP  
コンテンツ保護
SeeQVault対応     
接続端子
HDMI端子4端子
ARC対応
HDMI2.1規格対応機能eARC対応、VRR、ALLM、4K120p
USB端子3 D端子入力  
コンポーネント入力  PC入力端子 
光デジタル音声出力端子1 LAN端子1
ヘッドホン出力端子   
基本仕様
視聴距離(目安)1 m 消費電力304 W
待機時消費電力0.3 W リモコン(音声操作)
スマートスピーカー連携Google アシスタント
Amazon Alexa
カードスロット 
ゲームモード   
音質性能
DOLBY ATMOS 音声実用最大出力80 W
スピーカー数イネーブルドスピーカー:2
フルレンジ:2
ウーハー:1
  
サイズ・重量
幅x高さx奥行 1227x765x303 mm 重量 21 kg
省エネ性能
多段階評価   省エネ基準達成率  
省エネ性マーク(緑)   年間消費電力量 
年間電気代*2    
 
 
 
 
 
 
※液晶テレビ・有機ELテレビ項目解説

※「VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス」に関するご注意
VODとは、インターネットを利用して視聴者が見たいときに、映像コンテンツを視聴できるサービスです(一部有料)。
(ソフトウェアアップデートにより、対応サービスが変更になる場合がございますので、メーカーサイトで最新の情報をご確認ください)

*1 倍速液晶
1秒間に60枚で表示している映像を倍の120枚で表示し、動きの速いシーンやテロップなどもより滑らかに表示できる。
中には1秒間に240枚表示しているタイプもある。

*2 年間電気代
年間消費電力から電気代を換算したものです。
電力料金は電力会社や各ご家庭の使用電力量によって異なりますが、目安として1kWhあたり27円(税込)として算出しています。
有機ELテレビは省エネ法に基づく年間消費電力量が定義されていないため、液晶テレビの基準で算出した参考値です。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]
パナソニック

VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]

最安価格(税込):¥197,000発売日:2022年 6月17日 価格.comの安さの理由は?

VIERA TH-55LZ1800 [55インチ]をお気に入り製品に追加する <311

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース 【まとめ】2022年秋冬、スポーツやゲームを楽しむなら、やっぱり有機ELテレビがいい
2022年11月19日 00:00掲載

2022年秋冬、自宅にいながら、スポーツのビッグイベントやテレビゲームを思う存分に楽しみたいと考えているのであれば、有機ELテレビをぜひチェックしておきたい。スポーツやゲームで動きの速いシーンでも、バックライトを使用しない自発光の特性を生かし、残像を抑えながら、クッキリとした映像で視聴できるからだ。

また、メーカーの多くは、有機ELテレビをハイエンドモデルに位置づけており、画像処理エンジンやデザインなどにすぐれたモデルを展開している。そのため、臨場感と迫力のある映像体験を求める方は、有機ELテレビが有力な選択肢になることだろう。

そこで今回は、2022年に発表された主要な4K有機ELテレビを「価格.com新製品ニュース」からご紹介する(リンク先はすべて記事公開時の情報)。

ソニー、「ブラビア」4K有機EL/4K液晶テレビの新モデル全8シリーズ28機種を発表

ソニーの4K有機ELテレビの最上位モデル「BRAVIA XR A95K」シリーズでは、RGB(赤・緑・青)がそれぞれ独立して発色する新たな有機ELパネル(QD-OLED)を採用したのが特徴だ。認知特性プロセッサー「XR」による映像信号処理技術と新パネルをかけ合わせることで、「より明るく、自然で鮮やかな色彩表現を実現する」という。

TVS REGZA、レグザエンジンZRα搭載のタイムシフトマシン4K有機ELテレビ「X9900L」

TVS REGZAの4K有機ELレグザ「X9900Lシリーズ」は、3年ぶりに全面刷新したという高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZRα」を搭載したレグザ最高峰モデル。「レグザエンジンZRα」は、ディープニューラルネットワーク(DNN)のAIエンジンを装備しており、「その場にいるかのような臨場感、手を伸ばせば触れられるかのような質感を再現する」という。録画機能では、地上デジタル放送を最大6チャンネル録画できる「タイムシフトマシン」に対応する。

TVS REGZA、パネルに独自チューニングを施した4K有機ELレグザ「X8900L」

TVS REGZAの4K有機ELレグザ「X8900Lシリーズ」は、ガンマ特性、輝度特性にレグザ独自のチューニングを施した4K有機ELパネルを採用したのが特徴。新開発の高画質映像処理エンジン「レグザエンジンZR II」を搭載。高度なダイナミックガンマ制御により、さらなる高コントラストを実現。HDMI端子は4K/120P入力に対応。表示遅延時間約0.83msecの「瞬速ゲームモード」を搭載する。

LG、新パネル「OLED evo Gallery Edition」を採用した4K有機ELテレビ「OLED G2」

LGは、2022年モデルに最上位となる「OLED G2」シリーズを用意。2021年に発表した次世代有機ELパネル「LG OLED evo」が進化し、色の再現性と明るさを向上させた新パネル「LG OLED evo Gallery Edition」を搭載したのが特徴だ。新世代のAIプロセッサー「α9 Gen5 AI Processor 4K」を採用し、従来の有機ELテレビよりも明るくなり、暗部の豊富な色数は維持しながら高輝度方向の色表現に深みを増した画作りを実現したという。

LG、次世代有機ELパネル「OLED evo」を採用した4Kテレビ「OLED C2」

LGの2022年モデル「OLED C2」シリーズは、2021年に発表された明るい次世代有機ELパネル「LG OLED evo」を採用したハイスペックモデル。映像エンジンでは、リアルタイムAIプロセッサー「α9 Gen5 AI Processor 4K」を搭載したのが特徴。120Hz対応のDolby VisionとDolby Atmosでのゲームプレイに対応。クラウドゲーム「GeForce NOW」のテレビ向けアプリを搭載しており、ゲーム機器を接続しなくても、1000以上のゲームをプレイすることが可能だ。

LG、「α7 Gen5 AI Processor 4K」を搭載した4K有機ELテレビ「OLED B2」

LGの2022年モデル「OLED B2」シリーズは、有機ELパネルに「LG OLED」を採用したスタンダードモデル。映像エンジンとして、リアルタイムAIプロセッサー「α7 Gen5 AI Processor 4K」を搭載したのが特徴。前景と背景を識別し、映像を調整することで、映像に自然な深みを加え、鮮やかで高精度な色彩を実現。音声の処理では、2chのオーディオをバーチャル5.1.2chサウンドに変換する。

パナソニック「4K有機ELビエラ」フラグシップLZ2000、ハイグレードLZ1800が発表

パナソニックは、フラグシップモデル「4K有機ELビエラ LZ2000シリーズ」とハイグレードモデル「4K有機ELビエラ LZ1800シリーズ」をラインアップ。「独自の構造、素材、パネル制御技術を組み合わせて高コントラストを実現した」という有機ELディスプレイを装備する。

シャープ、4K有機ELテレビ「AQUOS OLED」ES/EQシリーズ計7機種を発表

シャープは、4K有機ELテレビ「AQUOS OLED」として、「ESシリーズ」「EQシリーズ」をラインアップ。新開発のAIプロセッサーを採用した画像処理エンジン「Medalist S3」を搭載。「ESシリーズ」では、約829万の画素ごとに有機EL素子を解析し、発光量を緻密に制御するという「Sparkling Drive EX」回路を装備。高輝度有機EL「S-Brightパネル」のコントラスト性能を最大限に引き出すという。

ページの先頭へ