住宅ローンを借り入れ希望額まで増やす3つの方法

  1. ホーム > 
  2. ローン > 
  3. 住宅ローン > 
  4. 基礎知識 > 
  5. 住宅ローンを借り入れ希望額まで増やす3つの方法

2015年4月20日掲載

基礎知識

住宅ローンを借り入れ希望額まで増やす3つの方法

住宅ローン審査の結果、希望の借り入れ額に満たないことがあります。借り入れ可能額は収入や借り入れ期間などから総合的に決定されます。もっと借り入れ額を増やしたい場合、どんな方法があるのでしょうか?その方法や注意点などをみていきましょう。

「収入合算」で借り入れ額を増やす

収入合算とは?

住宅ローンの借り入れ可能額に関係する審査基準の1つが借入者の収入です。収入が多いほど借り入れ可能額は多くなります。そのため、借入者本人の収入だけでなく、配偶者などの収入を加えた金額で借り入れ可能額を計算することができれば、借り入れ可能額も増えます。これを収入合算といいます。

収入合算できる人は?いくらまで合算できる?

収入合算できるのは、借入者の配偶者のほか親や子など同居予定の家族です。ただし、安定した収入があることが要件です。また、同居を条件に婚約者や兄弟も対象としている金融機関もあります。合算できる人の範囲や条件は金融機関ごとに異なるので、申込みをする前に必ず確認するようにしましょう。

収入合算できる額は、本人の収入の2分の1まで、合算者の収入の2分の1まで、合算者の収入全部など、金融機関によって限度額が定められています。合算できるのは、正社員としての収入であることが基本ですが、金融機関によっては、派遣や配偶者の扶養内でのパート収入なども収入合算の対象としています。この場合は、勤務先や勤続年数なども含め、総合的に判断されるケースが多いようです。

【例】収入合算すると、借り入れ可能額はどう変わる?

<前提条件>年収 夫400万円 妻300万円・返済期間30年・元利均等返済 ボーナス返済なし・合算できる金額は夫の年収の2分の1まで・金融機関が審査に使う金利3%、返済負担率35%までとする

夫1人での借入れ 夫と妻の収入合算での借入れ 1,383万円増える
年収 400万円 600万円
400万円+200万円
(夫年収の2分の1)
借り入れ可能額 2,767万円 4,150万円

借り入れ期間を延ばす

「返済負担率」とは?

年収に占める年間の返済額の割合のことを「返済負担率」といいます。返済負担率も借り入れ可能額に大きな関係があります。借り入れ額の条件の一つとして、返済負担率を年収の25〜35%以内としている金融機関が多いようです。フラット35の場合は、年収400万円以上の人は35%以内、400万円未満の人は30%以内です。

返済負担率=ローンの年間返済額÷年収

借り入れ期間が長いほど、借り入れ可能額は多くなる

借り入れ可能額は借り入れ期間によっても変わります。借り入れ期間が長いほど、借り入れ可能額は多くなります。借り入れ期間が長くなれば、ローンの年間返済額が少なくなり、返済負担率が低くなるからです。このことから、借り入れ期間を延ばすことにより、借り入れ可能額を増やせることがあります。

【例】借り入れ期間を延ばすと、借り入れ可能額はどう変わる?

<前提条件>年収500万円・元利均等返済 ボーナス返済なし・金融機関が審査に使う金利3%、返済負担率35%までとする

1カ月あたりの返済額の上限
500万円×35%÷12カ月=146,000円

金利3%で、毎月返済額が146,000円になる借入金額は…

借り入れ期間30年 借り入れ期間35年 331万円増える
金利 借り入れ可能額 借り入れ可能額
3% 3,462円 3,793万円

住宅ローン以外の借り入れ額を減らす

住宅ローン以外の借入れも「返済負担率」計算の対象に

住宅ローン以外の借入れがある場合、その借り入れ額も返済負担率の計算の対象になります。身近なところでは、カーローンや商品購入のクレジット払いなどがこれにあたります。たとえば、カーローンの返済がある場合、住宅ローンの年間返済額と合計して返済負担率以内の返済にしなくてはなりません。つまり住宅ローンの借り入れ可能額は少なくなってしまいます。

他の借入れは、審査前に返済を!

住宅ローンの借り入れ可能額を増やしたい場合は、あらかじめ他の借入れを減らしておきましょう。クレジットカードのキャッシング枠が影響することもあるため、使っていないクレジットカードは、解約しておくのが賢明です。また、せっかく完済しても、個人信用情報に情報が登録されるのに1〜2カ月程度かかる場合もあります。完済を証明するための領収証などは、失くさないよう保管しておきましょう。

【例】その他の借入れがなくなると、借り入れ可能額はどう変わる?

<前提条件>年収500万円・元利均等返済 ボーナス返済なし・金融機関が審査に使う金利3%、返済負担率35%までとする・カーローン毎月3万円返済中

1カ月あたりの返済額の上限は?
500万円×35%÷12カ月=146,000円

カーローンありの場合 カーローン完済後 711万円増える
毎月の返済額上限 116,000円
146,000円−30,000円
(カーローン)
146,000円
借り入れ可能額 2,751万円 3,462万円

このように借り入れ額を増やすための対策はいくつかあります。しかし、借り入れ額を増やすことができても、将来返済が苦しくなるようでは困ります。収入合算した場合は、どちらかの収入が減ることはないか、借り入れ期間を長くした場合には、リタイア後まで返済が続いても大丈夫なのかなど、将来の家計を見据えたうえで、慎重に検討しましょう。

住宅ローン 人気ランキング

2022/05/25 現在 [更新日時] 2022/05/24 09:00 [集計期間] 2022/05/17〜2022/05/23 人気ランキングは、価格.comユーザーのアクセス数・お申込み状況を元に集計しています。
  • auじぶん銀行
    1

    auじぶん銀行住宅ローン 全期間引下げプラン 変動

    変動金利
    0.310% (2022/05/01 現在)
    • au金利優遇割適用後(年-0.100%)の金利
    • 通常金利は年0.410%
    auじぶん銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 圧倒的に金利が低い
    ネット銀行の住宅ローンは低い傾向がありますが、中でもauじぶん銀行の住宅ローンがトップレベルに低い印象ですね。金利の差は実際に支払う金額に直結するので、よほどのことが無い限り低いものを選ぶべきだと思います。

    【金利】選んだ理由にも書きましたが、変動金利のネット銀行のローンの中でも圧倒的に低いです。
    【借り入れ費用】保証料は必要ないですが、事務手数料が普通にかかります。
    【返済】元利均等返済、または元金均等返済であり、auじぶん銀行円普通預金口座から自動引落としとなりますね。
    【保険オプション】団体信用生命保険は保証料不要ですし、がん100%保障団信や11疾病保障団信を選べます。
    【借り入れ手続き】申込みから司法書士との面談に至るまでウェブ上で完結できます。
    【サポート】金利に関して問い合わせたところスピーディーな対応でした。
  • 住信SBIネット銀行
    2

    住信SBIネット銀行ネット専用全疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン> 変動

    変動金利
    0.410% (2022/05/01 現在)
    • 金利引き下げプラン適用後(年-0.030%)の金利/※審査結果によっては、通常金利に年0.1%上乗せとなる場合があります
    • 通常金利は年0.440%
    住信SBIネット銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 全疾病保障が基本付帯
    単純な金利だけ見ると最安値ではないですが、全疾病保障が基本付帯でこの金利なので総合的に見ると安いと思います。またネット銀行として頻繁に住信SBIネット銀行を利用していたので信用度がもともと高かった事もありますね。

    【金利】 変動金利でありかなり低めです。さらには全疾病保障が基本付帯されます。

    【借り入れ費用】 保証料や一部繰り上げ返済の時の手数料などは無料です。事務手数料は普通にかかります。

    【返済】 元利均等返済と元金均等返済があり、一部繰り上げ返済や全額繰り上げ返済もできます。

    【保険オプション】 特にありませんが、基本付帯で全疾病保障が付くので問題なしです。また女性の方はガン診断給付金特約が無料で付きます。

    【借り入れ手続き】 仮審査は気軽にウェブ上で申し込めます。正式審査は書類を郵送することになりますが、来店する必要はないです。

    【サポート】 金利などについてサポートに問い合わせた時の対応は丁寧でした。

    全疾病保障が基本付帯でこの金利は非常に魅力的です。
  • みずほ銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 手続き、保険オプションなどがわかりやすかった。
    もともとメインバンクとしてみずほ銀行を利用していたので最初に候補に上がった。
    他の銀行数行とも比較したが、全体的にそれほど差がなかったためそのままみずほ銀行に決定した。
    手続きがそれほど複雑ではなく、疾病保険などもあり良かったと思う。

    【金利】当時はどこもそれほど差がなかったきがする。
    【借り入れ費用】普通
    【返済】繰り上げ返済がしやすい
    【保険オプション】別途費用がかかるが、8大疾病保険がついていてよかった
    【借り入れ手続き】1度の店舗への訪問で手続き完了した
    【サポート】利用していない

    初めての住宅ローンでよくわからず大手銀行の中から選んだが、現在はネット銀行など選択肢も多く、金利や特典など様々だと思うので選択肢が沢山あると思う。
  • PayPay銀行
    4

    PayPay銀行住宅ローン 変動

    変動金利
    0.380% (2022/05/01 現在)
    PayPay銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    5 金利が低いのが魅力です
    PayPay銀行はよく利用しており安心感があったことと、他の銀行の住宅ローンと比べて金利が低いのが魅力だと感じました。また保証料や印紙収入代などが無料であることなども余計な費用がかからずに良いですね。ネット銀行なので来店不要で契約まで可能です。

    【金利】変動金利の中でもかなり低いほうだと思います。返済額にも影響するので金利は低いほうが良いです。
    【借り入れ費用】保証料、印紙代などの費用はかかりません。
    【返済】元利均等返済です。また一部繰り上げ返済なども可能であり、基本的に口座からの引き落としですね。
    【保険オプション】団体信用生命保険は金利上乗せなしであり、他にはがん50%保障団信、がん100%保障団信、11疾病保障団信など豊富なオプションです。
    【借り入れ手続き】金利とあわせてこの住宅ローンの魅力であり、審査の申込みから契約、借り入れまでネットで全て可能です。
    【サポート】サイトなどは見やすく、問い合わせの際も丁寧でした。

    来店の必要がないので、日時を気にすることなく暇なときに手続きができるのは心理的に楽でした。
  • イオン銀行
    5

    イオン銀行住宅ローン 変動金利プラン 手数料定率型 変動

    変動金利
    0.520% (2022/05/10 現在)
    イオン銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    5 審査が早く、対応が丁寧だった。
    金利が低く諸費用も安く抑えられました。また、ネット銀行でありながら窓口でも丁寧に対応して頂いたので、安心して相談が出来ました。注文住宅であった為、融資までに時間を要しましたが、その間も定期的に連絡を頂けて安心でした。

    【金利】他行と比べても遜色のないレートであった。
    【借り入れ費用】保証料もなく諸費用がかなり抑えられた。
    【返済】1年毎の短縮も出来て有難かった。
    【保険オプション】8台疾病を選択しましたが、万が一にも備えられると思いました。
    【借り入れ手続き】ネット銀行だと面倒なイメージがありましたが、丁寧にわかりやすく説明頂けました。
    【サポート】電話でも窓口でも対応して頂けることと、ほぼ毎日対応頂けるので安心感があります。

    金利は安いに越したことはありませんが、ネット銀行ですとどれだけわかりやすく丁寧に対応頂けるのかがカギになるのかなと思いました。イオン銀行はモール内にありますので、使い勝手も良かったです。

このページの先頭へ