価格.com

ローン

住宅ローン 金利比較

住宅ローン 金利比較

住宅ローン 金利比較

住宅ローンを比較するときに、最も基本になるのが「金利」です。金利とは、借りている額に対して、支払う利息の割合のことを指します。ここでは最新の住宅ローン金利や金利タイプ別の金利推移のほか、住宅ローンの人気ランキング、金利に関する評判・借り入れレポートなど幅広く紹介します。

新規借り入れ金利が低い順の住宅ローン

  • 変動金利

  • 固定金利 10年

  • 全期間固定金利・フラット35

新規借り入れ住宅ローン返済額シミュレーション

    • 借入金額

      万円
    • 返済期間

    • 試算する
    • 借入例

      • 金利タイプ変動金利
      • 毎月の返済額8万円
      • 返済期間30年
      試算結果を見る
    • 借入例

      • 金利タイプ全期間固定金利
      • 毎月の返済額8万円
      • 返済期間35年
      試算結果を見る

【2022年5月最新】新規借り入れプロが解説!住宅ローンの金利推移・動向・相場

2022年5月10日 更新

新規借り入れ住宅ローンの金利に関する評判・借り入れレポート

    • 住まい:京都府
    • 年齢・性別:30代後半男性
    • 職業:会社員
    • 世帯構成:夫婦と子供
    • 年収:500万円台

    金利上昇のリスクが不安だったので、フラット35に絞って住宅ローンを探していました。年収が一気に上がる時期だったこともあり、前年度の年収よりも今年度の見込み年収を重要視してほしかったのですが、おそらくそこも加味してローン上限額を決めていただけたのかなと思います。
    臨機対応に判断してもらった印象です。
    続きを読む

    【金利】全固定にしては金利を低く抑えられたと思うのでそこが満足。
    【借り入れ費用】他の銀行での借り入れ費用がわかりませんが、そんなに高くない印象でした。
    【返済】固定なので変動よりは高いですが、金利上昇のリスクを加味するととても満足しています。
    【保険オプション】団信しか希望していませんでしたが、スムーズに手続き出来て良かったです。
    【借り入れ手続き】ハウスメーカーの方が間に入ってくれたので、手続き自体はとても簡単でスムーズでした。
    【サポート】今のところ困ったことはないのでサポートに関してはよくわかりません。

  • 夫婦と子供
    新規借り入れ 5
    金利が低いのが魅力です
    • 住まい:東京都
    • 年齢・性別:40代男性
    • 職業:会社員
    • 世帯構成:夫婦と子供
    • 年収:900万円台

    PayPay銀行はよく利用しており安心感があったことと、他の銀行の住宅ローンと比べて金利が低いのが魅力だと感じました。また保証料や印紙収入代などが無料であることなども余計な費用がかからずに良いですね。ネット銀行なので来店不要で契約まで可能です。

    【金利】変動金利の中でもかなり低いほうだと思います。返済額
    続きを読むにも影響するので金利は低いほうが良いです。
    【借り入れ費用】保証料、印紙代などの費用はかかりません。
    【返済】元利均等返済です。また一部繰り上げ返済なども可能であり、基本的に口座からの引き落としですね。
    【保険オプション】団体信用生命保険は金利上乗せなしであり、他にはがん50%保障団信、がん100%保障団信、11疾病保障団信など豊富なオプションです。
    【借り入れ手続き】金利とあわせてこの住宅ローンの魅力であり、審査の申込みから契約、借り入れまでネットで全て可能です。
    【サポート】サイトなどは見やすく、問い合わせの際も丁寧でした。

    • 住まい:東京都
    • 年齢・性別:40代男性
    • 職業:会社員
    • 世帯構成:夫婦と子供
    • 年収:900万円台

    ネット専用の住宅ローンであり、普段から住信SBIネット銀行をよく利用していたので、安心して申込みが出来ました。わざわざ来店する必要がないので、時間の合間にチェックなどが出来て楽でしたし、何より普通の銀行に比べてネット銀行なので、金利が低いのも魅力です。

    【金利】かなり低いです。少しでも低いほうが良い
    続きを読むと思っていたので助かりました。
    【借り入れ費用】保証料は要りませんが、事務手数料は普通にかかります。
    【返済】一部繰上返済や全額繰上返済にも対応しており、口座からの自動引落です。
    【保険オプション】全疾病保障が基本付帯であり、女性の方はガン診断給付金特約が付きます。
    【借り入れ手続き】申込みから仮審査、契約手続き、融資まで全てネットで完結するので、時間の節約になります。
    【サポート】サイトや説明も見やすくて、特に問題はないと思います。

  • 夫婦のみ
    新規借り入れ 4
    圧倒的に金利が低い
    • 住まい:東京都
    • 年齢・性別:40代男性
    • 職業:会社員
    • 世帯構成:夫婦のみ
    • 年収:800万円台

    ネット銀行の住宅ローンは低い傾向がありますが、中でもauじぶん銀行の住宅ローンがトップレベルに低い印象ですね。金利の差は実際に支払う金額に直結するので、よほどのことが無い限り低いものを選ぶべきだと思います。

    【金利】選んだ理由にも書きましたが、変動金利のネット銀行のローンの中でも圧倒的に低いです。
    続きを読む
    【借り入れ費用】保証料は必要ないですが、事務手数料が普通にかかります。
    【返済】元利均等返済、または元金均等返済であり、auじぶん銀行円普通預金口座から自動引落としとなりますね。
    【保険オプション】団体信用生命保険は保証料不要ですし、がん100%保障団信や11疾病保障団信を選べます。
    【借り入れ手続き】申込みから司法書士との面談に至るまでウェブ上で完結できます。
    【サポート】金利に関して問い合わせたところスピーディーな対応でした。

    • 住まい:東京都
    • 年齢・性別:30代後半男性
    • 職業:会社員
    • 世帯構成:夫婦のみ
    • 年収:900万円台

    ネット銀行のため、ネットからの申込みがスムーズですし、普段利用しているのでわざわざ普通預金口座を新たに開設する必要がないのが決め手です。またイオン系列のスーパーなどでの買い物が5%オフになるなどの特典も付いています。

    【金利】最も低い金利ではないですが、総合的に見れば低いです。
    【借り入れ費用】事
    続きを読む務手数料は若干かかりますが、保証料は不要です。
    【返済】元利均等返済のみで、一部繰上返済の手数料は無料ですが、全額繰上返済の場合は手数料がかかります。
    【保険オプション】団体信用生命保険は金利上乗せ無しで、全疾病就業不能保障やがん保証、8疾病保障などオプションは豊富です。
    【借り入れ手続き】店舗でも可能ですが、来店不要、インターネットで申込みから契約まで可能なので非常に便利です。
    【サポート】変動金利などについての電話で問い合わせた際の対応は丁寧でした。

借り換え金利が低い順の住宅ローン

借り換え住宅ローン返済額シミュレーション

    • 「残額」または「借入情報」があれば、
      いくら返済額が下がるのか試算できます

    • 節約額を試算する
    • 借入例

      • 金利タイプ全期間固定金利
        →変動金利
      • 残高1,000万円
      • 残りの返済期間10年
      試算結果を見る
    • 借入例

      • 金利タイプ変動金利
        →全期間固定金利
      • 残高2,500万円
      • 残りの返済期間20年
      試算結果を見る

【2022年5月最新】借り換えプロが解説!住宅ローンの金利推移・動向・相場

2022年5月10日 更新

借り換え住宅ローンの金利に関する評判・借り入れレポート

    • 住まい:千葉県
    • 年齢・性別:40代男性
    • 職業:会社員
    • 世帯構成:夫婦と子供
    • 年収:500万円台

    金利が安くなったため、一度他行へ借り換えをしましたが帰って来る形で住信SBIネット銀行に再借り換えを行いました。
    住宅ローンを借りる際にもっとも重視するのは金利かと思いますが、毎月変動する金利で最安を狙うよりも安定して最安クラスを維持している住信SBIネット銀行にしました。
    金利の次に重視したのは繰り上げ
    続きを読む返済のしやすさ。私の場合は毎月繰り上げ返済を行っていたので、コスト面でも手間の面でも繰り上げ返済しやすいかどうかは大事なポイントでした。
    住信SBIネット銀行は繰り上げ返済手数料無料、入金もファミリーマートなどのコンビニであれば手数料がかからず、繰り上げ返済の申しこみ自体もネットで数十秒あればできるので非常に助かっています。

    • 住まい:埼玉県
    • 年齢・性別:50代男性
    • 職業:会社員
    • 世帯構成:夫婦と子供
    • 年収:1000〜1500万円未満

    現状の金利負担の低減を目的に借り換えを検討しました。煩わしい手続き等が有るのではと不安に思ってましたが、借り換え先銀行に相談したところ、事前説明が分かりやすく、安心して依頼することができると判断しました。

    【金利】 借り換え前と比較し、大幅に金利が低くなったため。
    【借り入れ費用】 手数料や登記費
    続きを読む用が想定よりたかかったため。
    【返済】 月々の返済金額は変わらないが、ボーナス時支払いがなくなり、返済期間も短縮されたため。
    【保険オプション】 年齢がネックになり、疾病保険など保険オプションを付けることができなかったため。
    【借り入れ手続き】 二回の訪問による手続きで完結できたことは、当初の想定を超えるスムーズさでした。
    【サポート】 事前の相談に親身に応じていただき、説明もとても分かりやすかったため。

    • 住まい:愛媛県
    • 年齢・性別:30代後半女性
    • 職業:パート・アルバイト
    • 世帯構成:夫婦と子供(共働き)
    • 年収:500万円台

    金利の低さが一番の決め手でした。地方銀行や労働金庫と違い、ショッピングモールの中に店舗があり、土日などでも対応してもらえたのが良かったです。担当の方の感じもよく、丁寧に説明して頂き、対応も良かったです。

    【金利】低いから。
    【借り入れ費用】思った以上にかかってしまったから。
    【返済】シュミレーショ
    続きを読むン通りになったので。
    【保険オプション】充分に付いていたから。
    【借り入れ手続き】店舗が遠く、何度も行くのが大変でした。
    【サポート】お約束の前日に親切に電話を頂いたり、とてもよかったです。

    • 住まい:東京都
    • 年齢・性別:30代前半女性
    • 職業:会社員
    • 世帯構成:夫婦と子供(共働き)
    • 年収:300万円台 /世帯年収 700万円台

    圧倒的な金利の低さに惹かれました。
    繰上げ返済の手数料が掛からないこと、がん50%保障団信が付いていたことが決め手になりました。
    借り換えをして一年ほど返済期間が短くなったので、選んで良かったと思っています。又がんにも備えることができ、満足です。

    【金利】どの金融機関よりも安いから
    【借り入れ費用】
    続きを読む安いと思う
    【返済】繰上げ返済費用がかからないのは魅力的
    【保険オプション】負担なしでがん保障が付く特約はとても大きい
    【借り入れ手続き】ネット上だけで手続き、しかも高額の契約なので、不安になりながら手続きした
    【サポート】画面だけで理解できない部分もあり、質問しようにも電話受付時間に限りがある。手続きも中断しなければならず、煩わしさを感じた。

    • 住まい:山口県
    • 年齢・性別:60歳以上男性
    • 職業:会社員
    • 世帯構成:夫婦と子供
    • 年収:600万円台

    借り換えた当時、金利は10年固定タイプで1%ということで、他銀行と較べて特に低金利ということではありませんでしたが、事務取扱手数料が通常は10万8千円かかるところがキャンペーンでゼロ(他銀行は借入額の2.16%のところが多い)、保証料・団信保険料、繰上償還手数料は元々ゼロというこで、トータルで考えると大変有利であ続きを読むると考えました。Tポイント1万円も魅力でした。
    (借換前は5年固定タイプであり、固定期間終了後の金利アップを心配していましたし、住宅取得控除期間終了後に大幅な繰上償還を行う予定です。)

住宅ローン金利の基礎知識

  • 金利とは何か

    住宅ローンを比較するときに、最も基本になるのが「金利」です。住宅ローンを選ぶ際になぜ「金利」が大切になるのかを理解するためにも、金利の基本を知っておきましょう。

    そもそも金利とは?

    お金を借りたときには、その対価として利息を支払います。借りている額に対して、支払う利息の割合のことを「金利」と言います。

    元金・利息・金利のイメージ

    毎月の利息額の元金(借りている額)に対する割合を月利、年間の利息額の元金に対する割合を年利といいます。住宅ローンで表示されている金利は年利です。

    なお、実際には毎月元金を返済するので、元金は少しずつ減っていきます。その減った元金(残高といいます)に対して、利息がかかるので、支払う利息額は毎回減っていきます。

    金利が変わるとどのくらいの差が出るのか

    例えば、3,000万円を30年間で返済した場合、金利が1%違うと返済額の総額は500万円以上多くなります。

    金利が高いほど、毎回の返済額も多くなり、総返済額も多くなります。たとえ1%の違いでも、総額で見ると大きく違うことがわかります。

    金利による返済額の違い 3,000万円、30年返済、ボーナス返済なし、元利均等返済の場合の毎月返済額と総返済額のイメージ

    毎回の返済額は元金の返済分と利息の合計額です。そのため、金利が上がると返済額が多くなるにもかかわらず、内訳を見てみると元金返済分は減っていることがあります。金利が高いほど元金が減るスピードも遅くなってしまいます。

    毎月返済額の金額と内訳の違い 3,000万円、30年返済、ボーナス返済なし、元利均等返済の場合の初回返済額のイメージ

    金利はどうやって決まるの?

    世の中のさまざまな経済的な変化にともない、金利も変動します。景気がよくなったり、物価が上がったりすれば一般的には金利も上昇します。

    金利変動の要因 金利が上がる要因・下がる要因のイメージ

    金利はいろいろな要因が複合して、その結果として決まります。そのため、景気は良くないのに物価が上昇したため金利も上がるということもありえます。

    実際の住宅ローンの金利は、「無担保コール翌日物金利」(変動金利型の金利に影響します)や「10年国債の利回り」(10年固定や35年固定など長期固定の金利に影響します)というものを指標の一つとして、各銀行が毎月決定しています。

    「固定金利型」は10年国債の動きに連動

    固定期間が10年以上など長いものは、長期金利に影響されるところが大きくなります。長期金利が動く代表的な指標は新発10年ものの国債の利回りです。例えば株高になると、国債は売られ利回りは上昇します。また、世の中の景気がよくなると上昇傾向になります。新聞などに載る長期金利や日経平均株価の動きから予測ができます。

    「変動金利型」は日本銀行の経済政策に注目!

    変動金利が動く代表的な指標は「無担保コールレート(オーバーナイトもの)」です。これは、日本銀行が民間の金融機関にお金を貸し出すときの金利で、現在は政策金利の役割もあります。日本銀行はこの政策金利を上げ下げして、景気をコントロールしています。日本銀行が金融緩和をはかれば低く、金融引き締めに動けば高くなるのが基本的な考え方です。新聞やテレビのニュースなどで、日本銀行の方針発表を確認することで、変動金利の動きをある程度予測できます。

    ※「無担保コール翌日物金利」の金利は毎営業日ごとに日本銀行のサイトで発表されており、過去のデータも確認することができます。

  • 金利の選び方

    住宅ローンの金利タイプは大きく3つ

    住宅ローンの金利タイプには、大きく3つのタイプがあります。それぞれの仕組みや特徴、メリット・デメリットを知っておきましょう。

    金利の変動がない「全期間固定金利型」

    その名のとおり、借り入れから、完済まで金利が変わらないタイプです。借り入れ時に全期間の返済額が確定できることが最大の特徴です。代表例はフラット35です。フラット35Sのように、段階的に金利が変わるものもありますが、将来の金利も借り入れ時に決まっているため、全期間固定金利型の一つになります。特別な優遇期間のあと金利が変わるものもあります。3つの金利タイプの中では金利は高めになります。

    「全期間固定金利型」は借り入れから完済まで返済額が変わらない

    全期間固定金利型のメリット・デメリット

    メリット

    1. 毎月の返済額が変わらないので、ライフプランが立てやすい
    2. 返済額が確定できて安心
    3. 低金利時においては、完済まで低金利の恩恵を受けられる

    デメリット

    1. 高金利時に選んだ場合、その後市場金利が低下しても、金利は高いままになってしまう
    一定の期間の金利を固定できる「固定金利期間選択型」

    当初定めた期間の金利は変わらず、固定期間が終了する時、改めて金利タイプを選び直すものです。当初固定期間は2年、3年、5年、10年、15年、20年などから選べます。金利は一般的に固定期間が短いほど低く、長いほど高くなります。期間終了後は、変動金利、同じ固定金利期間選択型のどちらも選ぶことができ、その時点での金利に見直されます。そのため、金利が上がっている場合、月々の返済額が増える可能性がある点に注意が必要です。期間の種類や期間終了後の選び方のルールは、金融機関によって違うので、あらかじめ確認しておきましょう。

    「固定金利期間選択型」は選んだ期間中の返済額は一定。期間終了後は、改めて変動か期間を選ぶ

    固定期間選択型のメリット・デメリット

    メリット

    1. ライフプランをもとにするなど、必要な期間は返済額を一定にできる
    2. 全期間固定よりも金利を低くおさえられる

    デメリット

    1. 固定期間終了時には、金利変動のリスクがある
    2. 変動金利型のように返済額の増額幅を制限するルールがないため
    3. 固定期間終了後、返済額が大きく増える可能性がある
    半年ごとに金利を見直し「変動金利型」

    変動金利型の大きな特徴は、半年ごとに金利が見直されることです。また、一般的には3つの金利タイプの中では、一番金利が低くなっています。
    5年間は毎回の返済額を変更しない、次の5年間の返済額は従前の返済額の1.25倍までとするというルールがあり、家計に急激な変化が起こらないよう配慮されています(一部の金融機関を除く)。とはいえ、金利が上昇すると、利息にあてられる部分が増え、元本がなかなか減らないということも。金利の上昇が大きいと、返済額全てが利息にあてられ、それでも利息に足りず未払い利息が発生する可能性があることも知っておきましょう。

    「変動金利型」のイメージ

    変動金利型のメリット・デメリット

    メリット

    1. 金利が下がれば、返済額も少なくなり、金利下降場面では返済額が減る
    2. 他の金利タイプに比べて金利が低い

    デメリット

    1. 常に金利変化に対する不安がつきまとう
    2. 急激な金利上昇期には未払い利息が生じる可能性がある
    3. 将来の返済額や総返済額が読みづらく、長期的な計画が立てにくい

    金利タイプ選びの基本は?

    金利が上昇するときには固定金利型を、金利が低下するときには変動金利型を選ぶのが王道です。

    低金利時に固定金利型のローンを利用すれば、その後金利が上昇しても適用金利は低いままです。一方、高金利時ならば変動金利型のローンを利用すれば、市場金利が下がるにつれ適用金利も下がります。

    これから金利が上昇するというときには固定金利型、これから金利が下がるというときには変動金利型が金利タイプ選びの基本的な考え方です。

    金利タイプ選びの基本的な考え方 金利が上昇するとき(低金利時)のイメージ 金利が低下するとき(高金利時)のイメージ

    変動か固定、どんな人に向いている?

    どの金利タイプを選ぶかは多くの人が悩むところです。返済額の多少や損得は、完済するまで結論が出ません。金利や返済額だけでなく、リスクの受け入れ方や価値観、生活設計も金利タイプ選びの際には重要なポイントになります。

    金利タイプ こんな人に向いている
    全期間固定金利型
    • 毎月の住居費を完済まで確定させたい人
    • 返済期間が長く、家計状況の変化が大きいと予想する人
    • 新聞などあまり読まず、社会情勢に目を向けるのが苦手な人
    • 心配性な性格で、金利の動きに不安やストレスを感じやすい人
    固定金利期間選択型
    • 当面、子どもの教育費などが重なり返済額を抑えたいが、その間の金利変動リスクは避けたい人
    • 一定期間が過ぎたら、妻が働くなどで収入がアップする予定のある人
    • 今は車などのローンがあるが、終われば家計に余裕ができる人
    変動金利型
    • 金利上昇にも対応できるような家計に余裕のある人
    • 早い時期から、繰上返済しようと計画している人
    • 妻が働くなど、家計収入の増える予定のある人
    • 教育費など、今後大きな支出がない人
    • 経済雑誌やニュースなどを見るのが好きな人

    店頭金利と適用金利の違い

    金融機関の住宅ローン金利を見ると、次のような表示があります。それぞれ、どのような意味があるのでしょうか?

    店頭金利と適用金利
    (1)店頭金利 3.5%
    (2)金利引き下げ幅 2.2%
    (3)適用金利 1.2%
    (4)当初特約期間終了後の金利引き下げ幅 1.4%
    (1)店頭金利

    引き下げなどが行われる前の、本来の金利です。金融機関によって表現が異なり、店頭表示金利、基準金利などと表示されているものもあります。

    (2)金利引き下げ幅

    昨今の住宅ローンは、ほとんどが本来の金利である店頭金利よりも低い金利で融資されます。店頭金利から何%引き下げてくれるかというのが金利引き下げ幅です。この金利引き下げ幅は、金融機関によっては審査次第で決められることもあり、●%〜●%と幅をもって表示されていることもあります。

    (3)適用金利

    融資してくれる際の実際の金利です。店頭金利(1)から金利引き下げ幅(2)を差し引いたものが適用金利となり、返済額はこの適用金利で決まります。

    (4)当初特約期間終了後の金利引き下げ幅

    固定金利選択型の場合、当初の固定金利期間(=当初特約期間)と、固定金利期間終了後とで金利引き下げ幅が異なる場合があります。例えば、上記の事例が10年固定だった場合、当初10年間は店頭金利から2.2%引き下げられますが、11年目以降はその時点の店頭金利から1.4%の引き下げに変更されます。固定金利選択型の場合は、当初特約期間終了後にどのくらい引き下げてくれるのかも総返済額に影響してくるため、当初の適用金利と合わせて確認・比較することが重要です。

    住宅ローンの金利はほとんどの金融機関では、毎月第一営業日に発表され、その月に実行されるものに適用されます。

    金利の変動に備えるにはどうしたらよい?

    金利が上昇してきたときに繰上返済ができるような貯蓄を心がけましょう。金利の動向をウォッチすることも忘れないようにしましょう。

    変動金利型で借入れし、金利が上昇すると毎回の返済額も増えてしまいます。まずは増えることを前提に、増えても支払える程度の借入額にすることがポイントです。そうすれば、返済していても家計に余裕が生まれるはず。その余裕分を貯蓄しておけば、将来もし金利が上昇したら繰上返済することで毎回の返済額や総返済額を抑えることが可能になります。

    最近では変動金利型はほぼ動きがないのに対して、固定期間が長期のものは、毎月わずかではあるものの金利が上下しています。2014年は金利は下がる傾向にあり、長期の固定金利商品の代表的なものであるフラット35の金利は過去最低を更新するなど低い水準が続いています。

    金利上昇時に総返済額を抑える例 3,000万円、30年返済、ボーナス返済なし、元利均等返済の場合のイメージ

    固定金利型で借入れした場合には、金利が下がってきたら、借換えをした方が支払う利息額が少なくてすむことがあります。より効率的に返済するためにも、金利の状況はいつもチェックするようにしましょう。

    金利タイプは金利がこれからどのように動くと考えるか、で選ぶのが基本ですが、一人ひとり違う家計の状況や借入額、価値観から選ぶという考え方もあります。

    いずれにしても、住宅ローンは住宅購入には欠かせない身近なものでありながら、金額も大きく、よく理解せずに利用すると大きな痛手を受ける危険性も秘めています。

    住宅ローンの基本は「金利」ですので、金利の仕組みをよく理解し、しっかりと自分の考えを持った上で住宅ローン選びをしていきましょう。

    金利の理解を深めて、住宅ローンの効率的な返済を。

    金利は借りた月の金利が適用される

    住宅ローンの金利は毎月発表されていますが、実際に自分が借りる住宅ローンの金利はいつのものになるのでしょうか?ほとんどの金融機関は、ローンが実行される月の金利を適用します。そのため、契約後、引き渡しまでの期間が長い場合は、金利が大きく変わる場合もあるので、引き渡しの2ヶ月程度前に再度確認するようにしましょう。なお、財形住宅融資などのように申込時の金利というローンもあります。いつの金利が適用されるかを確認しておきましょう。

    適用金利は住宅の引き渡しから

    住宅ローンをなるべく低い金利を適用してもらうには

    住宅ローンの金利を見てみると、多くの銀行に「引き下げ幅」があります。これは、本来の金利(基準金利、店頭金利などといわれるもの)からどれだけ引き下げてくれるか、という話。この「引き下げ幅」が大きいほど、実際に適用される金利が低くなります。

    引き下げ幅って何?(ある銀行の例)

    • 基準金利 2.475%
      金利引き下げ幅 -1.5%〜-1.7%
      適用金利は?
      金利引き下げ幅が-1.5%の場合 0.975%
      金利引き下げ幅が-1.7%の場合 0.775%

    上記のように引き下げに幅をもたせている金融機関があります。自分の引き下げ幅は審査によって決まります。審査において、物件の価値や、借入れする人の返済力を総合的に判断して決定されます。

    では、どのような人の引き下げ幅が大きくなるかというと、「安定した収入があり、確実に返済してくれる」と銀行が見込んだ人です。勤務先も安定していて、本人の毎年の収入に大きな波がない人の方が望ましいと考えられ、大手企業の正社員などが当てはまります。勤務年数も長い方が安定しているとみられます。

    確実に返済してくれる、という点では返済に余力がある方がよいので、年収に対しての借入額が適正かどうかが大切でしょう。これは主に「返済負担率」(年間返済額の年収に対する割合)というものでみられます。

    住宅ローンの借入額だけでなく、他の借入金も含めてみられますので、車など他のローンは無い方が有利です。

    金融機関の中には、頭金の割合によって異なる金利を適用しているところがあります。ある銀行では、頭金が20%以上の人の引き下げ幅は−1.5%〜−1.7%なのに対して、頭金が20%未満の人は−1.4%〜−1.7%と公表しています。このように頭金が多ければ引き下げ幅の下限で0.1%の差が出ます。

    頭金が多ければ、物件の価値に対して借入れしている割合が少なくなります。金融機関側からすれば、もしも返済できなくなった場合の担保の確実性が上がるのです。

    住宅ローン金利交渉はできるのか?

    銀行から金利を提示されてから、金利交渉する余地はあるのでしょうか? 「必ずできる」とは言い切れませんが、実際には交渉の結果下げてもらったという人もいます。

    どんな人なら、交渉の結果金利を下げられるかというと、金融機関が「この人に借りてほしい」と思う人です。先に記載したような、確実に返してくれる、いわゆる良質な顧客である必要があります。まずは、自分に金利を引き下げてもらえるような条件が揃っているか、客観的に自分を見てみましょう。他行で仮審査を受けてみるのも一手です。もっと低い金利で審査が通っていることを示すことができれば、説得力が増します。

    さて、借入れ中の人は、新規で借入れる人よりも現在の自分の金利の方が高いことに疑問を感じることもあるでしょう。もっと低い金利にするには、通常他行へ借り換えを行いますが、借り換えには費用がかかります。そこで、今の住宅ローンの金利を引き下げてもらえないかの交渉をしてみるのも良いでしょう。

    この場合でも、「引き下げてくれなければ、借り換えます」という本気度を示すために、借り換え費用を支払っても効果が出るような、他行の住宅ローンを調べ、できれば仮審査を出しておくとよいでしょう。

    新規でも借入れ中でも、交渉するには「自分を知る」「世の中を知る」の両方の準備が大切です。「このくらいなら下げてくれそうだ」という程度を知るためにも、世の中の住宅ローンの金利状況は調べておくべきでしょう。やみくもに下げて欲しいと言うよりも、「こういう理由で下げてほしい」と伝える方がずっと上手な交渉です。

    なお、金融機関側にもその時々で事情や方針があります。たまたま実績を上げたい時期に当たれば引き止めてくれやすいでしょうし、借り換える人はあえて追わない方針にしている場合もあります。

    「こうすれば交渉で金利を下げられる!」という明確な方法はありませんし、手間も時間もかかりますが、金利が下がれば、大きな金額の節約につながります。たとえダメもとでも、金利の交渉にトライしてみるのもよいでしょう。

    金利交渉の準備

    1. 世の中の金利水準など住宅ローンの状況を把握する
    2. 安定した年収など、確実に返済できる状況をPRする
    3. 他行に仮審査を出し、ほかでもっとよい条件で貸してくれるところがあることを示す

住宅ローンの金利についてのよくある質問 FAQ

住宅ローンの金利について気なる疑問や不安なことを、「よくある質問」にまとめました。
住宅ローンを借りる際の参考にしてみてください。

Q 住宅ローンの金利とは?
Aお金を借りたときには、その対価として利息を支払います。借りている額に対して、支払う利息の割合のことを「金利」と言います。
Q 金利タイプの選び方は?
A金利の変動がない「全期間固定金利型」、一定の期間の金利を固定できる「固定金利期間選択型」、半年ごとに金利を見直す「変動金利型」があります。金利が上昇するときには固定金利型を、金利が低下するときには変動金利型を選ぶのが王道です。

住宅ローン金利の関連記事

  • ※ 2022/05/29 21:53 時点の情報です。
  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • ※ 本サービスは住宅ローン商品等に関する情報の提供を目的としたものであり、ローン契約締結の代理、媒介、斡旋等を行うものではありません。
  • ※ 当社では各金融機関の商品/サービス等に関するご質問にはお答えできません。各金融機関に直接お問い合わせください。
  • ※ 掲載しているローン商品等に関する情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報は各金融機関のホームページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは各掲載金融機関において実施されるものであり、掲載金融機関による募集要綱等を十分にご確認ください。
  • ※ 掲載情報には価格.com住宅ローン比較に参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。
  • ※ 保証料が「必要」の場合、借り入れ時に一括して支払う「一括前払い型」と、借り入れ金利に含まれる「金利上乗せ型」があります。詳細については、各金融機関へご確認ください

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止