適切な借入額だと返済負担率はどのくらい?計算手順教えます

  1. ホーム > 
  2. ローン > 
  3. 住宅ローン > 
  4. 選び方 > 
  5. 適切な借入額だと返済負担率はどのくらい?計算手順教えます

2016年10月5日掲載

選び方

適切な借入額だと返済負担率はどのくらい?計算手順教えます

家計支出の中で大きな割合を占める住宅ローン。住宅ローンの借入額をいくらにするかは住宅購入予算にも影響します。借入額はいくらくらいなら適切なのでしょうか? 適切な借入額かどうかを判断するものさしの一つが「返済負担率」です。ここでは返済負担率を使って、適切な借入額を検討する手順をみていきましょう。

2つの返済負担率

適切な借入額の目安は?

借入額と深く関係するものに「返済負担率」というものがあります。返済負担率とは、年収に占める住宅ローンの年間返済額の割合のことです。そして、返済負担率は、金融機関が使う返済負担率と、借入れする人が考えるべき返済負担率の2つがあります。

1. 審査で使われる返済負担率

住宅ローンの審査項目の一つに返済負担率が使われています。借入れ要件の一つとして、年間の返済額が年収に占める割合が所定の範囲内であることが求められます。多くの銀行が、その上限を年収の25〜35%としています。例えばフラット35では、下表のような返済負担率の上限が決められています。

【フラット35(住宅金融支援機構)の場合】
年収 400万円未満 400万円以上
基準 30% 35%

2.住宅ローンを借り入れしている人の返済負担率は?

銀行が審査で使っている返済負担率は、あくまでも銀行がいくらまで貸せるかを検討するためのものです。決して、銀行が「このくらいなら無理なく返せるだろう」と保証してくれているものではありません。返せる金額かどうかは、自分で判断する必要があるのです。

と言っても、どのくらいが適正内なのかはわからないという人も多いでしょう。そこで、実際に住宅ローンを借入れしている人は、年収に対してどのくらいの返済額になっているのか見てみましょう。

住宅金融支援機構の調査によれば、フラット35を利用した人の返済負担率の平均は21.3%でした。

住宅ローン返済中の人の返済負担率はどのくらい?

借入額の目安を計算してみよう

借入額は 1.毎月の返済額  2.返済年数  3.金利 の3つから計算することができます。では、適切な借入額の目安はどのような手順で考えたらよいでしょうか?具体的な数字とともに、ポイントと注意点を確認していきます。

【モデルケース】
家賃 月額9万円
住宅購入用積立て額 月額4万円
住宅維持管理費用 月額3万円
金利 3%(全期間固定金利)
期間 30年 元利均等型

1. 毎月支払える額を計算しよう

まずは毎月どのくらいの金額を住宅にかけられるか考えます。現在賃貸料や駐車場代を支払っている人は、その金額が目安の一つになるでしょう。その金額だと負担が大きいと感じれば少なめに、余裕があると思えば多めにと調整しましょう。

住宅購入後は住宅の維持管理費用もかかります。マンションの場合は管理費・修繕積立金、一戸建てであっても将来の修繕費を準備しておく必要があります。駐車場代や固定資産税もかかります。

毎月住宅にかけられる金額から、これらの維持管理費用を差し引いたものが住宅ローンの返済に充てられる額と考えましょう。

毎月支払える額を計算しよう

また、現在は支払うことができる金額であっても、将来にわたって支払いが可能かどうかも考えてみてください。これから子どもの教育費が増える、老後の生活資金の準備が必要など、支出の増加やさらなる貯蓄が必要な場合には、余裕を持った金額にしましょう。

将来のことも考えて、毎月住宅にいくらならかけられるか考えてみましょう

2. 返済年数を決めよう

住宅ローンは、30年、35年が当たり前のように思いがち。ハウスメーカーや銀行などの提案をそのまま受け入れてはいけません。出来る限り、収入の減るリタイア前にローンを終えるようにしたいものです。適切な借入額の目安を算出するには、リタイアまでの年数で考えましょう。

3. 金利は高めで試算しよう

実際には変動金利型など低金利のもので借入れるつもりでも、適切な借入額を試算するときには、高めの金利で計算しましょう。そうすれば、将来金利が上昇しても多少の余裕はあるはずです。目安としては、長期固定の金利を使うと良いでしょう。

4. 適切な借入額を試算してみよう

 1. 〜 3. の3つの数字が揃ったら、適切な借入額を試算してみましょう。

適切な借入額を試算してみよう

適切な借入額を試算してみよう

【参考】返済早見表 100万円あたりの返済額
  借入期間
金利 25年 30年 35年
2.0% 4,238 3,696 3,312
2.5% 4,486 3,951 3,574
3.0% 4,742 4,216 3,848
4.0% 5,278 4,774 4,427

「適切か」は、ライフプランや価値観で決まる!

「適切か」は、ライフプランや価値観で決まる!

「適切な借入額」の考え方は各家庭によって違います。教育費をどこまでかけるのか(私立か公立かなどの教育方針)、定年退職後もできるだけ働きたいかなど、借入額を決める際、家族での話し合いはとても大事です。住宅に重きをおきたい人、教育に重きをおきたい人、家族との旅行や趣味に重きをおきたい人など人生の価値観はそれぞれ違います。なので住宅にかける金額の価値観も人それぞれで良いのです。厳しいチェックと同時に、柔軟な考え方も必要。ライフプランや価値観とのバランスを取りながら、適切な借入額の検討をしましょう。

住宅ローン 人気ランキング

2022/08/08 現在 [更新日時] 2022/08/08 09:00 [集計期間] 2022/08/01〜2022/08/07 人気ランキングは、価格.comユーザーのアクセス数・お申込み状況を元に集計しています。
  • auじぶん銀行
    1

    auじぶん銀行住宅ローン 全期間引下げプラン 変動

    変動金利
    0.289% (2022/08/01 現在)
    • au金利優遇割適用後(年-0.100%)の金利
    • 通常金利は年0.389%
    auじぶん銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    5 金利が安くすべて手続きはネットで完了しました
    仮審査出した中で1番金利が安かったのでここに決めました。
    他は書類を郵送することが多かったですが、書類を写真に撮ってアップロードするなど手続きはスマホで完結しました。手続きを進めるなかでわからないことがあればコールセンターに電話したら丁寧に教えてくれたので特に困ることはありませんでしたが、インターネットでの手続きに慣れていない方には少し大変かもしれません。
    団信のプランもいくつか選べますが、金利の上がらないプランにしました。これでもがんになったら半額免除などついているので他社と比較しましたがよかったです。現在はアプリで返済予定が見れたり、振込も無料でできるので活用しています。
    私は会社の給料の振り込みをここにはできないので、給料が入ってくる別の銀行から毎月自動的に無料で入金できるサービスがあるのでそちらを利用しているので毎月自分で振り込みしなくていいのも助かっています。

    【金利】他行より低い
    【借り入れ費用】比較できていないですが安くは感じなかったです
    【返済】アプリで予定が見れます
    【保険オプション】充実していると思います
    【借り入れ手続き】インターネットで完了
    【サポート】コールセンターは親切でした

    わからないことがあればどんどんコールセンターなどを活用したほうがいいと思います。
    金利面では良いですが実店舗がないので。
  • 住信SBIネット銀行
    2

    住信SBIネット銀行ネット専用全疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン> 変動

    変動金利
    0.410% (2022/08/01 現在)
    • 金利引き下げプラン適用後(年-0.030%)の金利/※審査結果によっては、通常金利に年0.1%上乗せとなる場合があります
    • 通常金利は年0.440%
    住信SBIネット銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 金利が低いです
    住信SBIネット銀行はインターネットショッピングなどでよく利用しており慣れていたのとサポートがしっかりとしているのを知っていたのが決め手です。また事前に色々な住宅ローンを調べていても、このローンの金利の低さは魅力でした。

    【金利】 金利だけであれば最も低いとは言えないですが「全疾病保障」が付いてこの金利なのは非常に魅力だと思います。
    【借り入れ費用】 事務手数料は普通クラスであり、保証料はいらないのでお得ではありますね。
    【返済】 元利均等返済と元金均等返済から選べます。基本的に口座からの引き落としであり、繰り上げ返済も可能ですね。
    【保険オプション】 団体信用生命保険と全疾病保障が金利上乗せ無しで利用できるのが良いです。
    【借り入れ手続き】 ネットで仮審査の申込みが出来ます。OKであれば正式審査申込書類が郵送されてくるので、それに記入して返送します。最短一週間とありますが、私のケースでは2〜3週間かかったと思います。
    【サポート】 電話でのサポートは非常に丁寧で問題ありませんでした。

    やはり金利が低いのは非常に魅力だと思います。
  • みずほ銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 手続き、保険オプションなどがわかりやすかった。
    もともとメインバンクとしてみずほ銀行を利用していたので最初に候補に上がった。
    他の銀行数行とも比較したが、全体的にそれほど差がなかったためそのままみずほ銀行に決定した。
    手続きがそれほど複雑ではなく、疾病保険などもあり良かったと思う。

    【金利】当時はどこもそれほど差がなかったきがする。
    【借り入れ費用】普通
    【返済】繰り上げ返済がしやすい
    【保険オプション】別途費用がかかるが、8大疾病保険がついていてよかった
    【借り入れ手続き】1度の店舗への訪問で手続き完了した
    【サポート】利用していない

    初めての住宅ローンでよくわからず大手銀行の中から選んだが、現在はネット銀行など選択肢も多く、金利や特典など様々だと思うので選択肢が沢山あると思う。
  • PayPay銀行
    4

    PayPay銀行住宅ローン 変動

    変動金利
    0.380% (2022/08/01 現在)
    PayPay銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 手続きが簡単
    金利が低めなことやインターネット上で気軽に審査が出来る点、さらには日常的にインターネットショッピングなどでジャパンネット銀行を利用していたので、新たに口座を開く必要がないことなどが選んだ理由です。ネットのサイトも見やすい表示でわかりやすいと感じました。

    【金利】 変動金利であり他の銀行の住宅ローンと比べても低めだと思います。
    【借り入れ費用】 契約はネット上で行えるので印紙代が0円、その他にも保険オプションが充実しているなど費用は安めだと思います。
    【返済】 元利均等返済であり一部繰り上げ返済なども可能です。通常は銀行口座からの毎月引き落としですね。
    【保険オプション】 一般団信ならば保証料がかかりません。その他にがん保証や11疾病保障団信など充実しています。
    【借り入れ手続き】 ネット銀行なので事前審査は気軽にネットで行えますし、本審査も書類をアップロードするだけなど簡単です。
    【サポート】 面と向かって色々と質問できるわけではないですが、電話などで普通に質問が出来るので特に不便だとは感じませんでした。

    ネット銀行なので事前審査の申込みや本審査の際にいちいち店舗に出向く必要がなく良かったです。
  • イオン銀行
    5

    イオン銀行住宅ローン 変動金利プラン 手数料定率型 変動

    変動金利
    0.520% (2022/07/10 現在)
    イオン銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 ネットを介しての申込みがスムーズです
    ネット銀行のため、ネットからの申込みがスムーズですし、普段利用しているのでわざわざ普通預金口座を新たに開設する必要がないのが決め手です。またイオン系列のスーパーなどでの買い物が5%オフになるなどの特典も付いています。

    【金利】最も低い金利ではないですが、総合的に見れば低いです。
    【借り入れ費用】事務手数料は若干かかりますが、保証料は不要です。
    【返済】元利均等返済のみで、一部繰上返済の手数料は無料ですが、全額繰上返済の場合は手数料がかかります。
    【保険オプション】団体信用生命保険は金利上乗せ無しで、全疾病就業不能保障やがん保証、8疾病保障などオプションは豊富です。
    【借り入れ手続き】店舗でも可能ですが、来店不要、インターネットで申込みから契約まで可能なので非常に便利です。
    【サポート】変動金利などについての電話で問い合わせた際の対応は丁寧でした。

    ふだん良く利用する銀行の住宅ローンを選んだほうが色々とスムーズだと思います。

このページの先頭へ