基礎知識 記事一覧

  1. ホーム > 
  2. ローン > 
  3. 住宅ローン > 
  4. 基礎知識 記事一覧

住宅ローンを借り入れる際に知っておくべき金利や審査、返済方法などの基礎知識をわかりやすく解説しています。正しい知識を身につけて最適な住宅ローン選びをしましょう。

2020年最新版!年末調整で住宅ローン控除が受けられる! 準備するものや注意点とは?

基礎知識

2020年最新版!年末調整で住宅ローン控除が受けられる! 準備するものや注意点とは?

住宅ローン控除を受けるために必要な確定申告・年末調整の方法、そして準備する書類や手続き方法、また、還付金の受け取り時期について確認しておきましょう。(2020年4月16日掲載)

団体信用生命保険をわかりやすく解説。保険の種類や審査基準は?

基礎知識

団体信用生命保険をわかりやすく解説。保険の種類や審査基準は?

住宅ローンを借りる場合、団体生命保険(団信)へ加入するのが一般的です。住宅ローンの利用を検討しているなら、団体生命保険の種類や審査基準、団体生命保険を提供している各社の特約など把握しておきましょう。(2020年4月9日掲載)

ペアローンの特徴を解説。収入合算との違いや離婚した場合の対処法

基礎知識

ペアローンの特徴を解説。収入合算との違いや離婚した場合の対処法

住宅を購入するにあたって、住宅ローンを利用する方は多いでしょう。住宅ローンの一つである「ペアローン」とはどのようなものなのでしょうか。ペアローンの仕組みや収入合算との違い、離婚した場合の対処法などについて解説します。(2020年4月9日掲載)

2019年版「住宅ローン控除(減税)」と、消費税アップに伴う変更点をわかりやすく解説

基礎知識

2019年版「住宅ローン控除(減税)」と、消費税アップに伴う変更点をわかりやすく解説

2019年10月からの消費税増税をきっかけに、政府は住宅ローン減税の控除期間の延長や、「すまい給付金」の拡大など手厚い景気対策を採っています。その内容を知って、住宅購入の際に参考にしましょう。(2019年8月20日掲載)

「消費税10%」増税による住宅購入への影響は?

基礎知識

「消費税10%」増税による住宅購入への影響は?

2019年10月に消費税が8%から10%に再び引き上げられる予定です。これから住宅を購入する人にとってはどの程度負担が増えるのか気になるところ。また、負担増だけでなく家計の負担を軽くする、すまい給付金にも変更があります。消費税が10%に増税された場合の住宅取得計画への影響について見てみましょう。(2017年4月14日掲載)

親から住宅資金の贈与を受ける場合、贈与税への対策は?

基礎知識

親から住宅資金の贈与を受ける場合、贈与税への対策は?

住宅を購入するときに両親から資金を援助してもらうこともあるでしょう。ただし、単にお金を援助してもらうと、贈与税がかかってしまうことが。そこで、住宅の取得のための贈与には、一定の条件を満たせば贈与税がかからない制度が用意されています。贈与税の仕組みや、住宅資金を贈与してもらう時の方法を見てみましょう。(2017年4月14日掲載)

住宅ローン組むなら知っておきたい「地震保険」のこと

基礎知識

住宅ローン組むなら知っておきたい「地震保険」のこと

マイホーム購入時には地震に対しての補償も考えておきましょう。火災保険だけでは地震や津波を原因とした建物の焼失や損壊の場合の補償がありません。地震や津波による被害に備えるには、地震保険に加入する必要があります。地震保険の補償内容や契約時の注意点などを見ていきましょう。(2017年4月14日掲載)

住宅取得時にかかる「諸費用」何にいつ必要?

基礎知識

住宅取得時にかかる「諸費用」何にいつ必要?

住宅取得時には、物件価格以外に「諸費用」とよばれるコストがかかります。諸費用が必要になることを知らないと、予想外の金額に驚くこともあるでしょう。住宅購入に必要な諸費用はどのくらいなのか、いつ用意するのかを把握し、住宅ローンを組む際に購入予算の中に入れておきましょう。(2017年4月14日掲載)

「住宅ローン」とは?基本知識と心構え

基礎知識

「住宅ローン」とは?基本知識と心構え

住宅購入資金は、教育・老後資金などと並んで一度に用意するのが難しいものです。「マイホームで暮らす」という夢を叶えるため、貯蓄だけでは用意出来ない部分を助けてくれるのが「住宅ローン」。最後まで無理なく返しきるために、知っておきたい知識と心構えを整理しておきましょう。(2017年4月14日掲載)

「フラット35リノベ」とは?条件を満たせば金利引き下げ

基礎知識

「フラット35リノベ」とは?条件を満たせば金利引き下げ

「フラット35」は最長35年返済の全期間固定金利型住宅ローンです。新築住宅の購入、中古住宅の購入、中古住宅をリフォームして購入する場合に利用できるものです。2016年10月より、中古住宅購入の場合のリフォームが性能向上する場合には、「フラット35 リノベ」が使えるようになり、一定期間金利が引き下げられます。(2016年11月10日掲載)

つなぎ融資とは?仕組みや手数料など解説

基礎知識

つなぎ融資とは?仕組みや手数料など解説

住宅ローンは、建物の完成時に融資されるものです。注文住宅のように、完成前に土地代金や着工金などの支払いが生じる場合、資金の工面が必要です。このような場合に利用できる一時的な借入れが「つなぎ融資」です。そのしくみや注意すべき点を確認しておきましょう。(2016年10月5日掲載)

「すまい給付金」とは?条件や給付額などまとめ

基礎知識

「すまい給付金」とは?条件や給付額などまとめ

すまい給付金は、消費税アップ後に住宅購入した人の負担を減らすために導入された制度で、住宅ローン減税が拡大された恩恵を十分に受けられない人に、給付金が支払われるものです。どんな場合にすまい給付金を受けとることができるのか、手続き方法などもあわせ、確認しておきましょう。(2016年9月6日掲載)

住宅購入で適切な物件価格はいくら?シミュレーションで試算しよう!

基礎知識

住宅購入で適切な物件価格はいくら?シミュレーションで試算しよう!

住宅を購入したいと思ったら、最初にしておきたいのが物件の予算決めです。購入後に住宅ローン返済で家計が厳しいというようなことにならないためには、自分の「予算を知る」ことが大切です。自分にとっての「適切な物件価格」を試算してみましょう。(2016年4月4日掲載)

「中古住宅の購入」住宅ローンは諸費用や減税条件の違いに注意

基礎知識

「中古住宅の購入」住宅ローンは諸費用や減税条件の違いに注意

中古住宅を購入するのは、新築住宅を購入する場合と比較して不利になることや違いがあるのでしょうか? 中古住宅における住宅ローンや購入にかかる諸費用について、新築住宅と異なる点を見てみましょう。(2016年3月22日掲載)

マイナス金利って何?住宅ローンにどんな影響があるの?

基礎知識

マイナス金利って何?住宅ローンにどんな影響があるの?

2016年1月、突如として日本銀行がマイナス金利導入を発表しました。マイナス金利とは何なのか、なぜ導入されたのかを解説します、また、私たちの生活、特に住宅ローンにはどのような影響をおよぼす可能性があるのでしょうか。(2016年3月7日掲載)

住宅ローン契約とあわせてやりたい「保険の見直し」とは?

基礎知識

住宅ローン契約とあわせてやりたい「保険の見直し」とは?

住宅を購入する場合に、多くの方が利用するのが「住宅ローン」です。住宅ローンを利用する際に一緒に見直しや検討をしたいのが生命保険をはじめとする各種保険です。住宅ローンと保険は一見して 関係性が乏しそうですが、一緒に考えると大きな節約につながることも多いです。(2016年2月22日掲載)

中古住宅の購入とリフォーム、住宅ローンは使える?

基礎知識

中古住宅の購入とリフォーム、住宅ローンは使える?

中古住宅を購入し、リフォームやリノベーションを同時に行いたい、または少ししてから行う予定という場合、その資金はどのようなローンで借入れができるのでしょうか? リフォームのタイミングによっては借入れができないこともあるので、前もって計画しておくことが大切です。(2016年2月17日掲載)

「抵当権」とは?その意味と完済時の抹消手続きの進め方は?

基礎知識

「抵当権」とは?その意味と完済時の抹消手続きの進め方は?

住宅ローンを借入れする要件の一つが、「金融機関、または保証会社が土地・建物に抵当権を設定すること」です。抵当権とはどんな権利なのでしょうか?権利を実行されるとどのようなことが起きるのでしょうか?また、住宅ローンを完済したら、抵当権はどうなるのでしょうか?(2015年11月24日掲載)

住宅ローン、早期返済はほんとにおトク?デメリットにも注意

基礎知識

住宅ローン、早期返済はほんとにおトク?デメリットにも注意

住宅ローンは早く返済するほどお得と言われています。一方でデメリットもあります。メリットとデメリットのバランスを見ながら、自分にとって一番よい返済ペースを見つけるためにはどうしたらよいでしょうか?(2015年11月17日掲載)

金利引き下げ交渉の前に準備すべき3つのこと

基礎知識

金利引き下げ交渉の前に準備すべき3つのこと

住宅ローンの金利はなるべく低く借りたいものです。なるべく低い金利を適用してもらう条件はどのようなことでしょうか? また、提示された金利に不満があった場合に、さらなる金利の引き下げは交渉できるでしょうか?(2015年10月26日掲載)

このページの先頭へ