複数の金利タイプを組み合わせ「ミックスローン」の使い方

  1. ホーム > 
  2. ローン > 
  3. 住宅ローン > 
  4. 選び方 > 
  5. 複数の金利タイプを組み合わせ「ミックスローン」の使い方

2013年7月22日掲載

選び方

複数の金利タイプを組み合わせ「ミックスローン」の使い方

住宅ローンの金利タイプにはたくさんの種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。一つに絞りきれないという場合には、複数の金利タイプを組み合わせるということも可能です。

複数の金利タイプを組み合わせることもできる

住宅ローンの借入れをする際、どれか一つの金利タイプを選ぶ以外に、複数の金利タイプを組み合わることもできます。ミックスローン、ミックスプランなどと呼ばれているものがこれに当たります。

複数の金利タイプを組み合わせることもできる

異なる金利タイプを組み合わせることで、それぞれのメリットを活かすことができるのが特徴です。例えば、

  • 変動金利型の低金利は魅力だが、今後の金利上昇リスクはあまり負いたくない
  • 長期固定金利型は返済計画が立てやすいし安心だが、もう少し毎月の返済額を抑えたい

という場合には、変動金利型と長期固定金利型を組み合わせることで、それぞれのメリットを享受することができます。

変動金利と固定金利の借入割合は慎重に決定しよう

ミックスローンにする場合、金融機関によっては最低額が決められていますが、それぞれの割合は自由に決められます。割合の決め方によってどのような違いがあるのか、変動金利型と長期固定金利型の組み合わせを例に見てみましょう。

ミックスローンの諸費用について

プラン1
変動金利型: 2,000万円
長期固定金利型: 1,000万円
プラン2
変動金利型: 1,000万円
長期固定金利型: 2,000万円
プラン3
長期固定金利型: 3,000万円
 
毎月返済額
  • 当初5年間   91,050円
  • 6〜10年目   99,358円
  • 11〜15年目   115,260円
  • 16年目以降   119,796円
  • 当初5年間   99,149円
  • 6〜10年目   103,303円
  • 11〜15年目   111,254円
  • 16年目以降   113,521円
  • 全期間   107,249円
総返済額 約4,709万円 約4,607万円 約4,504万円

上記例のように、比較的金利上昇が大きかった場合、ミックスローンにしても将来の返済額は意外に大きくなります。変動金利型の割合が多いプラン1では、毎月返済額も11年目からは全額長期固定金利型にした場合よりも多くなり、総返済額も大幅に増えます。プラン2のように変動金利型の割合が少ないと返済額の上昇幅、総返済額とも抑えることができます。

同じミックスローンを組むにしても、今後の金利上昇をどう考えるか、性格的に変動金利型に適しているのかどうかなどに応じて割合は違ってきます。「もともと変動金利型で良いと思っているが、全額はリスクが大きい」という場合には変動金利型を多めに、「もともとは長期固定金利型が合っているが少しは返済額を抑えたい」という場合には変動金利型は少なめにするなど、割合は慎重に検討しましょう。

ミックスローンの諸費用について

ミックスローンの諸費用について

ミックスローンにする場合の手続きは、金融機関によって異なります。1つのローンとして取り扱われる場合には、単一の金利タイプを選んだ場合と借入時の諸費用は変わりません。1つの金利タイプにつき1つのローンとして取り扱われる場合には、2つの金利タイプを組み合わせると、2つのローンを申し込んだことになります。この場合、契約書の印紙代、保証会社の取扱い手数料(通常3万円程度)、抵当権設定関係の費用(登記費用および司法書士手数料)が、ローンの本数分かかることになり、諸費用の合計額は多くなります。ただし、保証料は借入金額と借入年数によって決まるので本数には関係ありません。申込みをする際に、諸費用についても細かく確認をしておきましょう。

住宅ローン 人気ランキング

2022/08/10 現在 [更新日時] 2022/08/10 09:00 [集計期間] 2022/08/03〜2022/08/09 人気ランキングは、価格.comユーザーのアクセス数・お申込み状況を元に集計しています。
  • auじぶん銀行
    1

    auじぶん銀行住宅ローン 全期間引下げプラン 変動

    変動金利
    0.289% (2022/08/01 現在)
    • au金利優遇割適用後(年-0.100%)の金利
    • 通常金利は年0.389%
    auじぶん銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 圧倒的に金利が低い
    ネット銀行の住宅ローンは低い傾向がありますが、中でもauじぶん銀行の住宅ローンがトップレベルに低い印象ですね。金利の差は実際に支払う金額に直結するので、よほどのことが無い限り低いものを選ぶべきだと思います。

    【金利】選んだ理由にも書きましたが、変動金利のネット銀行のローンの中でも圧倒的に低いです。
    【借り入れ費用】保証料は必要ないですが、事務手数料が普通にかかります。
    【返済】元利均等返済、または元金均等返済であり、auじぶん銀行円普通預金口座から自動引落としとなりますね。
    【保険オプション】団体信用生命保険は保証料不要ですし、がん100%保障団信や11疾病保障団信を選べます。
    【借り入れ手続き】申込みから司法書士との面談に至るまでウェブ上で完結できます。
    【サポート】金利に関して問い合わせたところスピーディーな対応でした。
  • 住信SBIネット銀行
    2

    住信SBIネット銀行ネット専用全疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン> 変動

    変動金利
    0.410% (2022/08/01 現在)
    • 金利引き下げプラン適用後(年-0.030%)の金利/※審査結果によっては、通常金利に年0.1%上乗せとなる場合があります
    • 通常金利は年0.440%
    住信SBIネット銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    5 金利が低い事が魅力です
    住信SBIネット銀行はネット銀行として有名であり、普通口座をすでに開設していたこともあり信頼度が高かったです。また色々な銀行の住宅ローンを比較検討した結果、金利が低く、保険料が要らずに団体信用生命保険と全疾病保障が基本付帯されるというのはとても魅力でした。

    【金利】 変動金利はどこも低いですが、この銀行の住宅ローンはトップクラスの低さです。

    【借り入れ費用】 保証料は不要で、事務手数料は通常程度にかかります。

    【返済】 元利均等返済、または元金均等返済であり、銀行の口座からの引き落としです。

    【保険オプション】 全疾病保障は基本付帯であり、女性の場合ガン診断給付金保障も付いてきます。

    【借り入れ手続き】 すでに住信SBIネット銀行に口座を持っていたこともあり、全てネットや郵送だけで手続きが終わりました。

    【サポート】 気になる点を質問した際のサポートは丁寧でした。

    ネット上と郵送で手続きが終わるのは非常に気分的にも楽です。
  • みずほ銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 手続き、保険オプションなどがわかりやすかった。
    もともとメインバンクとしてみずほ銀行を利用していたので最初に候補に上がった。
    他の銀行数行とも比較したが、全体的にそれほど差がなかったためそのままみずほ銀行に決定した。
    手続きがそれほど複雑ではなく、疾病保険などもあり良かったと思う。

    【金利】当時はどこもそれほど差がなかったきがする。
    【借り入れ費用】普通
    【返済】繰り上げ返済がしやすい
    【保険オプション】別途費用がかかるが、8大疾病保険がついていてよかった
    【借り入れ手続き】1度の店舗への訪問で手続き完了した
    【サポート】利用していない

    初めての住宅ローンでよくわからず大手銀行の中から選んだが、現在はネット銀行など選択肢も多く、金利や特典など様々だと思うので選択肢が沢山あると思う。
  • PayPay銀行
    4

    PayPay銀行住宅ローン 変動

    変動金利
    0.380% (2022/08/01 現在)
    PayPay銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    5 金利が低いのが魅力です
    PayPay銀行はよく利用しており安心感があったことと、他の銀行の住宅ローンと比べて金利が低いのが魅力だと感じました。また保証料や印紙収入代などが無料であることなども余計な費用がかからずに良いですね。ネット銀行なので来店不要で契約まで可能です。

    【金利】変動金利の中でもかなり低いほうだと思います。返済額にも影響するので金利は低いほうが良いです。
    【借り入れ費用】保証料、印紙代などの費用はかかりません。
    【返済】元利均等返済です。また一部繰り上げ返済なども可能であり、基本的に口座からの引き落としですね。
    【保険オプション】団体信用生命保険は金利上乗せなしであり、他にはがん50%保障団信、がん100%保障団信、11疾病保障団信など豊富なオプションです。
    【借り入れ手続き】金利とあわせてこの住宅ローンの魅力であり、審査の申込みから契約、借り入れまでネットで全て可能です。
    【サポート】サイトなどは見やすく、問い合わせの際も丁寧でした。

    来店の必要がないので、日時を気にすることなく暇なときに手続きができるのは心理的に楽でした。
  • イオン銀行
    5

    イオン銀行住宅ローン 変動金利プラン 手数料定率型 変動

    変動金利
    0.520% (2022/08/10 現在)
    イオン銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 低利息だしイオングループの恩恵が大きい
    ネットで金利を比較し最低のものを選択した。店舗が少ないので若干の不便はあるが今やネットバンクは当たり前の世界。ネットバンクだから実現できている低金利だと思う。
    またイオンカードゴールドが無料でもらえるのでゴールド特典(空港ラウンジ)やイオン系ショップでの5%割引等を受けることができ満足度はとても高いです。このネットバンクに出会えて本当良かったと思う。

このページの先頭へ