資金の余裕度で変わる!金利タイプの選び方

  1. ホーム > 
  2. ローン > 
  3. 住宅ローン > 
  4. 選び方 > 
  5. 資金の余裕度で変わる!金利タイプの選び方

2013年10月14日掲載

選び方

資金の余裕度で変わる!金利タイプの選び方

住宅ローンの返済が始まったあとも教育費や老後資金など将来必要になるお金の準備は必要です。また、将来金利が上昇した時のための備えもしておく必要があります。これらの準備をする余裕があるかどうか、というのも金利タイプ選びのポイントになります。

「家計の余裕」と「貯蓄の余裕」を確認しよう

金利タイプ選びの際には、資金の余裕度も確認しよう

資金に余裕があるかどうかを考えるとき「家計の余裕」と「貯蓄の余裕」の2つの視点から考えましょう。

「家計の余裕」とは毎月・毎年の家計収支がどのくらいプラスになっているか、ということ。住宅ローンの返済だけで精一杯で、貯蓄する余裕がなければ余裕度があるとは言えません。もうひとつは「貯蓄の余裕」です。すでにある程度の貯蓄が準備できていれば、支出が増えたときに取り崩して使うなど家計のピンチにも対応できます。

金利が変動する住宅ローンを選ぶのであれば、将来、金利が上昇したときの備えも考えておく必要があります。備えるためには「家計の余裕」や「貯蓄の余裕」があるかどうかが重要なポイントになります。

余裕度「大」なら金利変動にも対応できる

変動金利型や固定金利選択型など将来の金利が変動するタイプのものは、長期の固定金利型の住宅ローンよりも金利が低い点が魅力です。ただし、長い返済期間の間には金利が上昇するリスクもあります。金利が上昇すれば返済額もアップします。家計に余裕があれば、返済額がアップしても支払う余力があると考えられ、金利上昇リスクにも対応できるでしょう。余裕度が大きいほど変動金利型などの金利が変動するものでも使いこなせると考えられます。

もし金利が上昇したら返済額はいくらくらいになるかをシミュレーションし、どのくらいまでなら返済ができるかも見据えておきましょう。

返済額がアップしても支払う余力はある?

将来金利が上昇した場合の対策として、繰上げ返済をすることで毎月返済額を減らすという方法もあります。

返済額がアップした時に繰上げ返済する余裕はある?

上記の例では、6年目の金利上昇時に280万円を返済額軽減型で繰上げ返済すると、毎月返済額はそれまでとほぼ同じ水準に抑えることができます。つまり繰上げ返済にまわすことができる「貯蓄の余裕」があれば、将来の金利上昇リスクにも対応できると考えられます。

教育費のための貯蓄など、近い将来使う予定の金額以外に、いくらくらいの余裕があるのかを確認してみましょう。

余裕度「小」なら固定タイプが安全

借入れ当初の返済額で家計に余裕はない、という場合は、将来もし金利が上昇し返済額がアップすると家計は厳しくなります。また、今後子どもの成長とともに教育費の支出が増えそう、妻が仕事をやめて収入が減りそうなど、将来、支出の増加や収入の減少が見込まれる場合、そのときに住宅ローンの返済額が増えれば家計が赤字になりかねません。

「貯蓄の余裕」が無いという人も、返済額がアップしたときに家計を補填したり、繰上げ返済して毎月返済額を減らすというような対応ができないでしょう。

つまり、「家計の余裕」「貯蓄の余裕」があまりないという場合は、金利上昇への備えができないと考えられます。余裕度が小さいのであれば、全期間固定金利型や10年固定など、固定期間が長いものを選んでおく方が安全です。

ただし、固定期間が長いものは一般的に金利も高くなり、毎月返済額も多くなります。毎月の返済額を抑えるために金利が低い変動金利型などを選びがちなのですが、そもそもの借入額が適正でない場合もあります。固定期間の長いものでも返済できるくらいの借入額を検討しなおす必要もあるでしょう。

余裕度が「大」の人は変動金利型や固定期間の短いものでも対応できる。余裕度が「小」の人は全期間固定金利型など固定期間が長いものが安心、借入額の再検討も必要。

関連コンテンツ

住宅ローン金利

最新の住宅ローン金利動向や、各金融機関の金利、金利推移、金利別ランキングを掲載しています。

住宅ローン 人気ランキング

2021/11/30 現在 [更新日時] 2021/11/30 09:00 [集計期間] 2021/11/23〜2021/11/29 人気ランキングは、価格.comユーザーのアクセス数・お申込み状況を元に集計しています。
  • auじぶん銀行
    1

    auじぶん銀行住宅ローン 全期間引下げプラン 変動

    変動金利
    0.310% (2021/11/01 現在)
    • au金利優遇割適用後(年-0.100%)の金利
    • 通常金利は年0.410%
    auじぶん銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    5 手続きがネットで完結して便利かつ金利・団信がお得
    @金利の低さ
    当時金利の低い銀行はジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行とあり、auじぶん銀行は変動金利0.41%だった。金利の低さではジャパンネット銀行の方が一番低かったが、左記2社との差はほとんどなかった。これらの中から選ぼうと決めていた。
    Aお得な団信がある
    上記3社は金利の低さという点では多少の差はあれど低い水準にあったが、団信には違いがあった。auじぶん銀行は金利引き上げなしで50%ではあるががん保障が付いていた点が魅力的であった。
    B手続きがラクだった
    住信SBIネット銀行にも本審査を申し込んでいたのだが、ネットで書類のアップロードが完結し、郵送の手間がなかった点がすごくよかった。隙間時間に手続きができたのがとても好印象。

    【金利】地銀を除き、全国で利用できる銀行の中では最高レベルに低いため
    【借り入れ費用】通常の借入額の2.2%
    【返済】ネットで返済額がすぐわかるのでとても楽
    【保険オプション】金利引き上げなく、50%のがん保障がある
    【借り入れ手続き】ネットで完結しており、スピード感があった
    【サポート】特にサポートを受けずとも、手続きができたのが良い点

    住宅購入の際には、ローンのことよりも家具のことだったり新しい生活に向けた準備に時間を使いたい。
    そういった時に、ネットで全て完結することはとても助かると思う。
    借入先を選ぶ際の指針として、借入手続きがネットで完結できるか否かはぜひ入れてもらいたい。
  • 住信SBIネット銀行
    2

    住信SBIネット銀行ネット専用全疾病保障付住宅ローン<通期引下げプラン> 変動

    変動金利
    0.410% (2021/11/01 現在)
    • 金利引き下げプラン適用後(年-0.030%)の金利
    • 通常金利は年0.440%
    住信SBIネット銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 全疾病保障が基本付帯
    単純な金利だけ見ると最安値ではないですが、全疾病保障が基本付帯でこの金利なので総合的に見ると安いと思います。またネット銀行として頻繁に住信SBIネット銀行を利用していたので信用度がもともと高かった事もありますね。

    【金利】 変動金利でありかなり低めです。さらには全疾病保障が基本付帯されます。

    【借り入れ費用】 保証料や一部繰り上げ返済の時の手数料などは無料です。事務手数料は普通にかかります。

    【返済】 元利均等返済と元金均等返済があり、一部繰り上げ返済や全額繰り上げ返済もできます。

    【保険オプション】 特にありませんが、基本付帯で全疾病保障が付くので問題なしです。また女性の方はガン診断給付金特約が無料で付きます。

    【借り入れ手続き】 仮審査は気軽にウェブ上で申し込めます。正式審査は書類を郵送することになりますが、来店する必要はないです。

    【サポート】 金利などについてサポートに問い合わせた時の対応は丁寧でした。

    全疾病保障が基本付帯でこの金利は非常に魅力的です。
  • PayPay銀行
    3

    PayPay銀行住宅ローン 変動

    変動金利
    0.380% (2021/11/01 現在)
    PayPay銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 手続きが簡単
    金利が低めなことやインターネット上で気軽に審査が出来る点、さらには日常的にインターネットショッピングなどでジャパンネット銀行を利用していたので、新たに口座を開く必要がないことなどが選んだ理由です。ネットのサイトも見やすい表示でわかりやすいと感じました。

    【金利】 変動金利であり他の銀行の住宅ローンと比べても低めだと思います。
    【借り入れ費用】 契約はネット上で行えるので印紙代が0円、その他にも保険オプションが充実しているなど費用は安めだと思います。
    【返済】 元利均等返済であり一部繰り上げ返済なども可能です。通常は銀行口座からの毎月引き落としですね。
    【保険オプション】 一般団信ならば保証料がかかりません。その他にがん保証や11疾病保障団信など充実しています。
    【借り入れ手続き】 ネット銀行なので事前審査は気軽にネットで行えますし、本審査も書類をアップロードするだけなど簡単です。
    【サポート】 面と向かって色々と質問できるわけではないですが、電話などで普通に質問が出来るので特に不便だとは感じませんでした。

    ネット銀行なので事前審査の申込みや本審査の際にいちいち店舗に出向く必要がなく良かったです。
  • 三菱UFJ銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    5 土地+建物の融資でも、つなぎ融資不要です
    土地を購入し、注文住宅で家を建てる場合、通常は建物が出来上がるまで融資が実行されないので、つなぎ融資が必要となりますが、土地のみの融資が可能だったため、つなぎ融資の利息を払わず済みました。ネット銀行は金利は低いですが、柔軟な対応が苦手ということがわかり、困ったときも気兼ねなく相談できるこちらの銀行を選びました。

    【金利】ネット銀行の最低金利には劣りますが、妊娠した時に金利が低くなる等のサービスがあるので満足できています。
    【借り入れ費用】つなぎ融資の利息を払わずに済んだのが大きいです。諸経費もそれほど高額ではありませんでした。
    【保険オプション】金利の上乗せが無く団体信用保険がついていましたので、特に問題はないです。
    【借り入れ手続き】審査は迅速で、こちらの要望に沿った形でスムーズに行っていただけました。
    【サポート】手続きの途中でいろいろな問題が発生しましたが、柔軟・親切・的確に対応していただけました。安心できたので、どんなことでも相談しやすかったです。

    地方銀行・ネット銀行・メガバンクと相談に伺いましたが、こちらの銀行が一番説明が的確でわかり易かったです。住宅ローンを組む時の状況(土地の融資が必要、戸建て等)に柔軟に対応していただける銀行ですので、おすすめします。手続きはネットで行いましたが、時間を気にせず申込みをすることが可能で、不明な点は電話で相談できるので、安心して手続きができます。
  • イオン銀行
    5

    イオン銀行住宅ローン 変動金利プラン 手数料定率型 変動

    変動金利
    0.520% (2021/11/10 現在)
    イオン銀行住宅ローンをおすすめする評判・借り入れレポート
    4 低利息だしイオングループの恩恵が大きい
    ネットで金利を比較し最低のものを選択した。店舗が少ないので若干の不便はあるが今やネットバンクは当たり前の世界。ネットバンクだから実現できている低金利だと思う。
    またイオンカードゴールドが無料でもらえるのでゴールド特典(空港ラウンジ)やイオン系ショップでの5%割引等を受けることができ満足度はとても高いです。このネットバンクに出会えて本当良かったと思う。

このページの先頭へ