自動車車検の制度

自動車車検の制度について

そもそも自動車車検は何のためにある?

自動車車検の制度について基本的な話に立ち戻りますが、そもそも車検とは、何を目的として定められた制度なのでしょうか。 車検の正式名称は「自動車検査登録制度」。長い名前のため一般的には「車検」と略されていますが、その目的には大きな目的が3つあります。ひとつは検査によって車両の安全性を確認すること、もうひとつは自動車にまつわる環境整備を行うための税金や保険料を回収すること、そして3つ目はそれらの手続きを車検という制度に集約し、ひと目で「合法な車両」であることを分かるようにすることです。毎年支払う自動車税納税証明書がないと車検が取得できないのは、こういった制度の集約によるものなのです。
このように車検は、複合的な要素を併せ持つ制度のため、その意義や項目内容については日頃様々な意見が交わされていますが、少なくとも現状では有効的に活用されていますし、同時に自動車を所有するためには必須の項目であることも事実です。自動車のオーナーにとっては、最低限必要な義務と捉えて間違いはありません。

車検と24ヶ月点検は別物

いっぽうで、車検制度を少々分かりづらい存在にしてしまっているのが、車検と同時に行われる法定24ヶ月定期点検整備です。実はこの点検、これまでは車検と同時に行う必要があったため(24カ月点検が終わっていないと車検が受けられなかった)一緒くたに考えがちなのですが、正確には別物です。さらに現在は、規制緩和により独立した制度となったため、車検を通してから24カ月点検を行うことも可能となりました。とはいえ、法制的に必ず行わなければならない点検であることに変わりありません。また、いまでも車検とセットで提供している業者も多く、自動車のオーナーは基本的に一緒のものと認識している方が無難でしょう。

車検は安全とともに権利も得られる!

車検を取得すると、車検証(正式名は自動車検査証)とともに、検査標章(フロントウインドーに貼るステッカー)も交付されます。このため、車検取得の有無は自動車の外側からでもひと目でわかるようになっています。逆に有効期間の過ぎた自動車を公道上で使用しますと、法律で罰せられてしまいます。そうです、車検を取得することは、オーナーにとって義務ではありますが、同時に「自動車を公道で使用する」権利も得られる手段でもあるのです。

お住まいの地域の郵便番号を入力してください

※グーピットのページへ移動します。下記「車検比較・見積もりサービスに関する注意点」をご確認の上、ご利用ください。

車検比較・見積もりサービスに関する注意点

  • 株式会社カカクコムは、本サービス(車検比較・見積もりサービス)でご入力いただいた情報を保有しておりません。個人情報を含む車検の問い合わせ及び見積の依頼データは、全て「グーピット」を運営する株式会社プロトコーポレーションが厳重に管理し、提携先である車検店舗及び車検会社に開示されます。
  • お客様の車の状態によっては車検ができない場合もございます。ご了承ください。
  • 車検比較・見積もりサービスの提供は日本国内(一部離島等を除く)に限らせて頂きます。
  • 車検の見積結果について、株式会社プロトコーポレーションの提携先各車検店舗から車検について直接連絡をいたしますが、その際の連絡方法は指定できません。通常は、電話または電子メールとなります。
  • 車検実施後の車の状態について、株式会社カカクコムおよび株式会社プロトコーポレーションは関与いたしません。
  • 車検比較・見積もりサービスは、セキュリティを保つために情報を暗号化して送受信するSSL(Secure Sockets Layer)機能に対応しています。ご利用の際はSSL対応ブラウザをお使いください。
  • 車検比較・見積もりサービスについてご不明な点がございましたら、「車検 比較・見積もりに関するお問い合わせページ」より株式会社プロトコーポレーション運営のグーピットまでお問い合わせください。株式会社カカクコムではお答えできません。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止