車検切れになると・・・

車検切れになると・・・

車検の有効期限

車検の有効期限皆さんご存じのように、車検には有効期限があります。乗用車(3・5ナンバーと軽自動車)の場合は、新車取得時に3年、2回目以降は2年ごととなっています。この有効期限は、車検証に記入されているため、すぐに確認することができます。また車両のフロントウインドウに貼り付けるステッカーに記載された年月で、いちいち車検証を取り出さなくても大まかな有効期限を確認することは可能です。
しかし気をつけて欲しいのは、このステッカーには有効期限の終了する「月」までしか記載されていないことです。ユーザーの中には、記載月の月末までが有効期間だと勘違いしている人も多いようですが、実際には車検を取得した日付までが期限となっています。油断していたら有効期間が過ぎてしまった、というトラブルの無いよう、充分に気をつけましょう。

車検が切れてしまうと大変なことに!

車検が切れてしまうと大変なことに!車検の有効期限が切れてしまうと、大変面倒なことになります。まずは公道上で自動車を走らせることが出来なくなってしまうため、再び車検を取得しようと思ったときには、仮ナンバーを申請して自動車を運び出すか、キャリアに搭載して整備業者まで運び出さなければなりません。手続きとしても、通常の車検取得よりも複雑となります。手間としてもコストとしても、大きな負担となってしまうのです。また各種費用や有効期限は車検を再取得した日から2年間有効になるものの、自動車税に関しては年度ごとの区切りとなっているため、車検の空白期間もしっかりカウントされてしまい、「自動車に乗っていないのに税金を払わなければならない」という、なんとも無駄な費用を強いられることになってしまいます。
いっぽうで、長期間動かすことなく放置してしまった自動車は、再び完調になるまで大がかりな整備が必要となるケースがあります。消耗品を初めとするパーツや油脂類の交換に加えて、ゴム類やブレーキ、エンジンなどの駆動系に大がかりな整備が必要になってしまう場合は、数10万円にものぼる大きな出費を迫られることになります。自動車は、多数のパーツによって組み上げられた複雑な工業製品だけに、完調さを保つためには定期的な整備が必須となっているのです。快適に自動車を乗り続けるために、そして思わぬ大出費を避けるためにも、車検制度をうまく活用して自動車の好調さを維持しましょう。

お住まいの地域の郵便番号を入力してください

※グーピットのページへ移動します。下記「車検比較・見積もりサービスに関する注意点」をご確認の上、ご利用ください。

車検比較・見積もりサービスに関する注意点

  • 株式会社カカクコムは、本サービス(車検比較・見積もりサービス)でご入力いただいた情報を保有しておりません。個人情報を含む車検の問い合わせ及び見積の依頼データは、全て「グーピット」を運営する株式会社プロトコーポレーションが厳重に管理し、提携先である車検店舗及び車検会社に開示されます。
  • お客様の車の状態によっては車検ができない場合もございます。ご了承ください。
  • 車検比較・見積もりサービスの提供は日本国内(一部離島等を除く)に限らせて頂きます。
  • 車検の見積結果について、株式会社プロトコーポレーションの提携先各車検店舗から車検について直接連絡をいたしますが、その際の連絡方法は指定できません。通常は、電話または電子メールとなります。
  • 車検実施後の車の状態について、株式会社カカクコムおよび株式会社プロトコーポレーションは関与いたしません。
  • 車検比較・見積もりサービスは、セキュリティを保つために情報を暗号化して送受信するSSL(Secure Sockets Layer)機能に対応しています。ご利用の際はSSL対応ブラウザをお使いください。
  • 車検比較・見積もりサービスについてご不明な点がございましたら、「車検 比較・見積もりに関するお問い合わせページ」より株式会社プロトコーポレーション運営のグーピットまでお問い合わせください。株式会社カカクコムではお答えできません。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止