新車情報・自動車カタログ

最新車種をまとめて比較 新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

最近発表・発売された車種

自動車 人気・注目ランキング

  • 総合
  • SUV
  • ハイブリッド
  • コンパクト
  • ミニバン
  • 軽自動車
  • セダン
  • ワゴン
  • クーペ
  • オープン
  • 電動自動車
  • 商用車

自動車の最新ニュース・特集記事

次の12件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

注目のレビュー

最新車種の評価をチェック

先日、納車して一週間のオーナーレビューです。 クーペ→セダン→ステーションワゴン→ミニバン+セカンドカー軽自動車を乗り、子育ても終わり次の車は何にしようか?50のオッサンが乗ったことのない車は?と考えたら、残りはSUV。幅1800を超えると妻の実家の駐車場に入らないのでコンパクトSUVを購入することに。そこへ新型ヴェゼルが発売となった。 【エクステリア】 先代ヴェゼルより新型が私好み。デザインはシンプルで先進感と高級感を感じる。大きさもサイズ以上に大きく上級車のように感じる。基本私一人で乗るのでサイズがちょうどいい。妻や友人が高級感があっていいと言う。 発売前から話題?となっている同色グリル。私はブラックを選んだので違和感は全くない。メッキのギラギラした押し出しの強い感じは嫌いなので。シンプルなデザインで良い。ここが気に入らなければ選択肢から外れるだろう。Hマークが大きく見えて気になるかな? 【インテリア】 まず視界がいい。ボンネットの両端が見えるがワイパーや電熱線は見えない。フロントガラスが縦に低く感じたが、慣れた。ドアミラーも位置が変わった。後退時には左のドアミラが下を向くので助かる。後部座席の窓にも分割線がない。唯一リアウインドウのワイパーが煩わしい。 質感も向上して落ち着きのある内装となった。特にシートはパワーシートではないが、かけ心地がいい。スイッチ類が多くなりがちな最近の車にしては少ない。 先代ヴェゼルの静電タッチ式エアコンパネルは使いにくいが、新型は物理式となり使いやすい。ダイヤルのクリック感も良い。そよ風アウトレットはこれから夏になるとその利便性が発揮されるだろう。女性ユーザーには特にうれしい装備。 ホンダコネクトは360度ビューが欲しかったので選んだ。上から見下ろした画像だけではなく前方ワイドビューや左右ビューがとても便利。死角をサポートする必須のオプション。 使わないだろうと思っていたスマホからのリモート操作がとても便利。これからの暑い日はあらかじめエアコンをONにしておけば快適。 10個のスピーカーは、静粛性の高い室内で高音質の音楽を楽しめる。妻が喜んでいた。 荷室は先代ベゼルが広く感じる。リアガラスが傾斜して、荷室高が低くなってしまったので、ロードバイクが立てて載せられそうにないのが残念。でも必要十分。クーペスタイルとトレードオフということで。 電動パワーゲートはもはや当たり前の装備となるが便利。予約クローズは新型べセルならではの装備で、とても便利。 私の数少ない不満点はメーターパネル。アナログスピードメーターにデジタルスピードメーター。どちらか一つでいい。私はデジタルしか見ていないので、それならば全部液晶メーターにしてユーザーの必要な表示をカスタマイズできるほうがいい。知りたい情報が同時に表示できなかったり(燃費とパワーフローとか)、ホンダセンシングの表示(特に設定速度は小さい)は安全のためにも改善してほしい。 【エンジン性能】 基本EV走行で必要な時だけエンジンがかかる。普段は通勤でしか使わないのでさほどエンジンがかかってうるさいとは感じない。このくらいのレベルでエンジン音がうるさいと感じるならば電気自動車をお勧めする。3つのモードはメリハリがあるのでシーン別に使い分けるといい。普段はノーマルで十分力強いし事足りる。 【走行性能】 静粛性が高く、エンジン音もそんなに気になるほど騒々しくもない。出足がもたつくといわれるが、そもそも爆発的とか暴力的な発進加速なんて事故の元。エコでもない。私には十分すぎるほどの動力性。高速走行はまだ試せていないので次回。 ブレーキ性能も良い。制動しやすく効きも良い。フロントの沈み込みやつんのめる感じはない。 コーナリングも車高が高い車にしては安定感があり、スムーズな回頭性。 オートブレーキホールドは慣れると便利。新型ベゼルからメモリー機能付きになりさらに便利。カスタマイズすればパワーオフ後に自動でPがかかる。 【乗り心地】 ホンダの車(フリード・N-BOXカスタム)を乗っているので比較すると、一番良い(価格等違う。当たり前)先代ヴェゼルにあった後席の乗り心地の悪さも改善された。ようやくヘッドレストに頭をつけて運転できるようになった。ホンダ車は新車時の乗り心地はそんなに良くない。しかし半年から一年くらいするとダンパー等足回りの動きがよくなったり、ロードノイズやエンジン音もより滑らかになるのか静かになったりするので、試乗だけで評価はできない。 【燃費】 ホンダトータルケアで平均燃費19.6km。ランキング2861位。セカンドカーのN-BOXカスタムGLターボは17~19kmなので、普通車にしてはいいと思うし、私は十分満足している。e:Hevは今のところ良い燃費を出せる方法がわからない。つまり燃費を気にして何かをする必要はなさそうということ。 【価格】 必要な装備を選ぶと必要でないものまでついてきて、気が付けば結構な価格に跳ね上がる。 ただ、それ以上に満足感は得られる。機能が多すぎて使いこなすのに勉強が必要。でも楽しい。 【総評】 大満足。新型ヴェゼルの最大の進化は、何といってもe:Hevでしょう。 通勤など近場の移動のみでの使用だが、遠出ができるようになれば積極的に出かけたくなるほど動力性能、燃費、乗り心地、静粛性、操縦性、安全性能が高く、満足度が高いレベルでまとまっている。後部座席も広く積載性も良いので多人数での移動も難なくこなせる。トータルバランスが良いので迷ったら新型ヴェゼルにすればいい。特にとがった性能は感じられなくてもすべてが高いレベルで仕上がっているので、飽きることなく長く付き合えそう。他社を比較するまでもなく契約しました。 まだ新型ベゼルを見かけることがないので、視線を感じる。つかの間の優越感。 軽自動車の時にはあおられることがあったが、今はほぼ無い。 1800mm近くの幅に195mmの最低地上高は、降りる際に気を遣う。 あとは先代ヴェゼルにあったような不具合連発がないように願いたい。おそらくないだろう。

【エクステリア】 エッジは使用せず、凹凸によりデザインされていて、上品な印象です。特に、テールランプを含めたリヤデザインが好きです。 【インテリア】 ボディ色がホワイトですので、ブラック基調ですが、ソフトパッドを多用しており、上質感があります。また、エアコン送風口が後部座席用にあったり、USBソケット口も計4口、アンビシエントライトも装備されていて、乗員に優しいです。ATシフトレバー、エアコンダイヤル、ハンドル周りレバーのデザインも丁寧です。 NAVIはCarPlayが装備されていて、ヤフーカーナビを利用してます。交差点の案内標記など表示されないことが多いですが、最新版のマップに速やかにバージョンアップされますし、普段の買い物にはNAVIは必要ないですし、旅行や走り慣れない所へ出かけて行くのも月に数回ですので、無料アプリでのマップで十分だと感じてます。 【エンジン性能】 低回転からターボが効き始めるため、低速時に多少のギクシャク感を感じる事がありますが、3気筒で聴こえてくるポコポコのような耳につく音はせず、く4気筒エンジンらしく、とても静かで高回転まで回してもザラつかず良い音を奏でます。 【走行性能】 非常に静かで、BOSEサウンドを堪能しながら快適に運転できています。 ブレーキオートホールド機能解除時の指摘も少なからずあるようですが、オーナーでしたら慣れますし、急ぎ右左折や急発進をしなくなりますし、エンジンストップ機能を解除すれば、試乗という短時間での乗車時でも違和感ないと思います。それ以上に、ブレーキオートホールドは一度使用すると、停止中ずっとブレーキペダルを踏む必要がないので、運転が楽です。 【乗り心地】 18インチのタイヤですが、55扁平のため、低速時のコツコツ感はありますが、ドタバタと突き上げるような不快感はなく、ダンパーやゴムにより、あたりは柔らかめです。 また、SUVらしく、座面が高いので、ガードレールに視界を遮られず、座席から見える景色がとても新鮮で、海沿いの道など、最高に気分良く走れてます。 【燃費】 走行距離2千キロ未満ですので、6千キロ過ぎた頃から、満タン法により計測したいと思いますが、前車がBMW6気筒エンジンだったので、あまり気にはしてませんが、悪くはないと感じてます。 【価格】 インテンスパックでも320万切れますし、購入したインテンスでしたら、300万円未満です。装備も非常に充実していますので、ほとんどオプション要らずで、ありがちな、オプションだらけの契約書にはならないです。 値引きも下取りなしでしたが、プジョー2008と競合させたわけでもないですが、メンテサービスが約10万円と車両から約14万円と悪くはないかと。 【総評】 まだ、納車台数も少ないためか、街中でまだ一度も見かけた事がありませんので、どこぞのありふれたSUVとは違いオーナーという所有感を感じてます。フランス車は初めてですが、丁寧に長く付き合っていきたいと思わせてくれる相棒です。

半年点検が終わり、色々見えてきた部分がありますので再々レビューしてみたいと思います。 グレードはGT-HEXで、走行距離は5000キロ弱です。 【乗り心地】 乗り心地は今でも素晴らしいと思っています。これまで色々な人を乗せてきましたが、皆さん乗り心地が良いと言ってくださいます。STIではないので電子制御ダンパーは付いていませんが、それでも十分満足できるかと思います。私の性格上ドライブモードセレクトが付いていたとしてもおそらくノーマルのまま走ると思うので、GT-Hでも問題ないです。ただSTIのコンフォートモードはさらに上 をいく乗り心地だと思うので、試乗されてみて気になるのであればSTIを購入されたほうがいいかもし  れません。 【サイズ感】 今まで8台の車を乗り継いできましたが、VN5が私にとって今までで一番大きな車です。 前車は先代インプ、その前が30プリウス、そのほかBP5レガシィなど、同じようなサイズの車に ばかり乗ってきたので、VN5のサイズは正直取り回ししづらいです。全幅は気にならないのですが  全長が前車のインプより30センチ長くなっているので少々気を使います。特に狭い駐車場の出し入れには気を使います。レヴォーグより大きな車からの乗り換えの方は問題ないと思いますが、小さい車からの乗り換えの方はその辺を覚悟しといたほうがいいかと思います。 【センターインフォメーションディスプレイ】 これが新型レヴォーグの売りでもありますが、個人的にはこれが一番の問題児だと思っています。 なぜかというとちょいちょいバグります。ハンズフリーで通話した後にスマホの方の電話機能が使えなくなったり、リバースに入れたとき後方画面が映らなくなったり(この二つに関してはリコールで対応して下さいました。)、あと電話帳があいうえお順に並んでいなかったり、通話後に電話帳の名字と名前が逆に表示され、そのまま電話設定が使用不能になったりします(再起動でもどります)。 テレビにしているとき走行中は音声のみが流れるのですが、それがちょくちょく途切れます。とてもフルセグのテレビとは思えません。 あとドライバーモニタリングシステムなんですが運転中に飲み物を飲んでいて、カメラと顔の間に飲み物のボトルが入るだけで前方不注意の警報が鳴ってしまいます(当然と言えば当然なのですがうるさいです)。 物理スイッチも少なすぎるので、エアコンも扱いにくいですしオートビークルホールドのスイッチなどを押すのも面倒です。 バグに関しては私はその都度スマホで動画を撮ってディーラーで見せていたので、ディーラーの方からメーカーに動画を送ってもらい、今度メーカーの方からの指導で制御コンピュータを交換してもらうことになったのでそれで様子を見てみようと思います。 【総評】 ディスプレイに関しては不満ばかり書いてしまいましたが、スバルの対応が早いので大変感謝しています。 スバルに限らず出たばかりの新型車を購入するのはやはりある程度不具合が出るのを覚悟したほうがいいのかもしれません(勿論それが全ての車に当てはまるとは思いませんが)。 もしレヴォーグの購入を考えている方でまだ時間に余裕があるのであれば、もう少し待ってC型あたりを購入するのをお勧めします。そのほうが色々改善されている可能性がありますし・・・。 車自体の出来は素晴らしく、走り、乗り心地、ハンドリングなど走行性能は文句の付けようがないくらいいい車ですので、すぐにでも購入したいという方には自信をもってお勧めできます。ただ前述したようなディスプレイ等のネガ部分もあることを頭に入れておいたほうがいいかもしれません。 私自身は買って良かったと思っていますし乗っていても楽しいです。 これからどのように進化していくのか楽しみな車です。

話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

ヤリスクロスが納車されてから3か月立ちます。 そこそこ 文句なしの車です。  が! 先日 助手席に乗り、しばらく走っているとダッシュボ−ドのところに 隙間があり、中の配線みたいなものが見えています。 太陽の光が、当たるとよく見えます。 すぐに購入先の営業マンに連絡しましたが、サービスと相談します。 とのことで、即交換しますとは言ってもらえませんでした。  皆様の愛車はそのような隙間はありませんか?

  • 返信数52
  • ナイスクチコミ124
  • 2021年6月24日 更新

国産のプレミアムコンパクト!レクサスのCT200h以上の車。売れるでしょ。

  • 返信数54
  • ナイスクチコミ241
  • 2021年6月24日 更新

昨日ディーラーに届きました♪ 明日納車、やっぱりいい 娘から時々借りよう!

  • 返信数19
  • ナイスクチコミ28
  • 2021年6月23日 更新

次のデイズは燃料タンク容量を30L以上にして欲しいです。 走行可能距離が増えて給油回数が減ります。 その前に軽自動車でもハイブリッドが当たり前になるかもしれません。 ダイハツが軽自動車のストロングハイブリッドを発売予定らしいです。 ノートが高くて買えない人は多数です。マーチは古過ぎます。 そこで受け皿になるのがデイズです。 マーチをフルモデルチェンジできない、コンパクトミニバンを出せない、エルグランドをフルモデルチェンジできない、日産は情けないです。

  • 返信数14
  • ナイスクチコミ107
  • 2021年6月23日 更新

相変わらずテクノロジーパッケージはディスカバープロパッケージを付けないと 選択できなかったり、両方のパッケージ付しか在庫なかったりと残念な売り方です いまどきナビはアンドロイドオートやカープレイでいいという人多いんですから VWジャパンさん、ほんとお願いします! 試乗した感じは「さすがVWの基幹車、すごい」なので ナビを実質強制にして高くなるのは、ほんともったいない売り方です

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止