美容家電部門

価格.com Product Award 2021 大賞

美容家電部門大賞

最安価格 読込中...

お気に入り登録 読込中...

評価ポイント 4,943pt

受賞ポイント

  1. 2つの吹出口からスチームが噴射される”Wスチーム”タイプの置き型美顔器
  2. 5色のフォトLEDを搭載し、自宅でエステのようなフォトケアができる
  3. 手持ちの化粧水をナノサイズのミストに変えて噴射する「化粧水ミスト」機能搭載

大賞寸評 5色のLEDで、スチームケアしながら光美容も行える多機能フェイススチーマー

コロナ禍で外出する機会が減ったことで、働く女性の購買行動に変化が現れた。在宅ワークが増えたうえ、出社してもマスクをしているので、化粧をする機会が減り、化粧品の類いを以前ほど買わなくなったのだ。しかし、そのいっぽうで、マスク着用による肌荒れや、外出しないことによる運動不足から来る体質の変化やむくみなど、別の問題も出てきた。こうした状況下で一躍注目されるようになったのが、一部の美容家電製品だ。なかでも、肌を効果的に潤わせキメを整えるフェイススチーマーの注目度が増した。 そんなフェイススチーマーの中でも、大賞に選出されたヤーマン「フォトシャイン IS-101N」は、単純にスチームで潤わせる+αの機能性で注目された製品だ。基本となるスチームの量が約12ml/分と多く、2つの吹き出し口から吹き出す温スチームと冷ミストが顔全体を包み込んで肌を潤す。さらに、本製品の場合、スチームを浴びている間に、5色のLEDによる光美容(フォトケア)が行われるのがポイント。もちろん、ふだん使用している化粧水をナノサイズのミストとして噴出し、肌に浸透させる機能も搭載しているので、日々のフェイシャルケアが効率的に行えると高い評判を得た。

全文を読む

基本スペック 更に詳しく 更に詳しく 最安価格やレビュー、スペックを見る

タイプ エイジングケアスチーマー
部位
電源方式 交流式

レビューピックアップ

mariiin5さん

満足度 5

クレンジングする際にはクリーンモードで毛穴を開きながらクルクルするととても綺麗に汚れが落ちます。お風呂上りに、シルクスキンモード(温冷の組み合わせ)を使用していますが、保湿で肌の艶や、透明感が明らかにアップしました。

全文を読む

ilceさん

満足度 5

LED照射つきのスチーマーは初めての使用でしたが、ニキビが少なくなり肌荒れしなくなりました。温スチームと冷ミストと合わせてLEDの照射が出来るので、効率よくケアが出来ます!理想的なスチーマーです!

全文を読む

たまごちゃんんさん

満足度 5

パックをしながらW温スチームをすることで、より肌の透明感も出てきて毎日使っています。パックを外したあとは、お気に入りの化粧水を入れたミストを浴びて、化粧水が顔全体に広がり、しっかり保湿されるようになりました。

全文を読む

レビューデータ

    ※2021年11月時点のデータです。

    みんなの レビュー・クチコミ総括
    スチームの量の多さや、多種類のモードにより毛穴の奥の汚れまでしっかり落とせて肌に艶が出るなど、その効果に満足されるユーザーの声が多数寄せられています。化粧水を入れてミストとして使う事ができ、顔全体に優しくミストできる点も高評価につながっています。お肌のハリや潤いを実感できたといった声も多く、マスクが手放せない生活が続く今だからこそ利用したいアイテムと言えるでしょう。
    メーカーコメント

    ヤーマン株式会社

    美顔器メーカーならではの新しいスチーマーをご提案。

    このたびは、栄誉ある賞をいただきありがとうございます。

    ヤーマンは美容機器専門メーカーとして「美しくを、変えていく。」というスローガンを掲げ、技術革新により新しい美容習慣と共に様々な製品をお客さまに提案してまいりました。

    スチーマーはシンプルな機能で美顔製品の中でも取り入れやすい存在ですが、スチームで保湿をする、という基本性能はもちろんですが、当社らしく、いままでにない美容体験をお届けできないか、と試行錯誤した結果生まれたのが「フォトシャイン IS-101N」です。

    パワフルなスチームはもちろん、お手持ちの化粧品をナノサイズに変えてお肌に届ける冷ミスト、さらにエステで人気のLEDフォトケアを搭載しており、ロングモードによりリモートワーク中や就寝中にも「ながら美容」ができるというのが特徴です。

    気軽にタッチレスでエステのケアを贅沢に浴びられる「美顔器スチーマー」として、お客さまからも使用後のトーンアップ実感などうれしいお声もいただいております。

    今後も、先端テクノロジーと常識を変えるアイデアで美しくなる夢や驚きをお届けしてまいります。

    ブランド戦略本部 井上 雅代

    このページの上へ戻る