キャンペーン

自動車部門

価格.com Product Award 2022 大賞

自動車部門大賞

新車価格 462〜548万円

お気に入り登録 読込中...

評価ポイント 10,174pt

受賞ポイント

  1. 高出力なツインモーター4WDならではの、滑らかで力強い加速感
  2. 前後輪の駆動力を最適配分する「S-AWC」がもたらす、ハンドリングと走行安定性の高さ
  3. 運転支援機能「MI-PILOT」による、安全・安心で快適なドライブのサポート

大賞寸評 加速、曲がる、止まる。すべての操作性が一歩上行く、三菱渾身のSUV

自動車部門では、昨年の「エクリプス クロス PHEV」に引き続き、三菱自動車のSUVである「アウトランダーPHEV」が大賞に選出された。大手メーカーの人気モデルを差し置いて、三菱自動車のSUVが2年連続で選出されたというのはちょっとした驚きだが、いずれにも共通して評価されているのは、山道やオフロードなども走行するSUVとしての「走りのよさ、安定性」という点だ。本製品は、基本的にはバッテリー&モーターで走行するEVであるが、バッテリー残量が少ない場合や、パワーが必要な状況になるとガソリンエンジンがサポートするというタイプのPHEVシステムを採用する。このパワートレインに加え、三菱独自の四輪制御システム「S-AWC」が、ドライバーの意図と走行状況を自動で読み取り、場面場面で適切なコントロールを行ってくれる。この2つの組み合わせが高評価で、山道などでも自分の思った通りに車体を制御でき、車格からは想像できないような軽快な動作で道路にピッタリ足を付けて曲がっているような感覚を得られるなど、走行性能や安定性に対する評価がとにかく高い。もちろん、給電可能なPHEVならではのユーティリティーのよさや、積載性の高さ、インテリアの高級感などもあり、総合的な満足度を押し上げている。昨今の部材の高騰もあって、車両価格は実質600万円オーバーと決して安くはないが、その価格以上の価値を感じているユーザーが多い、隠れた名車となっている。

全文を読む

レビューピックアップ

原子と分子さん

満足度 5

【エンジン性能】私は基本、市内をメインとして運転することが多いのですが、不便は一切感じず段差なども気にならず、静かでとても良いと思います。【走行性能】市内を乗る分には十二分の性能で、たまに高速道路も乗りますが、合流時の加速や追い越し時の加速はノーマルでも十分です。

全文を読む

ぷっぷくぷーやんさん

満足度 5

電気走行時のスムーズな走り出しは完璧です。これだけ重量ある車がすーっと音もなく走り出す瞬間は感動すら覚えます。すべての走行モードを試していませんが、パワーにすると体が持っていかれるぐらいの加速を感じます。

全文を読む

Rhinos2022さん

満足度 5

エンジンは発電用ですが、いつ作動しているのか気付かない程の静粛性です。動力性能を左右するモーターですが、前後のツインモーターで、そのトルクフルな走り出しには驚きました。しかし、決して飛ばしたくなるようなクルマではなく、優雅に高質な走りを楽しみたくなります。

全文を読む

レビューデータ

レビューデータグラフ

※2022年11月時点のデータです。

みんなのレビュー・クチコミ総括
走行時の静粛さやスムーズな走り出しにくわえ、ハンドルの取り回しの軽さを称賛するユーザーが多く、軽快さの中にも安定感のある走りが高く評価されています。優雅に高質な走りを楽しみたくなるという声が多く寄せられる一方、パワーモードに切り替えることで、スポーツカーのような力強い走りも体感することができるのも評価につながっているポイントのようです。高級感のある車内は広々としており、運転手だけでなく同乗者も満足できる点も人気の秘密と言えるでしょう。

キャンペーン