価格.com

格安SIMカード

格安SIMカード比較 MVNO主要30社のプラン情報

価格.com 30 社の格安SIMプランをまとめて探す
格安SIMカード比較

格安SIMカードを特徴から探す

データ専用SIMプランをピックアップ

格安SIMカードの人気ランキング

価格.com限定キャンペーン・特典

格安SIMカード プラン検索

格安SIMカードの評判・利用レポート

  • BIGLOBE(ビッグローブ)

    BIGLOBE(ビッグローブ)|データ 3ギガプラン タイプA(au回線)

    【総評】
    biglobeに変更してから、二年が経ちましたが、月額平均1700円ほどで利用できています。 機種変更の縛りもないので、長く同じ機種が使えるのでそれも嬉しいです。 家族もその後全員biglobeに変更しましたが、そのおかげで固定費が大幅に下がりました。 価格コム経由ですと、キャッシュバックもあるので、実際には通信費はもっと安くなってい
    続きを読むると思います。 月に一人あたり3000円〜5000円ほど安くなるとすると、家族が多ければ多いほどそのコストダウンはありがたいと思います。 すぐに申し込みはできるので、おすすめです。【データ量】
    普段は、ネットの検索や地図アプリ、ツイッターの閲覧くらいで動画は家のwifiを使っているため、月に3GBで十分足りています。 毎月データプランを変更ができるので、大学の長期休暇などで通信が多くなりそうな月には6 GBに変更しています。無駄なく通信量を管理できるのが嬉しいです。テザリングも利用することができるので、外出先でパソコンでレポートをなどを作成するときなどは便利です。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    地方に住んでいるため、日常生活で通信が遅いと感じることはほぼありません。 たまに東京の銀座などにでかけたときは、お昼に通信が遅いなと感じることがありました。困ったらカフェなどのWifiを利用できますし、とくに問題はないと思います。

    【通話】
    ラインの伝派を主に使っているためデータ通信量のみで通話料は特にかかっていません。 たまにお店の予約をするときに電話を使いますが、Lineoutで通話のときは無料になっていることが多いためとてもありがたいです。

    【手続き・設定の簡単さ】
    申し込んで5日ほどでSIMが送られてきて、差し替えるだけだったのでとても簡単でした。今までお店で手続きをすると半日かかることも多かったので、その手間がなくなっただけでも本当に意味がありました。

    【サポート】
    現状満足です。特にトラブルもなく、快適に利用できています。

  • OCN モバイル ONE

    OCN モバイル ONE|データ通信専用SIM 日割コース 110MB/日

    【総評】
    端末セットはセール中は人気端末が抜群に安く、お得感が非常に高いです。 回線はおまけという面もありますが、SIMの使い勝手も悪くなく料金も高くはないので継続利用しています。 通話プランでも6か月以降は解約料0円な点も強みかと思います。 大体の業者は1〜2年縛られてしまうので大きいメリットです。 端末買って少し回線を試してから乗り換
    続きを読むえることも可能なので手軽です。 ただ、SIMは品質も標準で価格も安いわけではないので端末セット購入しない場合は加入するメリットはないSIM業者かと思います。 端末込みでの評価です。 【データ量】
    最低価格の1日110MBのプランを利用していますが、最大1日分の容量は持ち越し可能なのでちょっとしたWEB利用やTwitter利用でえあれば問題なく快適に使えています。 自宅ではWiFiを利用しています。 容量オーバーしても低速はバースト機能があるので画像の少ないサイトであれば特に問題なく利用できます。 持ち越しても1日最大230MBまでしか使えないのでダウンロードや動画再生は厳しいのでWiFi利用前提かと思います。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    特段に良いというわけではありませんが他の格安SIMと比べて大きく劣ることもなく、特に不満はありません。 バースト機能はしっかり利くので低速時もそれなりに快適。

    【通話】
    通話は繋がりにくくなることもなく、特に問題なく使えています。 料金に関しては他の会社と同じくOCNアプリからの利用fであれば30秒10円と普通の水準。 可もなく不可もなく。

    【手続き・設定の簡単さ】
    特に他の業者と変わりはなく、わかりにくいところはありませんでした。

    【サポート】
    電話のサポートは丁寧で安心できる対応です。 HPに関しても料金履歴などは見やすくサポートは他に比べて良いと思います。

  • 楽天モバイル

    楽天モバイル|データSIM ベーシックプラン

    【総評】
    口座振替で支払いできること、低速契約のデータSIMでも必要なことは全てできることを考えると、手数料込で900円ほどで毎月収まっているのはありがたいとおもいます。 電話サポートの内容・待ち時間の悪さで1点減点しました。【データ量】
    高速通信はできないプランに入っています。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    低速の200bps程度の通信しか
    続きを読むできないプランですが、LINE・Twitter・通話アプリでの通話(ブラステル・Viber)などに問題がないので、自宅外で大容量を使う作業をしない自分にはコスパがいいと思っています。

    【通話】


    【手続き・設定の簡単さ】
    楽天モバイルを店舗で契約し、HTCの端末は新品を別途購入して設定しましたが、特に困ることはありませんでした。パソコンなどに不慣れな方でも大丈夫かと思います。

    【サポート】
    電話サポートがあるのはありがたいのですが、とにかく待ち時間が長く20分くらいは覚悟しておかなければいけません。 また、電話で答えてくれれば一言で済むことも「『○○』というサイトを参照してください』というようにたらい回しにすることが多いと感じています。

  • DMM mobile

    DMM mobile|データSIMプラン 1GB

    【総評】
    価格コムのキャッシュバックがあったので、経済的に助けられました。【データ量】
    外出先でLINEを使ったり、ウェブサイトをちょこちょこ見る程度ならこれで十分です。家ではWi-fiを使います。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    速度は場所にもよりますが、ストレス感じることは滅多にありません。

    【通話】
    まだ通話したことがありません。 料金は基本
    続きを読む使用料が無料なので、とてもお得に感じます。

    【手続き・設定の簡単さ】
    シンプルですぐに手続きできました。ゴールデンウィーク中でしたが、二日でシムが届き、素早い対応でした。

    【サポート】


  • LINEモバイル

    LINEモバイル|LINEフリープラン データ+SMS+音声(ソフトバンク回線)

    【総評】
    元々楽天モバイルから転出してきて、3GBプランから1GBプランに変わったので、 値段が安くなったのは当然なのですが、 それ以上に通信の不安定さが残念でなりません。 LINEの認証ができるキャリアはLINEモバイルしかないので、 どちらかを捨てなければ快適な格安生活はできなさそうです。【データ量】
    週に2〜3日外出する程度だが1GBで全
    続きを読むく問題なし。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    docomo回線の速度がイマイチだったので変更しましたが、 softbank回線も速度と応答性共にあまり芳しくありません。 体感で手持ちのDMMや楽天より遅いです。

    【通話】
    基本的に待ち受けだが、音声は聞き取りやすい。

    【手続き・設定の簡単さ】
    説明も分かりやすく簡単で良いです。

    【サポート】
    LINE経由がメインになりますが、問い合わせ安いです。

  • ヤマダニューモバイル

    ヤマダニューモバイル|データ通信専用SIM(SMSなし) 3.3GBプラン

    【総評】
    人柱として契約してみたけれど、ここまでとは正直、思いもしなかった。 色々と調べて、特定のメールサーバのみ、ヘッダ情報の一部が本文の上部に表示される問題があるのを見つけ、GmailやYahooメールは大丈夫な様なので、登録等で使用するアドレスはどちらかにした方が無難。 電話はするけど、インターネットは殆どしないよって人向けという感じがした
    続きを読む。 ただ、それだと他社と大差ない価格なので、インターネットで契約するのが面倒(または出来ない)な人が選ぶSIMかな。【データ量】
    通信を頻繁に行わない程度のスマホゲームでのみ使用し、ゲームも1つだけなので、特に問題なく利用している。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    Gmailで受信した画像が数枚程度のHTMLメールを表示させるのに十数秒。 4MB程度のアプリをダウンロードするのに、数分かかる。 Youtubeは画質(240pに)を落としてみないと、停止してしまうレベル。

    【通話】


    【手続き・設定の簡単さ】
    手続き完了後、2〜3日程度でSIMが到着。 設定も簡単で、別で購入したASUSの端末には、SIMを差し込むだけで、利用が可能。

    【サポート】
    契約しているプロバイダのメアドで登録した為、自動送信メールでヘッダ情報の一部が本文の上部に表示され内容が見れなかった。問合せしても、送信したメールは正常に見れているのでメーラーやメアドが悪いと言われ、何の対応もなし。カスタマーセンターに電話で問合せした時には、送られている自動送信メールがあると言っても、そんなメールは送信していないと言い張る。人を不愉快にしかさせない対応しかできない。

体験レポート募集キャンペーン

格安SIMの体験レポート(口コミ・評判)を投稿して頂いた方の中から
抽選で10名様に1,000円分のポイントプレゼント!

レポートを書く

格安SIMカードの基礎知識まとめ

格安SIMカードとは?

格安SIMカードの概要

格安SIMとは、SIMカードというICチップをスマホ等に挿して、低価格でネットや通話を利用できるサービスのことです。「MVNO」と呼ばれるSIMのサービスを提供している事業者は、docomo・auなどの大手携帯キャリアから回線を借りているため、低価格でも通信エリアはキャリアと同じです。

SIMカードの種類

SIMカードには、「音声通話機能付きSIMカード」と「データ通信専用SIMカード」の2種類があります。
スマートフォンで通話もネットも使いたい方は「音声通話機能付きSIMカード」を選びましょう。ほとんどのプランがMNP(番号ポータビリティ)に対応しているため、現在利用している電話番号をそのまま引き継げます。ネットのみ利用したい方は「データ通信専用SIMカード」を選びましょう。

音声通話SIMでいくら安くなる?

携帯キャリアと音声通話SIMの料金比較

SIMカードには、「音声通話機能付きSIMカード」と「データ通信専用SIMカード」の2種類があります。
スマートフォンで通話もネットも使いたい方は「音声通話機能付きSIMカード」を選びましょう。ほとんどのプランがMNP(番号ポータビリティ)に対応しているため、現在利用している電話番号をそのまま引き継げます。ネットのみ利用したい方は「データ通信専用SIMカード」を選びましょう。

※2018年4月25日時点の税込料金です。また、別途ユニバーサルサービス料がかかります。
※1 価格.com格安SIMカードカテゴリ掲載の5分の通話かけ放題オプションの平均価格
※2 価格.com格安SIMカードカテゴリ掲載の音声通話SIM 5GBプランの平均価格

格安SIMのメリット・デメリット

メリット

月額料金が安くなる

大手携帯キャリアの約3分の1の月額料金でスマホが使えます。

最低利用期間が短い

格安SIMの多くは、携帯キャリアのような「2年縛り自動更新」ではありません。音声通話SIMは、ほとんどのプランが最低利用期間12か月程度で、12か月後はいつ解約しても違約金がかかりません。

今の電話番号を引き継げる

MNPに対応しており、携帯キャリアで使用していた電話番号がそのまま使えます。

回線はキャリアと同じ

インターネット・通話の回線は、MVNOがキャリアから借りて提供しているため同じです。もちろん、インターネット・メール・アプリ・SMS・動画などの機能も利用できます。

デメリット

キャリアメールは使えない

携帯キャリアを解約すると、キャリアメール(〜@docomo.ne.jp、〜@ezweb.ne.jp、〜@softbank.ne.jp)は使えません。格安SIMユーザーの多くはフリーメール(〜@gmail.com、〜@yahoo.co.jpなど)を利用しています。

店舗が少ない

携帯キャリアと比較すると、店舗の数は少ない事業者が多いです。サポートは電話やメール中心です。

製品保証がなくなる

現在の端末をそのまま利用する場合、携帯電話会社が提供している端末保証がなくなり、メーカー保証のみになります。Apple社の製品は、キャリア/格安SIM関係なくAppleのサポートが受けられます。

初期設定が必要

SIMカードの挿入と初期設定を自分で行う必要があります。

その他注意点

速度にばらつきがある?

MVNOは、docomoやauなどの携帯キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。価格.comの格安SIMカード利用レポートでは、速度が遅い、時間帯によって速度にばらつきがあるなどのレポートがあるものの、月額料金が安い兼ね合いで満足している方が多いようです。

通話料金が高い?

格安SIMは、月額料金に通話料が含まれていないケースが多く、通常の通話料は21.6円/30秒と割高です。 通話が多い方は通話アプリやかけ放題・通話定額オプションを利用し、通話料を抑えましょう。

MVNOとは?

MVNOの概要

格安SIMカードを提供している事業者は、docomo、auなどの携帯キャリアから電波インフラを借りて通信を行っています。このように電波インフラを他の企業から借りて、独自のサービスを提供する企業のことを「MVNO」(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)と呼びます。プロバイダとして有名なOCN、BIGLOBE、家電量販店のビックカメラ、ヤマダ電機など様々な企業がMVNOとしてサービスを提供していますが、いずれもdocomoやauなどの携帯キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。

格安SIMカードの人気料金プラン

SIMカードの料金プランの選び方は?

格安SIMカードの月額料金は、データ量によって決まります。データ量は、1GB未満からデータ量無制限までの多彩な選択肢がありますが、一番人気はデータ量3GBのプランでスマホ利用者の90.6%が毎月3GB以下の利用データ量です。あなたの毎月利用しているデータ量を元に、適切なプランを選びましょう。

※NTTコム リサーチ2014年2月調査

通信速度は高速・低速の2タイプ

速度は、大きく分けて高速(75Mbps以上)と低速(0.2Mbps前後)の2種類のタイプがあります。 携帯キャリアと同じくらいの速度を求める場合は、高速プランを選びましょう。

※ 掲載情報には価格.com格安SIMカード比較に参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。

※ お客様が本サービスをご利用される際は、事前に通信サービス比較利用規約をお読みのうえサービスのご利用をお願いいたします。

※ お申し込みに際しては、お申し込み先事業者の公式ページに掲載されている注意事項を必ずご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止