価格.com

格安SIMカード

格安SIMカード比較|MVNO・キャリア25社

価格.com キャリア・格安SIM 25 社のプランをまとめて探す

SIMカード比較

格安SIMカードを特徴から探す

格安SIMカード ピックアップ

格安SIMカードの人気ランキング

価格.com限定キャンペーン・特典

格安SIMカード プラン検索

格安SIMカードの評判・利用レポート

  • y.u mobile

    y.u mobile|シングルプラン 3GB / 音声通話SIM ドコモ回線

    【総評】
    月額料金を抑えるためのMNPでした。とにかくつながって通信できればいい、というレベルを超えているので満足してます。【データ量】
    サブ利用ですが、通勤時と仕事中に使ってますが、この程度で十分です

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    自宅圏、通勤圏、会社圏で問題ありませんでした。

    【通話】


    【手続き・設定の簡単さ】
    届いたSIMカードをiPhoneに
    続きを読む挿して、マニュアル通り、でした

    【サポート】


  • y.u mobile

    y.u mobile|シングルプラン 3GB / 音声通話SIM ドコモ回線

    【総評】
    端末保証も込みなのが一番凄いと思います。【データ量】
    3Gバイトのプランだけなので物足りないが、追加料金も安いので問題ないです。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    やはり格安SIMなので物足りない部分はあります。でも、問題はないです。

    【通話】


    【手続き・設定の簡単さ】
    スタートガイドが丁寧でわかりやすかったです。

    【サポート】
    特にサポートを受け
    続きを読むてないので普通とします。

  • y.u mobile

    y.u mobile|シングルプラン 3GB / 音声通話SIM ドコモ回線

    【総評】
    料金も安く、データ量の追加も安価。しかも永久に繰り越し可能。通信も特に問題無く出来るので、格安SIMの中でもおすすめだと思います。【データ量】
    インターネット閲覧やSNSの利用が主です。以前の通信会社ではデータ量の繰り越しが出来なかったので、損をした気分になっていましたが、y.uモバイルでは1GB330円で購入出来、また永久不滅ポイントという
    続きを読む事で、そのような事も無く満足しています。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    ワイモバイルからの乗り換えですが、特に通信速度の遅さは感じずに使えています。

    【通話】


    【手続き・設定の簡単さ】
    申し込みから3日くらいでSIMカードが届いたと思います。設定も添付の説明書の通りに行って簡単に出来ました。

    【サポート】
    サポートの利用をしていません。

  • ワイモバイル(Y!mobile)

    ワイモバイル(Y!mobile)|スマホベーシックプランM

    【総評】
    普通に使っている分には満足だが、端末の不具合や請求額に対する疑問を解決するためにショップに行くと上記のような事態になるので注意が必要。昔はPHSらしく安かったが、大手が安くなってくるとPHSの意味が無くなっていると思うので、他のキャリアへ乗り換えようか迷ってます。【データ量】
    データ増量で9GBで利用していたが、WEB閲覧が多い者にとってはち
    続きを読むょうど良かった。データ増量キャンペーン期間終了で6GBになるとちょっとつらい。動画は6GBでは無理かも。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    時間に関係なく、全く問題ないと思う。某有名掲示板サイトを見るときだけフリーズして何故か見れなかった。

    【通話】


    【手続き・設定の簡単さ】
    以前は2〜3時間ぐらいかかっていたが、今は店員とマンツーマンでやる形なので、うまくいかなくなってもすぐ対応してもらえるから普通ではないでしょうか。

    【サポート】
    全くダメ、特にソフトバンクと合体している店舗の店員(特に女性店員)はワイモバイルの知識はないんじゃないかと思うほど知らない。質問する度にパンフを見て、探し始めるといった具合で、解決するまで時間かかりすぎる。

  • y.u mobile

    y.u mobile|シングルプラン 3GB / 音声通話SIM ドコモ回線

    【総評】
    申し分なく、機嫌良く使えています。これからも使い続けます。【データ量】
    外では必要最低限しか使わないため、月3Gバイトも有れば十二分です。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    安定のドコモ回線です。基本的にどこにいても問題ありません。

    【通話】


    【手続き・設定の簡単さ】
    契約後すぐに届いた、とても助かりました。

    【サポート】
    使い始めてから問題は発生
    続きを読むしておりませんので、まだサポートをしていただいていないです。

体験レポート募集キャンペーン

格安SIMの体験レポート(口コミ・評判)を投稿して頂いた方の中から
抽選で10名様に1,000円分のポイントプレゼント!

レポートを書く

格安SIMカードの基礎知識まとめ

格安SIMカードとは?

格安SIMカードの概要

SIMカードというICチップをスマホ等に挿して、低価格でネットや通話を利用できるサービスのことを格安SIMと呼んでいます。
「MVNO」と呼ばれるSIMのサービスを提供している事業者は、docomo・auなどの大手携帯キャリアから回線を借りているため、低価格でも通信エリアはキャリアと同じです。

SIMカードにはどんな種類がある?

SIMカードには、「音声通話機能付きSIMカード」と「データ通信専用SIMカード」の2種類があります。
スマートフォンで通話もネットも使いたい方は「音声通話機能付きSIMカード」を選びましょう。ほとんどのプランがMNP(番号ポータビリティ)に対応しているため、現在利用している電話番号をそのまま引き継げます。ネットのみ利用したい方は「データ通信専用SIMカード」を選びましょう。

格安SIMは携帯大手キャリアと比べていくら安くなる?

携帯キャリアと音声通話SIMの料金比較

携帯大手キャリアと比べて、格安SIMには毎月の携帯代を大幅に節約できるプランが多数あります。毎月の料金の差が大きいため、通話をしない人であれば年間数万円を節約できます。しかし、格安SIMは、月額料金に通話料が含まれていないケースが多く、通常の通話料は22円/30秒と割高です。通話が多い方は通話アプリやかけ放題・通話定額オプションを利用し、通話料を抑えましょう。

※2018年4月25日時点の税込料金です。また、別途ユニバーサルサービス料がかかります。
※1 価格.com格安SIMカードカテゴリ掲載の5分の通話かけ放題オプションの平均価格
※2 価格.com格安SIMカードカテゴリ掲載の音声通話SIM 5GBプランの平均価格

格安SIMのメリット・デメリットは?

格安SIMのメリットとしては月額料金が安くなる・最低利用期間が短い・今の電話番号を引き継げるなどがあげられます。
一方、デメリットとしてキャリアメールが使えなくなる・携帯キャリアでの製品保証がなくなる・オンラインでの申し込みが主になるなどがあげられます。

メリット

月額料金が安くなる

携帯大手キャリアと比較して毎月の携帯代を大幅に節約できるプランが多数あります。

最低利用期間が短い

格安SIMの多くは、携帯キャリアのような「2年縛り自動更新」ではありません。音声通話SIMは、ほとんどのプランが最低利用期間12か月程度で、12か月後はいつ解約しても違約金がかかりません。

今の電話番号を引き継げる

MNPに対応しており、携帯キャリアで使用していた電話番号がそのまま使えます。

回線の品質はキャリアと同じ

インターネット・通話の回線は、MVNOがキャリアから借りて提供しているため同じです。もちろん、インターネット・メール・アプリ・SMS・動画などの機能も利用できます。

デメリット

キャリアメールは使えない

携帯キャリアを解約すると、キャリアメール(〜@docomo.ne.jp、〜@ezweb.ne.jp、〜@softbank.ne.jp)は使えません。格安SIMユーザーの多くはフリーメール(〜@gmail.com、〜@yahoo.co.jpなど)を利用しています。

製品保証がなくなる

現在の端末をそのまま利用する場合、携帯電話会社が提供している端末保証がなくなり、メーカー保証のみになります。Apple社の製品は、キャリア/格安SIM関係なくAppleのサポートが受けられます。

店舗が少ない

携帯キャリアと比較すると、店舗の数が少ない事業者が多いため、サポートは電話やメール中心です。SIMカードの挿入などの初期設定を自分で行う必要があります。

その他注意点

速度にばらつきがある?

MVNOは、docomoやauなどの携帯キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。価格.comの格安SIMカード利用レポートでは、速度が遅い、時間帯によって速度にばらつきがあるなどのレポートがあるものの、月額料金が安い兼ね合いで満足している方が多いようです。

通話料金が高い?

格安SIMは、月額料金に通話料が含まれていないケースが多く、通常の通話料は22円/30秒と割高です。通話が多い方は通話アプリやかけ放題・通話定額オプションを利用し、通話料を抑えましょう。

MVNOとは?

MVNOの概要

格安SIMカードを提供している事業者は、docomo、auなどの携帯キャリアから電波インフラを借りて通信を行っています。このように電波インフラを他の企業から借りて、独自のサービスを提供する企業のことを「MVNO」(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)と呼びます。プロバイダとして有名なOCN、BIGLOBE、家電量販店のビックカメラ、ヤマダ電機など様々な企業がMVNOとしてサービスを提供していますが、いずれもdocomoやauなどの携帯キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。

格安SIMカードの人気料金プラン

格安SIMのおすすめの選び方は?

格安SIMカードの月額料金は、データ量によって決まります。データ量は1GB未満からデータ量無制限までの多彩な選択肢がありますが、格安SIMカード利用者の66.1%が毎月3GB未満のデータ量で利用しており、3GB前後のデータ量のプランに人気が集中しています。自分が毎月利用しているデータ量を元に、適切なプランを選びましょう。
また、通信速度は、大きく分けて高速(75Mbps以上)と低速(0.2Mbps前後)の2種類のタイプがあります。携帯キャリアと同じくらいの速度を求める場合は、通信速度75Mbps以上の高速プランを選びましょう。

価格.com 格安SIM・大手携帯キャリア 満足度ランキング2020の「格安SIM 利用データ容量」より

※ 掲載情報には価格.com格安SIMカード比較に参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。特段の記載がない限りは、税込価格を掲載しています。

※ 各種割引や特典は事業者より提供されます。お申し込みの際は事業者による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止