価格.com

クレジットカード

QUICPay付きカード

比較リスト(0件)

QUICPay付きカード

QUICPay付きカード

QUICPay(クイックペイ)は、QUICPay端末にカードや携帯、スマホをかざすだけのサインレスで決済ができる、チャージ不要の電子マネーです。さらに便利に使いやすく進化した「QUICPay+(クイックペイプラス)」は1回あたり2万円以上の利用が可能に。Apple Payはもちろん、プリペイドカードやデビットカードにもサービス拡大中です。

人気のQUICPay付きカード

(対象カード内のランキング上位)
カード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
特徴

ポイント還元率の高さが特徴。年会費永年無料のオリコの次世代カードです。

お手頃な年会費で福利厚生サービス「Orico Club Off」が利用できるカードです。

WEB入会で初年度年会費無料。JCBオリジナルのスタンダードカードです。

海外利用でポイント2倍。JCBオリジナルシリーズのゴールドカードです。

ANAカードとPASMO機能がひとつになったゴールドカードです。

いつでもポイントが4倍になるJCBのリボ払い専用カードです。

「プラチナ・コンシェルジュデスク」など、プラチナならではのサービスやサポートが受けられる法人カードです。

カンタンお申し込みでゴールドならではのサービスが利用できるカードです。

弥生やfreeeなど会計ソフトと利用明細データが連携できるサービスも充実。個人カード感覚で利用できる法人用カードです。

海外で使えるショッピング補償保険付きのトヨタのスタンダードカードです。

ユーザー満足度
-(0人)
-(0人)
-(0人)
-(0人)
-(0人)
年会費
無料
1,986円
1,375円(初年度無料)
条件付無料 ※MyJチェックの登録+年50万円以上のカード利用で年会費無料
11,000円(初年度無料)
15,400円
無料
33,000円
11,000円(初年度無料)
条件付無料 ※インターネット入会で初年度年会費無料
※〜2020年9月30日(水)お申し込み受付分まで
1,375円(初年度無料)
条件付無料 ※インターネット入会で初年度年会費無料
※〜2020年9月30日(水)お申し込み受付分まで
1,375円(初年度無料)
ポイント還元率
1.00%〜2.00%
1.00%〜2.50%
0.50%〜1.50%
0.50%〜1.50%
1.00%
1.00%〜3.00%
0.47%〜1.49%
0.47%〜1.49%
0.47%〜1.49%
1.00%〜3.00%
詳細
価格.comからは
お申し込みできないカードです

QUICPay付きカードの特徴

  • QUICPayとは?

    QUICPayとは、JCBが運営するチャージ不要の電子マネーです。クレジットカードと紐付けて利用するため、利用額はカードでの後払い方式。クレジットカードの利用と同じ扱いとなるので、小額利用が多いコンビニなどの決済でも、ポイントが貯まるため取りこぼしがありません。

  • QUICPayの決済方法

    QUICPayは、チャージ不要の「ポストペイ(後払い)方式」。利用中のカードの利用枠に準じた上限金額のため、チャージ残高を気にせず利用できます。なお、QuicPay1回あたりの利用上限額は2万円となっていますが、QUICPay+の場合は、2万円以上の利用も可能となっています。※QUICPay+対応加盟店に限る。

    チャージ不要の「ポストペイ(後払い)方式」
  • QUICPayが利用できる場所

    街中やアミューズメントパークなどの店頭に、「QUICPay」や「QUICPay+」のマークがあるお店で利用できます。利用できる店舗の抜粋ですが、日常で利用する店舗をほぼ網羅しているため、使えるところがなくて困る、などということはないようです。

    利用可能な店舗例
    コンビニ セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、セーブオン
    ドラッグストア AINZ&TULPE、ココカラファイン、富士薬品、ウエルシア薬局、マツモトキヨシ
    百貨店 LOFT、名鉄百貨店、なんばCITY、Ario、名古屋ステーション開発
    飲食店 ロイヤルホスト、夢庵、バーミアン、ジョナサン、ガスト、珈琲所コメダ珈琲店
  • QUICPay付クレジットカード

    QUICPayの利用には、「QUICPay対応」のクレジットカードを持つ必要があります。QUICPayカードタイプ、QUICPayモバイルとあり、QUICPayモバイルは一部対象外の機種があります。

    カード名 カードタイプ モバイルタイプ
    JCB一般カード
    OricoCard THE POINT
    アプラスアクシスカードプラス
    エポスカード ×
    セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード ×
    デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード ×

    ※ご利用には別途申込の必要があります。

  • QUICPayの種類

    QUICPayは、カードタイプとモバイルタイプのほかに、めずらしいキーホルダータイプやコイン(トークン)型タイプがあります。車のキーホルダーやランニング中のリストバンドに取り付けるなど、ライフスタイルに合わせて携帯できる電子マネーです。

    QUICPayの種類
    カードタイプ QUICPay専用カード、クレジット一体型、2つの電子マネーが利用できるQUICPay(nanaco)
    モバイルタイプ 「おサイフケータイ(R)」対応のスマートフォン・Apple Pay・携帯電話
    その他タイプ キーホルダータイプ、コイン(トークン)型タイプ

QUICPay付きカードのメリット

  • 事前のチャージは一切不要

    QUICPayは、クレジットカード経由の決済となるため、事前にチャージしておく必要がありません。そのため残高を気にする必要がなく、またわざわざクレジットカードを出すほどでもない支払いや、手持ちの現金がない場合でも、サインレスでスピーディーに買い物ができる電子マネーなのです。

  • クレジットカードのポイントが貯まる

    QUICPay自体にポイントプログラムはありませんが、クレジットカードと連携されているため、クレジットカードのポイントが貯まります。スーパーやファミリーレストラン、ドラッグストアなどの小額決済で手軽な利用でポイントが貯まっていきます。

  • QUICPayの注意点

    QUICPayは、1回で利用できる金額に2万円の上限が設定されていますが、拡張した「QUICPay+」であれば、2万円以上の利用も可能。ただし、「QUICPay+対応加盟店のみ」となっているところは注意が必要です。また、QUICPayは海外利用には対応していないようです。

QUICPay付きカードの選び方

  • ライフスタイルに合わせて選択

    JCBが運営しているため、JCBカードであればほぼ問題なくQUICPayが利用できます。選ぶポイントとしては「カードで利用」か、「モバイルで利用」かでカードを選ぶのもよいでしょう。モバイルの場合は「おサイフケータイ」や「Apple Pay」に対応している機種が必要です。

  • QUICPayは還元率の高いカードを選ぶ

    大きな買い物だけでなく、日常の小額決済にも利用できるQUICPayなので、還元率の高いカードで取りこぼしなく利用したいものです。「1回の利用が最大2万円」となっていますが、日々それほどの金額を決済することも少ないので、カードを持ち歩かずモバイルでコツコツポイントを貯めていきましょう。

QUICPay付きカードをピックアップ

年会費永年無料カードを比較

年会費をかけずにQUICPayが付いているカードも多数あります。旅行保険も付帯しているカードも多数あります。

  • Orico Card THE POINT

    ポイント還元率の高さが特徴。年会費永年無料のオリコの次世代カードです。

    人気ランキング 4位(一般カード4位) 国際ブランド Mastercard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜2.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険
  • JCB EIT

    8つ価値を提供。JCBのリボ払い専用カードです。

    価格.comからは
    お申し込みできない
    カードです
    人気ランキング 234位(一般カード154位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜1.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、ショッピング
  • Orico Card iD×QUICPay

    Orico Card iD×QUICPayは新規のお申し込み受付を終了したカードです。

    新規受付終了
    人気ランキング 265位(一般カード173位) 国際ブランド VISA、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険
  • Orico Card THE POINT UPty

    リボ払い専用。ポイント還元率の高さが特徴のカードです。

    価格.comからは
    お申し込みできない
    カードです
    人気ランキング 299位(一般カード195位) 国際ブランド Mastercard
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜2.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険
  • UPty QUICPay Speedy

    「QUICPay」搭載でスピーディに決済可能。オリコのリボ専用カードです。

    価格.comからは
    お申し込みできない
    カードです
    人気ランキング 429位(一般カード292位) 国際ブランド Mastercard
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険

QUICPay付きカードのレビュー・評価

  • その後、高還元の代表格だったジャックス、リクルート、ライフカードなどのクレジットカードが軒並み悪化しました。
    長くて数年程度で改悪するのが常ですから1%程度のクレジットカードの方が長く続くのですけどね。
    0.数%程度の違いなら年100万利用しても
    続きを読む 数千円の違いです。2、3年程度でクレジットカードの高還元のクレジットカードを渡り歩くような人は労力に見合うだけの利益があるか考えてからクレジットカードを選んだ方が良いです。
    ほどほどが長く続くクレジットカードですよ。そういう意味でこのクレジットカードはバランスが良いですね。

    【以前のレビュー】
    レビューを読んでいると作っている人と実際のギャップがありますね。
    ただし年会費無料のクレジットカードにサービスや保障を求めるのが間違いなんですよね。
    電話の応対が悪いとか問い合わせた時の対応が悪いなどは、年会費無料のクレジットカードは当たり前のことです。
    その辺を求める人は年会費有料のクレジットカードを作りましょう。
    恐らくゴールドカードでされている対応を求めている感じですが、どこも年会費無料は似たり寄ったりです。
    イロイロ削るから還元率が良かったり年会費無料だったりするのだからそこを理解しましょう。
    分からない事はまず電話をすると言う人は向いていません。
    電話が繋がらないとかは混む時間帯にかければプラチナカードのデスクでも繋がりにくいですよ。昼の時間帯や朝一番の時間帯、土日などは普通に繋がりにくいです。回線数が少ない年会費無料のカードなら普通です。空いている時間にかけるのは基本です。

    このクレジットカードを作る人が候補にすると思われるクレジットカードのレビューを書いています。
    参考に読んで下さい。クレジットカードを作る前にどういうカードか理解して作りましょう。
    年会費無料カードはユーザーが自分である程度調べることを前提にしたカードです。そこを理解しないと不満が溜まるだけです。
    何か起こった時の対応は、年会費に比例しますよ。年会費無料だとそういう時の対応は殆どありません。そこを理解しましょう。
    リクルートカードプラスは募集停止になりますので、このカードは良い選択肢になるかなという状況です。

    YAHOO JAPANカード
    http://review.kakaku.com/review/88050000101/ReviewCD=854325/#tab
    楽天カード
    http://review.kakaku.com/review/88050000176/ReviewCD=600880/#tab
    REXCARD
    http://review.kakaku.com/review/88050000241/ReviewCD=761771/#tab
    リクルートカードプラス
    http://review.kakaku.com/review/88050000251/ReviewCD=832409/#tab

    過払い金訴訟が激しくなった辺りから業績悪化を辿っているオリコですが、昔は高還元の代表格ではありました。
    最近始まったジャックスがその代表格になっています。
    ただジャックスも還元率を悪化させましたので、長くは続かない可能性はあります。
    このカードは年会費無料かつ1%還元と最低限の高還元と言えるレベルを満たしています。
    idとクイックペイの両方搭載はたしかオリコが最初(セゾンかも)なので、一枚のクレジットカードでイロイロな場所で利用したいという用途には合います。以前にも両方搭載したカードはありましたが、0.5%還元と普通のカードでしたから、あまり人気も出なかった気がします。
    オリコの高還元と言われていた理由は入会キャンペーンです。あまり高くないハードルで5000円分位のポイント付与がありますが、このカードはプラス期間限定で2%還元と地味に強化されています。
    楽天カードも入会キャンペーンをやっていますがあちらと違いメール爆弾を投下されるとかキャンペーン対象外になるとかいう類はオリコでは経験したことはありません。カードを作ってからすぐ特典を受けたい人にはオススメですよ。
    長年オリコを利用していましたが年会費無料の会社としては悪くない会社です。
    ただしイロイロサービスを削っていますのでその辺は理解した上での方が良いですけどね。

  • てるみくらぶの返金を対応してくれるとのことで、本当に良かったと思いました。対応が良かったのでレビューする気になりました。友達は三井住友カードなのですが、返金絶対無理とのことで、三井住友は大手なのに融通が利かないのは、何だかなあと率直に感じました。もち 続きを読む ろん、カード会社は何も悪くないのは確かですが。

    今のところ
    てるみくらぶクレカ支払い返金対応としては、

    ヤフーカード 引き落とし済みもこれから引き落としも全部返金
    Viewカード  取り消しで対応済み
    オリコカードエスポカード 返金予定
    楽天カード 協議中
    三菱UFJニコス 返金絶対無理
    三井住友VISAカード 返金絶対無理

    とのことです。

  • SBIネット銀行を10年以上使っております。ホームページを見るとクレジットカード発行キャンペーンがありゴールドカード以上を発行すると大幅に優遇されることを知りました。還元率1%以上です。SBIネット銀行使ってて預金残高30万円以上あれば月15回の他行 続きを読む 宛振り込み手数料、ATM利用料が無料になります。さらに設定すれば他行からの振替手続きが5件まで無料で出来、振込も自動でできるようになるので毎月銀行を往復するような人には神口座となります。すかさず申し込み手続きを実施したところ職場に在籍確認が入る。コロナ禍で業務の職員激減していることから私の在籍確認が取れなかったとのこと。事情を説明し再度確認を取って頂き、直ぐに発行となりました。3稼働日後にカードが届きましたがまさかの平カード。平カードでは上記優遇にはなりません。何度も職場に電話して来て確認とった後、平カードとは。申請の意味がないため直ぐに退会。破棄。と思ったのですが個人情報も取られ手間もかけているのでホームページからゴールドへの切り替え申請実施。申請受付のメールと同時に審査終了。カード発行しますとのこと。このカードは上記優遇に加えゴールドカードのサービスではプラチナカードと遜色ない付帯保険サービスがあります。メインとして使わなくても手数料優遇だけで年会費以上の価値がありますので絶対的なお勧めカードです。但し、少しゴタゴタしましたのでかなりイメージは悪いです。

  • ゴールドカードを申し込んで、ゴールドカードが届きました(S枠150万円)。
    クイックペイ一体型で、以前のJCBカードにあったcirrus提携はなくなりました。

    何と言ってもこのカードの最大の魅力は、保障額がプラチナカード並の国内・海外旅行傷害
    続きを読む 保険(しかも自動付帯)でしょう。
    例えば、海外旅行の傷害・疾病治療費用は各500万円。
    傷害・疾病治療費用は複数のカードの保障額を合算できますが、利用付帯のカードだとあまり意味がありません。

    おまけに、スマリボ登録して年1回使えば、翌年の年会費が無料になります。

    なお、SBI銀行の口座を持っている人は、ATM出金手数料や他行あての振込手数料の無料回数が増えるなどのメリットがありますが、私は持っていません(ミライノ金のマスターの方は、SBI銀行の口座が必須)。

    また、サービス開始当初はなかった国内空港ラウンジサービスが2019年7月に始まりました。他にもゴールドカードを持っていると重複しますが、JCB金でしか使えないKIXエアポートラウンジを使えるのはうれしいです。

    私のメインカードはANA-SFC金ですが、海外旅行の傷害・疾病治療費用の保障額が各150万円と少ないので、セゾンアメックス金(クラッセ特典で作ったので年1回使えば年会費無料、海外旅行保険は自動付帯)、とミライノ金でプラス各800万円の保障額にしています。

QUICPay付きカードのクチコミ

QUICPay付きカードのQ&A

  • QUICPayモバイルの決済時に操作は必要ですか?

    QUICPayモバイルは、QUICPayの端末にかざすだけで決済が可能です。その際、モバイルの電源を入れたり、アプリなどを立ち上げる必要はなく、また圏外でも利用可能です。

  • QUICPayで2回払いなど支払い方法の指定は可能でしょうか?

    QUICPay利用時に、支払い方法の指定をすることはできません。QUICPay利用後であれば、クレジットカード同様、リボ払いや分割払いなどに変更は可能です。

  • QUICPayを未成年の子どもが利用することは可能でしょうか?

    スマートフォンをお持ちの場合に限りますが「おこづかいQUICPay」という10歳以上のお子さまから利用できるユニークなサービスがあります。毎月3万円まで、1,000円単位で利用することができメールで利用状況も確認できるなど安心のサービスです。

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • QUICPay付きカード価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止