価格.com

クレジットカード

プラチナカード

比較リスト(0件)

プラチナカード

プラチナカード

プラチナカードとは、ゴールドカードの上位にあたるカードです。プラチナのイメージに合わせて、券面はシルバー色のデザインが多くあります。ゴールドカードよりも年会費が高い分、付帯保険の増額や付帯サービスの充実、コンシェルジュサービスが付いていることなどが特徴です。

人気のプラチナカード

(対象カード内のランキング上位)
カード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
特徴

セゾンアメックス最高クラスのプラチナカードです。

高級ホテルの上級会員サービスが受けられるハイスペックなカードです。

高いポイント還元率が魅力のJCBプラチナカードです。

年会費3,300円で人気のサービスが受けられるプラチナカードです。

MUFGカードの基本機能とアメックスプラチナサービスが受けられるカードです。

様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

スターアライアンス各社の利用でマイルが貯まるセゾンプラチナカードです。

2種類のカードデザインから選べる、三井住友プラチナカードです。

最高1億円の旅行保険が自動付帯でマイルが貯まりやすいANAプラチナカードです。

世界1,000ヵ所を超える空港ラウンジ利用など、旅行サービスに富んだカードです。

ユーザー満足度
-(0人)
年会費
22,000円
143,000円
27,500円
3,300円
22,000円
22,000円
55,000円
55,000円
77,000円
13,200円
ポイント還元率
0.75%〜1.00%
1.00%
0.50%〜1.50%
0.50%〜1.21%
0.20%〜0.99%
0.50%
1.50%
0.50%〜2.50%
2.00%
0.75%〜1.62%
詳細

プラチナカードの特徴

  • 一般カード、ゴールドカードとの違い

    プラチナカードの他に、一般カード、ゴールドカードがありますが、各種類、年会費に応じてそれぞれ特徴が違います。

    各種カードの比較
    各種カード 一般カード ゴールドカード プラチナカード
    年会費
    かかっても2,000円台。無料のカードが多い

    1万円台のカードが多い
    ×
    カード会社にもよるが、数万円
    海外旅行保険
    付帯のカードも多い

    補償金額は3or5,000万円が多い

    補償金額は基本1億円
    国内旅行保険 ×
    無料のカードには付帯なし

    補償金額は3or5,000万円が多い

    補償金額は基本1億円
    ショッピング保険 ×
    付帯なし

    補償金額は3or500万円が多い

    補償金額は基本500万円
    空港ラウンジ ×
    付帯なし

    国内・海外いずれかのラウンジは利用可能

    国内・海外いずれかのラウンジは利用可能
    付帯サービス ×
    基本付帯なし

    様々な優待が付いている

    コンシェルジュや様々な優待が付いている
    審査難易度
    主婦や学生も持てるため緩め

    若年層向けカードもあり緩めになってきている
    ×
    厳しい。インビテーション制のカードも多数
  • コンシュルジュサービスとは

    プラチナカードには、電話やメールでの依頼で、グルメ、トラベル、エンタメなど、様々な情報を提供や、予約に至るまでをオペレーターが対応してくれるコンシェルジュサービスがついているカードがあります。

    コンシェルジュサービス一例
    グルメ 国内・海外のレストラン情報提供
    国内・海外のレストラン予約
    トラベル 国内・海外の航空券・ホテル情報提供
    国内・海外の航空券・ホテル予約
    国内・海外のショッピングモール・ブランドショップ情報提供
    レンタカーの予約案内
    旅行に関する様々な情報提供
    エンタメ オペラ・バレエ・演劇・コンサート・美術館情報提供
    オペラ・バレエ・演劇・コンサート・美術館チケット手配
    ゴルフ情報の情報提供
    ゴルフ情報予約
    その他 急病やケガによる、病院の予約や入院の手配
    法律上のトラブルなど緊急時の弁護士の紹介
    忘れ物・遺失物の探索

    ※カードによって対応できる内容は違います。

プラチナカードのメリット

  • コンシュルジュサービスが使える

    コンシェルジュサービスはほとんどのプラチナカードで提供しています。24時間年中無休でサービス提供を行っているカードもあります。

  • 富裕層向けの特典がある

    有名レストランでの食事が半額になったり、ホテルのスイートルームが半額で宿泊できたり、コンサートや観劇などのチケットの手配やアミューズメントパークのチケットがプレゼントされたりします。

  • 付帯保険が高額

    高レベル保証での国内、海外旅行保険が付帯しています。保険金額はゴールドカードよりも高くなります。基本は当該カードを利用していなくても、所持しているだけで保険対象となる、自動付帯のカードとなります。

  • 空港ラウンジが利用できる

    国内の主要空港で空港ラウンジを利用することができます。空港ラウンジとは、無料Wi-Fiや、ドリンクサービスが設置されており、出発までの時間をゆっくり過ごすことができるサービスです。カードの種類によっては、海外の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスを安い年会費で取得することも可能です。

    空港ラウンジ利用

プラチナカードのデメリット

  • 年会費が高い

    様々な付帯サービスがついているため、年会費は高い設定となっています。

    一般カード一例
    カード 年会費 その他
    三井住友VISAプラチナカード 54,000円 翌年度以降条件付き割引あり
    JCBプラチナ 27,000円 -
    Orico Card THE PLATINUM 20,000円 -
    楽天プレミアムカード 10,800円 -
    エポスプラチナカード 30,000円 年間利用金額100万円以上で翌年以降年会費20,000円。インビテーションでの発行は、年会費20,000円
    JALカード プラチナ 33,480円 -
    ANAカードプレミアム 86,400円 翌年度以降条件付き割引あり

    ※ANA VISA 一般カードは三井住友カード発行の場合

  • ポイント還元で年会費をカバーすることは困難

    プラチナカードのポイントは一般より2倍となるなど、ポイント面での優遇もあるカードもあったりしますが、年会費が高いため年会費をポイント還元でカバーするということはむつかしくなってきます。

プラチナカードの選び方

  • 年会費に見合ったサービスを受けられるかどうか

    ゴールドカードより年会費が高くなるのは、付帯保険の保険金額が更に高額になる、コンシェルジュサービスの利用ができるのが主な特徴です。他、カード会社ごとの付帯サービスが違ってきます。年会費をポイントで回収するのもカードをかなり利用する必要があるので、所持するには見極めが必要です。

  • 気になる人は申込んで使ってみる

    提供している付帯サービスの利用シーンが頻繁にあるのであれば、実際に利用してみるのがいいかもしれません。単に年会費が高いということではなく、プラチナカードの利便性の高さについては、実際に所持して使ってみないとわからないことも多いからです。

特集

PR
TRUST CLUB:Mastercard上位3券種の展開をスタート

最上位グレード「ワールドエリート」をはじめ、Mastercardの上位グレード3券種を展開。あなたの毎日を”格上げ”する、「TRUST CLUBカード」の実力を紹介。

TRUST CLUB:Mastercard上位3券種の展開をスタート

プラチナカードをピックアップ

年会費が低めのプラチナカードを比較

年会費が2万円台のプラチナカードをピックアップしました。

  • Orico Card THE PLATINUM

    ポイント還元率1.0%以上。還元率の高さが魅力のオリコのプラチナカードです。

    価格.comからは
    お申し込みできない
    カードです
    人気ランキング 197位(プラチナカード21位) 国際ブランド Mastercard
    本人年会費 20,370円 ポイント還元率 1.00%〜2.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

    人気ランキング 56位(プラチナカード6位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 22,000円 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

    MUFGカードの基本機能とアメックスプラチナサービスが受けられるカードです。

    人気ランキング 48位(プラチナカード5位) 国際ブランド AMEX(アメックス)、銀聯(UnionPay)
    本人年会費 22,000円 ポイント還元率 0.20%〜0.99%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    プラチナならではのサービス付帯。MUFGビジネスアメックスカードです。

    人気ランキング 118位(プラチナカード17位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 22,000円 ポイント還元率 0.49%〜0.99%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBプラチナ

    高いポイント還元率が魅力のJCBプラチナカードです。

    人気ランキング 33位(プラチナカード3位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 27,500円 ポイント還元率 0.50%〜1.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

プラチナカードのレビュー・評価

  • 【デザイン】
    マットブラックでまあまあですかね。JCBのClassの方がずっとかっこいいです。

    【ステータス】
    ないでしょうね。ゴールドカードくらいのステータスはあるのかな?

    【ポイント】
    ポイントアップショップなど使えば悪くはない
    続きを読む ですが、オリコとか楽天カードみたいなのに比べるとイマイチですね。

    【マイル】
    マイルは使わないので分かりません。

    【ウェブサービス】
    これは一番見やすいのではないでしょうか?

    【優遇サービス】
    プラチナカードだと思うと微妙ですが、ゴールドカードだと思えば相当優秀かと。
    VPCCは、そんなん自分でできるわ!ってことしかやってくれないですが、まあ時々便利ですね。(と思いましたが訂正します。)
    グルメクーポンは当たりハズレありますが、概ね満足です。

    【総評】
    上記の感じあまり評価高くなさそうに思うかもしれませんが、年200万決済で年会費が実質無料なので星5です。
    年100万決済で年会費分キャッシュバックされ、それでも十分元を取れていますが、
    エポスゴールドで年100万決済すると1万円分貰えますので、その差はありますね。(その代わりゴールで使えないVPCCがあるのですが)
    年200万決済する人にとってはエポスゴールドの完全超上位互換になります。
    エポスゴールドが1万円キャッシュバックのまま、プラチナは3万バックになって年会費2万円差し引いてトントンだからです。

    追記
    「VPCCは、そんなん自分でできるわ!ってことしかやってくれないですが」と書きましたが、訂正します。
    昨年末出張で地方に行った帰りに観光でその近くの地方都市に1日滞在することを急遽決め、思いの外宿探しに苦戦していたとき、
    VPCCにお願いしたら公式HPで満室になっていたAPAホテルの部屋を取ってもらえました。価格も良心的でした。
    新人のスタッフさんだったのでうっかり教えてくれましたが、普段予備で温存している部屋だそうです。
    APAエポスカードがあるくらいなので、APAホテルだけ懇意にしてくれるのかも知れませんが、そういうこともありました。
    ありがとうエポスカード。ありがとうVPCC。ありがとうAPAホテル。

  • どなたかの参考になればと思い書きます。

    【2018.05】

    一般カード申込、
    5ヶ月間で5万円程度の利用、ほとんど利用せず。

    【2018.10】
     
    10月の海外旅行での使い勝手が大変良かった。
    キャッシング自体の使いやすさ
    続きを読む
    ショッピング、キャッシング共に利用後数分で届く利用通知メールの安心感。
    海外での利用制限を簡単に設定できるのも◎。

    本格的に使いたくなり、ゴールドカードをインビ待たずに申込み。
    同時に家族のゴールドカードも申し込む。
    インビだと5千円の会費を節約できますが、
    それよりも早めにゴールドカードを手に入れた方が効率良いと判断。

    【2019.10】

    1年間で100万円オーバーを達成。
    私の場合は2019年10月末までの1年間が集計日でした。

    【2019.12】

    10000円+ファミリーボーナスポイントが先で
    その後にプラチナカードのインビと認識していました。

    しかし、12/14に日付が変わりアプリを確認したところ
    インビのサインが出ていました。

    そして、12/14のお昼頃に確認したところ
    ボーナスポイントが付いていました。

    【まとめ】

    私自身は三井住友プラチナカードが初めてのプラチナで
    2009年から10年近く利用しましたが、
    年会費と特典内容とのバランスが悪いように感じ始め、
    三井住友はゴールドにダウンさせました。

    アメックス使いの知人には、エポスは流通系でダサイと言われますが、
    アプリや各種設定、通知やバーチャルカードの使いやすさ等、
    実用的で質実剛健と強く感じます。

    因みに現在のラインナップは、エポスをメインに三井住友をサブ、
    海外旅行では上記に加えてセディナのキャッシングと
    ミライノゴールドで保険をカバー、プライム目的でAmazonゴールド、
    交通系はビックカメラsuicaという布陣です。
    1年に1回は必要なカードの見直しをしています。

  • ステータアスの低いプラチナカードですがJALのマイルを貯めるのにメインで使っていました。妻のカードを含めると年会費は5万円オーバー!プラチナカードにしては安いと思ってましたが...
    先日、妻が限定のブランドバックをネットで購入。予約商品でしたので3
    続きを読む 週間ほど経ってから決済されたのですが、ネットショップからカードが利用できないのでキャンセルとなりました、と通知が来ました。慌ててカード会社に確認しましたがモニタリングに引っかかったとかで不正利用の可能性があるためストップされたとのこと。
    ちなみに不正利用があっても電話連絡、メール通知はありませんでした。不正利用された可能性があるのでなぜ連絡がこないのかと質問しましたが、連絡する場合としない場合があると... 
    自動メールで通達することもあるし人が対応する場合があるようですが、プラチナ会員でもする時としない時があるとの回答でした。
    結局、3週間前に最後の1点でなんとか予約購入できた商品はキャンセル扱いとなり購入することができなくなりました。
    規約には不正利用の可能性がある場合は保留し通知すると書いてあるのに嘘のようです。
    電話での対応も全くの素人の対応です。プラチナに値しないカードです。

  • アドオンマイルの魅力を除けば、セゾンプラチナカードの方が魅力大。
    コロナ禍の影響でグルメペネフィットは利用できない、飛行機欠航となり、運航再開がわからず、予約はできないこの現況化で、全く救済措置は示されない。
    年会費を考えるとJALの旅券を購入費
    続きを読む が多額でなければ必要なし。

プラチナカードのクチコミ

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • プラチナカード価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止