価格.com

クレジットカード

ANAカード

比較リスト(0件)

ANAカード

ANAカード

ANAカードは、全日本空輸グループが複数のカード発行会社と提携して発行しているカードです。一番の特徴はカードの利用でANAマイルを効率よく貯めることができることです。飛行機に搭乗する度にボーナスマイルがもらえたり、カード入会時と継続時にもボーナスマイルがもらえます。カードの利用で、免税店や空港内店舗での割引があるなど、ANAに特化した様々な会員特典を受けることができます。

人気のANAカード

(対象カード内のランキング上位)

ANAカードの特徴

ANAカードのメリット

  • 入会時と継続時にボーナスマイルがもらえる

    各社、カードの入会時と継続時にはボーナスマイルがもらえます。

    カード発行会社による入会時ボーナスマイル一覧
    カード種別 三井住友カード JCBカード アメリカン・エキスプレス 三井住友トラスト・カード
    一般 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 2,000マイル
    ゴールド 2,000マイル 2,000マイル 2,000マイル -
    プレミアム 10,000マイル 10,000マイル 10,000マイル 10,000マイル

    カード発行会社による継続時ボーナスマイル一覧
    カード種別 三井住友カード JCBカード アメリカン・エキスプレス 三井住友トラスト・カード
    一般 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 2,000マイル
    ゴールド 2,000マイル 2,000マイル 2,000マイル -
    プレミアム 10,000マイル 10,000マイル 10,000マイル 10,000マイル
  • ANAに特化した様々な会員特典

    免税店や空港内店舗での割引など、ANAに特化した様々な会員特典を受けることができます。

    • ・空港内免税店での割引がある (5〜10%オフ)
    • ・国内線・国際線の機内販売割引がある (10%オフ)
    • ・空港内店舗「ANA FESTA」での割引がある (10%オフ)
    • ・パッケージツアーの割引がある (5%オフ)
    • ・ANAカードマイルプラス加盟店での利用で、さらに100円または200円=1マイルが貯まる
  • 国内線・国際線予約専用デスクがある

    ANAカード会員専用の予約専用フリーダイヤルがある。お客様番号でスピーディーに予約ができたり、スケジュールや空席状況を案内してもらうこともできます。

  • ANAカードファミリーマイルの利用

    本会員、家族会員それぞれで貯めたマイルは、特典に交換する際に、必要なマイル数のみをあわせて利用できます。家族全員でマイルを足し合わせて貯めることができ、利用の幅が広がります。

  • ラウンジが利用できる

    プレミアムカードは、国内主要空港にあるANAラウンジの利用ができます。海外の主要空港では、STAR ALLIANCE加盟航空会社が運営するラウンジ及びSTAR ALLIANCEが運営するラウンジの利用ができます。

    プレミアムカードの空港ラウンジ利用

ANAカードをピックアップ

カードグレードの高い順に比較

ANAカードは幅広いニーズに応えるためグレード別にカードを用意しています。一般カード、ゴールドカード、プレミアムカードの中から自分に適したカードを選びましょう。

  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード

    ANAアメリカン・エキスプレス・カード

    • 公式特典最大3,900円相当プレゼント

    ANAマイルが貯まりやすい、アメリカン・エキスプレス・カードです。

    人気ランキング 3位(総合 49位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 7,700円 ポイント還元率 0.50%〜0.75%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
    このクレジットカードをおすすめするユーザーレビュー
    4 ステータスにはこだわりがないけれど
    (前回のレビュー)恥ずかしながら、元ブラックです。喪明け1枚めは○天カードを可決いただきました。当然
  • ANA JCB 一般カード

    ANA JCB 一般カード

    3つの機能が1枚に集約された、ANAマイルが貯まるカードです。

    人気ランキング 5位(総合 71位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 2,200円(初年度無料) ポイント還元率 1.00%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ANA JCB ワイドカード

    ANA JCB ワイドカード

    ANAグループで様々な特典を受けられるカードです。

    人気ランキング 9位(総合 125位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 7,975円 ポイント還元率 1.00%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
    このクレジットカードをおすすめするユーザーレビュー
    5 どう利用するか!その人、次第。
    【ポイント・マイル】 そのままだと、ごく普通。追加の2倍コースでポイントが倍になります。そのままだと
  • ANA JCB ワイドゴールドカード

    ANA JCB ワイドゴールドカード

    ANA JCB ワイドカードの機能+楽天Edyの利用でもマイルが貯まるカードです。

    人気ランキング 4位(総合 59位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 15,400円 ポイント還元率 0.50%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

    ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

    • 公式特典最大14,400円相当プレゼント

    ANAマイルが貯まりやすい、アメックスのゴールドカードです。

    人気ランキング 2位(総合 44位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 34,100円 ポイント還元率 1.00%〜2.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ANAダイナースカード

    ANAダイナースカード

    ANAマイルが貯まり、ダイナースのサービスが利用できるカードです。

    人気ランキング 6位(総合 73位) 国際ブランド Diners
    本人年会費 29,700円 ポイント還元率 1.00%〜1.20%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
    このクレジットカードをおすすめするユーザーレビュー
    5 都会的で洗練された優等生カード
    【ポイント・マイル】 マイル交換手数料なし、年間の交換上限なし。 交換レートや更新時のボーナスマイル
  • ANA JCBカード プレミアム

    ANA JCBカード プレミアム

    最高1億円の旅行保険が自動付帯でマイルが貯まりやすいANAプラチナカードです。

    人気ランキング 7位(総合 83位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 77,000円 ポイント還元率 1.00%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
    このクレジットカードをおすすめするユーザーレビュー
    4 ★☆陸マイラーにはいいのかも☆★
    【ポイント・マイル】 毎月クレカ利用額40万前後なので、マイルは自然とたまってゆきます。 【付帯サー

ANAカードのレビュー・評価

  • 以前投稿しましたマイ・ペイすリボを用いた還元率アップの方法が、2022年8月までで終わってしまいます。
    そのため、還元率が100円あたり1.8マイルから1.5マイルに減少したため、1.5%のマイル還元率になります。
    私の場合、マイルで航空券取得は
    続きを読む 困難と考え、スカイコインに変換して使用しますので、スカイコインベースで還元率を考えています。こちらのカードを持ってますと、マイルからスカイコインへは1.6倍の変換率で変換できますので、1.5×1.6=2.4%が、このカードの新しい還元率だと思っています。

    毎年の10000マイルのカード更新のボーナス(16000スカイコイン相当)があり、300万円の利用で45000マイル(72000スカイコイン相当)貰えます。年会費88000円は年間300万円(月25万円)の利用でトントンにはなります。

    本人カードで一人のみANAラウンジに入れる利点がありますが(家族カード不可)、家族何人かでの旅行が主でしたので、あまり、強いメリットを感じませんでした。
    カードラウンジであれば、家族カードでも付き添い一人まで無料で利用できますので、我が家では私と妻と子供二人が無料で利用できる使い方の方がありがたかったです。しかし、それであれば他のカードでも事足りますし、還元率の低下を受け、プラチナ相当の他のカードでの移動先も少しずつ考え始めています。

    私の場合マリオットのプレミアムカードが候補として上がっており、これからよく検討を進めるつもりです。家族カード一枚無料ですし、カードラウンジでは付き添い一人まで良いので、ANAVISAプレミアムと同じような使い方ができそうです。
    年会費49500円、ANAマイルは1.25%還元で、私の場合ANASuicaカードを持っているので、これを使ったスカイコインへの最大変換率は1.5倍ですので、1.875%のスカイコイン還元率になります。そのため、仮に300万円決済した場合は56250スカイコイン相当になり、この年間決済の場合ではANA VISAプレミアムをしのぎます。

    ANA VISA プレミアムの方が還元率が高いので、より高額の決済があればお得なのですが、損益分岐点としては、430万円弱(月35-36万円)ほどの決済が必要となります。

    マリオットのカードでは400万の決済があればマリオット系列でプラチナランクになることや、毎年宿泊特典がついてくることが大きな利点ですが、私にとっては使い勝手があまり良く無く、出先では好きな宿に泊まりたいので、あまり魅力がないのです。

    年間500万円決済程度ですので、当分はこのANAVISAプレミアムカードにお世話になるのかもしれないです。(独り言)

  • ANAマイラーなら持つべきカードの一つ。

    ソラチカカードとの併用で最高マイル還元率は1.71%以上にできるカード。
    300万円利用で51300マイル+継続マイル2000マイル=53300マイルが貯まるカードです。
    ※その他エネオスやセブンイ
    続きを読む レブン、イトーヨカードなどを利用すると還元率があがる為、さらにマイルが貯まります。(プラスマイルはANAカード全般にいえますけど)。
    100万円程度の利用の方は還元率1.57%ですが、それでも17000マイル(継続マイル含む)以上貯まります。

    年会費もマイ・ペイすリボ設定とWEB明細で10300円(税込み)にできるのでマイル交換手数料無料と考えると相当お得なカードであります。ゴールドカードでもありますのでラウンジ使えますし、旅行傷害保険等も付帯しています。
    ※マイ・ペイすリボはリボ設定といっても実質一括払いにし手数料を出さないようにする事もできるし、1円から十数円の手数料をあえて発生させるように設定すれば最高還元率は1.71%以上とする事もできる。

    このカードより還元率の高いクレジットカードは中々ないと思う程、マイルが貯まる。
    あるとすればクレジットカードではないプリペイドカードのLINEペイカードくらいだと思う(ファミマTカード併用)。
    実際はダイナースプレミアムやANA プラチナなど還元率が高いカードはあるがコストがかかり過ぎて元を取るだけでもかなり難しい(あくまでマイル還元では)。

    還元率1.71%はマイルの還元率なので1マイル2円以上と考えれば現金換算ではさらに還元率は高いと考えられる。

    陸だけで貯める人にもメリットがあり、当然フライトをする人にはさらに価値あるカードであると思います。

    ガチにマイルを貯めたい人は持つべきだと思います。

    私の場合は出張族なのでボーナスマイルも重宝しています。
    私はANA利用時のカード決済はさらに還元率が高くなるのでフライトマイルと合わせて15万マイル近くが年間で貯まっています。
    陸だけでもポイントサイトなどを駆使して20万以上のマイルを貯めている人もいるとか・・・・。
    いずれにしろ、還元率から出張族だけではなく、陸マイラーも持つべきカードだと思います。

  • 【ポイント・マイル】
    毎月クレカ利用額40万前後なので、マイルは自然とたまってゆきます。

    【付帯サービス】
    グルメベネフィットがもはや使うに値しないレベルです。
    ・提携レストランに魅力的な店がない
    ・各提携レストランの最高額コースしか選
    続きを読む べず、一休でお安いコースを選んだ方が魅力的と感じます。
    ・ANAラウンジに入れるのは魅力的ですが、家族カードではラウンジ入場不可(別途料金も不可)なので、結局家族で利用するには意味がない。単身で航空機を使う場合のみしか使えない。
    ・JCB Classの方が付帯サービスが良く、更に年会費も安いです。

    【会員専用サイト】
    MyJCB、ANAともに利用しやすいです。
    Amexが利用しづらいサイト(AndoroidアプリもNG)なので、余計にJCBの良さが際立ちます。

    【申込手続き】
    Goldからのインビテーションでアップグレードしました。
    インビテーションレターの豪華さや、アップグレード時にいただけるアイテム等、好印象でした。

    【デザイン】
    もうちょっと華やかである方がいいと思います。
    エッジにラインストライピングを加えるとか、現状地味です。

    【ステータス】
    あるのかな?

    【総評】
    うーん、年間約8万払う意味があるのか、ちょっと微妙です。
    JCBのClassの方が格上なのは間違いないのですが、現在惰性で持ち続けている次第です。

  • VISA/MasterのSFCゴールドが改悪され、このカードは代わりの候補としていいです。
    ・旅行保険が(本家JCBは利用付帯になりましたが)自動付帯(VISA/Masterは利用付帯)
    ・スマリボの活用で年会費が11,500円(税込)(VISA
    続きを読む /Masterは割引後12.650円)

    なぜ「ほぼ死蔵」かというと、スマリボの仕組みが複雑なので、リボ金利手数料が発生しないよう、毎月の支払額を1万円未満(標準コース)に抑えるためです。

    死蔵なら一般カードでも十分とも思えますが、スマリボによる割引が少なく、年会費は9,900円(税込)とゴールドより1,600円安いだけなので、家族カードがなければ、総合的にゴールドの方がお得でしょう。

    あと、死蔵するのは、JCBは海外ではあまり使えないということもあります。

ANAカードのクチコミ

    • ナイスクチコミ1
    • 返信数3

    https://www.ana.co.jp/ja/jp/mycampaign/anapay23-05/

    ANA PAYがQR決済からタッチ決済に変わり、それを記念にキャンペーンが始まりました。
    8/31までにANAカード(Visa/Maste
    続きを読む rcard)で6万円チャージし、1万円以上利用すれば、ボーナスマイル10000をもらえます(要エントリー)。

    これとは別に、通常のマイル(ANAカードチャージで0.1〜1.1%、利用時0.5%)が貯まります。

    QR決済からタッチ決済に変わったので、iD・VISAのタッチ決済加盟店とオンラインVisa加盟店で使えるようになり、使う先を考える必要がほぼありません。

    とりあえず6万円チャージし、8/31までに1万円利用に足りない分は、Amazonギフト券を買おうと思います。

    • ナイスクチコミ3
    • 返信数1

    大人の事情で提携カードにはコンパニオンカードはつけれないと聞いたのですが
    三井住友トラストクラブがダイナースクラブカードでチャージできるvisaかマスターのプリペイドカードを出せば確実にもっとシェアを伸ばせるのに何故出さないのですか?
    プロパー以
    続きを読む 外の提携カードホルダーのほとんどがサブでvisaかマスターカードを持っていると思います。
    プロパーの方には無料でコンパニオンカードがついていることで十分差別化できると思うのですが…
    新生銀行を買収しもはや実質ラグジュアリーカードも傘下ですよね?
    ノウハウも十分あるはずですがブランディングなんでしょうか。

  • 実際に試された方に質問です!
    このANA VISA プラチナプレミアムで都度チャージをモバイルPASMOやモバイルSUICAにした場合、通常の使用と同じ様にVポイント(3倍コース)が貯まるかどうか分かる方いますか?
    現在、物理カードのToMe A
    続きを読む NA JCB(ソラチカカード)をそのままオートチャージで使っており、マイル還元率が0.5%なのでこのANA VISAプラチナプレミアムならもしかしてマイル還元率が1.5%?と思い、今更ながら質問です。
    ちなみにモバイルPASMOへのオートチャージにはこのANA VISA使えないてすよね?

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • ※ ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止