価格.com

クレジットカード

ポイント高還元率カード

比較リスト(0件)

ポイント高還元率カード

ポイント高還元率カード

クレジットカードを選ぶ際に基準となるのが「還元率」ではないでしょうか。一般的にポイント還元率は0.5%が多く、高還元率カードとは1.0%以上のものを指します。通常のポイント還元率だけでなく、オプションにも注目してみるとよりおトクなカードが見つかるかもしれません。ここでは、還元率が1.0%以上のカードをご紹介いたします。

人気のポイント高還元率カード

(対象カード内のランキング上位)
カード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
特徴

年会費永年無料、楽天市場でいつでもポイントが3倍貯まるカードです。

ポイント還元率の高さが特徴。年会費永年無料のオリコの次世代カードです。

高いポイント還元率、年会費無料の39歳以下・WEB入会限定のカードです。

ローソンで最大5%おトクになり、最大1万円のケータイ補償が付いたカードです。

最大10万円のケータイ補償付き、ほかにも様々な優待特典が付いたカードです。

プライオリティパス発行料無料。楽天カードのプレミアムカードです。

国内主要空港に加え、ホノルル・仁川国際空港ラウンジが利用できるカードです。

JACCSモールで還元率1.75%。高還元率のジャックスカードです。

auで利用するとポイントが貯まりやすく、au利用者は年会費無料のカードです。

プライオリティ・パスが付いたアメックスのゴールドカードです。

ユーザー満足度
年会費
無料
無料
無料
無料
11,000円
11,000円
2,200円
無料
無料
31,900円
ポイント還元率
1.00%〜3.00%
1.00%〜2.00%
1.00%
1.00%〜4.00%
1.00%〜4.00%
1.00%〜5.00%
1.00%〜5.00%
1.25%〜1.50%
1.00%〜2.50%
1.00%
詳細

ポイント高還元率カードの特徴

  • ポイント還元率が1.0%以上

    一般的な還元率は0.5%程度ですが、1.0〜1.25%以上の還元率となっているカードは高還元率カードと言われています。高還元率カードの特徴としては大きく2つあり、1つ目はどこで利用しても一律の高還元率のカード。2つ目は、一般的な利用では、0.5%程度の還元率だが、特定の利用方法では通常の2倍〜5倍の高還元率となるカードがあります。

  • オプションに注目

    カードによっては、誕生月の利用や特約優遇店・ポイントモールでの利用でボーナスポイントが付与されたり、利用金額累計によってポイント付与率がUPしますので、さらにポイント還元率は上がります。通常のポイント還元率だけでなく、オプションにも注目してみるとよりおトクなカードが見つかるかもしれません。

    高還元率カードとなる利用場所
    カード 標準 オプション 利用場所
    REX CARD(レックスカード) 1.25% 1.50% 価格.com安心支払い
    dカード GOLD 1.00% 10.0% NTTドコモ
    楽天ゴールドカード 1.00% 5.00% 楽天市場
    Yahoo! JAPANカード 1.00% 3.00% Yahoo!ショッピング
    LOHACO
    Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 1.00% 2.50% オリコモール

ポイント高還元率カードのメリット

  • 年間利用額で大きな差がでる

    たとえば、一般的な還元率0.5%のカードと高還元率のカード1.5%とで、年間利用額毎の差額を比べると、100万円利用では、1万円、200万円の利用では2万円の差に。これが5年〜10年ともなると更に大きな差がつくことになります。

    年間利用額でみる還元率の差額
    年間利用額 還元率0.5% 還元率1.5% 差額
    50万円 2,500円 7,500円 5,000円
    100万円 5,000円 15,000円 10,000円
    200万円 10,000円 30,000円 20,000円

ポイント高還元率カードのデメリット

  • カードの種類をチェック

    高還元率カードの中には「リボ専用」というカードがあります。カードの支払いが自動的に「リボルビング払い」となるカードで、毎月の支払額が一定に設定される返済方法の1つです。毎月の返済額が一定であることで計画的に利用できる反面、支払残高がなかなか減らず、また返済期間が長引くことで手数料(利息)もかかることから利用には注意が必要です。

    リボルビング払いの返済方法

ポイント高還元率カードの選び方

  • 貯まったポイントの利用目的

    還元率ばかりに惹かれてカードを作ったとしても、その利用目的が明確ではないと、そのメリットを存分に活用することはできません。つまり「何を貯めるのか」「何に利用するのか」など、自分が利用する目的を明確にしてカードを選びましょう。

  • ポイントの有効期限

    ポイントには有効期限が有限のものとカードを無期限(カードを解約しない限り)のものがあります。特に期限が限られているポイントは、うっかり期限を過ぎてしまうことのないように、有効期限の有無と期間をチェックしましょう。

  • 最低交換ポイントをチェック

    ポイントの最低交換ポイントは意外に確認されないポイントではないでしょうか。最低交換ポイント数のハードルが高い場合、なかなか交換しにくく、結果、有効期限が切れて失効なんてことにもなりかねません。

  • 年会費と還元率

    年会費が無料のカードでも還元率が高いカードが数多くあります。他方、年会費がかかるカードは還元率以外に、ステータスや付帯保険、特典やサービスがあり、還元率だけでは判断できないメリットも。還元率の高さだけでなく、年会費と付加サービスを含めて検討するのも選ぶポイントです。

  • 複数のカードを使い分ける

    賢い利用方法としては、平均して還元率の高いオールマイティなカードを1枚と、利用頻度の高いショップやポイントに強いカードを数枚持っておくのがベスト。複数持つことで管理は大変ですがメリットを最大限に活かすことができます。

ポイント高還元率カードをピックアップ

ポイント高還元の年会費無料カードをピックアップ

年会費分のポイントを貯めるのは意外と大変です。徹底的にポイント還元で得をするなら無料カードを検討しましょう。

  • Orico Card THE POINT

    ポイント還元率の高さが特徴。年会費永年無料のオリコの次世代カードです。

    人気ランキング 2位(一般カード2位) 国際ブランド Mastercard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜2.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険
  • Yahoo! JAPANカード

    年会費永年無料、Tポイントが貯まるYahoo! JAPANのカードです。

    価格.comからは
    お申し込みできない
    カードです
    人気ランキング 146位(一般カード88位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜2.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 ショッピング
  • 楽天カード

    年会費永年無料、楽天市場でいつでもポイントが3倍貯まるカードです。

    人気ランキング 1位(一般カード1位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行
  • REX CARD(レックスカード)

    JACCSモールで還元率1.75%。高還元率のジャックスカードです。

    人気ランキング 14位(一般カード9位) 国際ブランド VISA、Mastercard
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.25%〜1.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行
  • 楽天PINKカード

    楽天PINKカード限定のカスタマイズサービスが利用できるカードです。

    人気ランキング 30位(一般カード19位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行

ポイント高還元率カードのレビュー・評価

  • 【ポイント・マイル】
    年会費無料なのに、店でのお買い物で、100円で1円と、普通のカードの2倍のポイントが付くから、各社の囲い込みのためのポイントカードを気にせずに済む。
    ネットショッピングだと、クレジットカード会社のポイントモール経由、という手
    続きを読む があって、意味がないが、楽天で使うならば、最強。
    クレジットカード会社を気にせず、ポイントサイト経由でネットショッピング、ならば、好きなカードを使えばいい。

    【付帯サービス】
    サラ金のカードにそんなものを期待する方がおかしい。

    【会員の専用サイト】
    楽天e-Naviの造りをみれば、サラ金のカードにクレジットカード機能がついたもの、ということが、良くわかる。

    【申込手続き】
    さすがに楽天。進んでいるし、しっかりしている。
    申し込み時に、同時に引き落とし口座を指定できるし(ゆうちょ銀行、あるいは、大手銀行・ネット銀行でインターネットバンキング、限定だけど)、
    進行状況や送付物の伝票番号・追跡番号なども、的確に知らせてくれる。

    【デザイン】
    普通にシンプルで、悪くはない。

    【ステータス】
    そんなもの、あるはずがない。
    サラ金のカードにそんなものを期待する方がおかしい。
    持っていることがわかると、見下されるかも。

    【総評】
    と言うよりも、詳細評価、です。

    価格.comでの楽天カードのレビューやクチコミでは、結構いい評価と、極端に悪い評価にわかれますね。

    悪い方は、以下が中心のようです。

    (A)リボ払い絡み

    他社もほとんど同じだが、自動リボ払い・年利18%・月々5000円の返済、がデフォールトであり、
    ・キャンペーンのポイントに釣られてカードを、作った、
    ・リボ払いに関して無頓着ままま、カードを作った、
    ・カードの契約状況に関して無頓着、
    ・カード支払いの状況に関して無頓着、
    といった人達が、
    自動リボ払いによって、高利の利息をふんだくられる。

    楽天の場合、Web上の、現在の支払い方法などの「契約情報」が、意図的なのかかそうでないのかはわからないが、非常に分かりずらくしてある。
    だから、何故か自動リボ払いになっていた、と気付いても、Webの設定で「自動リボ払い」を停止する、といった行動が、普通のまともなクレジットカード会社に比べて、とりにくい。

    (B)入会時のポイントのトラブル

    思いっきり派手で下品な、「カードを作ったら1万ポイントあげまっせ」といった、数多くのキャンペーン。
    そのせいで、入会時のポイントのトラブルが、多くの人の所で、簡単に、頻繁に起こる。

    (C)突然解約された、知らない内にカードがロックされていた、といった、トラブル

    楽天は(ヤフージャパンや他のサラ金系・信販系もそうなんだけど)、自社での審査をほとんどしないでクレジットカードを大量に発行しておいて、クレジットカード発行後の、他社のカードの返済状況やキャッシング枠などと突き合わせて、信用度を判定しているようである。
    そして、その判定手法も、結構いい加減、のようである。
    そのために、突然解約された、知らない内にカードがロックされていた、といったことが、他のまともなクレジットカード会社に比べて、かなり発生しやすい。

    こういった問題やトラブルの原因は、楽天カードは(ヤフージャパンカードも同じなんだけど)、サラ金のカードにクレジットカード機能が付加されたもの、という認識が、消費者に無いせいだと思う。

    楽天e-Naviの造りをみれば、
    楽天カードは、
    (1)サラ金のカード
    (2)(1)に、借金の返済がしやすいように、
    「リボ払い」の機能を付加し、
    銀行口座からの引き落としもサポート。
    (3)そこに、(2)を利用して、
    リボ払い専用クレジットカード、
    の機能を付加
    (4)普通のクレジットカード、の機能がないと、
    世間に受け入れられにくいから、
    一回払い、ボーナス併用払い、分割払い、
    なども、不可能ではないようにしてある。
    ということが、良く見える。
    そして、
    (5)カードを作成した時のデフォールトは、
    (5-1)自動リボ払い
    (5-3)月々の返済額=5000円
    にしてある。
    (6)クレジットカードのリボ払いの規則は、
    (6-A)楽天、ヤフージャパンなどの方式。
    サラ金の貸し付けと、全く同じ。
    クレジットカード支払い額の全額を、
    高利の「リボ払いの金利」で貸し付けて、
    それを、月々の返済額づつ(ミニマムペイメント+手数料=金利)、毎月返済。
    (6-B)多くの他社の方式。
    サラ金の貸し付けの一つのバリエーションと同じ。
    クレジットカード支払い額の全額ではなく、
    「クレジット支払い額−ミニマムペイメント」
    を、高利の「リボ払いの金利」で貸し付ける。
    あとは、月々の返済額づつ(ミニマムペイメント+手数料=金利)、毎月支払う。
    初回の返済では金利を上乗せしない、というのがミソ。
    (7)リボ払いの金利=高利の、年利18%
    リボ払いの金利については、元は国内信販であるKCカードの血を引く、楽天カードとヤフージャパンカードは、規制内の最高金利と言える18%みたいだが、他の多くは15%にしているようである。

    「だってサラ金なんだもん」と思えば、
    楽天市場でポイントが一杯貰える、というメリットや、
    マクドナルドで、期間限定も含めた楽天ポイントが使える(そして貯まる)というメリットだけでなく、
    年会費無料なのに100円のお買い物で1円分のポイント、と、
    普通のまともなクレジットカード会社の2倍のポイントをつけてくれる、
    という、楽天カードのメリットだけを享受できます。

  • デザイン:まあ普通。ただ、以前の同一カード「DCMX」に比べるとあまりにもあっさりした感じでゴールドという感じは全然しない。うれしいかは人によるでしょうが、今だとポインコデザインが選べます。いつまでやってるのかは知りません。
    ステータス:通常カード
    続きを読む とほとんど同じ審査レベルじゃないかレベルなので皆無に等しい。

    ※あまりに間違ったレビューが多すぎるので再度強調します。

    ※※※単純にドコモの支払い千円あたりで100ポイントが丸々付くわけではありません。

    ※※※分割金とそれに対する割引、月々サポートには適用されないのです。

    例えば料金が税抜12000円で本体分割税抜3000円、月々サポート税抜3000円の場合(※通常分割とサポートは税込なので注意)、
    ポイントが付くのは料金12000円から月サポ3000円を引いた「税抜」9000円に対してです。
    その上で9000円を超える場合月900ポイント*12ヶ月=年間10800ポイント貯まるので、この計算で10800円(年間10800ポイント)を超えないと得しません。
    また、あくまでドコモの基本料金、ドコモのオプション(一部除く)のみが上記の「料金」であって、当然ながら他社通話(0570などの有料電話)やGoogleやAppleなどへの課金、ケータイ払いなどは含みません。
    単純に本体を一括で支払っていれば料金12000-月サポ3000=9000円なのでわかりやすいかと思います。

    ドコモ光についてはペア回線携帯に割引が入りますが丸々ポイントになります。
    例えばマンションAタイプだと月額4000円なので400*12=年間4800ポイント、戸建てA 5200円+光電話 500円+ナンバーディスプレイ 400円だと月額6600円なので600*12=年間7200ポイントとなり10800円を超える可能性が一気に高まります。

    尚、家族カードは一枚目無料、二枚目以降一枚1000円で三枚まで持てるので、買い替えをしない回線ほどポイントが貯まります。一枚目は無料のため、二回線を足した数字(※百の位は切り捨ててから足すこと)が10000円を超えれば得します。
    特に買い替えをしてないiモードの回線あたりは下手な最新スマホよりポイントが貯まったりします。

    ウェブサービス:閲覧する上では特に問題なし。
    優遇サービス:2015年12月からドコモのポイントはまた改悪しましたが(1ポイント1円+消費税から1ポイント1円に変更)、ゴールドカードに限っては利点もあり。まずゴールドでなくてもできますが2017年6月から1ポイント1円からドコモの料金に充てられるようになります(2017年5月までは3000ポイント以上から100ポイント単位)。また、ローソン、マクドナルドでの買い物が3%引きになるのも利点(マックは2017年5月末まで)。この二店舗とその他ではポイントカード機能でクレジット1%にポイントカード分1%(かそれ以上)が付きます。尚、一部高額商品の店舗ではポイントカード0.5%の場合もあり(クレジットは当然1%付きます)。
    どこぞのTカードでよくポイント3倍とやってますが、あれはソフトバンク参入時あたりに標準が1%から0.5%に一律下がったので3倍でも1.5%ですからどうぞ騙されないように。

    あと、年々値上がりしてるケータイ補償ですが、ゴールドカードは全損、水没であれば10万円まで補償してくれるのでケータイ補償を外す方がいますが、dカードの人曰くかなり審査は厳しいとのこと、普通の故障では取り扱ってくれないのでどんな状況であれドコモのケータイ補償は外さないほうが身のためです。一応手順を書いておきますが、重度の事故(水没や全損)が起きた場合、最寄りのドコモショップへ来店し、そこでゴールドのセンターへ連絡。センター指定の機種をゴールドカードで一括購入してからセンターで審査、となりますので、審査が通らなければ一括金額全額支払いとなります(強制リボ設定除く)。

    満足度:問題は上記の意味での月額9000円(というよりはプラスになるには10000円)という分岐点を超えるかどうかです。超えるようであれば作る価値あり、そうでなければケータイ補償を外す勢いででもないと得しません。シェアパック10以上の親回線(シェア10分割オプションなしで平均年間9600〜12000ポイント)、ドコモ光ペア回線(光単独で年間マンション4800ポイント、戸建て6000ポイント)、2年以上機種変更してない(今後もする予定のない)回線であればかなりお得になるはず。

    ちなみにドコモは「ドコモ光」「dカードゴールド」「タブレット」を勧めてきますが、タブレットなんてのは欲しいやつが買えばいいんです。
    ただ、ドコモ光とdカードゴールドは本当に得する人がいるのでフレッツ光の人はドコモ光の検討を、ドコモ光、上位シェアパックにした人はdカードゴールドの検討をしたほうがいいですよ、ということです。
    料金体系にもよりますがau、ソフトバンクよりは圧倒的に得するはずです。

    少し補足。
    dカードではレギュラー(銀色)含め、ドコモの支払いには1%ポイントが付きません。なので別クレジットで支払ったほうが得。月額トータル3万円支払っていれば1%のクレジットであれば月300円貯まります。
    尚、dカードは通常の買い物は100円で1%貯まります。エネオスなど特約店ではポイントが2%貯まります。
    今はほとんどないですが春にあった月サポゼロ(本体金額減額)などのときに購入すれば月サポで減額されないためお得。そういうときに買った方は狙い目です。
    また、家族の回線を全て同一名義で作っている場合はカードを作る/作った際にカードと家族の名前を紐づけしないといけません。紐づけするまではポイントが貯まらないので注意。
    総額10%還元でないことは確かですが、家族回線含め月々3万以上払っている方は得するケースが多い(光回線がある場合は一万半ばでも)ので、このカードを作った場合得するかどうか計算してみてはいかがでしょうか。

  • PayPayのことを考えるとヤフーカードがいい気がするけど、別に不満はない。 十分貰える。

  • 通勤経路にJRがなく、ビュースイカカードを使えない。それでいてオートチャージがついた定期券が欲しい。というのであれば間違いなくこの1枚だと思います。

    メトロポイントの変換によるマイルのたまりやすさなど、良い点は色々とありますが、
    何よりも便利
    続きを読む なのは追加オプションで旅行できるキーホルダー型のQUICPay。
    私は家の鍵につけて利用してます。

    おサイフケータイ非対応のスマホを使ってるため、キャッシュレス決済の選択肢はクレジットカードかQRコード決済だったのですが、
    コンビニで毎日利用するとなると、やっぱりどうしても時間かかるんですよね。
    その点QUICPayは、SuicaやPASMOとほぼ同じスピードで決済できる上に、きちんと明細が出るので家計簿アプリによる履歴管理も楽です。
    最近は近所のコンビニに行くときは鍵だけ持って出掛けます。非常に便利です。

    Felica搭載のスマホを使ってる人には、あまり恩恵を受けられないかもしれませんが、
    おサイフケータイ非搭載スマホx通勤定期内にJRがない人には本当におすすめです。その際はぜひキーホルダー申し込むべきです。

ポイント高還元率カードのクチコミ

    • ナイスクチコミ1
    • 返信数2

    ほぼPayPayチャージ目的で、YJカードの申し込みを検討しております。

    ざっと掲示板の悪評を読み込んで、リボ初回手数料、サポセン不通、突然の限度額引き下げ(による決済失敗)がある事までは理解しました。
    多くは許容・回避が個人的には出来ると考
    続きを読む えていますが、突然の強制解約によりTポイントが失効される、というところを懸念しております。
    現在Yahooアカウントに連携したTポイントを相当数貯めておりますので、Tポイント統合後に突然失効されるとかなり手痛いです。何とかリスクを低減出来ないでしょうか。
    (楽天であれば楽天会員情報とカード会員情報は連携出来ますが別なので、カードを退会してもポイントは残りますが、YJカードではそうではない、という認識です。)

    1. まず、YJカードで新たに取得するT会員番号(情報)は、Yahooアカウントへの連携が必須でしょうか。
    ・必須でないなら、現在貯めているYahooアカウントのTポイントとは統合しない事にします。
    ・必須ならば、YJカード用にYahooアカウントを新規登録しようと思います。
    どちらも、現在貯めているTポイントとは別に管理する事で、突然の強制解約に対するTポイントの損失を限定する、という発想です。もしこの場合の懸念事項がありましたらご教示願います。

    2. また主目的がPayPayチャージで、PayPayには現Yahooアカウントを紐付けています。このPayPayに、YJカードを登録しますが、この時にPayPayとYJカードでYahooアカウントが一致している必要はあるのでしょうか。
    (PayPayは現Yahooアカウント紐付けのまま、別Yahooアカウント紐付けのYJカードをチャージ用カードとして登録できますか。)

    どちらか1つのご回答でも構いません。
    その他、強制解約に対するTポイント失効への対策がありましたら、ご教示いただければ幸いです。

  • セブンイレブンでの使用は2%のポイントとなるカードですが、本カードをiPhoneのウォレットに登録し、QUICPayで支払いをした場合も通常の1%でなく2%のポイントがつきますでしょうか。

    • ナイスクチコミ27
    • 返信数10

    11月末楽天カードで航空券を購入。航空会社サイトで予約完了したが、期日に決済出来なかった為、航空券がキャンセルになった。
    航空会社に連絡すると予約は完了していたが、カード決済出来なかった為、キャンセルとの事。
    次に楽天に電話すると航空会社から請求
    続きを読む は着ていないしか言わない。当然家族とWチェックしている為入力間違いも無く、当然支払遅延もない。借入残高も300万は残っている。
    楽天には何も責任が無く航空会社に連絡してくれだけ。そう言えば前日カード決済出来ない問題が起ったが、復旧した問題があった。
    ホテル、レンタカー等の予約等、何も保証がなく家族旅行が全て無駄になった。
    金だけの問題ではない。家族の笑みが一瞬で消えた。

ポイント高還元率カードのQ&A

  • ポイント還元率とポイント付与率ってなんですか?

    利用した額に対してもらえるポイントの割合が、付与率。そのポイントを商品券や電子マネー、支払などに還元する割合を、還元率といいます。

    • 付与率と還元率
    • 1,000円利用で1ポイントがつく場合→付与率は0.1%
    • 1ポイントで5円の電子マネーに交換できる場合→還元率は0.5%
  • ポイント還元率の算出方法は?

    1,000円の買い物をして、1ポイント付与されるカードで、その1ポイントを電子マネーに交換した場合、5円分の電子マネーになったとすると、このカードのポイント還元率は0.5%となります。

    • ポイント還元率の算出式
    • 5円(交換後の価値)÷1,000円(1ポイントを貯める利用額)=0.5%(還元率)
  • 貯まったポイントはどこで確認できますか?

    カード会社によってさまざまですが、殆どの場合毎月の利用明細書や会員用WEBサイトなどに獲得ポイントの確認や、交換手続きなどが掲載されています。一度も会員サイトにログインしたことがないなんて方は一度確認してみてはいかがでしょうか。

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • ポイント高還元率カード価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止