価格.com

クレジットカード

空港ラウンジが使えるカード

比較リスト(0件)

空港ラウンジが使えるカード

空港ラウンジが使えるカード

空港ラウンジとは、飛行機の出発までの待ち時間を快適に過ごすことができる特別な待合室です。ラウンジは航空会社・カード会社・空港が運営しており、飲み物や軽食などのサービスが受けられます。ゴールドカードから上のランクのクレジットカードの場合、空港ラウンジを使えるカードが多くあります。出張や旅行などで日頃から空港を利用することが多い方は、空港ラウンジが利用できる点をカード選びの条件にするのもおすすめです。

人気の空港ラウンジが使えるカード

(対象カード内のランキング上位)
カード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
特徴

最大10万円のケータイ補償付き、ほかにも様々な優待特典が付いたカードです。

インターネット入会で初年度年会費無料。三井住友カードのゴールドカードです。

利用金額にゆとりがあり、ダイナースクラブの優待が受けられるカードです。

国内主要空港に加え、ホノルル・仁川国際空港ラウンジが利用できるカードです。

プライオリティパス発行料無料。楽天カードのプレミアムカードです。

様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

プライオリティ・パスが付いたアメックスのゴールドカードです。

高いポイント還元率が魅力のJCBプラチナカードです。

海外利用でポイント2倍。JCBオリジナルシリーズのゴールドカードです。

旅に役立つサービスが利用できるセゾンアメックスのゴールドカードです。

ユーザー満足度
年会費
10,800円
10,800円(初年度無料)
23,760円
2,160円
10,800円
21,600円
31,320円(初年度無料)
27,000円
10,800円(初年度無料)
10,800円(初年度無料)
ポイント還元率
1.00%〜4.00%
0.50%〜1.00%
0.40%〜1.00%
1.00%〜5.00%
1.00%〜5.00%
0.50%
0.33%〜0.50%
0.50%〜1.50%
0.50%〜1.50%
0.75%〜1.00%
詳細

空港ラウンジが使えるカードの特徴

  • 空港ラウンジサービスとは?

    空港ラウンジにはさまざまな設備が整っており、搭乗時間まで快適に過ごすことができます。具体的には以下のようなことができますが、ラウンジによっては一部サービス内容が有料であることもあります。

    • 空港ラウンジでできること
    • ・ソファでくつろげる
    • ・ソフトドリンクが飲める
    • ・アルコールが飲める
    • ・おにぎりやパンなどの軽食がとれる
    • ・ビュッフェ形式での食事ができる
    • ・レストランで食事ができる
    • ・シャワーを利用できる
    • ・Wi-Fiを利用できる
    • ・新聞や雑誌が読める
    • ・電話やFAXができる
  • 空港ラウンジには3種類のタイプがある

    空港ラウンジには、クレジットカード付帯の「カード会社ラウンジ」、航空会社のステイタス会員やビジネスクラス以上の乗客しか利用できない「航空会社ラウンジ」、料金を支払えば利用することができる「有料ラウンジ」があります。ラウンジの種類によって、利用できるサービスにも違いがあります。

    空港ラウンジの種類と利用できるサービス
    空港ラウンジでできること カード会社ラウンジ 航空会社ラウンジ 有料ラウンジ
    ソファでくつろげる
    ソフトドリンクが飲める
    アルコールが飲める ○ ※有料 ○ ※有料
    おにぎりやパンなどの軽食がとれる ○ ※有料
    ビュッフェ形式での食事ができる × ×
    レストランで食事ができる × ×
    シャワーを利用できる
    Wi-Fiを利用できる
    新聞や雑誌が読める
    電話やFAXができる ○ ※有料 ○ ※有料

    ※ ○→利用可、△→一部利用可、×→利用不可
    ※ ラウンジによっては利用できないサービスもあります。

  • 羽田や成田など主要空港のラウンジは充実している

    羽田、成田空港のラウンジは、ラウンジのスペース自体も広く、椅子もゆったりめに設置してあるなど、設備自体の規模が大きいです。軽食がとれたり、シャワールームも利用できるなど、サービスも充実しています。

    充実した空港ラウンジサービスが利用可能

空港ラウンジが使えるカードのメリット

  • ステイタスを貯めなくてもラウンジ利用ができる

    航空会社のラウンジを利用するには、飛行機を頻繁に利用することでステイタス会員になったり、ビジネスクラスやファーストクラスを利用したりする必要があり、お金も時間もかかります。空港ラウンジ利用サービスが付帯されているクレジットカードであれば所持するだけでラウンジが利用することが可能になります。

  • 空港ラウンジが無料で使える

    クレジットカード付帯の場合、カード会社ラウンジの利用は無料です。アルコールや軽食などサービスによっては、有料であったり提供していないラウンジもあります。

  • 国内主要空港以外にハワイや韓国のラウンジも無料で使える

    国内主要空港のラウンジが使えるカードの中には、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港、ソウルの仁川国際空港のラウンジが使えるカードもあります。ハワイや韓国は旅行に行く方が多い地域なので、この2ヶ国で使えるだけでも利便性が上がります。

    国内主要空港以外にハワイや韓国のラウンジも無料で使えるカード例
    カード名称 カード年会費 国際ブランド
    楽天ゴールドカード 2,160円 VISA、MasterCard、JCB
    JCBゴールド 10,800円
    (初年度無料)
    JCB
    MUFGカード ゴールド 2,057円
    (初年度無料)
    VISA、MasterCard、JCB、銀聯
    セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 10,800円
    (初年度無料)
    AMEX
    スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード 33,480円 AMEX
    JCB GOLD EXTAGE 3,240円
    (初年度無料)
    JCB
    ANAアメリカン・エキスプレス・カード 7,560円 AMEX
    アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 10,800円 AMEX
    ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 33,480円 AMEX
    MUFGカード ゴールドプレステージ 10,800円
    (初年度無料)
    VISA、MasterCard、JCB、銀聯
    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 33,480円
    (初年度無料)
    AMEX
  • 海外主要空港のラウンジが無料で使える

    プライオリティ・パスが付帯されているカードやダイナースのゴールドカード系のカードは海外の主要空港のラウンジが無料で使えます。これらのカードを持つことで利用できるラウンジ数は、プライオリティ・パスで1,200箇所、ダイナースのゴールドカード系カードで800箇所以上と、一気に使える範囲が広がります。海外のラウンジは設備も充実しており、Wi-Fiやシャワールームなども完備されています。その場で調理してくれる軽食が出たり、レストランで無料で食事をすることもできるなど、とても充実したサービスを利用することができます。

    海外主要空港ラウンジ数
    プライオリティ・パス 世界500都市、1200箇所以上
    ダイナースゴールドカード 世界800箇所以上

    ※ ラウンジ数は2018年7月9日時点の情報

空港ラウンジが使えるカードのデメリット

  • 出国審査前でしか利用できないラウンジが多い

    カード会社ラウンジの多くは、出国審査前に設置されています。出国審査ゲートは混み合って時間がかかることがあるので、出国審査前にあるラウンジの場合さほどゆっくり過ごすことができないということもあります。

  • 同伴者は別途利用料金が必要

    同伴者も利用する場合は、基本的に別途利用料金がかかります。中には同伴者も無料になるカードもありますので、詳しくは下部の「同伴者も無料でラウンジが使えるカードで選ぶ」をご覧ください。

空港ラウンジが使えるカードの選び方

空港ラウンジが使えるカードをピックアップ

年会費が1万円以下の空港ラウンジが使えるカード

年会費が1万円以下でも空港ラウンジを利用できるカードがあります。空港ラウンジが利用できることを重視するには年会費も安く最適なカードです。

  • MUFGカード ゴールド

    記念月ポイント1.5倍。MUFGの年会費の安いゴールドカードです。

    人気ランキング 38位(ゴールドカード13位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、銀聯(UnionPay)
    本人年会費 2,057円(初年度無料) ポイント還元率 0.49%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 楽天ゴールドカード

    国内主要空港に加え、ホノルル・仁川国際空港ラウンジが利用できるカードです。

    人気ランキング 15位(ゴールドカード5位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 2,160円 ポイント還元率 1.00%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行
  • JCB GOLD EXTAGE

    29歳以下の方が対象の、JCBゴールドカードです。

    人気ランキング 83位(ゴールドカード25位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 3,240円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜1.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード

    20代専用の三井住友ゴールドカードです。

    人気ランキング 41位(ゴールドカード14位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 5,400円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セディナゴールドカード

    クリスマスにはセディナからプレゼントがもらえるゴールドカードです。

    人気ランキング 68位(ゴールドカード19位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 6,480円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜1.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カード

    ANAマイルが貯まりやすい、アメリカン・エキスプレス・カードです。

    人気ランキング 44位(一般カード25位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 7,560円 ポイント還元率 0.33%〜0.75%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 楽天ビジネスカード

    会社オーナー・個人事業主のビジネスシーンをサポートするカードです。

    詳細を見る
    人気ランキング 228位(一般カード151位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 2,160円 ポイント還元率 1.00%〜5.00%
    追加カード ETCカード 付帯保険
  • エポスゴールドカード

    利用金額次第で翌年以降の年会費が無料になるゴールドカードです。

    詳細を見る
    人気ランキング 186位(ゴールドカード51位) 国際ブランド VISA
    本人年会費 5,000円 ポイント還元率 0.50%〜1.25%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行

海外旅行保険が最大1億円の空港ラウンジが使えるカード

海外旅行保険の死亡後遺障害が最大1億円が保障され、空港ラウンジが使えるカードもあります。海外旅行の際に大いに活用できます。

  • JCBゴールド

    海外利用でポイント2倍。JCBオリジナルシリーズのゴールドカードです。

    人気ランキング 27位(ゴールドカード9位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 10,800円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜1.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • dカード GOLD

    最大10万円のケータイ補償付き、ほかにも様々な優待特典が付いたカードです。

    人気ランキング 6位(ゴールドカード1位) 国際ブランド VISA、MasterCard
    本人年会費 10,800円 ポイント還元率 1.00%〜4.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セディナゴールドカード

    クリスマスにはセディナからプレゼントがもらえるゴールドカードです。

    人気ランキング 68位(ゴールドカード19位) 国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
    本人年会費 6,480円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜1.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

    カード入会でSPGホテル&リゾートのゴールド会員資格を所持できるカードです。

    人気ランキング 55位(ゴールドカード15位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 33,480円 ポイント還元率 1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ANA JCB ワイドゴールドカード

    ANA JCB ワイドカードの機能+楽天Edyの利用でもマイルが貯まるカードです。

    人気ランキング 65位(ゴールドカード18位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 15,120円 ポイント還元率 1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

    ANAマイルが貯まりやすい、アメックスのゴールドカードです。

    人気ランキング 61位(ゴールドカード16位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 33,480円 ポイント還元率 0.33%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    ビジネス経費の管理や削減に役立つ個人事業主向けアメックスビジネスカードです。

    人気ランキング 82位(ゴールドカード24位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 33,480円(初年度無料) ポイント還元率 0.33%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

空港ラウンジが使えるカードの使い方

  • カード会社ラウンジの利用方法

    ラウンジの入口でクレジットカードと搭乗券を提示すれば利用できます。

  • プライオリティ・パスの利用方法

    受付でプライオリティ・パス会員証を提示します。受付担当者が利用伝票を発行したあと、ラウンジ利用伝票で利用人数・利用日などを確認し、署名をします。後日、利用料金が発生すればカード請求されます。

空港ラウンジが使えるカードのレビュー・評価

  • デザイン:まあ普通。ただ、以前の同一カード「DCMX」に比べるとあまりにもあっさりした感じでゴールドという感じは全然しない。うれしいかは人によるでしょうが、今だとポインコデザインが選べます。いつまでやってるのかは知りません。
    ステータス:通常カード
    続きを読む とほとんど同じ審査レベルじゃないかレベルなので皆無に等しい。

    ※あまりに間違ったレビューが多すぎるので再度強調します。

    ※※※単純にドコモの支払い千円あたりで100ポイントが丸々付くわけではありません。

    ※※※分割金とそれに対する割引、月々サポートには適用されないのです。

    例えば料金が税抜12000円で本体分割税抜3000円、月々サポート税抜3000円の場合(※通常分割とサポートは税込なので注意)、
    ポイントが付くのは料金12000円から月サポ3000円を引いた「税抜」9000円に対してです。
    その上で9000円を超える場合月900ポイント*12ヶ月=年間10800ポイント貯まるので、この計算で10800円(年間10800ポイント)を超えないと得しません。
    また、あくまでドコモの基本料金、ドコモのオプション(一部除く)のみが上記の「料金」であって、当然ながら他社通話(0570などの有料電話)やGoogleやAppleなどへの課金、ケータイ払いなどは含みません。
    単純に本体を一括で支払っていれば料金12000-月サポ3000=9000円なのでわかりやすいかと思います。

    ドコモ光についてはペア回線携帯に割引が入りますが丸々ポイントになります。
    例えばマンションAタイプだと月額4000円なので400*12=年間4800ポイント、戸建てA 5200円+光電話 500円+ナンバーディスプレイ 400円だと月額6600円なので600*12=年間7200ポイントとなり10800円を超える可能性が一気に高まります。

    尚、家族カードは一枚目無料、二枚目以降一枚1000円で三枚まで持てるので、買い替えをしない回線ほどポイントが貯まります。一枚目は無料のため、二回線を足した数字(※百の位は切り捨ててから足すこと)が10000円を超えれば得します。
    特に買い替えをしてないiモードの回線あたりは下手な最新スマホよりポイントが貯まったりします。

    ウェブサービス:閲覧する上では特に問題なし。
    優遇サービス:2015年12月からドコモのポイントはまた改悪しましたが(1ポイント1円+消費税から1ポイント1円に変更)、ゴールドカードに限っては利点もあり。まずゴールドでなくてもできますが2017年6月から1ポイント1円からドコモの料金に充てられるようになります(2017年5月までは3000ポイント以上から100ポイント単位)。また、ローソン、マクドナルドでの買い物が3%引きになるのも利点(マックは2017年5月末まで)。この二店舗とその他ではポイントカード機能でクレジット1%にポイントカード分1%(かそれ以上)が付きます。尚、一部高額商品の店舗ではポイントカード0.5%の場合もあり(クレジットは当然1%付きます)。
    どこぞのTカードでよくポイント3倍とやってますが、あれはソフトバンク参入時あたりに標準が1%から0.5%に一律下がったので3倍でも1.5%ですからどうぞ騙されないように。

    あと、年々値上がりしてるケータイ補償ですが、ゴールドカードは全損、水没であれば10万円まで補償してくれるのでケータイ補償を外す方がいますが、dカードの人曰くかなり審査は厳しいとのこと、普通の故障では取り扱ってくれないのでどんな状況であれドコモのケータイ補償は外さないほうが身のためです。一応手順を書いておきますが、重度の事故(水没や全損)が起きた場合、最寄りのドコモショップへ来店し、そこでゴールドのセンターへ連絡。センター指定の機種をゴールドカードで一括購入してからセンターで審査、となりますので、審査が通らなければ一括金額全額支払いとなります(強制リボ設定除く)。

    満足度:問題は上記の意味での月額9000円(というよりはプラスになるには10000円)という分岐点を超えるかどうかです。超えるようであれば作る価値あり、そうでなければケータイ補償を外す勢いででもないと得しません。シェアパック10以上の親回線(シェア10分割オプションなしで平均年間9600〜12000ポイント)、ドコモ光ペア回線(光単独で年間マンション4800ポイント、戸建て6000ポイント)、2年以上機種変更してない(今後もする予定のない)回線であればかなりお得になるはず。

    ちなみにドコモは「ドコモ光」「dカードゴールド」「タブレット」を勧めてきますが、タブレットなんてのは欲しいやつが買えばいいんです。
    ただ、ドコモ光とdカードゴールドは本当に得する人がいるのでフレッツ光の人はドコモ光の検討を、ドコモ光、上位シェアパックにした人はdカードゴールドの検討をしたほうがいいですよ、ということです。
    料金体系にもよりますがau、ソフトバンクよりは圧倒的に得するはずです。

    少し補足。
    dカードではレギュラー(銀色)含め、ドコモの支払いには1%ポイントが付きません。なので別クレジットで支払ったほうが得。月額トータル3万円支払っていれば1%のクレジットであれば月300円貯まります。
    尚、dカードは通常の買い物は100円で1%貯まります。エネオスなど特約店ではポイントが2%貯まります。
    今はほとんどないですが春にあった月サポゼロ(本体金額減額)などのときに購入すれば月サポで減額されないためお得。そういうときに買った方は狙い目です。
    また、家族の回線を全て同一名義で作っている場合はカードを作る/作った際にカードと家族の名前を紐づけしないといけません。紐づけするまではポイントが貯まらないので注意。
    総額10%還元でないことは確かですが、家族回線含め月々3万以上払っている方は得するケースが多い(光回線がある場合は一万半ばでも)ので、このカードを作った場合得するかどうか計算してみてはいかがでしょうか。

  • 今回のボーナスキャンペーンを追跡していた者です。誤解されておられる方が多く見受けられこれ以上黙っていられなく思い投稿します。今回のキャンペーン強制打ち切りの件ですがアメックスさんは完全に被害者です。みんなに楽しくポイントを獲得してもらおうと公共料金や 続きを読む 一部のサービスをカードで支払うと2000ポイントを付与するというゲーム感覚のキャンペーンを始めたことから事件は起こりました。通称”5月組”というならず者たちにがこの制度を悪用して何千万とポイントを不正にかき集め始めました。人生の中で1千万の貯金を稼ぐのにどれだけ苦労するかみなさんもわかるはずです。それがこいつらはわずか数日のうちに不正行為により稼ぎ出してしまったのだから開いた口がふさがりません。そしてこれによりアメックスは多大な被害をこうむりました。そしてキャンペーンを打ち切ってこれ以上5月組にポイントを与えることを阻止したのです。数千万ポイントと持ち逃げした輩は勝ち逃げですがキャンペーンを打ち切らなければこういった悪党が数百人規模で出現していたのも事実なのです。こっちのほうが許せないっでしょう。少なくとも私はそうです。今文句を言ってる連中の大半はこういった5月組かその手下であると考えていいでしょう。通常の頭脳を持つ方であれば悪いのはアメックスではなく5月組ということが理解できるはずです。あったまにくるぜー5月組よー。ちなみにカードも便利に使えます。デザインがかっこいいですね。

  • 【ポイント・マイル】
    キャンペーン等でポイントは確かにサクサク貯まりますが、期間限定ポイントばかり増える。
    ANAマイルにすると半減かつ、期間限定ポイントは使えない。
    ただし、楽天ポイントはコンビニや飲食、楽天ペイなど消費先が拡大しており、この
    続きを読む 数年で劇的に進化。かなり便利になってきた。
    楽天モバイルの支払いは期間限定ポイントも使える。
    【付帯サービス】
    国内空港ラウンジ使えますが、恥ずかしいので他のカード使ってます。このたび、年に2回までと制限が入った模様。
    優秀なのはカードデスク。プレミアムカードデスクが使えるが、これは無料ですぐつながり応対も丁寧。
    1枚でクレカ、Edy、ポイントカードを兼ねるので利便性が高い。
    【会員専用サイト】
    欲しい情報が分散し使い勝手悪い。リボ払いへの罠多い。
    【申込手続き】
    簡単で、すぐに出来ました。
    【デザイン】
    これはゴールドか?薄暗いところで見たらただのシルバー。プレミアムカードとの差別化でしょうが貧乏くさい。
    【ステータス】
    なし。そもそも会費2160円だし。実用カードと割り切るべき。
    【総評】
    キャンペーンを駆使すると凄くポイントは貯まりますが、期間限定ポイントが大半です。ただしポイントの使い勝手はよい。
    ヤフーカードのようにヤフーサービスのみでしか使えないポイントよりも良心的だ。
    キャンペーンやくじ引きは無数にあり、全体の把握は不可能。ほどほどにしないと時間泥棒になる。
    一般カード並みの会費でコストパフォーマンスは良い。実用的にはトップクラスのクレカになってきたと感じる。
    キャンペーンは迷惑メール爆弾に悩まされます。

  • ・Goldで客センが有料 ・ネットで引き落とし口座登録できない。書面で4ヶ月かかる。 ・いっちょ前に申し込みの確認電話が来る。 ・wabの支払い方法の変更手順が分かりづらく、煩雑。 お勧めしません。

空港ラウンジが使えるカードのクチコミ

    • ナイスクチコミ138
    • 返信数24

    カード限度額オーバーで使えなくなりおかしいと思い問い合わせたら悲惨な事実が。
    入会時のキャンペーンでリボ払いを設定しておりしかも金額を1万円にしていたらしく
    毎月の支払いがたまり続け100万越えに。支払い時に一括でとしていても勝手にリボになってし
    続きを読む まうのです。
    結果、月に1万円以上の利子が。メインバンクがネット系で支払額をチェックしなかったのも今更後悔。
    うちのように悲惨な目にあわないために皆さんお気を付けください。
    馬鹿な私と同じ思いをする人がいなくなるように無知をさらして投稿します。

  • 7/31までダイナースクラブプレミアムカードがm3.comを介して直接申し込み可能になっております。 https://sp.m3.com/ 医師限定とは言え、面談がある以上27歳以上であれば審査はほぼ通ると考えられます。

  • 一年目は他のポイントサイトを経由したり、IDのキャッシュバックがあったりとプラス面あるのは理解出来るのですが、
    2年目以降の私の場合、docomo光を含めて毎月130P前後をdカードにて貰っているので、ゴールドなら1300P程度を12ヶ月なので15
    続きを読む 000P前後?

    でも前の人も書いているように携帯支払いに15000P充てたら、1500Pはポイントが付かなくなりますよね?

    2年頑張って倍の30000P貯めたとして、更にゴールドのクーポンで20000円引きあたりのを使って機種変をすると、90000円あたりのやつが5万引きの一括4万円になりますが、月々サポートにて2年間3000円程度割引になったら3000円×24で72000円分に対してポイントはつかなくなり7200円分ポイントは付かなくなる。


    分割購入にして本体代をポイントにて支払っても分割料金は安くなるだろうけど、月々サポートによって支払いが少なくなってしまったらまたポイントは付かなくなる

    しかし1万円の年会費は発生するであろう。



    dカードゴールドの2年目以降のメリットって何ですか?

空港ラウンジが使えるカードのQ&A

  • 同伴者が子供の場合は?

    年齢に関わらず同伴者とみなされます。利用料金がかかる場合は、子供用の料金で設定してあるラウンジがほとんどです。

空港ラウンジが使えるカードの関連記事

  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • 空港ラウンジが使えるカード価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止