価格.com

クレジットカード

海外旅行保険付きカード

比較リスト(0件)

海外旅行保険付きカード

海外旅行保険付きカード

クレジットカードを選ぶ決め手の1つになるのが付帯サービスです。色々な付帯サービスがある中、還元率に次いで注目されるのが海外旅行保険です。年会費無料で海外旅行保険を利用できるカードや、保険以外にも海外旅行で利用できるサービスが付いているクレジットカードがありますので、自分に合った、よりお得なクレジットカードを選びましょう。

人気の海外旅行保険付きカード

(対象カード内のランキング上位)
カード
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
特徴

最大5%還元、両面ナンバーレスのクレジットカードです。

年会費永年無料、楽天市場でいつでもポイントが3倍貯まるカードです。

39歳までの入会で年会費永年無料、還元率1%以上のカードです。

最大10万円のケータイ補償付き、ドコモ利用料金でポイント還元もされるカードです。

様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

カードの利用で無駄なくポイントがたまる、アメックスの一般カードです。

スマホがau以外でも利用可能に。Pontaポイントがたまりやすいカードです。

海外利用でポイント2倍。JCBオリジナルシリーズのゴールドカードです。

還元率が最大10%、ポイント特化型の三井住友プラチナカードです。

プライオリティパス発行料無料。楽天カードのプレミアムカードです。

ユーザー満足度
年会費
無料
無料
無料
11,000円
22,000円
13,200円
1,375円
条件付無料 ※年1回以上利用で翌年度無料 ※またはau IDに紐づくau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、au ひかり、auひかり ちゅらの契約で翌年度無料
11,000円(初年度無料)
33,000円
11,000円
ポイント還元率
0.50%〜5.00%
1.00%〜3.00%
1.00%〜5.50%
1.00%〜4.50%
0.50%〜1.00%
0.50%
1.00%〜2.50%
0.50%〜5.00%
1.10%〜11.00%
1.00%〜5.00%
詳細

海外旅行保険付きカードの特徴

  • 海外旅行保険付きカードとは

    クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は、持っているだけで自動的に付帯される「自動付帯」タイプと、出国までの公共交通機関の代金や旅行代金をクレジットカード払いで支払うことが条件で付帯される「利用付帯」タイプとがあります。

    自動付帯 カードを発行し所持しているだけで、自動的に海外旅行保険が付帯されている状態になります。
    利用付帯 出国までの公共交通機関の代金や旅行代金をクレジットカード払いで支払うことが条件となります。
  • カードの海外旅行保険の項目

    海外旅行保険には傷害死亡・後遺障害、傷害・疾病治療、賠償責任、携行品損害、救援者費用など様々な担保項目があり、金額もそれぞれ設定されています。補償額が高いこともあり、傷害死亡・後遺障害の金額を気にしがちですが、実際に海外旅行保険の利用で多いのは治療・救援費用、次いで携行品損害です。

    傷害治療費用 海外旅行中に事故による怪我や、病気で医師の治療を受けた時に保険金が支払われる補償
    救援費用 海外旅行中の盗難・破損・火災などの偶然な事故により、被保険者の携行品(カメラ、衣類、旅券など)に損害が生じた場合に保険金が支払われる補償
    携行品損害 海外旅行中の盗難・破損・火災などの偶然な事故により、被保険者の携行品(カメラ、衣類、旅券など)に損害が生じた場合に保険金が支払われる補償
  • 海外旅行保険付きカード利用時の注意点

    カードに付帯している海外旅行保険は補償額や補償の範囲・付帯の条件が様々あり、海外旅行保険が付いていることだけを把握していても、いざ必要になった時に利用できなかった、ということもあります。自動付帯・利用付帯の違い、よく利用されている補償の種類、家族を補償に含める条件などをしっかり理解したうえでクレジットカードを検討しましょう。

海外旅行保険付きカードのメリット

  • 加入の手間や費用が不要

    最大のメリットとして、クレジットカードに付帯されている海外旅行保険は加入の手間がなく、保険料も不要です。また、「死亡・後遺障害」は保有している複数のカードなかで補償金額の最高額が適用されますが、それ以外の海外旅行で特に重視すべき治療・救援費用などは、保障金額を合算することができるのです。

    ■本会員の補償内容
    内容 カードA カードB 合算した最大値
    年会費 11,000円 0円 11,000円
    死亡・後遺障害 10,000万円 2,000万円 10,000万円
    傷害治療費用 300万円 200万円 500万円
    疾病治療費用 300万円 200万円 500万円
    救援費用 400万円 200万円 600万円
    携行品損害
    *免責(1事故)3,000円
    100万円 20万円 120万円
    賠償責任 10,000万円 2,000万円 12,000万円
  • 家族も補償可能

    家族カードを発行している場合、家族会員としてほぼ本会員と同程度の補償内容が適用されます。また、カードに付帯する海外旅行保険に家族特約がついているのであれば、家族カードを発行できない年齢のお子様がいる場合でも海外旅行保険で補償されます。ただし、カードによって対象範囲や補償内容、補償額は異なるため予め確認をしましょう。

    ■家族特約付きのカードの補償額
    カード 適用 本会員年会費 死亡・後遺障害* 傷害・疾病治療費* 救援費* 携行品損害* 賠償責任*
    JCBゴールド 自動付帯 11,000円(初年度無料) 1,000万円 200万円 200万円 100万円 2,000万円
    dカードGOLD 自動付帯 11,000円 1,000万円 50万円 50万円 15万円 1,000万円

    *家族特約の補償額。
    ※各種適用条件や免責など必ずご確認ください。

海外旅行保険付きカードの選び方

  • 海外旅行保険の条件を確認

    クレジットカードの付帯保険には「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。どのような条件で希望のカードの海外旅行保険が適用されるのかをしっかり把握しましょう。また、主にこの2種類ですが、自動付帯でありながら、利用するとさらに補償金額が上がるカードもあります。

  • 利用付帯は適用条件を確認

    利用付帯保険の条件に「旅行代金の支払い」とあります。一般的には「日本を出国する以前に、公共交通乗用具または募集型企画旅行の料金を支払った場合」とあり、公共交通乗用具とは航空機・電車・タクシー・バスなどのことで、自家用車のガソリン代や高速料金は不可となります。また、募集型企画旅行とあるので、受注型や手配型では旅行代金をクレジットカードで支払っていても保険の適用外となるなど、カードによって詳細な条件が異なる場合がありますので対象条件を確認しましょう。

  • 治療費用の充実度を確認

    補償額が高いこともあり、傷害死亡・後遺障害の金額を気にしがちですが、実際に海外旅行保険の利用で多いのは治療・救援費用、次いで携行品損害です。実際に海外では、盲腸レベルの治療費用でも250万円以上になるケースもあります。

  • 家族の海外旅行保険も検討

    クレジットカードの付帯保険には、家族特約が付いているものがあります。家族特約が付いていると本会員の配偶者や両親なども補償に含まれます。また、家族特約のないカードでも、家族カードを作成して家族会員になることで、付帯保険を適用できるようになるカードもあります。なお、カードによっては家族の対象範囲が異なる場合もありますので事前に確認しましょう。

  • 滞在が長期になる場合

    クレジットカードに付帯されている傷害死亡は、あくまで傷害による死亡が条件で、病気で死亡した場合の疾病死亡補償が含まれていません。さらに補償期間は渡航日から90日以内に限られるため、留学やワーキングホリデーなど長期滞在の場合は注意が必要です。疾病死亡補償や補償期間が不十分と感じる場合は、別途海外旅行保険の加入も検討しましょう。

  • 年会費無料のカードで複数持ちに

    もっとも高額となる死亡・後遺障害、以外の補償限度額は合算が可能となっているため、海外旅行保険付きのカードは、複数枚持つことをお勧めします。しかし、複数の利用付帯カードで旅行代金を支払うのは無理があるため、メインカード以外に、自動付帯のカードを複数枚持ち補償額を厚くします。複数持つ上でコストが懸念される場合は「年会費無料の旅行保険付きカード」を選ばれてはいかがでしょうか。

特集

PR
「アメックス・グリーン」と「アメックス・ゴールド」。あなたはどっち?

「アメックス・グリーン」「アメックス・ゴールド」はステータスカードとして知られていますが、実は日常生活や旅先で活躍する利便性も抜群のカード。この2枚の年会費以上の価値ある特典を解説し「自分にはどちらが向いているの」という疑問にも応えます。

「アメックス・グリーン」と「アメックス・ゴールド」。あなたはどっち?
TRUST CLUB:マスターカードのプラチナクラスの上位3券種が年会費3,300円(税込)から

最上位グレード「ワールドエリート」をはじめ、Mastercardの上位グレード3券種を展開。あなたの毎日を”格上げ”する、「TRUST CLUBカード」の実力を紹介。

TRUST CLUB:マスターカードのプラチナクラスの上位3券種が年会費3,300円(税込)から

海外旅行保険付きカードをピックアップ

自動付帯保険付きのクレジットカード

自動付帯の場合、カードを発行し所持しているだけで常に海外旅行保険を利用できる状態になります。

  • dカード GOLD

    最大10万円のケータイ補償付き、ドコモ利用料金でポイント還元もされるカードです。

    人気ランキング 7位(ゴールドカード1位) 国際ブランド VISA、Mastercard
    本人年会費 11,000円 ポイント還元率 1.00%〜4.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBゴールド

    海外利用でポイント2倍。JCBオリジナルシリーズのゴールドカードです。

    人気ランキング 12位(ゴールドカード2位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 11,000円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 楽天プレミアムカード

    プライオリティパス発行料無料。楽天カードのプレミアムカードです。

    人気ランキング 16位(ゴールドカード3位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
    本人年会費 11,000円 ポイント還元率 1.00%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友カード プラチナプリファード

    還元率が最大10%、ポイント特化型の三井住友プラチナカードです。

    人気ランキング 15位(プラチナカード2位) 国際ブランド VISA
    本人年会費 33,000円 ポイント還元率 1.10%〜11.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

    人気ランキング 8位(プラチナカード1位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 22,000円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • au PAY ゴールドカード

    au携帯電話利用料の最大11%をポイント還元などおトクが受けられるカードです。

    人気ランキング 26位(ゴールドカード6位) 国際ブランド VISA、Mastercard
    本人年会費 11,000円 ポイント還元率 1.00%〜2.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友カード ゴールド

    インターネット入会で初年度年会費無料。三井住友カードのゴールドカードです。

    人気ランキング 28位(ゴールドカード7位) 国際ブランド VISA、Mastercard
    本人年会費 11,000円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜2.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

    カード入会でSPGホテル&リゾートのゴールド会員資格を所持できるカードです。

    人気ランキング 31位(ゴールドカード8位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 34,100円 ポイント還元率 1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • エポスカード

    全国の提携店舗でポイントが貯まりやすく、ポイントを請求の割引に使えるカードです。

    人気ランキング 59位(一般カード38位) 国際ブランド VISA
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

    旅に役立つサービスが利用できるセゾンアメックスのゴールドカードです。

    人気ランキング 34位(ゴールドカード9位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 11,000円(初年度無料) ポイント還元率 0.75%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

年会費無料で自動付帯のクレジットカード

賢い持ち方の1つとして、年会費無料の自動付帯カードを複数持って補償料を合算する方法があります。

  • エポスカード

    全国の提携店舗でポイントが貯まりやすく、ポイントを請求の割引に使えるカードです。

    人気ランキング 59位(一般カード38位) 国際ブランド VISA
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行
  • イオンSuicaカード

    イオンカードと「Suica」が一体。デポジット無料でSuicaが使えるカードです。

    人気ランキング 27位(一般カード17位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%〜1.33%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • NTTファイナンスBizカード レギュラー

    ポイント還元率が1%、年会費無料のビジネスカードです。

    人気ランキング 36位(一般カード23位) 国際ブランド VISA
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜2.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JALカード navi(学生専用)

    学生ならではの特典が受けられる学生専用JALカードです。

    人気ランキング 79位(一般カード48位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.00%〜2.00%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 学生専用ライフカード

    高校生を除く、満18歳以上満25歳以下の学生が申込み対象のライフカードです。

    人気ランキング 126位(一般カード74位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.30%〜0.60%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行
  • MUJI Card

    無印良品利用でMUJIマイルと永久不滅ポイントが貯まるカードです。

    価格.comからは
    お申し込みできない
    カードです
    人気ランキング 215位(一般カード135位) 国際ブランド VISA、AMEX(アメックス)
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン

    西武プリンスクラブプリンスポイント加盟店でポイントの貯まるセゾンカードです。

    価格.comからは
    お申し込みできない
    カードです
    人気ランキング 243位(一般カード155位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ノジマエポスカード

    ノジマ店頭からの入会で会計総額から最大2,000円オフになるエポスカードです。

    価格.comからは
    お申し込みできない
    カードです
    人気ランキング 267位(一般カード174位) 国際ブランド VISA
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行
  • みずほマイレージクラブカードセゾン アメリカン・エキスプレス・カード・ベーシック

    海外旅行傷害保険がついたみずほ銀行のICキャッシュカードです。

    価格.comからは
    お申し込みできない
    カードです
    人気ランキング 246位(一般カード158位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 無料 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード 付帯保険 海外旅行
  • DCカード Jizile(ジザイル)

    いつでもどこでもポイント3倍。リボ払い専用の三菱UFJニコスカードです。

    価格.comからは
    お申し込みできない
    カードです
    人気ランキング 224位(一般カード144位) 国際ブランド Mastercard
    本人年会費 無料 ポイント還元率 1.48%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、ショッピング

治療費用300万円以上のクレジットカード

補償額が高いこともあり、傷害死亡・後遺障害の金額を気にしがちですが、実際に海外旅行保険の利用で多いのは治療・救援費用、次いで携行品損害です。

  • dカード GOLD

    最大10万円のケータイ補償付き、ドコモ利用料金でポイント還元もされるカードです。

    人気ランキング 7位(ゴールドカード1位) 国際ブランド VISA、Mastercard
    本人年会費 11,000円 ポイント還元率 1.00%〜4.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBゴールド

    海外利用でポイント2倍。JCBオリジナルシリーズのゴールドカードです。

    人気ランキング 12位(ゴールドカード2位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 11,000円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 楽天プレミアムカード

    プライオリティパス発行料無料。楽天カードのプレミアムカードです。

    人気ランキング 16位(ゴールドカード3位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
    本人年会費 11,000円 ポイント還元率 1.00%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友カード プラチナプリファード

    還元率が最大10%、ポイント特化型の三井住友プラチナカードです。

    人気ランキング 15位(プラチナカード2位) 国際ブランド VISA
    本人年会費 33,000円 ポイント還元率 1.10%〜11.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

    人気ランキング 8位(プラチナカード1位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 22,000円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友カード ゴールド

    インターネット入会で初年度年会費無料。三井住友カードのゴールドカードです。

    人気ランキング 28位(ゴールドカード7位) 国際ブランド VISA、Mastercard
    本人年会費 11,000円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜2.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

    カード入会でSPGホテル&リゾートのゴールド会員資格を所持できるカードです。

    人気ランキング 31位(ゴールドカード8位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 34,100円 ポイント還元率 1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

    旅に役立つサービスが利用できるセゾンアメックスのゴールドカードです。

    人気ランキング 34位(ゴールドカード9位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 11,000円(初年度無料) ポイント還元率 0.75%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBプラチナ

    高いポイント還元率が魅力のJCBプラチナカードです。

    人気ランキング 25位(プラチナカード4位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 27,500円 ポイント還元率 0.50%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    ビジネス経費の管理や削減に役立つ個人事業主・法人代表者向けビジネスカードです。

    人気ランキング 24位(ゴールドカード5位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 34,100円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

家族カード不要で家族を補償に含められるカード

一般的には家族カードを持てば本会員と同等の補償が受けられますが、家族特約が付いているカードであれば本会員の配偶者や両親なども補償に含まれます。

  • dカード GOLD

    最大10万円のケータイ補償付き、ドコモ利用料金でポイント還元もされるカードです。

    人気ランキング 7位(ゴールドカード1位) 国際ブランド VISA、Mastercard
    本人年会費 11,000円 ポイント還元率 1.00%〜4.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBゴールド

    海外利用でポイント2倍。JCBオリジナルシリーズのゴールドカードです。

    人気ランキング 12位(ゴールドカード2位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 11,000円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 楽天プレミアムカード

    プライオリティパス発行料無料。楽天カードのプレミアムカードです。

    人気ランキング 16位(ゴールドカード3位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
    本人年会費 11,000円 ポイント還元率 1.00%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友カード プラチナプリファード

    還元率が最大10%、ポイント特化型の三井住友プラチナカードです。

    人気ランキング 15位(プラチナカード2位) 国際ブランド VISA
    本人年会費 33,000円 ポイント還元率 1.10%〜11.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

    人気ランキング 8位(プラチナカード1位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 22,000円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • au PAY ゴールドカード

    au携帯電話利用料の最大11%をポイント還元などおトクが受けられるカードです。

    人気ランキング 26位(ゴールドカード6位) 国際ブランド VISA、Mastercard
    本人年会費 11,000円 ポイント還元率 1.00%〜2.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友カード ゴールド

    インターネット入会で初年度年会費無料。三井住友カードのゴールドカードです。

    人気ランキング 28位(ゴールドカード7位) 国際ブランド VISA、Mastercard
    本人年会費 11,000円(初年度無料) ポイント還元率 0.50%〜2.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

    カード入会でSPGホテル&リゾートのゴールド会員資格を所持できるカードです。

    人気ランキング 31位(ゴールドカード8位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 34,100円 ポイント還元率 1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • アメリカン・エキスプレス・カード

    カードの利用で無駄なくポイントがたまる、アメックスの一般カードです。

    人気ランキング 9位(一般カード7位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 13,200円 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

    旅に役立つサービスが利用できるセゾンアメックスのゴールドカードです。

    人気ランキング 34位(ゴールドカード9位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 11,000円(初年度無料) ポイント還元率 0.75%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

プライオリティパスが発行できるカード

海外旅行によく行く方は、多数の海外空港ラウンジが利用できるプライオリティパス付のカードが有効です。

  • 楽天プレミアムカード

    プライオリティパス発行料無料。楽天カードのプレミアムカードです。

    人気ランキング 16位(ゴールドカード3位) 国際ブランド VISA、Mastercard、JCB、AMEX(アメックス)
    本人年会費 11,000円 ポイント還元率 1.00%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    様々なビジネスサポートが受けられるセゾンプラチナカードです。

    人気ランキング 8位(プラチナカード1位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 22,000円 ポイント還元率 0.50%〜1.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • アメリカン・エキスプレス・カード

    カードの利用で無駄なくポイントがたまる、アメックスの一般カードです。

    人気ランキング 9位(一般カード7位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 13,200円 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JCBプラチナ

    高いポイント還元率が魅力のJCBプラチナカードです。

    人気ランキング 25位(プラチナカード4位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 27,500円 ポイント還元率 0.50%〜5.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

    高級ホテルの上級会員サービスが受けられるハイスペックなカードです。

    人気ランキング 74位(プラチナカード9位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 143,000円 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

    MUFGカードの基本機能とアメックスプラチナサービスが受けられるカードです。

    人気ランキング 67位(プラチナカード7位) 国際ブランド AMEX(アメックス)、銀聯(UnionPay)
    本人年会費 22,000円 ポイント還元率 0.20%〜0.99%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

    貯めたポイントを15の航空会社のマイルに交換できるアメックスゴールドカードです。

    人気ランキング 44位(ゴールドカード14位) 国際ブランド AMEX(アメックス)
    本人年会費 31,900円 ポイント還元率 0.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • 三井住友カード プラチナ

    2種類のカードデザインから選べる、三井住友プラチナカードです。

    人気ランキング 77位(プラチナカード11位) 国際ブランド VISA、Mastercard
    本人年会費 55,000円 ポイント還元率 0.50%〜2.50%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

    世界のラウンジが無料で利用できる、JALプラチナカードです。

    人気ランキング 61位(プラチナカード6位) 国際ブランド AMEX(アメックス)、銀聯(UnionPay)
    本人年会費 34,100円 ポイント還元率 1.00%〜2.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
  • ANA JCBカード プレミアム

    最高1億円の旅行保険が自動付帯でマイルが貯まりやすいANAプラチナカードです。

    人気ランキング 91位(プラチナカード12位) 国際ブランド JCB
    本人年会費 77,000円 ポイント還元率 1.00%〜3.00%
    追加カード ETCカード、家族カード 付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

海外旅行保険付きカードのレビュー・評価

  • 【ポイント・マイル】
    年会費無料なのに、店でのお買い物で、100円で1円と、普通のカードの2倍のポイントが付くから、各社の囲い込みのためのポイントカードを気にせずに済む。
    ネットショッピングだと、クレジットカード会社のポイントモール経由、という手
    続きを読む があって、意味がないが、楽天で使うならば、最強。
    クレジットカード会社を気にせず、ポイントサイト経由でネットショッピング、ならば、好きなカードを使えばいい。

    【付帯サービス】
    サラ金のカードにそんなものを期待する方がおかしい。

    【会員の専用サイト】
    楽天e-Naviの造りをみれば、サラ金のカードにクレジットカード機能がついたもの、ということが、良くわかる。

    【申込手続き】
    さすがに楽天。進んでいるし、しっかりしている。
    申し込み時に、同時に引き落とし口座を指定できるし(ゆうちょ銀行、あるいは、大手銀行・ネット銀行でインターネットバンキング、限定だけど)、
    進行状況や送付物の伝票番号・追跡番号なども、的確に知らせてくれる。

    【デザイン】
    普通にシンプルで、悪くはない。

    【ステータス】
    そんなもの、あるはずがない。
    サラ金のカードにそんなものを期待する方がおかしい。
    持っていることがわかると、見下されるかも。

    【総評】
    と言うよりも、詳細評価、です。

    価格.comでの楽天カードのレビューやクチコミでは、結構いい評価と、極端に悪い評価にわかれますね。

    悪い方は、以下が中心のようです。

    (A)リボ払い絡み

    他社もほとんど同じだが、自動リボ払い・年利18%・月々5000円の返済、がデフォールトであり、
    ・キャンペーンのポイントに釣られてカードを、作った、
    ・リボ払いに関して無頓着ままま、カードを作った、
    ・カードの契約状況に関して無頓着、
    ・カード支払いの状況に関して無頓着、
    といった人達が、
    自動リボ払いによって、高利の利息をふんだくられる。

    楽天の場合、Web上の、現在の支払い方法などの「契約情報」が、意図的なのかかそうでないのかはわからないが、非常に分かりずらくしてある。
    だから、何故か自動リボ払いになっていた、と気付いても、Webの設定で「自動リボ払い」を停止する、といった行動が、普通のまともなクレジットカード会社に比べて、とりにくい。

    (B)入会時のポイントのトラブル

    思いっきり派手で下品な、「カードを作ったら1万ポイントあげまっせ」といった、数多くのキャンペーン。
    そのせいで、入会時のポイントのトラブルが、多くの人の所で、簡単に、頻繁に起こる。

    (C)突然解約された、知らない内にカードがロックされていた、といった、トラブル

    楽天は(ヤフージャパンや他のサラ金系・信販系もそうなんだけど)、自社での審査をほとんどしないでクレジットカードを大量に発行しておいて、クレジットカード発行後の、他社のカードの返済状況やキャッシング枠などと突き合わせて、信用度を判定しているようである。
    そして、その判定手法も、結構いい加減、のようである。
    そのために、突然解約された、知らない内にカードがロックされていた、といったことが、他のまともなクレジットカード会社に比べて、かなり発生しやすい。

    こういった問題やトラブルの原因は、楽天カードは(ヤフージャパンカードも同じなんだけど)、サラ金のカードにクレジットカード機能が付加されたもの、という認識が、消費者に無いせいだと思う。

    楽天e-Naviの造りをみれば、
    楽天カードは、
    (1)サラ金のカード
    (2)(1)に、借金の返済がしやすいように、
    「リボ払い」の機能を付加し、
    銀行口座からの引き落としもサポート。
    (3)そこに、(2)を利用して、
    リボ払い専用クレジットカード、
    の機能を付加
    (4)普通のクレジットカード、の機能がないと、
    世間に受け入れられにくいから、
    一回払い、ボーナス併用払い、分割払い、
    なども、不可能ではないようにしてある。
    ということが、良く見える。
    そして、
    (5)カードを作成した時のデフォールトは、
    (5-1)自動リボ払い
    (5-3)月々の返済額=5000円
    にしてある。
    (6)クレジットカードのリボ払いの規則は、
    (6-A)楽天、ヤフージャパンなどの方式。
    サラ金の貸し付けと、全く同じ。
    クレジットカード支払い額の全額を、
    高利の「リボ払いの金利」で貸し付けて、
    それを、月々の返済額づつ(ミニマムペイメント+手数料=金利)、毎月返済。
    (6-B)多くの他社の方式。
    サラ金の貸し付けの一つのバリエーションと同じ。
    クレジットカード支払い額の全額ではなく、
    「クレジット支払い額−ミニマムペイメント」
    を、高利の「リボ払いの金利」で貸し付ける。
    あとは、月々の返済額づつ(ミニマムペイメント+手数料=金利)、毎月支払う。
    初回の返済では金利を上乗せしない、というのがミソ。
    (7)リボ払いの金利=高利の、年利18%
    リボ払いの金利については、元は国内信販であるKCカードの血を引く、楽天カードとヤフージャパンカードは、規制内の最高金利と言える18%みたいだが、他の多くは15%にしているようである。

    「だってサラ金なんだもん」と思えば、
    楽天市場でポイントが一杯貰える、というメリットや、
    マクドナルドで、期間限定も含めた楽天ポイントが使える(そして貯まる)というメリットだけでなく、
    年会費無料なのに100円のお買い物で1円分のポイント、と、
    普通のまともなクレジットカード会社の2倍のポイントをつけてくれる、
    という、楽天カードのメリットだけを享受できます。

  • デザイン:まあ普通。ただ、以前の同一カード「DCMX」に比べるとあまりにもあっさりした感じでゴールドという感じは全然しない。うれしいかは人によるでしょうが、今だとポインコデザインが選べます。いつまでやってるのかは知りません。
    ステータス:通常カード
    続きを読む とほとんど同じ審査レベルじゃないかレベルなので皆無に等しい。

    ※あまりに間違ったレビューが多すぎるので再度強調します。

    ※※※単純にドコモの支払い千円あたりで100ポイントが丸々付くわけではありません。

    ※※※分割金とそれに対する割引、月々サポートには適用されないのです。

    例えば料金が税抜12000円で本体分割税抜3000円、月々サポート税抜3000円の場合(※通常分割とサポートは税込なので注意)、
    ポイントが付くのは料金12000円から月サポ3000円を引いた「税抜」9000円に対してです。
    その上で9000円を超える場合月900ポイント*12ヶ月=年間10800ポイント貯まるので、この計算で10800円(年間10800ポイント)を超えないと得しません。
    また、あくまでドコモの基本料金、ドコモのオプション(一部除く)のみが上記の「料金」であって、当然ながら他社通話(0570などの有料電話)やGoogleやAppleなどへの課金、ケータイ払いなどは含みません。
    単純に本体を一括で支払っていれば料金12000-月サポ3000=9000円なのでわかりやすいかと思います。

    ドコモ光についてはペア回線携帯に割引が入りますが丸々ポイントになります。
    例えばマンションAタイプだと月額4000円なので400*12=年間4800ポイント、戸建てA 5200円+光電話 500円+ナンバーディスプレイ 400円だと月額6600円なので600*12=年間7200ポイントとなり10800円を超える可能性が一気に高まります。

    尚、家族カードは一枚目無料、二枚目以降一枚1000円で三枚まで持てるので、買い替えをしない回線ほどポイントが貯まります。一枚目は無料のため、二回線を足した数字(※百の位は切り捨ててから足すこと)が10000円を超えれば得します。
    特に買い替えをしてないiモードの回線あたりは下手な最新スマホよりポイントが貯まったりします。

    ウェブサービス:閲覧する上では特に問題なし。
    優遇サービス:2015年12月からドコモのポイントはまた改悪しましたが(1ポイント1円+消費税から1ポイント1円に変更)、ゴールドカードに限っては利点もあり。まずゴールドでなくてもできますが2017年6月から1ポイント1円からドコモの料金に充てられるようになります(2017年5月までは3000ポイント以上から100ポイント単位)。また、ローソン、マクドナルドでの買い物が3%引きになるのも利点(マックは2017年5月末まで)。この二店舗とその他ではポイントカード機能でクレジット1%にポイントカード分1%(かそれ以上)が付きます。尚、一部高額商品の店舗ではポイントカード0.5%の場合もあり(クレジットは当然1%付きます)。
    どこぞのTカードでよくポイント3倍とやってますが、あれはソフトバンク参入時あたりに標準が1%から0.5%に一律下がったので3倍でも1.5%ですからどうぞ騙されないように。

    あと、年々値上がりしてるケータイ補償ですが、ゴールドカードは全損、水没であれば10万円まで補償してくれるのでケータイ補償を外す方がいますが、dカードの人曰くかなり審査は厳しいとのこと、普通の故障では取り扱ってくれないのでどんな状況であれドコモのケータイ補償は外さないほうが身のためです。一応手順を書いておきますが、重度の事故(水没や全損)が起きた場合、最寄りのドコモショップへ来店し、そこでゴールドのセンターへ連絡。センター指定の機種をゴールドカードで一括購入してからセンターで審査、となりますので、審査が通らなければ一括金額全額支払いとなります(強制リボ設定除く)。

    満足度:問題は上記の意味での月額9000円(というよりはプラスになるには10000円)という分岐点を超えるかどうかです。超えるようであれば作る価値あり、そうでなければケータイ補償を外す勢いででもないと得しません。シェアパック10以上の親回線(シェア10分割オプションなしで平均年間9600〜12000ポイント)、ドコモ光ペア回線(光単独で年間マンション4800ポイント、戸建て6000ポイント)、2年以上機種変更してない(今後もする予定のない)回線であればかなりお得になるはず。

    ちなみにドコモは「ドコモ光」「dカードゴールド」「タブレット」を勧めてきますが、タブレットなんてのは欲しいやつが買えばいいんです。
    ただ、ドコモ光とdカードゴールドは本当に得する人がいるのでフレッツ光の人はドコモ光の検討を、ドコモ光、上位シェアパックにした人はdカードゴールドの検討をしたほうがいいですよ、ということです。
    料金体系にもよりますがau、ソフトバンクよりは圧倒的に得するはずです。

    少し補足。
    dカードではレギュラー(銀色)含め、ドコモの支払いには1%ポイントが付きません。なので別クレジットで支払ったほうが得。月額トータル3万円支払っていれば1%のクレジットであれば月300円貯まります。
    尚、dカードは通常の買い物は100円で1%貯まります。エネオスなど特約店ではポイントが2%貯まります。
    今はほとんどないですが春にあった月サポゼロ(本体金額減額)などのときに購入すれば月サポで減額されないためお得。そういうときに買った方は狙い目です。
    また、家族の回線を全て同一名義で作っている場合はカードを作る/作った際にカードと家族の名前を紐づけしないといけません。紐づけするまではポイントが貯まらないので注意。
    総額10%還元でないことは確かですが、家族回線含め月々3万以上払っている方は得するケースが多い(光回線がある場合は一万半ばでも)ので、このカードを作った場合得するかどうか計算してみてはいかがでしょうか。

  • Webからの申し込みで、審査もかなり早かったです。

    申し込みから3日程で届きました。

    届いた当初は、限度額が50万円でも一部商品については10万円に設定されていました。(電子マネー・金券類・貴金属・パソコンなど)
    「ご利用可能額の詳細」
    続きを読む に記載されています。
    これは、しばらくすれば通常の限度額になるようですが、このカードを使ってすぐに限度額いっぱいのパソコンや貴金属を購入しようと考えている場合は、ご注意下さい。

    私はiPhone持ちなので、JCBのアプリからApple Payの設定をしようと試みたのですが、出来ませんでした。(iPhoneの方からでも同じく)
    メールで問い合わせすると、電話からの申し込みが必要との回答がありました。(メールの回答は1時間もしない内にありました)
    他のカードもあるし、面倒なので結局Apple Payはしていません。

    JCBブランドは小さなショップではイヤがられる事が多いので(VISAやMasterに比べて手数料が高いので)サブスクの会費やネットショッピングなどで使用したいと思います。

    年会費が掛かるので、今後それに見合うのかは使いながら考えます(解約という結果も・・)

  • 年末にゴールドカードへランクアップ(年会費:税込11,000円)しましたが、年明け早々にゴールド会員の様々な特典を一方的に変更し毎月1,000円クーポン付与中止を含め改悪のオンパレード。
    よってランクダウンをしようとコールセンターに電話しましたが、
    続きを読む その対応は極めて愚鈍。よくよく聞いてみるとコールセンターはベルシステム24というauとは完全に別の下請け会社が担当し、さらに2社との間には三菱UFJニコスが介在しているため、コールセンターと話しても「確認します」の連発。そしてその回答まで最低3日間。さらに一つの回答が得られても、新たに疑問が生じ、それについて相談すると、得意の「確認します」。結局、年会費は返さないとのこと。
    こちらも頭に来て銀行引き落としを止めたところ、先方は一転して「年会費を返す」と言い出しました!!!!!一体この会社は?????

海外旅行保険付きカードのクチコミ

海外旅行保険付きカードのQ&A

  • 旅行傷害保険の「利用付帯」と「自動付帯」とは?

    「利用付帯」は飛行機の料金やツアーの料金をそのカードで払った場合などに保険金支払いの対象となります。一方で「自動付帯」は、カードを持っているだけで対象となります。補償される金額はクレジットカードによって違いますが、年会費と比例していることが多いようです。

  • 海外旅行損害保険の比較ポイントは?

    海外旅行損害保険は、死亡時の補償額に目がいきがちですが、海外での入院・治療費用や賠償責任、救援者費用も重要なポイントです。海外で病気になってしまったとき、海外の病院では日本の健康保険証は使えないため、高額の医療費を請求される場合が多いです。また、山や海などのリゾート地で遭難したときに救助隊を要請すれば、ヘリコプター代などの探索費用がかかります。海外でのさまざまなアクシデントに備えて、傷害死亡・後遺障害以外の項目もチェックしましょう。

  • 海外旅行保険の適用期間は?

    概ね、海外旅行の目的で住居を出発したときから住居に帰着するまでの間で、かつ日本を出国した前日の午前0時から日本に入国した翌日の午後12時までの間で日本を出国した日から最長90日間が補償されます。ただし、カードによっては異なる場合もあるため、補償内容は必ず確認しましょう。

  • 海外旅行保険付きカードで保険以外のメリットは?

    クレジットカードには付帯保険以外にも様々な海外旅行向けのサービスが用意されています。例えばパッケージツアー割引サービスや格安航空券サービスや、空港での待ち時間を快適に過ごしたい場合は、多数の海外空港ラウンジが利用できるプライオリティパス付のカードが有効です。

  • 現地で事故や怪我をした場合、どんなサービスが受けられますか?

    現地で病院にいった時に以前は、一時的に支払いをご自身で立て替える必要がありましたが、最近では「キャッシュレス診療サービス」があるクレジットカードの海外旅行保険も多くなりました。また、海外でのトラブルに安心な「24時間日本語対応のアシスタンスサービス」などのサービスも充実しています。

海外旅行保険付きカードの関連記事

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
  • ※ ポイント還元率は価格.com独自の算出です。より正確な情報は各カード会社のホームページをご確認ください。
  • ※ 価格.com限定特典やその他の入会特典は各カード会社より提供されます。お申し込みの際は各カード会社による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

このページの先頭へ

  • クレジットカード
  • 海外旅行保険付きカード価格.com

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止