トヨタ MR-Sの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ MR-Sの新型情報・試乗記・画像

MR-Sの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

MR-Sのモデル一覧

MR-Sのレビュー・評価

(4件)

MR-S 1999年モデルの満足度

4.74

(カテゴリ平均:4.28)

    MR-S 1999年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 【エクステリア】
      ポルシェボクスターに似ているだの揶揄されるがあちらが二代目デザインで寄せてきた。トヨタ初のオープン専用ボディは軽量化を第一に設計された真のライトウェイスポーティカー。

      【インテリア】
      丸いシボや円筒バーを基調にしたシンプルなデザインは安っぽい。外装色とシート色を選べるため多彩な組み合わせが存在する。2シーターカーではシート後ろの空間余裕の有無がバッグやオイル缶を置けるか左右するが、その点でS660やNDとは一線を画し使いやすい。

      【エンジン性能】
      トルク重視の1.8Lエンジンはレギュラー仕様なので極めて実用的で財布に優しい。

      【走行性能】
      先代のAW
      続きを読む 11やSW20と比べて実用域から容易にMRの回頭性を感じ取れる。車重1tを切る前期型には3万円で純正ヘリカルLSDを装着でき安価にスポーツ走行を楽しめたことから、その後のマイナーチェンジでより高速域での安定性を重視した改良を加えられる。

      【乗り心地】
      フロント足回りはビッツの流用。乗り心地はリアサスで決まるが普通。

      【燃費】
      待ち乗りで12km/Lくらい。

      【価格】
      2022年現在比較対象となるMRがないため価格高騰中。

      【総評】
      コーナー突っ込みで前輪グリップの限界を感じとり後輪で加速するというMRの定石を安価に体感できる国産車が他にないため希少な存在になっている。
      S660は荷重移動ができない若葉マークでも80km/hまで安楽に走れるなんちゃってMRなのでそもそも枠が違う。中古で購入するときは点検履歴が揃ったフルノーマルに近い個体を撰ぶべき。新車ガソリン車の販売がまもなく出来なくなるので旧車オーナーらが手元に残す車を厳選入れ替えするのが2022年と思われ。
    • 【エクステリア】
      でっかいライトが印象的。
      単調なラインで艶かしい魅力はない。
      サイドインテークはメンテのために外れるようになってるが後付け感消す努力全く無し。
      ガキっぽい。海外の似たような車はなぜかそうは思わない。
      これがセンスの差。

      【インテリア】
      エクステリアは角度により悪くない時もあるが
      インテリアは褒める所がない。
      メーターホワイトは夕暮れから夜間はすごく見にくい。メーターフードも玩具っぽい。
      インパネは精度が悪く隙間が大きく変な線が多い。
      エアコンスイッチからオーディオ・シガーまでの真っ平らのくせにごちゃついててかっこ悪い。
      センターコンソールは無駄に前
      続きを読む が開いてる。後は肘掛けなのか盛り上がってる。サイド引く時邪魔。
      直線基調で行くなら突き抜ければいいのに。
      ドアは取ってつけた布生地。握りやすいけど浮いてるパイプハンドル。
      このパイプのセンスを全面に出せばもっとポップでいい意味でシンプルなインテリアにもなれたが
      中途半端に普通の車であろうとブレーキかけて見苦しい。
      ただただ安っぽくて古臭い。同時期の初代ヴィッツやZZTセリカが次世代のデザインなのに何故手を抜いた。
      90年前後のセンスで時代遅れ。

      【エンジン性能】
      軽さでカバーしてるからサーキットで更に上が欲しい人以外十分。
      普通に走っても油温がやばいのでオイルクーラーは純正で付けてほしかった。

      【走行性能】
      すっとフロントが入る独特な感じが病みつき。
      郊外のカーブはノーブレーキで流せる。

      【乗り心地】
      純正はよくない。ゴツゴツのくせに腰砕けにロールする。
      TRDフルセットでだいぶ良くなった。

      【燃費】
      郊外なら15は出る。平坦路60km/hだけなら20前後までいく。

      【価格】
      今出せば+50万するだろう。中古はプレミアも無く安いので手が出しやすい。
      当時は適価。

      【総評】
      見た目で損している。特に内装。
      走りはいい。耐久性はトヨタだからと言って過信してるとオイルで足をすくわれる。
      熱がこもるのでシビアな管理が必要。まずは温度計付けてから。
      弄るなら軽量化を勧める。パワーはターボか2ZZしか大幅アップは不可能なので
      そこまでしないなら排気系・ホイール・前後フードの交換がいい。
      電線代ケチったのかバッテリー後ろはバランス悪いし空気の抜けも悪い。前に持っていくと丁度いい。

      ノーマルは足りない点が多い。ちょっとお金かけて仕立て直すと良くなる。
      逆に言えば未完成車。素材と思えばいいがメーカーはもう少し仕上げてから売って欲しい。
      ローコストで妥協の塊のやっつけで作ったみたいだが芯はいいから弄るならお買い得。
    • CR-X、カプチーノ、ロードスター、S2000、数々の国産ライトウェイト、スポーツ車を所有して来ました。

      どれも、それぞれに思い入れがあって買った車でした。
      そんな中でMR-Sは、ただ安さだけで選んだ車でしたw
      ですが、歴代車で一番のお気に入りの愛車となりましたwww


      小さい頃から、コーリンチャップマンが創設し、仏教の花「蓮の花」をエンブレムにするロータスの市販車が大好きでした。

      MR-Sは、そのロータスに通ずる「非力な量産エンジンを軽いボディーに積んで、車の運動性能を高める。」
      と言う、ライトウェイトスポーツ車の基本理念の元、忠実に造られています。

      トヨタの
      続きを読む 量産車、カローラ、セリカなどに搭載されている1,8リッター、140PSという平凡な性能ですが、エンジン重量はわずか110キロその軽いエンジンを、トヨタ初オープン専用ボディーのミッドシップに搭載するMR-Sは、スチール製モノコックながら960キロ。

      至れり尽くせりのトヨタ車が、オーバーハングの重量軽減の為に、リアトランクを排した潔さも素晴らしいw


      (エクステリア)

      よくボクスターに似ていると言われますが、あまり他の車を知らない人の意見ですね。
      先にあるミッドシップ車、フェラーリ、ランボ、ポルシェ、ロータスなどに似てしまうの致し方ありませんねw
      自分は、強いて言えば、ロータス23に少し似ている?かと思いますが〜トータル的にはブスだけど、あれ??ふとした角度から見た時にカッコよかったりする?痘痕も靨www

      ボディーパネルは、全てボルト止めなので、いかようにも変身出来るのが素晴らしいです。


      (インテリア)

      質感など、良くありませんが〜収納スペースも、それなりにあり使い勝手は良いです。
      デザイン性はレトロ&モダンで、まあまあ良いと思います。


      (エンジン性能)

      1ZZは、あくまでも実用エンジンなので、低回転からのトルクもあって乗りやすいです。
      高回転はそれなりですねw


      (走行性能)

      ミッドシップ車ならではの、ノーズの軽さが生み出すコーナリング性能は〜曲がるたびに「気持ちイイーーー!!!」ですw
      何と言っても、1トン切りの軽量の恩恵が、加速、曲がる、減速、全てに効いていて素晴らしいですね。


      (乗り心地)

      スポーツ車にしてはノーマルの足は十分に乗り心地も良いです。
      ですが、ホイールアーチの隙間が大きいので車高落とすと悪くなります。当たり前ですがw


      (燃費)

      燃費が抜群です!レギュラーガソリンでリッター15〜16キロ走ります。
      スポーツ車で、これは有り難いですw


      (価格)

      発売当時、新車価格200〜250万は安いですが、中古をヤフオクで18万で買いました。
      歴代スポーツ車、最安値ですw



      MR-Sは、販売実績などライバルのマツダロードスターには全く敵いませんでした。
      しかしトヨタが三代続けて磨いてきたMR車の集大成が、このMR-Sです。

      ポルシェは、ボクスター開発時、二代目MR-2を、徹底的に研究し、参考にしたそうです。
      その影響でしょうね。ボクスターは、MR-2、MR-Sと同じ足回りで、四輪ストラットです。

      ノーマルのMR-Sは、筑波サーキットで60馬力も高いインテグラタイプRなどと変わらないラップタイムを出します。

      土屋圭市のホットバージョン、峠MAXでストリート最強のチューニングカーを決める企画では、スピリッツがチューニングしたMR-SがMAX200クラスで、あの本家ロータスエリーゼよりも速いのです。

      発売当時の試乗記で、鈴木亜久里さんはロードスターに比べ、このMR-Sをべた褒めしております。

      MR-Sは、隠れた名車です。分かる人には分かる本物です。
      四輪のドライブが大好きで、購入を迷われている方にはお薦めします。
      軽量ミッドシップ車の運動性能を、こんなに安価で体験出来るのは、この日本で今だけです。

      速さを競う四輪を極めれば、MRです。
      F1はFRではありません。

      ただ走る楽しさを得るが為に、背中にエンジンを搭載する贅沢を味わって下さい。

      名車ロードスターは?いつでも新車乗れますのでw

    MR-Sのクチコミ

    (448件 / 78スレッド)

    クチコミ募集中

    MR-Sのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    MR-S 1999年モデル

    MR-S 1999年モデル

    MR-S 1999年モデルのクチコミを書く
    MR-S

    MR-S

    MR-Sのクチコミを書く

    閉じる

    MR-Sのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    MR-S 1999年モデル

    MR-S 1999年モデル

    MR-S 1999年モデルのクチコミを書く
    MR-S

    MR-S

    MR-Sのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ4
      • 返信数8
      • 2019年10月15日 更新
      つぅ〜さんです。

      いよいよ私の独断場になっていますので,占領してしまいそうです。

      今回は駆動系です。
      長くなります。
      いきます。

      次のパーツ(6から10)はミッションを外す作業となるので1度でNさんに依頼しました。

      6.マニュアル6速トランスミッション換装(後期MR-S)
      7.軽量フライホイール装着(社外品)
      8.機械式LSD装着(TRD)
      続きを読む.クラッチ交換(社外品)
      10.6速用クイックシフトレバー換装(TRD)

      以下はインプレッションです。

      6.マニュアル6速トランスミッション
       走行4万5000Kmの後期モデル6速ミッションをヤフオクでゲット。
       ボルトオンで前期モデルに取り付けられると踏んでいたので,迷いもせずNさんに依頼。
      初めは彼も「大丈夫かな」なんて言ってましたが,そういった改造は経験のあるエンジニ
      アのこと,「つかえて入らなかったら,フレームのこの辺りをハンマーで凹まして」なん
      て私のジョークで,「エイヤァ!」でやってくれました。
       ミッションとフレームの10cm程の隙間が2cmになりますが,ねらい通りピッタシで装着。
       おかげさまで私のMR-Sは前期モデルでありながら6速,かつ1トン以下の重量(税)と
      いう変なMR-Sになってしまいました。車検証にはミッションに関する記載はないんですね。
      ということは改造申告は不要ってことですね。
       6速ミッションになっても,1速から5速までは5速ミッションと全く同じギア比です。
      6速目はオーバートップという扱い。
       高速道路100Km/hで5速3200回転。6速では2800回転。
       私の希望としては100km/h6速であと300回転ほど低い2500回転ほどになって欲しかった。
      親戚のカローラ系自家用車はMR-Sと同じハイメカツインカム1800cc AT車両ですが,100Km/h
      で2300回転ほどです。ATはMTより随分低回転ですね。
       装着後の最高燃費が14km/Lから16km/Lに向上。街中でのシフト操作は結構忙しい。

      7.軽量フライホィール
       軽量フライホイールに関しては,クチコミでも皆さんにお聞きした際に,私は「エンジン
      はトルクがありますが,吹き上がりの遅さやエンジンブレーキの利きの悪さには閉口して
      います。特にヒール&トウでエンジン回転数を一瞬で上げたい時,少し長い目のアクセル
      ワークが必要です。これは完全にリズムを崩してくれますので,不満です。」といった課
      題を抱えておりましたし,かといってソフトチューンという目的でしたので,さらにずい
      ぶん時間をかけ選定しました。
       エンジン回転上昇はフライホイールの軽さが影響を与えます。よって軽い製品ではどの
      ようなモノがあるかを調べました。
       製品毎にどの程度軽量なのかというと,TRDは4.5Kg。サーキット走行用としてはどのメー
      カも4.5Kg前後の重量でした。純正は6Kgほどあるようです。
       私としてはサーキットも走行したいのですが,MR-S独特のトルク感もなくしたくない。
      そこでジャスト5Kgの製品にしました。お安く購入できるのも魅力でした。
       やはり吹き上がりが,かなり軽くなりました。そのくせトルクの落ち込みは全く感じま
      せん。一番嫌だった吹き上がりの重さをまったく感じなくなったほど軽くなり「これこそ
      標準!」と思わせるほど。4.5Kg級を装着すると,きっとレーサーのような吹きになるん
      でしょうね。

      8.機械式LSD
       MR-Sを購入した当初から装着したいと思っていたパーツでした。これは迷わずTRD製を
      新品で選択。出荷時には1.5Way,これを2Wayにしてもらうために,さまざまに情報を仕入
      れました。ギアオイルはトヨタFF車用でいいんです。購入したパーツの中では単体で最も
      高額なものとなりました。
       やはり走りは変わります。後ろだけを流せるようになるのですが,下手な私がやるとリ
      アタイヤがまず最初に負けます。すごく難しい!
       サーキットで練習ですね。

      9.クラッチ
       クラッチは必ずしも交換の必要がなかったんですが,ミッションを降ろすので,ついで
      に新品にしました。
       強化クラッチを入れようかと考えましたが,クラッチが重くなるのも嫌だし,結局社外
      品ですがトヨタにOEMもしているメーカの標準品にしました。

      10.TRD6速用クイックシフトレバー
       ミッションが6速になると5速用クイックシフトレバーは使えなくなるので6速用TRD
      新品を購入,交換しました。
       何故かシフト操作が非常に硬くなりました。特に停車状態から1速に入りにくいことが
      ある。1時間ほどドライブしたあとにギアをニュートラルから1速やバックに入れにくく
      なります。何が原因なのか不明で,現在抱えている課題のひとつです。Nさんは,クラッチ
      が不良かもと言っています。
       ところでクイックシフトレバーの交換の「あと知恵」ですが,やり方しだいで,5速用
      のままでも使えたかも知れません。バックギアのシフト位置が右後から左前に変わるので,
      加工は必要です。その位置のレバー腰下部のアタリを(なんとかして)避けてやれば何と
      か使えるのではと。つまり5速用をうまく削れば使えそうかなということです。でも重要
      な部品なので自己責任です。
       結局「1万キロ以下使用で取り外したTRD5速用クイックシフト」はヤフオクで次のオー
      ナーに。

      つづく
      • ナイスクチコミ74
      • 返信数7
      • 2018年10月16日 更新
      私のmr-sもSMTのトラブルで埼玉県所沢市の国道463にて突然走行不能となりました
      道路中央付近だったので非常に危険な状態でした
      近くのネッツトヨタでみてもらったらシーケンシャルアクチェータの作動不良で交換が必要との事
      シーケンシャルアクチェータと油圧ポンプは以前にも同様の内容で交換しましたが 度重なる同部品の不具合による突然の走行不能 もし高速道路だったりしたら
      続きを読む大事故になります

      同トラブルはネットにもいっぱい投稿されている事から欠陥部品である事は確かだと思います

      早急にリコールして対応すべきだと思います

      アクチェータはルーク製でありトラブル発生の際はアッセンブリ交換となっていますが不具合(作動不良)の詳細な解析及び原因の究明 対策 再発防止等がきちんと行われているかが気になります

      修理して再び欠陥品が取り付けられたのでは不安で楽しく走行する事は出来ません

      事故が起きてからでは遅過ぎます

      勿論トヨタは知ってるはずですから自主的にリコールしなければ強制的にでもリコールさせる必要があると思います


      人命にかかわる重大な不具合です


      • ナイスクチコミ112
      • 返信数8
      • 2018年4月3日 更新
      MRS 6速 SMT で突然エンジンが停止し警告灯がつきエンジンがかからなくなりました、
      デーラーに持ち込み修理依頼をしたところ費用は30万円で交換部品はオイルギャポンプとアクチュエータの同時交換との回答、部品状態を確認したところアクチュエータがロックしているがオイルギャポンプは正常に動作している、なぜ悪くないオイルギャポンプも交換しなければいけないのかの問いにオイルギャポ
      続きを読むンプの加工精度が悪く鉄粉でアクチュエータがロックしているのてわと質問したら、その通りと回答、同時交換メーカーの指導だそうです、私なりに原因を追究しシステム内のオイルをろ過したら鉄粉と異物が出てきました、オイルギャポンプの仕上げ不良が原因と確認、デーラーの方も確認しています。加工精度が悪いのはメーカー責任のはず、年式が新しいときは鉄粉も大きく、段々にせん断されてアクチュエータがロックする、4年前にも修理依頼しましたが再現しないのでと修理していない。同じような故障の方おられませんか、異物をろ過した写真を添付します、MRSのオーナーの方達みんなで一緒にトヨタとリコール交渉しませんか、ご意見おまちしています。国交省自動車の不具合情報ホットラインにたくさんあります、皆さん登録しましょう、件数が増えないと国交省は動きません、トヨタに修理代金返金させましょう、トヨタが隠し通せないようにドンドン書き込みお願いします。

    MR-Sの中古車

    MR-Sの中古車相場表を見る

    愛車の買取査定額をオンラインで比較

    複数の買取店が愛車を査定!WEB上で買取査定額を比較して最高額で売却しよう!

    • Point01
      営業電話
      メール一切なし
    • Point02
      一回の入力で複数の
      買取店に依頼
    • Point03
      査定額を
      オンラインで比較
    • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止