マツダの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

マツダの最近発表・発売された車種

マツダの人気・注目ランキング

マツダの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

マツダの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

マツダの新着レビュー

2018年8月30日に発売されたマツダ・デミオの改良モデル(6速AT車:FF)に試乗しました。 これまで年次改良を含め、魅力的かつ高いクオリティを付加した特別仕様車などをリリースしてきたデミオですが、この年の改良における最大の話題は従来まであったガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに拡大したことです。 元々同社の「スカイアクティブテクノロジー」を搭載するデミオですが、試乗する前は「わずか0.2Lのスケールアップだから走りについてもある程度イメージできる」と考えていました。しかしそれは良い意味で裏切られました。 単純にエンジンだけでなくトランスミッションとの協調制御も煮詰めていることは実際の走行でも感じ取ることができます。 特に市街地などの「ストップ&ゴー」が多い領域での発進時や流れの良い郊外路での加速時などいわゆる日常領域での走行フィールが大幅に向上しています。さらに速度域によっては1.3L車時代に比べシフトダウンの頻度も減ることでギクシャクした感覚も少なくなっています。 また驚いたのが実用燃費です。デミオのガソリン車はWLTCモードで19.0km/L、燃費の良さでは定評のあるクリーンディーゼルよりはもちろん数値的には落ちますし、そもそも燃料代が安いディーゼルに対しては不利になります。しかし、今回高速道路を約60%、市街地40%で約400km走った数値としてはマツダコネクトの燃費計で18km/Lを超える結果でした。もちろんアダプティブクルースコントロールを多用したこともありましたが、高速では22km/Lを超えることもあり、カタログ数値以上の燃費もマークすることもありました。 またディーゼルエンジンに比べフロント周りが軽いことも走りに寄与しています。このクルマにもGVC(G-ベクタリングコントロール)が搭載されていますが、コーナリング時のボディのふらつきも抑えられ、スムーズな回頭性を得ることができます。ディーゼル車の走りも魅力ですが、市街地などを中心に軽快に走るのであればガソリン車を選択する理由は十分にあると感じたわけです。 また今回の試乗車は前述したようにデミオが定期的にリリースしてきた特別仕様車のひとつである「ミスト・マルーン」です。これまでも人が触れる部分の触感や視覚的な上質感をうまく演出してきたデミオですが、この特別仕様車もシートやインパネのデコレーションパネルにグランリュクス(人工皮革)を採用するなど触れてみると上質な風合いを感じることができます。 シートやインパネだけでなく、エアコンルーバーのベゼル部にもダークシルバー/防眩サテンクロームメッキの採用、コンソールサイドにも専用の仕上げが施されています。そして何より良いと感じたのがステアリングヒーターが搭載されていること。前に紹介し現在も継続販売されている「ノーブルクリムゾン」にはこの装備は付いていません。 ガソリンエンジンを搭載する15Sは同じ特別仕様車比較ではディーゼル車よりも28万円以上車両価格が安くなります。長距離は乗らない、街中から郊外路程度までの走行がメイン、ひと月の走行距離も少なめ、と言った人にはトータルの初期導入費用の安さも含めるとガソリン車のほうがコスパは高くなるケースも十分考えられます。ただ、モデル末期であるデミオだからこそ商品に「プラスα」の要素が欲しい。その点でもシックな風合いを持ちセンスの良さを感じ取れる大人のための1台に仕上がったこの特別仕様車こそが今、買いのグレードと言えるでしょう。

免許取ったあと初めて乗ったのが初代デミオ。 経営危機になると名車が登場するマツダらしい車でした。 見切りも非常に良くて、駐車も余裕。 走る・曲がる・止まるともしっかりしている、シートも値段の割によく運転してい疲れなかった。 バンとしての使い勝手もいいけど、後ろのシートは商用バンのようなペラペラのもではなく、しっかりとしてた。 それでいて、後部席を畳めば、かなりの荷物も詰めた。重量物を詰みすぎてサスが沈んだけど。 パネルとかの質感は確かにチープだったし、既存の寄せ集めに近いけど、使い勝手はいいし、走りも基本が出来ていたので、マツダの救世主と言える車だった。

2019年式のLパケ4WD 2.2Dです。購入当初はブレーキのタッチ感が変で踏み込みした時にコクという感覚が有り、購入店に相談したがダメで、保安関係なので、マツダの顧客窓口に相談したが、何方かが書かれていた通り、販売店に。との一点張り。。T社とかN社は、同様の事が有れば引き取ってメーカー側で調査をしてくれたと聞いていたが。。マツダのダメな所かと。結局、購入して半年は掛かりましたが、マスターバックを交換して頂きました。でも、車作りは良くて、私の乗っているディーゼルのトルクは最高です。一度味わうと虜です。最初の事以外は、何も不満が無いですが、煤問題が何時自分に降り掛かるのか?長く乗りたいので、定期的に高回転でエンジンを回したり、添加剤で対応してますが。

マツダの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数6
  • ナイスクチコミ14
  • 2022年5月26日 更新

先日XD-HYBRID ジェットブラック タンカラーを契約してきました。 毎日YouTubeやネットニュースを見て納車を楽しみにしてます。 ネットの画像を見ているとフォグライトが点いている写真がないのですが、CX-60にフォグライトはないのでしょうか?

マツダの人気中古車ランキング マツダの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止