軽自動車の新車情報・自動車カタログ

国産メーカーの車種を探す
トヨタ
日産
ホンダ
マツダ
スバル
スズキ
ダイハツ
三菱
価格帯から探す
100万円未満
100〜149万円
150〜199万円
200〜299万円
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

軽自動車の最近発表・発売された車種

軽自動車の人気・注目ランキング

軽自動車の最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

軽自動車の自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • メーカー順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • トヨタ
    日産
    ホンダ
    マツダ
    スバル
    スズキ
    ダイハツ
    三菱
    光岡
    スマート
  • 100万円未満
    100〜149万円
    150〜199万円
    200〜299万円
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    カ行
    サ行
    タ行
    ナ行
    ハ行
    マ行
    ラ行
    ワ行

軽自動車の新着レビュー

2代目となるホンダ N-ONE、その中でも注目度の高い「RS」の6MTとCVT車に試乗しました。10秒でわかるこのクルマの特徴は @6MTはシフトの位置も含め、とにかく運転が楽しい AMT車でもホンダ・センシングを搭載している BS660が家庭の事情で買えないオトーサンにこそオススメ といったところでしょうか。 フルモデルチェンジを行ったN-ONEは「タイムレスデザイン」、つまり変えないことによる飽きのこないデザインを提唱しています。開発陣に話を聞いても「さらっ」と「ルーフやパネル類は同じ形状です」とのこと。 ただ、目につく部分のヘッドライトやバンパー類は新規デザインですし、何よりもエンジンを含めたハードウエアやインテリアは全て新設計です。また何よりも待望の先進安全装備である「ホンダ・センシング」が全グレード、もちろんRSの6MTにも標準装備されている点が大きな魅力です。 まずボディサイズですが、FF車は全グレードの全高が1545mmになりました。旧型でも2015年7月のマイナーチェンジの際にLOWDOWNモデルが設定されましたが、今回はFF車であればすべて都市部やマンションに多く設置されている立体駐車場に入庫することができます。ちなみに4WD車は1570mmとなります。 搭載するエンジンは658ccの直3のNA&ターボ車。RSはターボのみ「プレミアム」系はNAとターボの両方がグレード別に設定、そして最もプレーンな「オリジナル」はNAのみにすることでグレードごとの個性を出しています。 全体的に走りの質感がどのグレードでも向上しているので「オリジナル」にもターボモデルが欲しいところですが、グレード全体をバランスよく販売するためにも現状ではこのようなグレード設定にしているのでしょう。 さて、RSですが、先に試乗したCVT仕様の走りに関してもCVTの制御自体を専用に設定することで、なかなかスポーティに走ることができます。 プラットフォームの刷新などにより、サスペンションのストロークなどは思った以上によく取れています。ゆえに段差を乗り越えた際の突き上げも間違いなく減少していますし、路面への追従性もNシリーズの中では一番優れていると感じました。 そして待望の6MT車です。ズバリ言います!「コレ、凄く良いです!」。シフトストロークの短さやカチッと入る手ごたえに関しては予想通りの出来だったのですが、何よりもシフトレバーの位置が高めに設置されていることで左腕をあまり伸ばし切ることなく肘が軽く曲がった状態で的確なシフト操作ができるのです。ターボのMT車と言えば、やはりスズキのアルトワークスがライバルとして挙がってきますが、こちらは前述したようにRSよりはレバー位置が下のほうにあるので、操作性ではRSのほうが上だと思います。もちろんワークスの設計自体が古くなってきていますし、MTも5速ですから比較するのはやや酷なのかもしれません。 エンジンに関しては吹き上がりのスムーズさはもちろんですが、全体の静粛性が高まっていることは高く評価したいです。旧型もパワフルでしたが、回転の上昇より、高速クルーズ時の音量や音質が少し気になりました。その部分ではエンジン単体だけではなく、遮音性も技術的に高めていることによる相乗効果と言えます。 小気味良く決まるシフトにより市街地からワインディングまでの走りは「昔MT車に乗っていた」という人にも満足のいく仕上がりです。一方で高速道路に入ると標準装備されるホンダ・センシングのACCやLKAS(車線維持支援システム)を搭載しているので快適性は一気に高まりました。ただ、ACCには渋滞追従機能も搭載されているのですが、これだけはCVT車のみになることは覚えておく必要はあるでしょう。 車内の快適性はサイズ以上に高く、特に助手席の前方を大きくえぐる設計により(エアコンユニットなどの位置等を変更)足元が旧型とは比較にならない位、広くなりました。一方で運転席ですが、CVTならばある程度我慢できるのですが、背の低い筆者(160cm)がMT車のペダルに身体を合わせようとシートを前方にスライドさせると左足の膝下辺りがぶつかるのです。実はN-WGNに試乗した際にもエンジニアに意見をぶつけて見たのですが、N-WGNはCVT車のみでさらにテレスコピックステアリングも装着されるので許容範囲でした。実際ディーラーに行った際には確認して欲しい部分です。 後席にはスライド機構こそありませんが、ホンダ車ではおなじみの後席チップアップ機構は搭載されています。これを使えば高さのある荷物も積載できますが、意外と便利なのが、2L×6本のペットボトル飲料を積載する際にラゲージまで持ち上げると12kgの重さは結構、腰に負担がかかります。しかしチップアップした床面はラゲージより低いので上手く活用すると利便性も高まります。 N-ONE RSの車両本体価格は6MT/CVTとも199万9800円です。試乗車の2トーンカラーは6万500円だったので本体だけで200万円超え、ホンダ・センシングが搭載されていてもやや高めに感じるかもしれません。それでも6MTのRSをオススメしたい理由は「本当はS660が欲しいけど、家族に了承してもらえない可能性が高い」というMT車大好きオトーサンにぜひオススメしたいからです。RSのMT車であれば家族とのドライブにも使えますし、1人で純粋に走りを楽しみたい要望にも応えてくれます。少々オーバーな言い方ですが「4人乗れるS660」として考えるとこの価格も納得できるはずです。 最後にディーラーオプションで販売されているホンダアクセス製の「デカールセット」はぜひオススメしたい商品です。いわゆる昔流行った「ステッカーチューン」に代表される商品ですが、企画したのが同社の20代の社員とのこと。特に「TURBO」の文字が反転しているので前方車のルームミラーからだと正しく見える仕様になっています。これも昔スカイラインなどで使われた手法で昭和生まれの筆者としては「やるなあ」と思わずニヤリとしてしまいました。

【エクステリア】 ・ボンネット位置が上がって重厚感が増したが、代わりにリアは貧相に感じる。前後バランスが悪い。 ・縦目も微妙。わざわざ3種の顔を作らず、FXの顔をスティングレーにした方が良かったかも。 ・グリルイルミネーション、バンパーイルミネーションは廃止で、質感が薄れた印象。(デイライトくらい付いていたらなぁ…) ・ドアの鍵穴が、軽自動車特有のドアハンドルと別になってしまった。 ・MH23から34になる際にキャラクーラインを廃止し、抑揚のあるドアパネルで上質感を表現したのに逆戻りしてしまった。 【インテリア】 ・ドア内張が、MH55になって質感が劣った感じ。MH34(44)ではハードプラでも、色々な質感の物が使われてた。MH55では、ほぼ黒一色。 ・センターメーターは、いただけない。HUDが標準装備の時はまだ良かったが、改良時に廃止でオプション扱い。メーターが運転席側を向いていないので、見にくいだけ。 ・エアコン操作ボタンも、横一列で分かりづらい。せめてオフボタンは、別にすべき。ギアをDレンジに入れた時に操作ボタンが隠れるからコンパクトなエアコン操作パネルになったんだろうけど、殺風景な雰囲気になってしまった。 ・助手席前のリッド付インパネボックスが無くなり、収納が少なくなった。 (剥き出しのトレーやカップホルダーは、ホコリが溜まりそう…) 羨ましいのは、ステアリングスイッチに照明が付いた程度。その分、ボタンが小さくなって、扱いにくくもなった。 【エンジン性能】 MH34(44)、MH55ともR06エンジンなので、そう変わらず。 【快適装備】 そろそろ全車速対応のACCは欲しいところ。他社の車には付いてるので差を感じる。 【総評】 Tに、エアバッグが豊富になったのは良い点(MH23のTではサイド・カーテンエアバッグが付いてたのに、なぜMH34では無くしたか疑問) とりあえずセンターメーターは廃止か運転席側に向け、全車速対応ACC・電動パーキングブレーキくらい付けないと他社と差が出て売れなさそう。

【エクステリア】  旧型ルックだけど、よりアウトドアを意識した角ばった外観で気に入っている。 ボディー色は、クールカーキメタリック(単色)にしたが、ジムニーのような色だったら更に気に入っていたかも。 真横から見ると、ホワイト(単色)もいいね。 『追記』 Gターボにした理由の1つに、純正アルミのデザインが許せなかったというのも有ります。 本当は、青/白ツートンとか黄/白ツートンに標準の白テッチンホイールの方が好きですけどね。 ※まぁ、デザインだけ同じにしておけば、白で塗装することもできますし。 【インテリア】  基本的には気に入ってるが、アイドリングストップの切り替えスイッチだけ、走行中に操作しづらい位置にあることだけが残念ポイント(仕方ないので、ONのままで使ってる) あと強いてあげるとすると、助手席側の肘かけが有ると更によかったかな。 【エンジン性能】  Gターボなので、特に動力性能に不満は感じてません。 登り勾配の高速の流入も、PWRモードを使わずともフル積載で全然余裕、NAだとACCが付かないので、ターボにしましたが、ターボにして良かったと思う点でも有ります。 【走行性能】  ミライースとの比較になってしまいますが、同じCVTだとは思えないほど、登坂が楽で助かる。 ・ミライースと比較すると、背が高いからか、多少ロールは気になるけれど、そもそも車のカテゴリーが違うので、そういうものだと思ってます。 ・ハンドリンクに関しても、ミライースは荷重移動をさせなくても、非常に素直なハンドリングを見せるのに対して、ハスラーは、荷重移動を行わずにステアリングを切ると、アンダーっぽい感じ、フロント荷重を意識すれば問題ないですけどね。 ・LKAが効いて無いって書いてる人居ましたが、本当に試してますか?OFFになってません?ちゃんとステアリングに介入してきますよ。 『追記』 ・マニュアルモード付ステップ式CVT制御で、通常のDモード走行中でもパドルが効きますが、2速と3速の間が離れているため、2速にすると効きすぎる、3速だとエンジンブレーキ&フットブレーキという局面が有ります、7段に切って2速と3速の間が有ると良かったかな。 ※ダウンシフトはオーバーレブしない限りは、結構受け付けてくれますが、アップシフトは、あまり低回転だとピピッ!と警告音がして受け付けてくれません。(そりゃそうだ) 【乗り心地】  基本的には良い、ただし、ピストンスピードが遅いゆっくりしたウネリとか、ピストンスピードが速い、小さい入力の時のみ。 ピストンスピードが速い、大きな入力は、ショックの性能からか、ドシン!と質の低い振動を伝えてくる、これは試乗した時から判ってはいたけれど、ショックを交換するなどして対処したいところ。 【燃費】  良い。本当にターボかと疑うくらい良い。 市街地1:郊外路3:高速3:山坂路3位の割合で、25km/L(車載燃費計)程走る、タコメータを見ていると、80km/hで走っていても1600rpm位しか回ってない、ターボのトルクを生かして低回転でエンジンを使っている感じ。 登坂時でも、2000rpmを超えることがあまりない感じ。 『追記』 上記の数値は、往復300km程度のプチ遠出時の数値、購入当初は街乗りしてましたが、20km/L前後を示してました、ぶっちゃけ街乗りでも良い方ですね。 【価格】  キャンプ&遠乗り用に増車したのですが、二人と冬用のキャンプ用品一式が車内積載出来、ACCでラクチン運転可能なターボ車が、込々200マンちょいなら、コスパは最高じゃないかと思います。 【総評】  凄く気に入ってます、妻にもハスラーなら、遠出全然余裕と言っちゃってますが、無茶苦茶楽なので、片道700km,800km行けると思います。 ※ミライースでもやりましたが、片道700kmで足が痛くて・・・。

軽自動車の話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数96
  • ナイスクチコミ287
  • 2021年5月11日 更新

ターボ2WDを購入しました。 上り坂を低速で走行するとかすかにエンジン付近からカラカラと異音が発生します。これは正常なんでしょうか?同じ症状の方いるでしょうか?

軽自動車の人気中古車ランキング 軽自動車の中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止