ホンダの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

ホンダの最近発表・発売された車種

ホンダの人気・注目ランキング

ホンダの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ホンダの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    軽自動車
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    ハイブリッド
    電動自動車
    商用車
    福祉車両
  • 100〜149万円
    150〜199万円
    200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    サ行
    ハ行
    ラ行
    英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

ホンダの新着レビュー

2代目となるホンダ N-ONE、その中でも注目度の高い「RS」の6MTとCVT車に試乗しました。10秒でわかるこのクルマの特徴は @6MTはシフトの位置も含め、とにかく運転が楽しい AMT車でもホンダ・センシングを搭載している BS660が家庭の事情で買えないオトーサンにこそオススメ といったところでしょうか。 フルモデルチェンジを行ったN-ONEは「タイムレスデザイン」、つまり変えないことによる飽きのこないデザインを提唱しています。開発陣に話を聞いても「さらっ」と「ルーフやパネル類は同じ形状です」とのこと。 ただ、目につく部分のヘッドライトやバンパー類は新規デザインですし、何よりもエンジンを含めたハードウエアやインテリアは全て新設計です。また何よりも待望の先進安全装備である「ホンダ・センシング」が全グレード、もちろんRSの6MTにも標準装備されている点が大きな魅力です。 まずボディサイズですが、FF車は全グレードの全高が1545mmになりました。旧型でも2015年7月のマイナーチェンジの際にLOWDOWNモデルが設定されましたが、今回はFF車であればすべて都市部やマンションに多く設置されている立体駐車場に入庫することができます。ちなみに4WD車は1570mmとなります。 搭載するエンジンは658ccの直3のNA&ターボ車。RSはターボのみ「プレミアム」系はNAとターボの両方がグレード別に設定、そして最もプレーンな「オリジナル」はNAのみにすることでグレードごとの個性を出しています。 全体的に走りの質感がどのグレードでも向上しているので「オリジナル」にもターボモデルが欲しいところですが、グレード全体をバランスよく販売するためにも現状ではこのようなグレード設定にしているのでしょう。 さて、RSですが、先に試乗したCVT仕様の走りに関してもCVTの制御自体を専用に設定することで、なかなかスポーティに走ることができます。 プラットフォームの刷新などにより、サスペンションのストロークなどは思った以上によく取れています。ゆえに段差を乗り越えた際の突き上げも間違いなく減少していますし、路面への追従性もNシリーズの中では一番優れていると感じました。 そして待望の6MT車です。ズバリ言います!「コレ、凄く良いです!」。シフトストロークの短さやカチッと入る手ごたえに関しては予想通りの出来だったのですが、何よりもシフトレバーの位置が高めに設置されていることで左腕をあまり伸ばし切ることなく肘が軽く曲がった状態で的確なシフト操作ができるのです。ターボのMT車と言えば、やはりスズキのアルトワークスがライバルとして挙がってきますが、こちらは前述したようにRSよりはレバー位置が下のほうにあるので、操作性ではRSのほうが上だと思います。もちろんワークスの設計自体が古くなってきていますし、MTも5速ですから比較するのはやや酷なのかもしれません。 エンジンに関しては吹き上がりのスムーズさはもちろんですが、全体の静粛性が高まっていることは高く評価したいです。旧型もパワフルでしたが、回転の上昇より、高速クルーズ時の音量や音質が少し気になりました。その部分ではエンジン単体だけではなく、遮音性も技術的に高めていることによる相乗効果と言えます。 小気味良く決まるシフトにより市街地からワインディングまでの走りは「昔MT車に乗っていた」という人にも満足のいく仕上がりです。一方で高速道路に入ると標準装備されるホンダ・センシングのACCやLKAS(車線維持支援システム)を搭載しているので快適性は一気に高まりました。ただ、ACCには渋滞追従機能も搭載されているのですが、これだけはCVT車のみになることは覚えておく必要はあるでしょう。 車内の快適性はサイズ以上に高く、特に助手席の前方を大きくえぐる設計により(エアコンユニットなどの位置等を変更)足元が旧型とは比較にならない位、広くなりました。一方で運転席ですが、CVTならばある程度我慢できるのですが、背の低い筆者(160cm)がMT車のペダルに身体を合わせようとシートを前方にスライドさせると左足の膝下辺りがぶつかるのです。実はN-WGNに試乗した際にもエンジニアに意見をぶつけて見たのですが、N-WGNはCVT車のみでさらにテレスコピックステアリングも装着されるので許容範囲でした。実際ディーラーに行った際には確認して欲しい部分です。 後席にはスライド機構こそありませんが、ホンダ車ではおなじみの後席チップアップ機構は搭載されています。これを使えば高さのある荷物も積載できますが、意外と便利なのが、2L×6本のペットボトル飲料を積載する際にラゲージまで持ち上げると12kgの重さは結構、腰に負担がかかります。しかしチップアップした床面はラゲージより低いので上手く活用すると利便性も高まります。 N-ONE RSの車両本体価格は6MT/CVTとも199万9800円です。試乗車の2トーンカラーは6万500円だったので本体だけで200万円超え、ホンダ・センシングが搭載されていてもやや高めに感じるかもしれません。それでも6MTのRSをオススメしたい理由は「本当はS660が欲しいけど、家族に了承してもらえない可能性が高い」というMT車大好きオトーサンにぜひオススメしたいからです。RSのMT車であれば家族とのドライブにも使えますし、1人で純粋に走りを楽しみたい要望にも応えてくれます。少々オーバーな言い方ですが「4人乗れるS660」として考えるとこの価格も納得できるはずです。 最後にディーラーオプションで販売されているホンダアクセス製の「デカールセット」はぜひオススメしたい商品です。いわゆる昔流行った「ステッカーチューン」に代表される商品ですが、企画したのが同社の20代の社員とのこと。特に「TURBO」の文字が反転しているので前方車のルームミラーからだと正しく見える仕様になっています。これも昔スカイラインなどで使われた手法で昭和生まれの筆者としては「やるなあ」と思わずニヤリとしてしまいました。

【エクステリア】 ガジガジとお煎餅でも食べながら走りそうなオニの顔みたいで好みではない。 【インテリア】 テーブルコンソールとか言ってもスカッとなんにもなかったりする。電気式ブレーキでブレーキレバーをなくしたんだから、スペースをもっと有効に使わなきゃ。 【エンジン性能】 動き出しからひたすら「頑張ってます!」と言わんばかりの音を出して自己主張強め。 でも力強いとかはなく、どことなくおとなしい。 【走行性能】 新しくなってる割には先代からあんまり変わらない。 特徴なくオーソドックスに走ってしまうので、ヤリスみたいな軽快さなどは感じられず。 【乗り心地】 案外車体前方の見切りが悪く、気苦労する場面があります。 【燃費】 16キロ程度。 優秀ですが、このクラスなら普通かも。 【価格】 200万円しないなら、仕様を考慮してもかなり安い。 ヤリスよりもファミリーユースの志向が強いなら選んでもらえるが、NBOXの方が運転しやすいからなかなか微妙。 【総評】 各項目を書いても、なんとも特徴がないという感じ。 じゃあ、好まれやすいのか?と思ってもフロントフェイスが「ファニーなオニ」みたいなのがねぇ。 ホンダらしく、シビックみたいな尖った車をつくってほしいけどねぇ。

追記【聴音施工の結果ノーマルタイヤ、及び総合的な静粛性】 4月にノーマルタイヤへ戻して暫く乗りましたが、結論を言えば 普通の感覚で言えば誤差の範囲の気がします。 今更施行前との比較ができませんので、なんとも言えませんが、 劇的にロードノイズが減ったとは思えません。 とは言え、エンジンの唸り音は置いておいて、元々 静粛性はそれなりにありましたので、車としての静粛性の満足度は 高いです。 そろそろ新型のステップアップが発売開始されそうですが、 車格の位置づけがワンランク上である事は変わりませんので、 室内空間(特に横の広さと座席の質感)は間違いなくオデッセイの 方が不満はでないと思います。 【使い勝手】 使い勝手については、つい最近も妻からステップワゴンのわくわくゲートの 方が良かったと不満の声が上がりましたので、やはりあの機構は画期的だったようです。 特に買い物袋の出し入れはサッと出し入れできるところなど。 セカンドシードの前がかなり広いので、そこへ荷物と思いましたが 車の動きで荷物が滑るので固定する為に、結局2列目シートは前側に移動させています。 【乗り心地】 シートの作り含めるとやはり断然オデッセイが良いです。 ステップワゴンだと寝たくでもシート形状と座り心地が固く 寝ることはありませんでしたが、助手席、特に2列目に座っていると 直ぐに眠くなります。ヘッドレストのポジション含めて良いです。 【視認性】 前方、後方は問題ありませんが、特に左右のAピラーが太く右コーナーや、 右折時の交差点(横断歩道)で視界に入りまくり、本当に対向車(人)が見えない事があります。 これは乗ってみないと分からなかった事です。 【センシングについて】 ACCとハンドルアシストですが、基本ステップワゴンと変わりませんが、 オデッセイのハンドルが重いせいか、ハンドルのアシストは力強く動くので 多少疲れます。慣れるまで少し怖い感じがしました。ハンドルを取られると言うか。 高速道路では必須なので使っています。 【その他、オプション】 デジタルインナーミラー(中華製)を納車時に付けて半年以上経過しましたが 問題なく動いており、非常によいです。後続車からも見えるためか、 カメラ越しに見られていると思ってなのか車間を取ってくれるのでストレスも減りました。 オートブレーキホールドの自動化キットも付けていますので、発進後30秒(任意で設定可)で ONになり、これも非常に便利です。なぜデフォルトで付いていないのか。。 コロナ渦の影響もあり帰省の様な長距離移動もなく、8ヶ月で5,000k程度しか乗っていませんが、 今のところ大きな不満なしで買い替えて良かったです(嫁は普段使いで不満らしいですが) ちなみに燃費諸々でハイブリットの元を取るつもりは全くなくガソリンスタンド行く 回数が減り、加速時のリニアな動きが好きなのでハイブリット一択です。 ----------------------------------------------------------------------------- 追記【聴音施工の結果】 ロードノイズ及び、エンジン音を抑えるため、フォーカル・オーディオ・ジャパンにて 聴音施工を実施していただきました。タイヤハウス及びバルクヘッド ※2月中旬に実施した為、スタッドレスタイヤ装着状態 結論から言えば、人によっては体感できるが、音に興味がなければ違いを感じにくいかも 【エクステリア】 中期までのデザインは自分好みでなかったので、RB3⇒ステップワゴンHV GEXと 乗り継ぎましたが、今回のフロントフェイスは好みでしたので文句なしです。 EHEV-EXですが、18インチホイールデザインもお気に入り。 【インテリア】 IKEA感がありますが、悪くないと思います。 ただ、収納が増えたとは言え、まだ少ない。 【エンジン性能】 こちらは、車重がそれなりにある関係だと思いますが、ステップワゴンHV(同じエンジン)と 比べると随分モッサリした加速に感じます。 ステップHVは軽くアクセルを踏んでもスッと前に出る感じ。 その為、オデッセイではアクセルを余分に踏むためか発電でエンジンが五月蠅い。 ちょっとした坂道で唸りますので結構ストレスになります。 【走行性能】 エンジンと同じく加速性能はステップワゴンHVの方が断然良いですが、 コーナーリングは以前乗っていたRB3ほどではありませんが流石によいです。 全体的に重い動きです。 【乗り心地】 低重心のため、安定していますがゴツゴツ感はあります。 固い足回りは嫌いではありませんが乗り心地が良いかと言われると 誰にでもお勧めはできないかもしれません。 コーナーリングと横風には強いですが、直線ではタイヤサイズと パフォーマンスダンパーの影響かステップワゴンHVの方が乗り心地がよいです。 【燃費】 まだ走行距離が少ないので、なんとも言えませんがステップワゴンHV と同じ程度(街乗り16k前後)だと思いますので、車格考えると良い方だと思います。 ※燃費消費は気にせずエアコンクーラー使っています。 【価格】 ベルファイアの質感と比べると割高と感じますが、納得しての購入なので。 DOP込みで見積550万でした。ベルファイアのSCパッケージと同じくらいかも。 ※そこから値引き50万 【総評】 子供が多少大きくなり、ついて来なくなったのでステップワゴンから買い替えました。 正直利便性は、ワクワクゲート込みで考えるとステップワゴンHVの方が 断然使いやすかったと感じます。3列目の分割収納も含め。 所有している満足感は高いですが、オデッセイとステップのどちらが お薦めかと言われると先ずはステップワゴンをお勧めすると思います。 特に中学生以下のお子さんがいる家庭やワクワクゲートの利便性を考慮すると、 本当に便利なのでオデッセイにもOPでつけられるならデザイン悪くてもつけたいくらいです。

ホンダの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数10
  • ナイスクチコミ36
  • 2022年5月27日 更新

今週発表のステップワゴンの最新情報が少しずつ出てきています。 今まで公にされていなかった情報も出てきています。 かなり魅力的です。 https://creative311.com/?tag=新型ステップワゴン

  • 返信数12
  • ナイスクチコミ22
  • 2022年5月26日 更新

昨日、ディーラーにて見積もりを行いました。 ベースのAIRですが、ナビが物凄く高い…。 機能はシンプルで良いため、オプションは必要最低限にしました。 ここから値引き+下取りすれば300万切ると思うので、結構お買い得かも。

ホンダの人気中古車ランキング ホンダの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止