フォルクスワーゲンの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

フォルクスワーゲンの最近発表・発売された車種

フォルクスワーゲンの人気・注目ランキング

フォルクスワーゲンの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

フォルクスワーゲンの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    ハイブリッド
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
  • ア行
    カ行
    サ行
    タ行
    ハ行
    英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
    41〜60位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    カ行
    サ行
    タ行
    ナ行
    ハ行
    ラ行
    英数字

フォルクスワーゲンの新着レビュー

本国より約1年弱遅れての日本導入となったVWティグアンのマイナーチェンジモデルに試乗しました。 2021年5月導入時には後述する特別仕様車を含めた4グレード構成でしたが、その後、最もハイパフォーマンスの「ティグアンR」を投入しています。試乗は快適装備等をバランス良く搭載した「TSIエレガント」。導入時は483万9000円でしたが、この原稿執筆時では491万1000円に価格改定されています。 ボディカラーに関しても導入時に新設定された3色のうち、試乗車は「キングズレッドメタリック」となっています。 ティグアン自体はフォルクスワーゲンのSUVビジネスのコアとなるモデルです。日本法人の発表によればグローバルにおける人気は高く、参考ですが2019年の生産台数は91万926台と毎年増え続けているそうです。 今回のマイナーチェンジではエクステリアの造形変更や最先端のADASの搭載など細かなアップデートが行われていますが、その中で一番驚いたのはこれまで販売の牽引車的モデルであった2L直4ディーゼルターボが廃止され、ガソリンエンジンのみ、但し1.4L直4ターボから1.5L直4ターボに一本化されたことです。搭載する1.5L直4ターボエンジンは1497cc、110kW(150ps)/5000-6000rpmの最高出力と250Nm(25.5kg-m)/1500-3500rpmのスペックを持ち、ACT(気筒休止システム)を搭載します。型式は異なりますが、ポロのR-Lineにも搭載されており、スペックも同じです。 VWのファンでなくても、ディーゼル特有の低速域から発生するトルクの太さは重量のあるSUVにはピッタリのパワートレーンだったはずです。技術適合も含め、今回導入は見送られましたが、これに変わるのが1.5Lエンジン(のみ)と聞くとやはり「非力なのでは」と多くの人が感じることでしょう。もちろん私も同じ気持ちで試乗車に乗り込みました。 くどいようですが、ファイナルギア比なども異なりますが、それでもポロとの車両重量差は300kg以上あります。今回のマイナーチェンジでDSGを6から7速にアップグレードさせることでエンジンをより効率良く使えるようにするなどきめ細かなチューニングされています。 そして公道に出た瞬間、あまりにもボディがスルスルと加速していくことに驚きます。当時、試乗ポイントは山道と高速道路を設定してありましたが、フォルクスワーゲン側もここで走らせても十分以上のパフォーマンスが体験できると自信があったのでしょう。なるほど、ワインディングでもトルクは瞬時に立ち上がり、前述したDSGとのマッチングの良さもプラスして2名+機材(ほぼ1名分)の状態でもアクセルを半分くらいの開度で余裕を持って駆け上がります。 驚いたのはフロント部分の軽さによる回頭性の高さです。2Lディーゼルエンジンよりはもちろんフロント周辺の重量は軽くなっていますが、ステアリングをスッと切り込んだ際の応答遅れの少なさ、特にロール自体も適度に抑えられており、全体的なフットワークは軽快と言う表現がしっくりきます。 また高速道を走行してもADAS制御がレベルアップしていることを体感できました。現在発売されている新型ゴルフ(ゴルフ[)も同様ですが、いわゆるACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を進化させた「Travel Assit (トラベル アシスト)の制御が非常に上手く、前走車への追従だけでなく、減速時の自然なGの利き方、またレーンキープ性能に関しても満足できるものです。 インフォテインメントシステムに関しても搭載される「Discover Pro」は徐々に日本の市場に向いた設計になってきました。正直、ルート設定などの操作上の階層などの作り方はそこに「文化の違い」を見ることもありますが、通信モジュールを搭載したことで、スマホ側からドアの解錠や施錠なども含めた「We Connect」が使えるようになった点も利便性を高めています。 もしこのナビが気に入らなくてもAppleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」にも対応していますので、それらも用途に応じて使いこなせば良いでしょう。 インテリアに関しても新型ゴルフ[にも採用されている,パネルにタッチ&スライドするように操作するエアコンパネルも最初は慣れない部分もありましたが、コツはすぐに掴めますし、操作に対する反応も十分と言えるでしょう。 後席に関しても足元&頭上周りも余裕があり、ラゲージの収納力も満足できるものです。 グレードに関しては導入時に設定されていた「TSIファーストエディション」が約40万円高いながらもそれ以上の装備を搭載していました。一部のディーラーではまだ購入できるようです。 ただ、そうは言っても乗り出しで550万円以上のSUVですから、なるべくコスパも重視したいところです。その点ではこの「TSIエレガント」はレザーシートこそオプションですが、前席パワーシートや前後席全てにシートヒーターを内装するなどバランスが取れています。もしオプションの「ハーマンカードン製」のプレミアムオーディオや電動パノラマスライディングルーフが欲しいのであれば、ひとつ上の「R-Line」一択になりますが、その分、乗り出しも600万円前後になりますので、その辺は予算との相談になります。 しかし、今回のティグアンのマイナーチェンジで、「T-Cross」「T-Roc」とセグメントごとの商品が明確になり、よりユーザーニーズにマッチしたことは間違いないでしょう。

【エクステリア】後方から見た時の角度のあるルーフ、全体にエッジの効いたプレスライン。デイライトが特徴的でひと目で分かります。オーソドックスなデザインの多いVWの中でも目を惹くスタイリッシュなデザインだと思います。本国ではMCしましたが、私は現行型の方がいいです。 【インテリア】前車トゥーランと大体同じ。高級ではないですが安っぽいとも思いません。まあ独車らしい感じです。 【エンジン性能】街乗り中心の使い方とディーゼル音が好きでないのでガソリン車を選択。車重が軽いし充分かと思います。エンジン音はトゥーランは止まっているかと思う位静かなのに比べて、T-ROCは低い音がします。 【走行性能/乗り心地】ハンドルがクイックで小回りが効きます。足回りはやや硬めでガツンガツンと走って行く感じです。高さがないせいかSUVに乗ってる感じはあまりしません。 【ユーティリティ】荷室はルーフ傾斜もありステーションワゴンと比べると小さいです。ゴルフバックは、床を上段設定でかなりぎりですが真横に入ります。斜めにはドライバーを抜かないと入りません。床を下段設定にすると入りますが不安定です。あと僅か数センチあれば。後部座席はゴルフよりちょっと広いかという所。全長4240mmしかないのであと100mm程度伸ばしたらいいのでは。また自分は身長180cm超ですが、VWは比較的座面が大きくて合います。 【燃費】 街乗り8km/L、高速13km/L位 【価格】3008も400万超ですし、安くはないがまあこんなものかなと思います。納期は一か月位でした。 【総評】スタイリッシュなデザイン、軽快でしっかりした走り、剛性からくる安全性、日本ではまだ台数が少なくあまり見かけない所がいいです。

先代の2018年式ポロが4年で8万キロを超え、少し早めだけどゴルフ乗り換えをしようと当初はGTIを希望したものの納期がしばらくかかるとのことで1.5L eTSI Rライン(ディスカバープロ、テクノロジーパッケージ、18インチホイールオプション)にしました。    ネットの評判でTDIモデルがベスト評価の声が高いのでどっちにするか迷いディーゼルとガソリン車の両方に試乗。  以前にティグアンのTDIを試乗した際に出だしのモッサリ感が肌に合わず今回はどうか、と思ったのですがやはりティグアンほどではないものの最初のモワッとした出足のフィーリングは自分には合わないとガソリンモデルを選択しました。(参考までに多くの自動車評論家がTDIを推薦する中で清水和夫さんはガソリン車を推薦してました)  5月最初の納車から約1か月ですがすでに4,400キロ!のハイペースで走りました。 これまで過去20年以上フォルクスワーゲン車を乗り継いで来ましたが今回ほど運転が楽しいと思えるクルマに出会ったことはありません。  以前に乗っていたゴルフ4GTIやゴルフ5と馬力やトルクはスペック的にあまり変わりませんが今回の目玉である48Vマイルドハイブリッドの威力は素晴らしい。  乾式DSG特有の発進、低速時のぎくしゃく感はまったくなく恐ろしいほどのスムーズな発進には長年フォルクスワーゲン車を乗ってきた身には感動的にさえ思えます。     さて、肝心の走行フィーリングですがもっとも気に入ったのはハンドリングのクイックなところ。箱根や伊豆の山道でいわゆるワインディングロードではこんなに楽か、というほど簡単にコーナーをぐいぐい回れます。こればかりはディーラーの短時間の試乗では気が付かなかった点ですし、このクルマのおススメポイントですね。18インチホイールは心配したようなごつごつ感はなく十分に快適な乗り心地。また高速では今回のウリのACC/トラベルアシストが長距離の移動の疲れを半減させてくれます。ただし一般道では動作はするものの、自動運転のステアリング操作が思いに反した挙動をすることがあり積極的には使っていません。 このところのガソリン高騰で気になる燃費ですが、高速主体の走行では平均19~20キロ、一般道でも17キロ前後。トヨタなど最近の国産車ほどは行かないまでも十分な燃費です。   以上いろいろとほめてしまいましたが皆さんがおっしゃるようにナビは残念ながらリコールレベルの出来としか言えませんね。しようがなく最近はアンドロイドオートとアレクサを併用してますが、なぜ今回アイシン製から絶対的に劣るハーマンカードン製にしたのでしょうか。アイシンナビも決して褒められる出来ではなかったのですがここまで酷いとは思いませんでした。 まぁナビはこんなものだと諦めて動力性能だけをこれからも楽しんで乗り続けようと思います。ちなみに酷評されるタッチ操作ですが個人差はあるかと思いますが私はすぐに慣れて今では違和感なく使えてます。

フォルクスワーゲンの新着クチコミ

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ8
  • 2022年6月25日 更新

トゥーラン購入を検討しています。 現行ですとガソリンとディーゼルが選択肢としてありますが、街乗りメインですとガソリンの方が総合的に良いのでしょうか? ※ディーゼルはメンテナンスがシビアという勝手なイメージがあります…

  • 返信数54
  • ナイスクチコミ82
  • 2022年6月24日 更新

皆さま、こんにちは。 7型ハイラインオーナーです。 新型GTIの発売がアナウンスされ、ここの掲示板が盛り上る事を期待していたのですが、どなたも触れない様なので、自分で投稿してしまいました。 価格は、7型の最終発売版に比べると驚く程は上がっていない?でも乗り出し約600万円は高し(>_<) つっかえ棒がなぁ(笑)。 皆さんはどのように評価されてますか?

  • 返信数42
  • ナイスクチコミ178
  • 2022年6月20日 更新

ゴルフ5、7と乗り継ぎ、今回、8へ乗り換えました ”走る・曲がる・止まる”については、”FUN TO DRIVE”で大変、気持ちが良いものです。 ゴルフも世代と共にソフト指向が進んできているようですが、基本性能は上がってきていると思います 8になり、マイルドハイブリットが組み込まれ、DSGの弱点である発進時のギヤのぎくしゃく感やエンジン始動時の振動も 不満内レベルまで改善され満足しています 燃費も、長距離走行時、ゴルフ7と比べて、1割程伸びています 質感は特にインテリア部分で低下。ゴルフ7発売以降、他社新型の質感がどんどん向上している中、 ゴルフ8については、質感が低下しているので、特にそれを感じます ここまでは、まあ何とか我慢できるのですが 最も最悪なのは、 時代と共に自動車も電装品比率が上がり、スマホとの連携など、様々なことができるようになってきました ゴルフ8も、多くのことがカタログやWebに書かれていますが この部分が最悪です カーナビは、どんどん改悪していきますし カタログに書かれていることができません いや、まともに機能しません 1)ETCカードを差し込んだ状態で、エンジン始動、音声メッセージで、”ETCが装着されています”と言いながら、画面には、”装着されていません”のメッセージ 2)ゴルフ8には、eSIMが装着されているのですが(ソフトバンクとの通信らしい)、市街地でも、通信できる時と出来ない時が多々ある 3)一時期、ユーザー登録できたのですが、再度、ユーザー登録しようとしても、登録が出来ない(ディーラーでサービスマンと営業マンも確認)ため、当然、スマホとの連携もできません   但しappleコネクトとアンドロイドオートはつながりました 4)ユーザー登録できているときも、エンジン始動の際、ゼロからユーザー登録するように促してくる 5)スマホからのドアロック・アンロック、反応が遅すぎて、使い物にならない 6)USB経由で、メモリーカード内の音楽を聴こうとすると、すぐに再生できる時と、10分位経たないと再生できないときがある 7)あまりにソフトのバグ?が多いので、工場出荷時にリセットし、ゼロから登録していくと、テレビチューナーでチャンネル選曲が出来ない ゴルフを3台乗り継いできましたが 自動車本来の走るという部分では満足ですが 最新のエレクトロにクス製品としては最悪! よくこんなレベルの商品を出荷しているなという感じです 上記について、ディーラーの方(サービススタッフ・営業)にも確認いただき 本日、車を預かって頂きました

  • 返信数23
  • ナイスクチコミ51
  • 2022年6月20日 更新

6月末頃には納車ができそうとの事でやっとティグアンに乗れるのかと楽しみにしてましたが又、納車遅延の連絡がありました。 ウクライナ情勢、半導体、部品製造の遅れ等致し方ない事ですが流石に嫌気がさして来ました。 発注してから2度の値上げ、度重なる納車遅延、トヨタ、ランクルなどは中東などへの供給優先で日本向けは10%程度との事、ワーゲンもTクロス、Tロック等の商品群以外は軒並み入って来てない様です。 国産メーカーでさえ日本重視してないのですからVWが日本市場を軽視し海外諸国納車優先しても不思議ではないかと。 納車待ちの皆様、状況は如何でしょうか? ティグアン発注以後、魅力的なSUV が国産、外車共に発表されています。(納期はかかるでしょうが) 納車待ち1年までを期限とし、この度はキャンセル、現車の車検を取り、各メーカー納期が正常に戻った時点で再検討する事としました。 非常に残念ですが苦渋の決断です。

  • 返信数8
  • ナイスクチコミ23
  • 2022年6月19日 更新

9ヶ月程待ち4月にゴルフ 8納車されました ナビですが目的地は普通に入力できます 入らない時はWE CONNECTから入力します 一般道は問題なく使用できます リルートはチップが高性能なのか早いです 確かに地図上には塾とかマイナーな場所が表示されこんな所が近所にあったんだと驚かされます 駅は検索の項目に指定しておけば近くの駅から表示されます 問題は高速道路の途中のPA SA ICが表示されない事です 自然と道路標識を見るようになります 最初はこのナビゴルフ7.5より使えないなんてふざけてると思ってましたが、最近は慣れてきて頭の体操になると思い笑いながら乗ってます 車はR-Lineです 動力性能はとても良く車自体は気に入ってます

フォルクスワーゲンの人気中古車ランキング フォルクスワーゲンの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止