ワゴンの新車情報・自動車カタログ

国産メーカーの車種を探す
トヨタ
ホンダ
マツダ
スバル
光岡
輸入メーカーの車種を探す
メルセデス・ベンツ
メルセデスAMG
BMW
ミニ
フォルクスワーゲン
アウディ
ボルボ
ポルシェ
プジョー
ジャガー
アルピナ
価格帯から探す
150〜199万円
200〜299万円
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
1000万円以上
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

ワゴンの最近発表・発売された車種

ワゴンの人気・注目ランキング

ワゴンの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ワゴンの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • メーカー順
  • 価格帯順
  • 50音順

ワゴンの新着レビュー

今回試乗したMINI ジョン・クーパー・ワークス・クラブマンは、実用性を備えながらも、レーシング・スピリッツを受け継ぐ直系モデルです。 現在、BMWグループは、このJCWブランドのコンサルタントとして、ジョン・クーパー氏の息子であるマイク・クーパー氏を招聘しているというから、スピリッツばかりか流れる血も本物なのです。 明らかに、ノーマルのクラブマンのそれとは異なるエクステリアは、専用エアロキットで武装されています。 フロントバンパーの大型エアインテークや、下げられた車高をはじめ、JCW専用のアロイホイールからチラリと覗く真っ赤なブレンボ製4ピストンキャリパー、左右に突き出る大口径ツイン・エグゾースト・パイプなど、単なる飾りではなく、このクルマのレーシング・スピリッツから受け継ぐ動力性能を支えるものなのです。試乗車はメーカーの広報車両ですが、オプションの大口径19インチホイールがより一層迫力を感じさせます。 ダウンサイジングエンジンが多い中、2.0リッターと意外と大排気量な直列4気筒直噴ツインパワーターボを搭載。最高出力は231ps/5200-6000rpm、最大トルクは320Nm/1250-4800rpmを発生し、ALL4ドライブにより、0-100Km/h加速は、6.1秒とスポーツカー顔負けのパフォーマンスを発揮します。 インテリアは相変わらずミニらしい個性あふれるものですが、速度計、レブカウンターのデザインは、先代モデルの方が個性的という声も多いの事実です。 センターコンソールのトグルスイッチでエンジンを始動させますと、オオッ!と思わず声を上げてしまうほど威勢のいいサウンドがドライバーに単なるミニではないことを教えてくれます。 市街地走行は、先代モデルでは、ダンピングが強く、終始硬い乗り心地という印象があったJCWですが、最新モデルでは、実にしなやかで、乗り心地も良好。荒れた路面でも車体剛性の高さが際立ち、試乗車が装備していたオプションの19インチ、35扁平タイヤでも、ボディは岩のようなガッシリ感を実感できます。 高速道路に合流し、アクセルを踏み込むと、今時珍しいほどのどっかんターボで、パワーが一気に炸裂し、時速100Km/hまでは、一瞬で到達します。無論これ以上加速することはできませんが、この勢いでアウトバーン領域まで弾丸のように速度を上げていく様は、容易に想像できました。 走行モードをスポーツに切り替えてみると、マルチインフォメーションのライトが真っ赤に点灯し、ドライバーを刺激させてくれます。アクセルレスポンスは、まるで運動神経と直結したかのような”電光石火レスポンス”となり、腹に響く重低音サウンドは、スポーツカーそのもの。シフトアップをするたびに「バフッ!」と響くサウンドもド迫力です。ステアリングはパワーアシストがないクラシカルミニのような手応えとなり、カミソリのようなクイックなフィーリングです。 追い越しのため、時速70Km/hからアクセルを踏むと、蹴飛ばされたかのようなロケット加速を演じてくれます。ほんと、このクルマってアツイです。 今回の試乗では、本領発揮のワインディングでの試乗はできませんでしたが、高速道路から一般道に合流するタイトコーナーでも、クルマは路面に張り付いたままのまさにゴーカートフィーリング。 退屈なクルマがますます増える中、ここまで刺激的な気分にさせてくれたクルマは久々でした。 3ドアJCWには、散々試乗しましたが、このクラブマンJCWでも、その血統には変わりありません。 なめると火傷するクルマとは、このクルマのためにある!のではないでしょうか。

約6年乗って、乗り換えることにしましたので再レビューをします。 高速道路が9割の変則的な使い方でしたが、直進性も非常によく轍でハンドルを とられることも少なかったです。 ボディーも剛性が高く最後まで低級音の発生はありませんでした。 燃費ですが、生涯燃費は20km/lは超えていたと思います。あくまでも 高速道路主体ですが。 1200tだったため上り坂では非力に感じましたがおおむね満足しています。 ただ10万キロを超えたころからノッキング音が顕著になり、ディーラーで 見てもらいましたが、原因を特定することはできず、「そのまま乗っていても 大丈夫ですよ」とこ言葉を信じ、結局25万キロ弱までのりました。

【エクステリア】 ちょっと武骨な面構えだけどスカンジナビアデザインはカッコ良い。 グリルの雰囲気でチョット損してるかな 【インテリア】 かなり良い質感です 【エンジン性能】 パンチはV40の方があった。でも、底力はある。6気筒のフィーリング 【走行性能】 スムーズ&チカラ強い ハイブリッド効果かな? 【乗り心地】 快適な心地 硬くもないしフニャ感も無し 若干硬めかな 【燃費】 そんなに走ってないけど9-10 v40とおなじくらいかな? ハイフリッッドといっても文字通りマイルドなHV 【価格】 国産の500万クラスより値頃感あるとおもいます。 売るときの値落ちはすごいけど 【総評】 そりゃ国産車の方がデキは良いとは思います。でもなんとも言えない魅力があるんですよねー あと、安全に関する姿勢と装備は流石ですね

ワゴンの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数19
  • ナイスクチコミ100
  • 2021年5月12日 更新

初めまして。 人生で初のスバル車で何回も試乗して家族を説得しつつ購入した車で概ね満足してますが わからない事が1つあります。 先月の末に納車されてそのまま別の所でキーパーコーティング(Wダイヤモンドキーパー)を 施工してもらったんですが前後4枚のサイドシルに謎の雨染み?が出来るようになりました。 洗車しても消えずそのまま残っていて触るとザラザラのような艶消?状態です。 初めて出来た時にコーティングしてもらったところで見たところ原因がわからないと言われて とりあえずその部分だけ軽研磨をかけて再度コーティングを施工してもらい、その時は綺麗に治ったので 安心しましたがまた同じ状態になったら確認させて下さいと言われそのまま帰りました。 その4日後くらいに雨が降り次の日に確認するとまた同じところに謎の雨染みがありました。 再度確認してもらうも、コーティングをした溶剤の残りではないこと、施工に間違いはないということで ディーラーに確認してくださいと言われて来週ディーラーで確認してもらうんですがこの雨染みは結局 なんなんでしょうか? コーティング屋さんが言うにはドアの水抜き部分と一致するのでドアの内側に塗ってある防錆剤が雨または洗車時の水と反応して雨染みになっていると思います。ただこれは普通の雨染みではないのでコーティングの上に乗っていても簡単には 落ちないので根本をどうにかするしかないと言われました… やはりディーラーで確認してもらうのが一番なのでしょうか?ただその際どのように聞いたらよろしいですか? 読みづらくて申し訳ないですが何か知ってらっしゃること同じ症状の方がいましたら教えてほしいです。よろしくお願いします。

  • 返信数0
  • ナイスクチコミ0
  • 2021年5月11日 更新

2021モデルのRS6 アバントはRS7 アバントと言ってもいいほど7より

ワゴンの人気中古車ランキング ワゴンの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止