ワゴンの新車情報・自動車カタログ

国産メーカーの車種を探す
トヨタ
ホンダ
マツダ
スバル
光岡
輸入メーカーの車種を探す
メルセデス・ベンツ
メルセデスAMG
BMW
ミニ
フォルクスワーゲン
アウディ
ボルボ
ポルシェ
プジョー
ジャガー
アルピナ
価格帯から探す
150〜199万円
200〜299万円
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
1000万円以上
スペックから探す
スペック検索
お役立ち情報・コンテンツ
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

ワゴンの最近発表・発売された車種

ワゴンの人気・注目ランキング

ワゴンの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ワゴンの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • メーカー順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • メーカー順
  • 価格帯順
  • 50音順

ワゴンの新着レビュー

今回試乗したMINI ジョン・クーパー・ワークス・クラブマンは、実用性を備えながらも、レーシング・スピリッツを受け継ぐ直系モデルです。 現在、BMWグループは、このJCWブランドのコンサルタントとして、ジョン・クーパー氏の息子であるマイク・クーパー氏を招聘しているというから、スピリッツばかりか流れる血も本物なのです。 明らかに、ノーマルのクラブマンのそれとは異なるエクステリアは、専用エアロキットで武装されています。 フロントバンパーの大型エアインテークや、下げられた車高をはじめ、JCW専用のアロイホイールからチラリと覗く真っ赤なブレンボ製4ピストンキャリパー、左右に突き出る大口径ツイン・エグゾースト・パイプなど、単なる飾りではなく、このクルマのレーシング・スピリッツから受け継ぐ動力性能を支えるものなのです。試乗車はメーカーの広報車両ですが、オプションの大口径19インチホイールがより一層迫力を感じさせます。 ダウンサイジングエンジンが多い中、2.0リッターと意外と大排気量な直列4気筒直噴ツインパワーターボを搭載。最高出力は231ps/5200-6000rpm、最大トルクは320Nm/1250-4800rpmを発生し、ALL4ドライブにより、0-100Km/h加速は、6.1秒とスポーツカー顔負けのパフォーマンスを発揮します。 インテリアは相変わらずミニらしい個性あふれるものですが、速度計、レブカウンターのデザインは、先代モデルの方が個性的という声も多いの事実です。 センターコンソールのトグルスイッチでエンジンを始動させますと、オオッ!と思わず声を上げてしまうほど威勢のいいサウンドがドライバーに単なるミニではないことを教えてくれます。 市街地走行は、先代モデルでは、ダンピングが強く、終始硬い乗り心地という印象があったJCWですが、最新モデルでは、実にしなやかで、乗り心地も良好。荒れた路面でも車体剛性の高さが際立ち、試乗車が装備していたオプションの19インチ、35扁平タイヤでも、ボディは岩のようなガッシリ感を実感できます。 高速道路に合流し、アクセルを踏み込むと、今時珍しいほどのどっかんターボで、パワーが一気に炸裂し、時速100Km/hまでは、一瞬で到達します。無論これ以上加速することはできませんが、この勢いでアウトバーン領域まで弾丸のように速度を上げていく様は、容易に想像できました。 走行モードをスポーツに切り替えてみると、マルチインフォメーションのライトが真っ赤に点灯し、ドライバーを刺激させてくれます。アクセルレスポンスは、まるで運動神経と直結したかのような”電光石火レスポンス”となり、腹に響く重低音サウンドは、スポーツカーそのもの。シフトアップをするたびに「バフッ!」と響くサウンドもド迫力です。ステアリングはパワーアシストがないクラシカルミニのような手応えとなり、カミソリのようなクイックなフィーリングです。 追い越しのため、時速70Km/hからアクセルを踏むと、蹴飛ばされたかのようなロケット加速を演じてくれます。ほんと、このクルマってアツイです。 今回の試乗では、本領発揮のワインディングでの試乗はできませんでしたが、高速道路から一般道に合流するタイトコーナーでも、クルマは路面に張り付いたままのまさにゴーカートフィーリング。 退屈なクルマがますます増える中、ここまで刺激的な気分にさせてくれたクルマは久々でした。 3ドアJCWには、散々試乗しましたが、このクラブマンJCWでも、その血統には変わりありません。 なめると火傷するクルマとは、このクルマのためにある!のではないでしょうか。

【エクステリア】  旧型よりスポーティーでいいと思います。旧型は街で見かけるとインプレッサと区別がつかないことが多くなってしまいました・・・。  全長がかなり長くなりましたが,車両感覚はほとんど変わりません。レガシィが4台目から5台目に変わったときほどの違和感はありません。とはいえ,全長はもっと短くしてほしかったと思います。 【インテリア】  やはり,スマホを置く場所がないのが不便です。メーターの針の太さも,乗るたびにがっかりします。  7インチセンターインフォメーションディスプレイは,手抜き感が出過ぎです。もっと表示できる項目を多くしたり,自分でカスタマイズしたりできるようにしてほしいです。例えば,アイドリングストップやオートビークルホールドのオンオフができるアイコンを作れるようにするとか。つい運転中に触ってしまいたくなる人もいると思うので,事故防止にも役立つはずです。  STIでボルドー以外のインテリアが選べれば,頑張って買ったのにと残念に思ってます。 【エンジン性能】  前方の信号が赤のときに,旧型の1.6lのときより早めにアクセルを離さないと急ブレーキを踏むようになってしまうので,パワーがあるのだなと実感します。  SI-DRIVEがインテリジェントモードだと「こんなもんか」という感じですが,スポーツモードにするとかなりパワフルでレスポンスが良くなります。 【走行性能】  旧型と比較しての一番の違いはボディーの剛性感と足回りのしなやかさではないかと思います。すごくレベルが上がった感じがします。  これまで,レガシィ,レヴォーグのどちらも,車内からの異音に悩まされました。ボディー剛性と関係があるかよく分かりませんが,異音が出ないことを祈りながら乗っています。 【ナビ・オーディオ】  ケンウッドのナビですが,機能が豊富で基本的には非常に満足しています。しかし,幾つか不満な点も見えてきました。ソフトウェアのアップデートで対応してほしいです。 ・ナビの到着予定時刻が全くデタラメで,全然使い物になりません。設定速度が低すぎ,しかも,どういう道路か(街中か田舎道か)や交通状況を考慮しないからです。 ・オーディオのレベルメーターとスペアナの動きが,気持ち遅れていて,とても気になります。 ・メモリーオーディオがギャップレス再生に対応していません。 ・MQA音源はトラック間でノイズが発生することがあります。 ・サブウーファーが付けられません。 【その他の機能】   オートーワイパーとオートライトの感度がイマイチです。自分の感覚と合わないので,ほとんど手動で使っています。  ハンズフリーオープンパワーリヤゲートは,コツをつかめば,かなりの確率で開けられるようになります。 【燃費】  半年近く乗ってみて,巷で言われているよりは燃費がいいなと思うようになっています。明らかに,旧型の1.6lよりは燃費がいいです。特に,遠出したときの燃費が良くなったと思います。  燃費計もより正確になりました。旧型では,実燃費より1km/lほど良く出てましたが,差が小さくなり,むしろ燃費計よりも実燃費の方がいいときも多々あります。 【総評】  EXにしなくて良かったとは思っても,EXにすれば良かったと思ったことは1度もありません。EXにしかない不具合とも無縁で,安心して乗っています。  そもそも,アイサイトXが何かを知らないで買っている人も多いのではないかと思っています。某有名自動車評論家が,コアテクノロジーに含まれる機能をアイサイトXの機能と誤解して書いている記事も見ました。  とはいえ,アウトバックが全車アイサイトX付きとなったように,これからは標準装備になっていくのは間違いありません。レヴォーグも,後期型からは非EXがなくなるのではないかと予想しています。そのときには,アウトバックのように,ハーマンカードンのオーディオがオプションで選べたりするようにはなるのでしょう。とはいえ,ナビとオーディオの本体は基本的に変わらないでしょうから,選択の幅が狭まるのは間違いありません。  今後,ガソリン車にいつまで乗れるのか分かりませんし,乗れたとしても税金が非常に高くなったりするなど,乗りづらくなることは考えられますが,できるだけ長く乗りたいと思っています。

4年4万q乗った感想です。 【エクステリア】 前面は現行と比べてあまり違いがなく、古さを感じないデザインで良いかと思います。 後面はやや古さは感じるものの、全てLEDライトなので極端に古さは感じない印象です。 【インテリア】 現行と比べるとかなり古さを感じる印象。 特にナビとメーター周り。 とはいえ、Eクラスの高級感落ち着きを感じるデザインで飽きがきづらいかと思います。 物理ボタンも多いので、すぐに直感的に操作できるのも良いです。 ナビは使いづらいので参考程度にしか使いません。 Bluetooth接続もあり特に困ることはなし。 何よりラゲッジスペースが広大。 完全なフルフラットになり、荷室長で175p、前席最前方にすると220p。 自宅の布団をそのまま積んで車中泊旅余裕です。大人2人並んで余裕持って寝れます。 自転車、引っ越し、家具、過去に積載出来なかった物がないです。 またトランク下スペースのスペアタイヤを外す(ランフラットの為)と、こちらも広大な荷室になります。 通常は車中泊グッズ(電子レンジも入ります笑)、非常用品等収納しています。 【エンジン性能】 Eクラス的な上質なフィーリングを求めるなら上位クラスの3.5ガソリン。 ランニングコストも抑えつつトルクフルに走りたい方は3.0ディーゼル。 特に拘りがないなら2.0ガソリン。 やはりここが1番の不満点。 2000ccガソリンターボなので、どうしてもこの車格にはパワートルク不足は否めないです。 そして音も良くない。リーンバーンという燃料を絞って燃費を上げるエンジンのようなので、ややディーゼルに近いようなカラカラした音が走りだし、始動時はします。 やはり最低3000ccほどのトルク感でローギアでゆったり走りたいタイプの車です。 特にECOモードだと発進、加速の際かなりもたつきます。 Sモードにするとかなりキビキビ走れるようになるが、高回転で走る感じは正直Eクラスには合わないですかね。 予算から断念したが、3.0ディーゼルがやはり気になります。 ここはコストとの兼ね合いなので、割り切ってます。 【走行性能】 ここはさすがベンツのEクラスといった安定性です。 安心感はトップクラスだと思います。 特に高速安定性と旋回安定性は車格も相まって素晴らしい。 サーキット走行にて160kmでも全く怖さ不安感がない。 ACC→レーンキープ付き(現行に比べて性能自体は高くはないが、十分実用的に使えるレベル)ACCセットの速度制限がないのが輸入車の良い所。 加減速のコントロールがもう少し自然だと良い。突っ込み過ぎ。 アダプティブヘッドライト、オートバイビーム→とにかくヘッドライトが明るい。オートハイビームも前車だけ避けるなどこの世代としては高性能。やや反応が遅い時もあるが、夜間田舎道を良く走るのでとても楽です。 ブレーキオートホールド+アイドリングストップからの発進時ギクシャク感が不快。 【乗り心地】 AMGスポーツ18インチホイールなので、想像より硬めな印象ですが、もちろん悪くはないです。 車格、重量もそれなりにあるので、全体的にゆったりした印象です。 【燃費】 4年4万キロ乗ってメーター読み10.8q/l(郊外道5割、高速4割、都市部1割) 郊外燃費走行、高速100km巡航でエアコンなし14km/lいきます。 この車格にしては十分かと思います。 【価格】 新車は割高すぎる。 このクラスの値落ちは凄まじいので、逆に中古は本当にお買い得だと思う。 5年落ち4万qを270万で購入。 私は新車に拘りはないので、コスパ良く購入できるこのクラスの車が大好きです。 【総評】 運転する楽しさは少ないですが、高次元でバランスしている車です。 安全性、走行安定性はもちろんトップクラス。 燃費も悪くない。 その他基本的な便利機能は全て装備。 所有欲もそれなりに満たせる。 車中泊も出来る。 予算から断念しましたが、3.0ディーゼルを選べればさらに総合満足度が上がると思います。 問題は故障した際のコストですね。 輸入車全般に言えることだと思いますが、ここは国産車に比べて明らかに高い。 4年乗って大きなトラブルはNoxセンサー交換(10万)程度ですが、10年落ちへと向かうのでこれからが怖いですね。 最近は何でもかんでもSUVになってしまいますが、国産でこの車格のプレミアムステーションワゴンを発売してほしいと思います。

ワゴンの新着クチコミ

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ8
  • 2022年5月27日 更新

とうとう出ましたね。 https://www.subaru.co.jp/recall/data/22-05-26.html 3車種の中でレヴォーグが一番台数多い見たいですね。

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ16
  • 2022年5月26日 更新

「こんな時だからこそ、面白おかしく行こうぜ!バカネタ第二弾」投下です。 又、これから検討される方に少しでも参考になればと思います。 VNレヴォは静かで、良く動く足、段差越えてもミシっとも言わない、しなやかなボディ! いいクルマです(今1.8はEGRに不具合出てますがもう解決しそうな感じです) ただ、ジェントルすぎる。リッツ・カールトンのエントランスに横づけ出来なくともいいので、もう少しヤンチャにしたくマフラー交換しました(エンドピースのみ) 王道なら「STI」なんでしょうが、なにぶん高い!サードパーティー製ならセンターパイプまで手が届きそうです。 後、マフラーエンドはステンのポリッシュ仕上げでチタンブルーが無い。 で、ガナドール(VRS-052BL)をチョイスしました。 ガナドールのHPには、馬力が上がる、トルクが上がる、燃費が上がると良い事一杯ですが、んな〜事どうでもいいです。 1に音、2に音、3、4が無くて5に見た目です(笑) 結果、大満足です。 久々のスバルサウンドと、スパイラルフィンが何か違うぞ感出してます(写真1) 後、こんなチッコイ太鼓(写真2)でホンマに「ウールレス」なんか?と疑ってガナドールさんにお伺いしてみましたが、「ウールレスです!」ときっぱり仰っておられたので信じます(笑)

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ3
  • 2022年5月26日 更新

レヴォーグを運転する前(1番)、運転後(2番)に シートメモリーで登録されている番号を 押すのですが、反応しない時があります エンジンはついております 1回エンジンをoff⇒エンジンonで 反応してくれることがあります 同じ症状の方いませんか?? また理由わかる方いませんか?

  • 返信数4
  • ナイスクチコミ29
  • 2022年5月23日 更新

ようやくVNH用のSTIパフォーマンスマフラーが発売されたようですね https://www.sti.jp/parts/levorg_vn/muffler/ST44300VR040/ 早速、注文しました!!

  • 返信数68
  • ナイスクチコミ324
  • 2022年5月22日 更新

似たようなスレで申し訳ありません。 2.4の納期のスレはありますが、1.8を契約された方で納期連絡あったよ!という方はいらっしゃいますか? 私は昨年11月13日に1.8STI Sportを契約しましたが連絡はありません。2.4のほうが優先されて生産されるんでしょうか…?

ワゴンの人気中古車ランキング ワゴンの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止