商用車の新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

商用車の最近発表・発売された車種

商用車の人気・注目ランキング

商用車の最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

商用車の自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • メーカー順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • メーカー順
  • 価格帯順
  • 50音順

商用車の新着レビュー

トヨタのライトバンとして長期にわたって安定した売れ行きを続けているのがサクシード。現行モデルがデビューしたのは2002年だから、実に12年間も大きな変更を受けることなく販売が続けられてきた。発売から10年以上も経過するとさすがに改良すべき点も多くなり、また最新の安全基準に適合させる必要があることなどから、12年目にして初めてマイナーチェンジを受けた。 今回の改良では新しいパワートレーンが搭載され、それに合わせてプラットホームが変更されている。といってもリヤ側に関しては従来からのプロボックス/サクシード専用の仕様が継続されていて、フロント側がCVTの搭載などに対応して現行ヴィッツ系のものを使う形で変更されている。 搭載エンジンは1.3Lがヴィッツなどに搭載されている1NR-FE型で、1.5Lは従来からの1NZ-FE型に改良を加えて搭載している。いずれも吸・排気の両側に可変バルブタイミング機構のVVT-iを備え、さらにスーパーCVT-iと組み合わせることで低燃費を実現した。1.5L車だけに設定される4WDも含めて全車がエコカー減税の対象になった。 試乗したのは1.5Lエンジンを搭載するサクシードのUL-Xだけなので、1.3L車との比較は語れないが、自然なフィールの走りに不満は感じなかった。トランスミッションがCVTになったことがネガになるのではと、乗る前にはわずかな懸念も抱いていたが、実際に走らせるとCVTの滑らかさに好感が持て、ネガティブな印象は感じられなかった。 開発関係者の話を聞くと、開発の過程で耐久・信頼性などを中心にCVTの検証をじっくりやったとのことで、実用本位のビジネスユースに耐えることを確認しているとのことだった。今回の試乗でもリヤに100kgのウエイトを搭載した上に、大人2名乗車という形で走らせたが、重量の負荷を苦にしない走りを示した。 シャシー系はパワーステアリングが車速感応型の電動式になり、一定の容量のあるアシストモーターが採用されたことで、フリクションのないすっきりしたステアリングフィールを実現していた。これも好感が持てる部分である。乗り心地も不満のないもので、今回は一定の重量を積んでいたことで、よけいにしっとりした感じが出ていたようだ。 室内の装備については、運転席から手の届くところにビジネスシーンに必要なものを収納できるスペースを確保し、実用性の向上に配慮している。1Lの紙パック飲料も収納可能なセンタートレイ(ドリンクホルダー+照明付き)を始め、A4サイズのノートパソコンや弁当が置ける大型のインパネテーブル、スマートフォンなど情報機器の収納場所として活用できるマルチホルダーなどをセンタークラスターに集約した。 パーキングブレーキを足踏み式にしたことで空いた運転席のすぐ横のセンターコンソール部分には、ビジネスバッグが置けるトレイ(カップホルダー付き)を設置した。またA4バインダーを収納できるトレイもインパネに設置している。 安全性に関しては、フロント回りに歩行者の頭部や脚部への衝撃緩和に配慮した歩行者傷害軽減ボディ構造を採用したのを始め、車両の安定性を確保するVSC&TRCや、急な坂道での発進時に車両のずり落ちを一定時間抑えるヒルスタートアシストコントロール、急ブレーキ時にハザードランプを点滅させ後続車に注意を促す緊急ブレーキシグナルを全車に標準装備した。また全車のフロントブレーキを大径化して制動力を高めている。 後席のシートは緊急用という感じでヘッドレストレイントも装備されていないが、ライトバンでは止むを得ないことかも知れない。 試乗したUX-Lの価格は150万円台前半。トヨタ車では1.0Lエンジンを搭載するパッソが最も安いクルマだが、ラインナップで見ると1.3Lや1.5Lエンジンを搭載しながらパッソとオーバーラップする価格が設定されている。今回の改良でワゴン仕様がなくなったので、個人ユーザーが使うクルマではなくなった印象だが、実用本位のビジネスユースでは引き続き高く評価されるだろう。

【エクステリア】 他の軽商用車には無いデザインで魅力的です。 【インテリア、居住性】 一人乗りと割り切って購入すればなにも問題ありません、運転席以外のシートは使用しない事が賢明です。運転席以外のシートを収納すると足をのばして横になる事が出来ます、他車にはない魅力です。オプションで助手席の前にテーブルがセットできます、便利な機能です。 【動力性能】 ターボの4WDです、街乗り、峠道どちらも問題ありません、エコモードを解除するとトルクがあり峠道でも扱いやすくなります、登坂車線を使って追い越しも可能です。高回転域はCVTとの相性なのか音ばかりで力強さは感じません 【走行性能】 CVTの制御に問題を感じています例えば峠道で、下り→平坦地、下り→上りという状況は必ずあります、この様な状況の時、下りでは自動的にエンジンブレーキがかかり、回転数が上昇します、下りが終わり平坦地若しくは上りに差し掛かってもエンジンブレーキがかかったままで回転数が上昇した状態です、高い回転数に合わせてアクセルを開けていきます、その後エンジンブレーキが切れ回転数が下がり結果、車は失速します、あわててアクセルを開けます、今はこの挙動になれましたが最初は「故障かな?」と思うくらい不自然な挙動です、センサー等で下りを感知しエンジンブレーキを制御しているのでしょうが平坦地や上りでエンジンブレーキがかかり続くのは不自然です、もっと早く判別し制御できないないのでしょうか? 【乗り心地、静粛性】 軽商用車である事やタイヤを考慮すれば悪くありません、ただ風切り音、エンジンノイズ、ロードノイズはかなり室内に入ってきます、うるさいです。コストを抑え、軽量化の為、消音材や吸音材をほとんど使用していないからでしょう。 【価格】 他の軽商用車と比較すると割高です、ホンダセンシングを売りにされていますが機能の中にオートライト(ハイビームとロービームを自動で制御します)この機能に課題が有ります、街中では問題ありません(ほぼロービームなので…)ところが峠道で課題が有ります、前を車が走っていれば当然ロービームになります、カーブで山の影に前の車が入り見えなくなり、カーブが終わると前に車が現れます、この時突然、ハイビームになります、かなりあわてます、どのような状況でも前に車がいるのにハイビームになってはだめですね 峠道ではオートライトは使用せず手動でハイビーム、ロービムの切り替えを行っています、前を走っている車に迷惑をかけますから。販売店に相談したところ「別のNバンで同じ現象が起きるか試してほしい」と言われ借りて試しましたがまったく同じでした、オートライトの機能も価格に含まれていますから使えない機能にお金を払っていると考えるとさらに割高感が増します。 【総評】 エンジン、CVT、デザイン、コンセプト、使い勝手、それぞれで考えると良いです、ただ車として走っている時の制御に問題が有ります、ですから良い車とは言えません、特にライトは重要な安全装置です、使えない安全装置が装備されている事には疑問を感じます。

運転席以外のシートがあまりに酷すぎる。ホンダの軽自動車で足を伸ばして車中泊が容易に出来るのは、N-VANくらいなのに… ワゴンR(スズキ車)みたいなシート機構にしたら、もっとまともなシートになって売れると思うが…残念。

商用車の新着クチコミ

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ7
  • 2021年6月16日 更新

生産中止でうわさのDA17V JOINターボ5MT4WD納車しました。 マニュアル+ターボの組み合わせで正解でした。 運転全般はもちろん、アクセル踏んだ時の加速感が気落ち良いですね。 しかも、横になって昼寝できるし、余計な装備無しのシンプルさ。 ナビ&音楽はスマホ+FMトランスミッタで今の所満足してます。 思った以上に楽しくて通勤の帰りについつい遠回りをしてしまいます。 4WDは冬に凍った山道で発揮してくれることを期待してます。 全体的に満足ですが以下気になるところです。  1.時速83km〜87で発生する「ブーン」の音(なぜこの速度域だけ?)    2.3000rpm以上回した際に発生するアクセルオフ時の「ヒュン」音(これ仕様ですか?)    3.雨の日にクラッチペダルを踏んだ際に左側に滑ると足のつま先と出っ張りが挟まる。(挟まってなかなか抜けないし。)

  • 返信数4
  • ナイスクチコミ9
  • 2021年6月16日 更新

ついにこの日が来てしまいましたね。商用車なので、フルモデルチェンジまでは生き残るかと思ってましたが、、、 https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/3a56b8c852a879fc5fe968f66a49db922e0a6d37/ まだ注文可能か不明ですが、「いつかはハイエースMT車を」とお考えの方には強くお勧めします!以前にも書きましたが、ハイエースMT車は、 ・商用車特有のギア比によって、空荷では扱いづらい ・最初、2速に入れづらい。 ・ステッキ式パーキングブレーキ、腰痛持ちは死にます。現行はヒルスタートアシストが装備されているので助かりましたが、中古車を購入される場合は要確認です ・6速がないのは残念。高速でハイペースで走り続ける気にならない ・タコメーターがない。私はpivotのタコメーターを付けてもらいました。 ・高燃費なのは覚悟して下さい。高速でもあまり伸びません(10km/Lぐらい) ・盗難の危険があるので、駐車場所に気を使う 等の短所がありますが、トラック並みの高い着座位置、インパネシフト、キャブオーバー、前席3人掛け等から醸し出される独特のドライブフィールが味わえます。これは乗用車では絶対に味わえません。新しい世界がひらけます!感覚的には船と乗用車の中間といったところです(長所か分かりませんが)。 私は3年前に購入してしばらくは、 「やっちまった・・・」 と、MT乗用車とのあまりの感覚の違いに戸惑いましたが、すぐに慣れて、今では買って本当に良かったと満足しています。

5ch情報ですので真偽のほどは、、、でもディーラーに聞いたとも書いてありました。別の人も発注しようとしたら生産終了ということで断られたとか、、、、 両方の情報で一緒なのはJOINターボのマニュアル車ということです。 スズキ セーフティ サポートがついてないせいかなとも思いましたが、それはPAやPCなどもマニュアル車は同様です。 ならば、、、車種整理ってことですかね?なんやかんや言っても商用車としての需要がメインの車ですから、売れ筋ではないターボ車は廃止ってことでしょうか?AT車が残ってるのはワゴンの共用できるからってことですかね。 真偽のほどは定かではありませんが、スズキの独占市場ともいえるインドが新型コロナの大打撃で低迷してるからでしょうか?修会長引退のせいでしょうか?自動車の電動化に向けて厳しい市場になるのを見越しての車種整理なんでしょうかね? 先日新型ジムニーのリコールが発表されてますから、それの対応もかなりの出費になることでしょう。 コスパの高い遊び心満載のマニュアル車を望む人には悲報とも言えますね。欲しい方は今ならまだ市場在庫もあるでしょうから、お早めに。 もちろんガセネタだったとして当方は一切責任持てません(^^;

  • 返信数9
  • ナイスクチコミ12
  • 2021年6月9日 更新

DA17Vを注文したいのですが納期が5か月待ちといわれました。どうしてなのか情報お持ちの方いられますか?

現行ハイエースに社外ナビを付けたいのですが、オプションでパノラミックビューモニターが付いています。社外ナビを付けるためにデータシステム社が出しているカメラ接続キットを購入予定ですが、それ以外に必要な配線はありますか。 宜しくお願い致します。

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止