ボルボの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

ボルボの最近発表・発売された車種

ボルボの人気・注目ランキング

ボルボの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ボルボの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
  • SUV
    セダン
    ワゴン
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
  • 英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • 英数字

ボルボの新着レビュー

昨今の輸入車では、コンパクトSUV市場が人気で各社個性的なモデルが続々と登場しています。 中でも、一際注目なのが、ボルボの最もコンパクトな「XC40」です。 ボルボのSUVには、「XC60」、そして「XC90」とプレミアくSUVを選択できますが、それらが生み出す世界観とはまったく異なる方向性で開発され、コンパクトでカジュアルであっても引け目を感じない仕上がりを展開したところはさすがボルボです。 今回はそんなXC40の中でもベーシックに近いグレード、「T4 AWD MOMENTUM」をメーカーより広報車をお借りして、ハイウェイ&タウン走行を敢行しました。 アマゾンブルーをベースとするボディは、ルーフやホイールはオプションですが、ホワイトカラーに変更され、アウディQ2のようなカジュアルな印象です。乗りこんでも、インテリアは本革シートではなくファブリック表皮ですが、北欧のセンスを感じさせ、メーター類はXC40全車で12.3インチ・デジタル液晶ドライバー・ディスプレイを標準装備し、センターコンソールには赤外線方式タッチスクリーンを採用した9インチ縦型センターディスプレイでほとんどの設定が可能となっており、ベースモデルであるが一切の手抜きは感じさせません。 街中では、とにかく軽快感ある若々しい走りという印象です。感銘を受けたのはトルクコンバーター式8速ATの制御が素晴らしく、アクセルに足を乗せるとその状況に合わせたギアにセレクトしており、もどかしいことなど皆無。まるで、トランスミッションが、乗り手の心を見透かしているようでした。そのため、いつでも軽快な加速が手に入ります。 全幅1875mmは数値的にはコンパクトとはいえるものではありませんが、ドライバーズシートに腰を降ろすと意外なほどコンパクトに感じます。そのため、細い路地などでも取り回しは良好でした。 最高出力190PS/4700rpm、最大トルク300Nm(30.6kgfm)/1400-4000rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ“T4”エンジンは十分パワフルでハイウェイでも不満など皆無。T4のエンジンは、T5同様に2.0リッターターボですが、最高出力はT5の252PSに対して190PS、最大トルクはT5の350Nmに対して300Nmに抑えられます。 しかし、トルクは自然吸気エンジンの3L並みを発生しますので、アクセルを軽く踏み込めば、前輪はがっしり路面を噛み、スムーズに加速体制に入ります。ちなみにFF車の車重はAWD車より60kg軽く、このT4モメンタムで1610kg。 トランスミッションをマニュアルモードにして積極的に高回転まで回せば、静粛に保たれたキャビンに心地よいサウンドが響き、コンパクトハッチのような機敏な吹け上がりとともに迅速な追い越し加速が心地よいものです。 「レーン・キーピング・エイド」や「アダプティブ・オートクルーズ・コントロール」がロングクルージングでも疲労を最小限に抑えてくれます。 ボルボの安全神話を全て押し込み、塊感のある引き締まったデザインとカジュアルな印象はボルボではこのクルマだけです。実車はとてもオシャレですので、女性にも積極的に乗ってほしい一台です。

2022年4月に納車後、1ヶ月の感想です。 【モデル】 T6リチャージ プラグインハイブリッド インスクリプション 【エクステリア】 黒色ですが、引き締まった表情で、無駄もなく綺麗で気に入ってます。 【インテリア】 全項目の中で最も評価が高いです。 見た目は、アンバー色のシートとウッドパネルの組み合わせで、乗るたびに落ち着いた雰囲気を出してくれます。 シートの座り心地も抜群で、調整する余裕しろが大きいので、体にフィットするポジションが見つかります。 【エンジン 走行性能 乗り心地】 必要十分です。落ち着いた雰囲気なので、飛ばす気になりません。電気で走る時は、出だしがウルトラスムーズでストレス0です。前車はツインクラッチで、出だしのギクシャク感がありましたので、より一層の違いが感じられます。 【静粛性】 静音対策されてます。特に電気だけで走る時はとても静かで、インテリアの落ち着きと共に、極上の車内空間が味わえます。 オプションのB&Wサウンドシステムが素晴らしく、他のオーディオでは聞こえない楽器の音が聞こえ、感動の音空間となります。 【燃費】 充電せずに街中をハイブリッドモードで走る時は、燃費10km程度です。満充電すると、航続可能距離は71kmと表示されます。近所の買い物などの普段使いが多いので、エンジンが掛かることなく、ガソリンは減りませんし、ガソリン代はかかりません。 【価格】 900万を超えるので高いです。ただ、安全装備関係は全て標準装備なので、オプションをつける必要がないです。他のメーカーだと、本体価格はやすくてもオプション装備を付ける必要があり、結局高くなります。 【グーグルシステム】 システム自体がグーグルで、ナビやSpotifyなど大活躍です。たまにフリーズや音響が鳴らない時があります。再起動すると修復します。 【総評】 総合的にとても満足です。普段のストレスを癒してくれるので、車に乗ることが楽しみです。

XC90D5からの乗り換えです。 燃費については高速中心で充電なしなら11km/lから12km/l程度とハイブリッドとしては控えめですが、長距離での乗り心地はD5と同様非常にいいです。 我が家では充電して使っていますので、月2回の往復230kmほどの遠出と近所の買い物などでトータルのガソリン消費は15km/L程度です。実際には近所で使う分にはピュアモードにしているので全くガソリンは減りません。 パワーは十分でこの巨体を軽々と加速してくれます。この点はD5よりも確実に優れています。 最悪だったのは2022年モデルが納車されてからドライブモード変更のダイヤルがついていない事に気がついたことです。カタログにも書いてないですし、ディーラーからの説明もなく非常に不便です。おそらく世界的に半導体が不足した影響ではと思うのですがせめて低下を引き下げるなりの誠意を見せてほしいものです。この点が星一つ減点の理由です。 まあそれを入れても全体的にはまんぞくしています。

ボルボの新着クチコミ

  • 返信数1
  • ナイスクチコミ3
  • 2022年5月25日 更新

Googleシステム搭載車での通信機能不具合について、評価で記事をアップした者です。4月15日現在でのディーラー担当者の話で、正式回答ではありませが、参考まで。 <原因の推測> 私の地域(三重県)では、複数発生。一方、広島では全くない。従って、通信会社(ソフトバンク)の4G回線のキャパ含めた回線状況が関係しているのではないかと推測している。回線の増強もソフトバンクも順次進めているが、ボルボ側も引き続き努力している。とのこと。結論的には、地域によってはまだまだ、通信機能不具合が今後も一定期間でる可能性があるようです。 <対策> xc60ではシステムリセットが2種類あります。センターディスプレイの下にあるホームボタン長押しで、ディスプレイ掃除の為のブラックアウトが出来ますが、これの、もっと長押しです。ただし、こっちでは、私は治りませんでした。 もう1つの通信システムリセット?がデフロスターボタン長押しです。SOSランプが赤くなってから白に復帰します。この方法で少し時間がかかりますが、私の場合は今のとこの、(2回くらいトライすれば)接続に成功しています。不具合が治る訳ではありませんが、とりあえず、使用不能は回避できます。

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ0
  • 2022年5月25日 更新

Volvo Cars アプリのドアロックコントロール画面で施錠/解錠ボタンの右、上向きの矢印をタップすると表示される「ガードを下げてロックしています...」というのは何を指しているのでしょうか。何となくセキュリティ機能のような気がしますが、マニュアルを見ても該当する項目を発見できず質問させて頂きました。MY22のリチャージT6です。

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ4
  • 2022年5月24日 更新

初めて充電したら充電中にファンが回っている ような音がするのですが正常ですか? 宜しくお願いします。

  • 返信数18
  • ナイスクチコミ25
  • 2022年5月21日 更新

PHEVモデルはあまり話題になりませんね。現時点ではGoogleにしろVolvoCarアプリにしろまだまだ発展途上という感じですが、PHEVのポテンシャルに関してはバッテリー増量とモーター強化で俄然魅力を増したと感じ、2022年後期モデルを最近購入しました。が、オールニューのモデルではないこともあるのでしょう、やはり巷での注目度は今一つと感じます。ユーザー数は限られるかも知れませんが、情報を共有できればと思い書き込ませて頂きます。

  • 返信数0
  • ナイスクチコミ1
  • 2022年5月21日 更新

リリースされたとの情報ですが... なんと目玉であるはずのOTAアップデートができず、工場に車両を持ち込まないといけないようです。 https://www.volvocars.com/jp/support/software-release-notes/xc60-recharge-plug-in-hybrid/2021w46 バグフィックスだけでなくUIの変更も含まれているようなので、できるだけ早めにディーラーへ行ってアップデートしてみようと思います。

ボルボの人気中古車ランキング ボルボの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止