アウディの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

アウディの最近発表・発売された車種

アウディの人気・注目ランキング

アウディの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

アウディの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
    41〜60位
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
  • 英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
    41〜60位
    61〜80位
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • 英数字

アウディの新着レビュー

2019年にフルモデルチェンジを行ったアウディのスポーツコンパクトである「A1スポーツバック」。2020年は国内外を問わずBセグメントの当たり年とも言えたのですが、改めてA1スポーツバックに試乗してみました。 撮影の都合で写真は2019年12月1日に発売された「ファースト・エディション」ですが、同じエンジンを搭載する「35TFSI Sライン」も含めての試乗になります。 前述したように2020年は欧州だけでなく国内でもトヨタ ヤリスやホンダ フィットも発売。この原稿を書いている段階で日産 ノートが発表されるなど来年に向けてこのセグメントの販売が期待されます。 プラットフォームはVW ポロと共有ですが、ホイールベースはA1の方が10mm長い以外はパワートレーンなども共通する部分が多いのが特徴です。 ただポロとの比較ではやはりデザインやマテリアルなどの質感はプレミアムコンパクトとして享受できるもので、1980年代に人気だったスポーツクワトロをイメージさせるデザインなどはその表れと言えるでしょう。 旧型との比較で一番の進化はやはりサイズアップによる実用性の向上でしょう。 全長で55mmのほか、圧倒的なのがホイールベースを95mmも延長していることです。これは室内全体と同時に後席の足元スペースの余裕、さらにラゲージ容量の拡大に繋がります。 見え方によっては旧型のキュッとしまったエクステリアもスポーティですが、プラットフォームの共有化も含め、この時代では今まで以上に居住性を含めた実用性が求められます。 ハンドリングに関してはSラインもファーストエディションも17インチアルミ&ブリヂストンのトランザT005を装着していましたが、セッティング自体はSラインの方がやはり締まった乗り心地でした。もちろんSラインには「ドライブセレクト」が搭載されますので当然なのですが、どちらも共通して言えるのは狙ったラインに対し、極めて忠実にトレースする能力の高さ。ここに関しては誰が乗っても驚くほどスムーズに曲がれることが体感できるはずです。 1.5Lの直4直噴ターボは150PS、250N・mを発生、素性の良さはすでに先行して発売されているポロの「TSI R-Line」と同じもの。組み合わされるトランスミッションも7速のデュアルクラッチ式になります。 また燃料消費を抑える「ACT(気筒休止システム)」もポロと同様ですが、こちらもそれが作動していることは走行時にはまずわかりません。それだけスムーズなフィーリングと言えるでしょう。 この試乗の前に6月に追加された主力販売グレードとも言える「25TFSI」にも少しだけ試乗したのですが、これもまたポロ同様、ややパワー不足は否めません。価格面での訴求は魅力的ですが、やはり車格や走りのバランスを考えると「35 TFSI」をオススメします。 ただ、走りも含めBセグメントのトップとも言える実力を持つA1スポーツバックですが、不満点もあります。まず1つ目が昨今では軽自動車にも装着が増えてきている「EPB(電動パーキングブレーキ)が非設定である点です。特にストップ&ゴーの多い日本では運転時の負担を減らす機能として人気があります。今後とのことはわかりませんが、このクラスとして、ましてやプレミアム要素も強いアウディゆえにこの部分はぜひ装着を期待します。 そして2つ目がオプションの豊富さゆえの車両価格のアップです。今回試乗したテスト車は車両本体価格に対し、メーカーオプションが多く、約100万円位高くなっていました。 これ自体はイメージを訴求するためのテストカーゆえなのですが、さすがに100万円高となると他の選択肢も出てくる可能性もあります。A1スポーツバックを購入する際は本当に必要な装備をよく吟味することが重要です

【エクステリア】 ブラックスタイリングにしているの締まります。もはやアウディマークが見えない。 でもこのブラックスタイリングは満足度が上がります。 【インテリア】 新世代は全てタッチパネル化しているのに対して、このQ5Sbは物理スイッチあり。 液晶モニターも大きめで非常に扱いやすいです。物理スイッチがあることで運転中の 操作もしやすいのがいいなと思ってます。1stEditionのレザーはかなり魅力的ですが ボディーからが選べずなので、ここは諦めてアルカンターラ+レザーです。 ピアノブラック部分が多いので小傷が心配ですが、コーティングしたりして 常にケアしてます(;^_^A 【エンジン性能】 アウディのエンジンは優秀ですね。 しかも今回初ディーゼルですが、安定していてトルクフル。 満足してます。 【走行性能】 とにかく静か。滑らか。穏やか。荒々しくないです。 フラットライドではあり、非常に安定してます。時には四駆、時には二駆 という切り替えを自動でしてくれるので快適ですね。 【乗り心地】 エアサス装備しているので乗り心地は抜群です。 つなぎ目も柔らかく吸収してくれます。決してふわふわしてない。 安定していて滑らか。1stEditionもノーマルQ5も乗りましたが、 エアサス装備車が圧倒的に乗り心地抜群です。 【燃費】 一般道:14〜15 高速道:22 ※一般道も含む 過去のハイオクに比べたら圧倒的な燃費!! 初ディーゼルではありますが、こちらも大満足です〜〜 【価格】 正直そこそこ高いです。オプション次第でしょうか。 【総評】 Q5はこの世代が一番熟成されてるんじゃないんでしょうか。 エクステリアにおいてもめちゃスポーティになりましたし。 Q5SBはスタイルもカッコいいですし、乗り心地も抜群です。 ライバル車と比較してもおそらく満足度は高いかと。 間違いなく、おすすめです。

乗っているA3の整備の際代車で1週間乗った際のレビューです。 【エクステリア】 先代のA1から一回り大きくなり、4メートルを超えたのと(逆に今まで超えてなかった事に驚き)まんじゅうみたいや丸みのある可愛いデザインから角ばったデザインに変わったのでかなりイメージが変わりました。 Bピラーから後ろを手で隠して前だけ見るとA3に見えるくらいとんでもない豹変ぶりです。 ポロがベースですが横から見るとA3スポーツバックの後ろを30センチくらいぶった斬ってショートにしたようなイメージを受けます。 【インテリア】 やはりアウディ、手は抜きません。 まずインテリアの建て付けがすごいです。 フィットやノートのライバル的なサイズですが、エアコンなどのパネルの取り付ける遊びをギリギリまで攻めてタイトな寸法にしてあります。 こう言った作りの場合車の剛性が弱いとギシギシ鳴ったりするので、相当な自信だと思います。 シガーソケットのカバーに腕時計の竜頭のような掘り込みがしてあったり、こんな事までやるか?と言うようなこだわりが散見されます。 乗ってるとA3以下の車種の中でどれに乗ってるかわからないくらい手抜きがありません。 【エンジン性能】 色々似たようなエンジンの車を比較してみます。 ◆アウディ A1 35TFSI (1220kg) 1.5L直噴ターボ 150ps / 250Nm ◆アウディ A3 30TFSI (1330kg) 1.4L直噴ターボ 122ps / 200Nm ◆ホンダ ステップワゴン(1660kg) 1.5L直噴ターボ 150ps / 203Nm ◆トヨタ カローラ(1300kg) 1.2L直噴ターボ 116ps / 185Nm もちろん、直接的な比較はできませんが重量1220kgの車に1500ccのエンジンが付いていれば、NA(ターボなし)でも普通に軽快に走れます。 でもこのエンジンにターボまで付けられています。 性能は見ての通り、8人乗りのミニバン並みの動力性能があり、しかも重量も1220kgです。 出足から1500ccの排気量から来る素のトルクがしっかりとあり、踏み込むとかなり暴力的な加速をします。 暴力的と言ってもエンジン自体はエンジンオブザイヤーを取った先代に倣いとても綺麗に回るのでいつのまにかとんでもない速度が出ているタイプの加速感です。 パワーに余裕がありすぎるのでフル乗車だろうが荷物詰め込もうが普段使いするくらいなら加速はほとんど変わりません。 とりあえずとんでもないパワーです。 本国ではこのエンジン、A5にも積まれてるくらい懐が深いのでこんな軽い車に積んだらどうなるかと言う事ですね。 【走行性能】 1220kgのA1と1330kgのA3セダン 調べてみたらどちらも前軸重量が770kgと全く一緒でした。 寸法を除けばA3と比べてA1は後軸重量が110kg近く軽いという形に。 でも215/45R17のタイヤを履いていましたので、これは"走れ"と言うことかな?と思い少しワインディングの続くところを走ってみたのですが、思った通りリヤの設置感がほとんどなく、前荷重でぐんぐん曲がる感じでした。でもコーナリングはかなりクイックで、想定しているより5センチくらい内側に切り込んでいくようなイメージでした。 限界付近の性能はもちろん試せないので分かりませんが、これを攻めたらリヤがブレイクしないかどうか心配になりました。 攻めてていきなり前が急に逃げるかけつが出るかしたら困りますからね。 と思いながら走ってたら、サイドブレーキが電動ではなく昔ながらのハンドブレーキでした。 僕には「これでアンダー消せ」と言うメッセージに思えました。 ※あくまでスポーツ走行性能であり、乗用での操作性はとても素直で全く問題ありません。 【乗り心地】 かなり硬いです。 更にA3と比べると気持ち3倍くらい車内がうるさく、ミラーが風を切る音やロードノイズがかなり入ってきます。 硬さに関してはもちろんただ硬いだけではなく、確認したところバネも細かったのでダンパーの設定がかなりスポーティな感じになってると思います。 少なくとも日本国産のこのクラスでは絶対やらないような設定だと思います。 オシャレな見た目なので街中をゆっくり走る方も多くいらっしゃると思いますが、そう言った方にはこの硬さにびっくりすると思います。 高速巡航もパワーはありますが賑やかなので長距離を快適に走りたい方にはおすすめできません。 【燃費】 郊外に出ると普通に20km/lを超えてきます。 WLTCモードでは15kmちょっとと書かれていますが、それよりも全然伸びます。 僕が1週間で500kmほど乗った間、市街地から郊外、高速含めた燃費の平均は19.7でした。 ヤバすぎ。 【価格】 新車の乗り出し価格で約450万円〜 ノーコメントで。 【総評】 ・価格や実用性より個性重視 ・土日にちょっと走りたい(80%)  普段使いで快適に(20%) くらいに考えてる方におすすめです。 スポーツ走行では間違いなく速い部類に入る車ですがかなりヤンチャなので、そこを"可愛げがある"と受け入れられる方ならお勧めします。 僕はかなり気に入りました。

アウディの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ5
  • 2022年5月24日 更新

電気自動車デビューを考えており、Q4のスペック、デザインが魅力で購入を検討しています。 イベント等で試乗された方がおられましたら、乗り味はどんな感じでしたでしょうか?例えば●●に近かったなどお教え頂けると有難いです。 期待としては、上質な乗り心地・しっかりとしたハンドリング・安定したコーナリング・EV特有の低重心化による安定性など達成されていれば是非購入を進めたいと思っています。 よろしくお願いします。

アウディの人気中古車ランキング アウディの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止