アウディの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

アウディの最近発表・発売された車種

アウディの人気・注目ランキング

アウディの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

アウディの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    カ行
    タ行

アウディの新着レビュー

2019年にフルモデルチェンジを行ったアウディのスポーツコンパクトである「A1スポーツバック」。2020年は国内外を問わずBセグメントの当たり年とも言えたのですが、改めてA1スポーツバックに試乗してみました。 撮影の都合で写真は2019年12月1日に発売された「ファースト・エディション」ですが、同じエンジンを搭載する「35TFSI Sライン」も含めての試乗になります。 前述したように2020年は欧州だけでなく国内でもトヨタ ヤリスやホンダ フィットも発売。この原稿を書いている段階で日産 ノートが発表されるなど来年に向けてこのセグメントの販売が期待されます。 プラットフォームはVW ポロと共有ですが、ホイールベースはA1の方が10mm長い以外はパワートレーンなども共通する部分が多いのが特徴です。 ただポロとの比較ではやはりデザインやマテリアルなどの質感はプレミアムコンパクトとして享受できるもので、1980年代に人気だったスポーツクワトロをイメージさせるデザインなどはその表れと言えるでしょう。 旧型との比較で一番の進化はやはりサイズアップによる実用性の向上でしょう。 全長で55mmのほか、圧倒的なのがホイールベースを95mmも延長していることです。これは室内全体と同時に後席の足元スペースの余裕、さらにラゲージ容量の拡大に繋がります。 見え方によっては旧型のキュッとしまったエクステリアもスポーティですが、プラットフォームの共有化も含め、この時代では今まで以上に居住性を含めた実用性が求められます。 ハンドリングに関してはSラインもファーストエディションも17インチアルミ&ブリヂストンのトランザT005を装着していましたが、セッティング自体はSラインの方がやはり締まった乗り心地でした。もちろんSラインには「ドライブセレクト」が搭載されますので当然なのですが、どちらも共通して言えるのは狙ったラインに対し、極めて忠実にトレースする能力の高さ。ここに関しては誰が乗っても驚くほどスムーズに曲がれることが体感できるはずです。 1.5Lの直4直噴ターボは150PS、250N・mを発生、素性の良さはすでに先行して発売されているポロの「TSI R-Line」と同じもの。組み合わされるトランスミッションも7速のデュアルクラッチ式になります。 また燃料消費を抑える「ACT(気筒休止システム)」もポロと同様ですが、こちらもそれが作動していることは走行時にはまずわかりません。それだけスムーズなフィーリングと言えるでしょう。 この試乗の前に6月に追加された主力販売グレードとも言える「25TFSI」にも少しだけ試乗したのですが、これもまたポロ同様、ややパワー不足は否めません。価格面での訴求は魅力的ですが、やはり車格や走りのバランスを考えると「35 TFSI」をオススメします。 ただ、走りも含めBセグメントのトップとも言える実力を持つA1スポーツバックですが、不満点もあります。まず1つ目が昨今では軽自動車にも装着が増えてきている「EPB(電動パーキングブレーキ)が非設定である点です。特にストップ&ゴーの多い日本では運転時の負担を減らす機能として人気があります。今後とのことはわかりませんが、このクラスとして、ましてやプレミアム要素も強いアウディゆえにこの部分はぜひ装着を期待します。 そして2つ目がオプションの豊富さゆえの車両価格のアップです。今回試乗したテスト車は車両本体価格に対し、メーカーオプションが多く、約100万円位高くなっていました。 これ自体はイメージを訴求するためのテストカーゆえなのですが、さすがに100万円高となると他の選択肢も出てくる可能性もあります。A1スポーツバックを購入する際は本当に必要な装備をよく吟味することが重要です

今の型より、初期型の方が個人的にはカッコいいと思います。 スーパーカーの部類だけど、保険代金で言うならフェラーリ1/3で普段乗り出来ちゃうところが素晴らしい! アクセル踏めば速いし、デザインもまだまだ今の車と比較しても古さをまったく感じさせない。 今の中古相場は海外のR8相場と比較しても日本市場はまだ安いからかなり狙い目の車だと思います。 燃費はだいたいリッター6くらいですかね。とにかくガソリン車が乗れるうちに乗るべき車だと思います!

【エクステリア】 シンプルかつ高級感あり。最高です。 いかつくなく、さりげない主張がちょうどいいです。 【インテリア】 エアコンの吹き出し口は主張してます。 それ以外は主張少なめで、整理はされていてすっきりしてます。 重要なボタンも小さめだったりします。 【エンジン性能】 燃費よし。パワー十分です。 日常使いに必要十分なパワーだと思います。 トランスミッションとの相性も含めてうまく収めたと思います。 【走行性能】 ハンドルは少しやわらかいといいますか、個人的には少し遊びを感じました。 剛性は高く、静粛性も高い。 このサイズでも高級感を味わえることに感動しました。 とても心地いいです。 またブレーキが良かったです。リニアな感じでコントロールしやすいです。 運転していて楽しいです。 【乗り心地】 静粛性は十分。前述の通り高級感あります。 後ろの席は狭いですが、うちは後ろは子供なのでちょうどよく、必要十分でした。 助手席に乗っても高級感は味わえます。 【燃費】 ハイブリッドではない国産車よりも良かった。十分過ぎるくらい良い。 国産車はハイブリッド、海外はダウンサイジングターボなど別路線で進化したものと理解しました。 【価格】 中古がこんなに安くなっているとは知らなかった。狙い目です。前車は国産車でしたが、外車がこんなに安くなるんだったら、見ておくべきだったと後悔しました。 【総評】 個人的にはナビの使いにくさとエンジンブレーキのきかなさ以外は満足してます。 cセグメントセダンの中で最も高級感があり、乗って楽しい車だと思います。もっと評価されていい車だと思います。

アウディの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数0
  • ナイスクチコミ0
  • 2021年5月11日 更新

2021モデルのRS6 アバントはRS7 アバントと言ってもいいほど7より

アウディの人気中古車ランキング アウディの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止