BMWの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
コンパクトカー
ミニバン
セダン
ワゴン
クーペ
オープンカー
ハイブリッド
電動自動車
価格帯から探す
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
1000万円以上
価格情報なし・販売終了
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

BMWの最近発表・発売された車種

BMWの人気・注目ランキング

BMWの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

BMWの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

BMWの新着レビュー

2019年8月に発表・発売を開始したBMWのエントリーモデルである1シリーズ。今回販売の中心になるであろう「118i Play」に試乗しました。 3世代目となる新型ですが、最大のニュースはこれまで頑なに守ってきた駆動方式をFRからFFに切り替えたことにあります。 「駆け抜ける歓び」を標榜するBMWにおいて、旧型までの1シリーズのハンドリングの素直さはファンだけでなく多くの人からも評価されてきました。実際、新型が出る前に旧型のラストとなる在庫を狙って購入する人も見かけたほどです。 FFに変更した理由はこのクラスに求められる居住性や快適性を重視するとFF化は最も速効性があるからでしょう。またFFに関してはMINIからのパワートレーン他をキャリーオーバーできるので、その点でも圧倒的に生産効率を上げることができます。 それでもFFのネガが気になる人も多いはず。筆者も事前に最後のFR(F20型)となる118dに試乗し、改めてその素直なハンドリングに惚れ惚れしてしまったほどです。 その前にFF化によって得られたメリットをおさらいしてきましょう。 基本的なサイズに大きな差はありません。個人的には日本の道路事情を鑑(かんが)みると全幅はなるべく短い方が良いと考えています。 旧型の1765mmに対し、新型は1800mmまで拡大してしまいましたが自分の中ではギリギリ許容できるサイズです。最小回転半径も旧型より数値的には増えましたが実際の取り回しではそれほど目くじらを立てるレベルではなく及第点というところです。 その分というわけではありませんが、後席の乗降性や足元の余裕、さらにラゲージの容量増大やサブトランクの設定など使い勝手は向上しています。本来ホイールベースが20mm短くなったので居住性の点ではどうかと思いましたが、その点ではパワートレーンの配置位置やドライブシャフトを持たないFF化のメリットも出ています。 試乗グレードの118iには旧型にも設定していた1.5L直3DOHCターボをリファインして搭載します。旧型とは駆動方式が異なりますし、8速ATから7速DCTに切り替えたことはそれほど気にしなくて良いと思います。 全体的な乗り心地はマイルドで誰もが快適に走れるセッテイングとなっています。もちろんよりスポーティな仕様を求めるのであれば同じ118iでも「M Sport(413万円)」も設定されています。 ただ今後BMWがこのクラスを拡販していくのであれば、従来のハンドリングに強いこだわりがある層だけでなく、女性層やファミリー層も取り込んでいかなければなりません。その点ではこの「Play」の足回りは誰もが満足できる万能とも言るセッティングです。 パワー的にも決して速いというよりは必要十分+αと言った感触です。この辺のスムーズな加減速フィールはDCTによる部分も大きいでしょう。 そして何より気になる駆動方式の違いによるハンドリングですが、ことアンダーステアに関しては新搭載の「ARB」が効果的に利いているようです。ARB自体は日本のBMWとしては初の搭載になりますが、従来のDSCに頼らずエンジンコントロールユニット側でスリップ状況を検知する機能です。要はドライバーが電子デバイスの恩恵にあずかっていることすら気がつかないほどにスムーズにコーナーを走ることができます。 純粋なFRと電子制御化されたFF、前述したようにこだわりの強い人であればそれでも気になるかもしれません。ただ基本的にクルマを動かすという考えに関してBMW側のブレはないと思います。多くの人がより楽しく走ることができる環境を手に入れられた点は評価していいと思います。 またBMWと言えばオプションが豊富で何でも付けてしまうと車両価格もそれなりに上がってしまいますのでその点では注意が必要です。 それでもカーナビを含めた最先端のテレマティクスサービスである「iDriveナビゲーションパッケージ」はまず必ずチョイスすることをオススメします。この中には10.25インチのディスプレイを2つ備えた「BMWライブコックピット」やテレマティクス機能である「BMWコネクテッドドライブプロフェッショナル」などが満載です。内容から考えてもこれを選ばないというのはあり得ないでしょう。 ただ昨今話題になっている音声認識によるコントロールですが、過大な期待は禁物です。1シリーズの場合も「OK、BMW」が発話トリガーになっていますが、何でもできるわけがなく、また個人差によって反応は異なりますのでこれはディーラーで実車で試してみることをオススメします。 最後にこの原稿を書いている間に欧州ではディーゼルモデルの最上位である「120d」が3月に発売されることが発表されています。もし日本にディーゼルモデルが導入されればそれなりの売り上げも見込めますし、旧型のディーゼルオーナーからの乗り換えやダウンサイザーへの取り込みにも有利になります。 日本は全くの未定ですし、もし導入するとしても1年はかかるはずですので、ただ「待ち」というのも無責任ですが興味のある人は追いかけてみる価値はあると思います。 メルセデス・ベンツAクラスやVWゴルフなども含めこのセグメントのハッチバックモデルはまた活気づいてきました。その点でも最新先進装備も含む1シリーズのベストグレードはこの「Play」です。

【エクステリア】 X1 xDrive18d M Sport BMWらしく最高です。 20年式ですが新しいBMWのスタイル合わせてマイナーチェンジも行われており古さは感じません。 【インテリア】 若干古さは感じますが、これもBMWです。皮シードで 【エンジン性能】 この車で9台目ですが、ディーゼルは初めてです。音も気にならず静かです。 【走行性能】 トルクフルで低速から気持ちよく加速していきます。 【乗り心地】 M Sportであるからか硬めです。乗り心地優先の車ではないのかと思います。 【燃費】 2000kmほど走りましたが14km/lほどです。さらにディーゼルということを加味すると最高です。 【価格】 10ヶ月ほど使用した中古ですが、欲しい色を決めていてそれが市場に出たので即買いでした。 【総評】 過去に、三菱、ホンダ、日産、トヨタ、スバル、ジャガー、VWと乗ってきました。乗り心地だけ考えれば他に良い車がありましたが、やはりBMWはそれだけでは語れないものがあります。長く乗っていきたいと思ってます。

2016年頃に中古で購入し、2018年頃まで愛車として活躍してくれました。 本体価格は約80万円でした。 2005年式。購入当時の走行距離は4.5万キロでした。 【エクステリア】 一目で「BMW」とわかる洗練されたデザインのおかげで、 購入した2016年当時でも、それほど古さを感じませんでした。 【インテリア】 上質感のある良い内装でした。シートは固めに作られていてフィット感あり。 ボタン類は柔らかめの樹脂のため傷付きやすく、購入時点でたくさんの小傷が入っていました。 【エンジン性能・走行性能】 ゆったりと加速します。キビキビ走る車ではありません。 ステアリングは重めなので、運転してる感は高いです。 アクセル、ブレーキの感度は鈍くもなく過敏でもなく、丁度良い加減でした。 【乗り心地】 スポーティな乗り味ではなく、どっしりした感じです。 ボディ剛性が強く、静粛性も高いため安心感あり。 おかげで長距離のクルージングでも疲れにくかったです。 【燃費】 街乗りメイン、たまに高速走行で11km/Lくらいでした。 【その他】 納車から1ヶ月ほど経った後、ステアリングを大きく回した際に 車体下部から「ギリギリ」という異音が出るようになりました。 ディーラーさんに調べてもらったところ、特に問題はないとの回答でしたが、 それなりに大きな音でしたので、同乗者を不安にさせることが多々ありました。 【総評】 外装や内装に小傷があったりと、中古車ならではの仕方ない部分もありましたが、 車体そのものの剛性や静粛性、BMWらしいデザインのおかげで大変満足。 外車のランニングコストの高さを勉強できた、 という人生勉強的な意味でも、良い買い物だったなあと思っています。

BMWの新着クチコミ

  • 返信数6
  • ナイスクチコミ3
  • 2021年5月10日 更新

アンドロイドスマホの機種変更をしたとこら、BMW REMOTEが引き継ぎされませんでした。playストアで、検索しましたが見つかりません。アンドロイド版のアプリ提供は終了したのでしょうか。ちなみに機種変更後は、アンドロイド10です。

  • 返信数28
  • ナイスクチコミ40
  • 2021年5月10日 更新

先日旧型となったばかりのBMW 118d エディションシャドーを購入しました。インテリア、エクステリア、走り、共に満足しています。ただ、オーディオの音質が残念です。 初めてのBMWなのですが、音質はこんなものなのでしょうか。また、オーディオの交換も考えていますが、可能でしょうか?

そろそろ冬季になるのでバッテリーを購入しようかと考えていた折、 運良くネットで安価にBOSCHのバッテリーを購入することができました。 新品で、『21,449円』で購入することが出来て、誠に僥倖でした(^ ^) 持ち込みにも拘らず、工賃も3,300円で廃棄料も込みだったので、納得の価格です。 整備工場へ直送のうえ、初期充電もインストール前に事前に施工しておいてくださり、 またバッテリーの交換情報もクルマにインプットして頂き、 この整備工場にはいつも頭が下がる思いです。 インストール後少し走りましたが、カーゴルームから異臭の発生も無く、 ニオイ用のホースもきちんと車外まで繋がっている事を確認し、 施工に問題はありませんでした。 これからも、このクルマを乗り続ける事となる、良い動機付けになりました。

スマホ用アプリが新しくなり「My BMW」になりました。BMWの紹介サイトではRemote 3D Viewが使えることになっていますが、どう探してもそのメニューがありません。以前のアプリ「BMW Connected」では問題なく使えていたのですが。。。使えている方がいたら教えてください。

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ4
  • 2021年5月7日 更新

昨日m40iを契約しましたが、オプション等在庫車から選んだ結果、私には使うイメージがわかなかった「ジェスチャーコントロール」と「アクティブベンチレーション」がついてます。そこで、先輩方にお聞きしたいのですが、ジェスチャーの使って便利な点や、ベンチーレーションのあってよかった点をご教示していただければと思います。納車まで約1ヶ月イメージしながら楽しみに待っていたいと思います。

BMWの人気中古車ランキング BMWの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止