BMWの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
コンパクトカー
ミニバン
セダン
ワゴン
クーペ
オープンカー
ハイブリッド
電動自動車
価格帯から探す
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
1000万円以上
スペックから探す
スペック検索
お役立ち情報・コンテンツ
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

BMWの最近発表・発売された車種

BMWの人気・注目ランキング

BMWの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

BMWの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

BMWの新着レビュー

2019年8月に発表・発売を開始したBMWのエントリーモデルである1シリーズ。今回販売の中心になるであろう「118i Play」に試乗しました。 3世代目となる新型ですが、最大のニュースはこれまで頑なに守ってきた駆動方式をFRからFFに切り替えたことにあります。 「駆け抜ける歓び」を標榜するBMWにおいて、旧型までの1シリーズのハンドリングの素直さはファンだけでなく多くの人からも評価されてきました。実際、新型が出る前に旧型のラストとなる在庫を狙って購入する人も見かけたほどです。 FFに変更した理由はこのクラスに求められる居住性や快適性を重視するとFF化は最も速効性があるからでしょう。またFFに関してはMINIからのパワートレーン他をキャリーオーバーできるので、その点でも圧倒的に生産効率を上げることができます。 それでもFFのネガが気になる人も多いはず。筆者も事前に最後のFR(F20型)となる118dに試乗し、改めてその素直なハンドリングに惚れ惚れしてしまったほどです。 その前にFF化によって得られたメリットをおさらいしてきましょう。 基本的なサイズに大きな差はありません。個人的には日本の道路事情を鑑(かんが)みると全幅はなるべく短い方が良いと考えています。 旧型の1765mmに対し、新型は1800mmまで拡大してしまいましたが自分の中ではギリギリ許容できるサイズです。最小回転半径も旧型より数値的には増えましたが実際の取り回しではそれほど目くじらを立てるレベルではなく及第点というところです。 その分というわけではありませんが、後席の乗降性や足元の余裕、さらにラゲージの容量増大やサブトランクの設定など使い勝手は向上しています。本来ホイールベースが20mm短くなったので居住性の点ではどうかと思いましたが、その点ではパワートレーンの配置位置やドライブシャフトを持たないFF化のメリットも出ています。 試乗グレードの118iには旧型にも設定していた1.5L直3DOHCターボをリファインして搭載します。旧型とは駆動方式が異なりますし、8速ATから7速DCTに切り替えたことはそれほど気にしなくて良いと思います。 全体的な乗り心地はマイルドで誰もが快適に走れるセッテイングとなっています。もちろんよりスポーティな仕様を求めるのであれば同じ118iでも「M Sport(413万円)」も設定されています。 ただ今後BMWがこのクラスを拡販していくのであれば、従来のハンドリングに強いこだわりがある層だけでなく、女性層やファミリー層も取り込んでいかなければなりません。その点ではこの「Play」の足回りは誰もが満足できる万能とも言るセッティングです。 パワー的にも決して速いというよりは必要十分+αと言った感触です。この辺のスムーズな加減速フィールはDCTによる部分も大きいでしょう。 そして何より気になる駆動方式の違いによるハンドリングですが、ことアンダーステアに関しては新搭載の「ARB」が効果的に利いているようです。ARB自体は日本のBMWとしては初の搭載になりますが、従来のDSCに頼らずエンジンコントロールユニット側でスリップ状況を検知する機能です。要はドライバーが電子デバイスの恩恵にあずかっていることすら気がつかないほどにスムーズにコーナーを走ることができます。 純粋なFRと電子制御化されたFF、前述したようにこだわりの強い人であればそれでも気になるかもしれません。ただ基本的にクルマを動かすという考えに関してBMW側のブレはないと思います。多くの人がより楽しく走ることができる環境を手に入れられた点は評価していいと思います。 またBMWと言えばオプションが豊富で何でも付けてしまうと車両価格もそれなりに上がってしまいますのでその点では注意が必要です。 それでもカーナビを含めた最先端のテレマティクスサービスである「iDriveナビゲーションパッケージ」はまず必ずチョイスすることをオススメします。この中には10.25インチのディスプレイを2つ備えた「BMWライブコックピット」やテレマティクス機能である「BMWコネクテッドドライブプロフェッショナル」などが満載です。内容から考えてもこれを選ばないというのはあり得ないでしょう。 ただ昨今話題になっている音声認識によるコントロールですが、過大な期待は禁物です。1シリーズの場合も「OK、BMW」が発話トリガーになっていますが、何でもできるわけがなく、また個人差によって反応は異なりますのでこれはディーラーで実車で試してみることをオススメします。 最後にこの原稿を書いている間に欧州ではディーゼルモデルの最上位である「120d」が3月に発売されることが発表されています。もし日本にディーゼルモデルが導入されればそれなりの売り上げも見込めますし、旧型のディーゼルオーナーからの乗り換えやダウンサイザーへの取り込みにも有利になります。 日本は全くの未定ですし、もし導入するとしても1年はかかるはずですので、ただ「待ち」というのも無責任ですが興味のある人は追いかけてみる価値はあると思います。 メルセデス・ベンツAクラスやVWゴルフなども含めこのセグメントのハッチバックモデルはまた活気づいてきました。その点でも最新先進装備も含む1シリーズのベストグレードはこの「Play」です。

【エクステリア】 FRセダンぽくてgood! 【インテリア】 プラスチッキーとか言われているが、全然問題ない。 【エンジン性能】 マニュアル車の試乗車がなかったから購入して初めてわかったけど、期待と違った。 パワーは必要十分だしフラットな特性で扱いやすいけど、それゆえドラマチックではない。トルク特性がフラット過ぎて、シフトチェンジする必要性が低くマニュアル車として「楽しむ」には向いてない。 また回転落ちが遅くてシフトチェンジを待たされる点はかなりイマイチ。M Sportsにそこまでレーシーさを求めるのが間違いかもしれないけど残念。 マニュアルに乗るのは自分でブリッピングしたいのが1番の目的なので、オートブリッピングは不要な機能。ただし、自分でやるにはあまり邪魔されないので許容範囲。 今時の車はどれも昔に比べてレスポンスが悪い傾向なので仕方ないとあきらめてるけど。まぁラグジュアリーセダンと思えばこういう特性も良いのではないかと思えるようにはなった。 【走行性能】 ハンドリングとブレーキはかなり良い。その点ではエンジン性能の不満も忘れるくらい。 電動でないハンドブレーキも車乗ってる感があって良い。 【乗り心地】 スポーティでありながらしっかり足が動く。硬めの足だと家族から不満が出るけど、この車は不満が出ない。流石です。 【燃費】 自分の運転では平均10を切るくらい。いつも回してるから仕方なし。今時の2リッターからしたらイマイチだけど、燃費はあまり気にしないので許容範囲。 【価格】 新車価格は出来からしたら妥当。ただ値落ちがひどい。 【総評】 期待と違ってかなりラグジュアリーな車。自分の選択が間違いだったけど、そういう車として付き合うならやはりいい車と思える。 そろそろレシプロエンジンでマニュアル車を選べるのが最後になりそうだけど、最後として維持するにはもっとレーシーな車が欲しい。

購入から丸6年が過ぎ7年目に差し掛かり走行距離もようやく25000キロに達しました。 最後のレビューです。 【エクステリア】 飽きません 今も非常に気に入っています。 単に見た目が良いだけでなく車両感覚の掴み安さなど非常に運転しやすい。 【インテリア】 購入当時から特に新しくも無く豪華でもなく、在るべき所にあるスイッチ類が良い。 非常に凝ったアナログメーターとカラー液晶とのコンビネーションは今でも良いと思います。 あと絶滅危惧種の本皮巻いた丈夫なハンドブレーキもコスト掛かってそう。 6年経過しても室内は軋み音全く無いですね。 過去に乗ってた同じドイツのVW車なんて1年くらいでミシッと鳴ってましたので随分と違 います。 そして助手席の妻が大絶賛の優しいエアコンは良い。 オートエアコンで風量の閾値を設定出来たり室内温度設定とは別に真中上部の風の温度を物理ダイヤルで設定出来るので夏に冷たすぎる風や冬に暖か過ぎる風が顔に当たらず、でも室温は設定値とデリケートで人に優しい。 【エンジン性能】 低回転からトルクを感じ街乗りでは2000回転も回すことが無く余裕で流れに乗れて扱いやすい。 【走行性能】 スッと切れるフロントは何時までたっても楽しく飽きないステアフィールです。 相変わらず安定感抜群。 【乗り心地】 ランフラットタイヤの割にはという前提で悪くは無い。 【燃費】 全く気にしてないのですが多分街乗り10くらいかと。 【価格】 BSI5年分付けていましたので最初の5年は整備費無しで懐にも優しい。 もちろん小さなトラブルすら全く無く5年目の二回目の車検も何事もなく安上りでした。 そして6年目の有料点検の時も何事も無く済みましたがこの点検時にディーラーでG26を見て気に入り買い替えです。 最後の最後、想定していた下取り価格を遥かに上回る査定で最後まで優しい車でした。 【総評】 ひょっとすると買い替えたことを後悔するかも知れません。 それくらい好きな車で自身の車歴の中でも1番です。 新しい車が来るまでもう暫くあるので残りの時間を楽しみたいと思います。

BMWの新着クチコミ

  • 返信数13
  • ナイスクチコミ134
  • 2022年5月26日 更新

購入して2ヶ月も満たないうちに3回も修理に出したわ… 1回目 雨の日にサンルーフのスイッチ辺りから水漏れ      結果 原因はサンルーフの付け方が悪いらしいので部品交換や付け替え 2回目 マイクが音を拾わない時がある      「サンルーフオートクローズ使用不可」のメッセージが表示されるし実際オートクローズしない      結果 マイクは原因不明様子見、オートクローズについてはコンピュータの設定を直したので大丈夫ですと 3回目 2回目の修理完了当日に「サンルーフオートクローズ使用不可」のメッセージが・・・      結果 現在修理中 ちなみに代車は同じ新型のx5だが、この車もマイクが音を拾わないときがあるし、「サンルーフオートクローズ使用不可」のメッセージが出ました。 故障ではないですが、以前乗っていた2つ前のx5や現行のx3と比べてナビの案内がバカすぎる。明らかに遠回りの案内やメリットを感じない高速の乗ったり下りたりのコース指示。 車は気に入ってるのに残念すぎる。 梅雨に入ったらまた雨漏りが起きそうな予感・・・

  • 返信数29
  • ナイスクチコミ35
  • 2022年5月25日 更新

2020年モデルのi3 エディションジョイ+ BEV(レンジエクステンダーなし)に乗っています。 電気自動車独特の運転スタイルに休日しか乗っていませんが楽しんでいます。 車体の割にタイヤ細いので雨の日の運転は気を付けつていたつもりでしたが 先日雨の日の地下駐車場のスロープを下っているとき カーブに備えて減速するため、アクセルオフで回生ブレーキを効かせようとした瞬間 スロープ上の水たまりで後輪のグリップを失い制御不能に陥り壁に激突しました。 幸いけがはありませんでしたが、左側ドアを強打しドアノブ廻りが割れました。 左側前ドアはあかない状態です。 幸いというかボディー自体に損傷はなくサスペンションも無事なようで 正常に走行は出来ております。 車両保険があるの保険修理となりましたが ドアパーツなどが国内在庫がなく本国(ドイツ)発注となっており いつパーツが入荷するかわからない状態です。 運転歴は30年以上と割と車には触れていると思っていましたが 今回のようなシチュエーションでいきなり駆動輪のグリップを失ったのは初めてで まさかまさかという感じです。 いい経験になりましたが 雨の日の運転は、回生ブレーキで駆動輪にも急激にトルクがかかるので アクセル抜くのも慎重に行わないといけないと痛感しました。 皆さんも雨の日の運転はくれぐれもご注意ください。

  • 返信数12
  • ナイスクチコミ22
  • 2022年5月24日 更新

オイル交換は走行距離15000kmもしくは1年が目安だそうですが これはガソリン車もディーゼル車もですか? よくディーゼル車のオイルは汚れやすいと聞きますが。 あと118dのオイル交換は118iより1回どのくらい高いのですか? オイルフィルターの価格はどちらも同じだと思いますが。

  • 返信数22
  • ナイスクチコミ21
  • 2022年5月24日 更新

2018年式、320dMスポーツに乗っています。昨年末にディラーで、営業マンにお願いして、4月に発売されたM235iの3000ccのシルキー6に9日間、代車で借りたら、すっかり虜になってしまいました。 新型のM235iXDRIVEクーペは発売されたばかりで試乗もできないので、今回は諦めます。 同じエンジンですが、以下を新車で乗換え検討しております。 ・M235iXDRIVE ・M135iXDRIVE 新車販売価格はほぼ一緒です。 【使いたい環境や用途】 年に何回かの長距離ドライブ!年間走行距離は5,000キロ程度。仕事では全く使用せず、趣味の車です。 燃費は全く重視しません。 【重視するポイント】 やはり、気持ち良い走り。たまに高速道路でやんちゃな走りができる。 そして、加速したいときに、国産車では太刀打ちできない加速力重視します。 【予算】 現在の車の下取価格次第ですが、バリューローンを組んで、乗り出し450万くらいを考えています。 【比較している製品型番やサービス】 ・M235iXDRIVE ・M135iXDRIVE もし、年末までずれ込むならM235iXDRIVEクーペも検討したいです。しかし、まだカタログも試乗もできない。 【質問内容】 この両者、エンジンは一緒なのでデザインの好み以外に違いはありますか? まだ、両車とも試乗はしてません。M235iXDRIVEクーペは3,000ccのエンジンですが素晴らしかったですが、やはり2000ccではパワーや加速は変わりますか? 具体的に商談になれば、高速試乗に1日モニターを営業にお願いしようと考えています。 実際にM235iXDRIVE、M135iXDRIVEにお乗りの方、ご意見下さい。 広く、情報を頂きたいので2シリーズグランクーペにも同様の書き込みしています。ご容赦下さい。

  • 返信数13
  • ナイスクチコミ13
  • 2022年5月21日 更新

次あたりで我が家では最後になるかもしれない内燃車を、色んなメーカーで吟味検討してます。 その中でハイパフォーマンスのm40dにめちゃくちゃ惹かれてます。 そこで、現行X3もボチボチフルモデルチェンジが近付いてるものと思われますが、次期X3にm40dのようなハイパフォーマンスなディーゼルエンジンが搭載されると思いますか? bmwもご多分に漏れず電動化に突き進んでいくと思います。 そこで、もうこのようなエンジンは消滅していくのではないかと危惧しています。 出来ればm40dのエンジンを積んだ最後のモデルあたりを検討したいなんて思うのですが…。それが現行なのか、はたまた次期なのか。

BMWの人気中古車ランキング BMWの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止