シトロエンの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
コンパクトカー
ミニバン
電動自動車
価格帯から探す
200〜299万円
300〜399万円
400〜499万円
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

シトロエンの最近発表・発売された車種

シトロエンの人気・注目ランキング

シトロエンの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

シトロエンの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    オープンカー
    電動自動車
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    カ行
    サ行
    タ行
    ハ行

シトロエンの新着レビュー

DSオートモビルズが2018年に発表した「DS7 CROSSBACK」の広報車両をインポーターより借用して試乗してきました。 「DSってシトロエンではないの?」と聞かれてしまうほど、まだ認知度が低いこの”DSオートモビルズ”とは、シトロエン社が数年前から始めたプレミアムブランドです。 トヨタで言う、レクサスみたいなものといえばわかりやすいでしょうか。 DSは、1955年から1975年まで20年にもわたって造り続けられた世界の名車「シトロエンDS」というクルマがありました。油圧とガスを利用して、サスペンションだけでなく、ブレーキやステアリングなどもコントロールするという当時の自動車技術では最高技術を投じたクルマで、いまはなき、ハイドロニューマチックシステムを初めて導入したクルマでした。(筆者もシトロエンCX、BXとハイドロシトロエンには、その昔乗っていました。)その偉大なる名前をブランドとして復活したことは、大変名誉なことです。 新しく登場したDS 7 CROSSBACKは、国内外で流行りのSUVスタイルですが、ライバル不在の独自の世界で、同車からは、キラキラとしたオーラを放ち、他にはない存在感に圧倒されます。 今回の試乗車は、1.6Lツインスクロールターボのピュアテックエンジン積んだ20インチホイール仕様です。いずれもアイシンワーナー製トルクコンバーター式8速ATと組み合わされます。 225PS、1.6リッター4気筒ガソリンエンジンを搭載するGrand Chicを100メートルほど走り出して、その柔らかで魔法の絨毯のような乗り心地に驚きを隠せませんでした。それは、筆者が以前所有していたハイドロシトロエンを思い出したからです。 DS 7 CROSSBACKはハイドロニューマチックではありませんが、走行モードを「コンフォート」に設定すると、まさにハイドロのそれなのです。走行する路面をカメラで読み込み、4輪の各サスペンションの減衰力をソレノイドバルブで制御する「アクティブスキャンサス」は、コンフォートモードなら15km/h以上で作動します。往年のハイドロの動きを忠実に再現した実に魅力的なクルマです。 スポーツモードを選ぶと、エンジンは、抜けの良いエキゾーストノートをキャビンに響かせ、堂々たるボディを軽やかに走らせます。ステアリング中立付近のしっかり感が増したのも実感できます。 シトロエンは、昔からノーマルでも操舵に対する反応の正確さ、トレース性はすこぶる素晴らしいものでしたがDS 7 CROSSBACKは往年のシトロエンを知るものには涙モノです。低重心ゆえの自然なロールとストローク感は、長いスキー板を自在に操り、滑走しているような感触です。 ロングホイールベースの恩恵と魔法の絨毯のような乗り心地で、高速道路では、静粛性も高く、まさに高速ツアラーです。 ドイツのライバルに対して、このいたるところがキラキラしていて、走るジュエリーのようなDS 7 CROSSBACKは、アンダー500万円で手に入ります。乗り心地がよく快適。かつ安全装備を含めて、ほぼフル装備。ぜひ、DSの世界に踏み込んでみては如何でしょうか?

【エクステリア】 個人的にはプレミアムブランド化したDSシリーズより今のシトロエンデザインの方が好きで以前、嫁さんにせがまれて試乗したC3同様、この唯一無二のデザインは本当に素晴らしいです。 こういう奇抜なデザインはともすればデザイナーの自己満足に陥り、ユーザーの支持を得にくいものですが、愛らしい部分が絶妙なバランスで織り込まれていてシトロエンの高いセンスを感じます。 さらに、こんなデザインコンシャスにもかかわらず、最低地上高が190mmも確保されていて「SUV」の名は伊達じゃありません。 【インテリア】 C3ほどのPOPさはありませんが、センスの良さは同様です。 もう少しフランス車らしい遊び心が見られるとさらによかったですね。 シートはガソリン版にレザー設定がありませんがレザーでなくてもこの標準シートで十二分。 C3同様、硬い部分とふんわりな部分の塩梅が素晴らしく、すっかり落ち着いてしまいました。 最近は日本車もシートが大変良くなり、あまりケチをつけられなくなりましたが、出来の良い欧州車に乗るとまだ勉強するところはあるなと思います。 【エンジン性能】 もはや熟成域の1600ccターボエンジンで、設計は古いもののじっくりコツコツ煮詰めて来ただけあってパワーも回転フィールも良好です。 決して小さくないクルマですが、かなりの登り坂も大きく唸ることなく、すんなり加速して行きます。 【走行性能】 ここはアイシン製8ATが物を言います。 C3の6ATは変速ショックが大きく、スムーズさもイマイチなのにこちらは日本製の面目躍如と言いましょうか、とてもスムーズ。 極低速時の所作も穏やかな躾けで非常に扱いやすい印象でした。 また、意外に小回りが利くのも美点で、大きさの割に狭い路地での取り回しも良好でした。 【乗り心地】 まずは何を置いてもPHC(プログレッシブ・ハイドローリック・クッション)と呼ばれる新型ダンパーを採用した足回りに意識を集中して試乗スタートしました。 駐車場からしばらく一方通行の裏路地を低速で走ったのですが、ここですぐに「お!」となりました。 路地裏特有の凸凹をとても上手にいなします。 まろやかです。 (柔らかいという表現ではなく、まろやか・・・伝わりますかね?) 以前、C3エアクロスを試乗したのも同じ道でしたが、もう全く違います。 C3が「ドン」と伝えて来た段差は「ムニュッ」という擬音に変わりました。 ふわふわ好きの私もかなりびっくりなレベルでこれはとても良いです。 では「腰」が全く無いかと言われるとそうではなく、大きく揺れても収束は早く、揺れ続ける不安はありません。 シトロエン伝統の油圧ハイドロサスペンション搭載車に乗ったことがないので、それとどう違うかを語ることは出来ませんが、複雑な構造で常に故障のリスクを背負っていたハイドロに比べ、ダンパーを二重にしただけという比較的シンプルな構造のPHCならもっと安心して乗れそうですからそういう意味でもこのアイデアは素晴らしいと思います。 また、先ほど書いた「意外に小回りが利く」部分に関連するのですが、低速時のハンドル操作が大変軽く設えてあることも扱いやすさの一因になっていて、駐車場などでは大変楽に操作出来ます。 大きなクルマであることを忘れてしまいそうになるほどですが、速度域が上がればそれなりに手ごたえも出て来てこの変化の塩梅も個人的にはとても好きなチューニングでした。 【静粛性】 静粛性もC3とは全く別物。 ネット上の評判通り、大変静かです。 こういうところはもう少し手抜きなのかな?と予想していたので良い意味で裏切られ、一気に購入候補に浮上しました。 ちなみに初期型は何故かマッド&スノータイヤを履いていたそうでロードノイズが結構気になったらしいですが、試乗車は現在標準装着のミシュランプライマシー4を履いていましたからロードノイズという点でも全く問題ありませんでした。 【価格】 ここまで書いてきた高い快適性能に加え、ACCを始めとするADAS系も一通り揃っていてこの価格なら、相当頑張ったのではないでしょうか? ヘッドライトだけが何故かハロゲンという初期型の謎仕様もこの4月の改良でフルLEDになりましたし、これで訴求力がさらにUPしましたね。 【総評】 日本のクルマ作りも一昔前とは随分変わり、マツダをはじめとしてデザイン面でも頑張っていると思いますが、やはりまだフランス車(シトロエン、ルノー、プジョー)には日本車に無いデザイン文法があります。 そのすべてが日本に合うかと言えばそうではありませんが、しかしこのクルマに乗って「参考になる部分はまだまだあるな」と感じました。 今や日本車のデザイナーは決して日本人だけではないはずなので、欧州拠点のデザイナーが出して来るエクステリアデザイン案などをもっと採用したらよいのでは?と思ってしまいますが、所詮、最終決定は日本人の重役だったりしますので、素晴らしいデザインでも却下されれば埋もれてしまいます。 よってそういう方々の芸術眼をもっと磨かねばいけないのでは?などという社内の力関係にまで、このクルマのせいで思い及んでしまいました。 ま、いずれにせよこういうデザインのフランス車を買えるこの時代とシトロエンのセンスに敬意を払って終わりたいと思います。 長文、失礼いたしました。

【エクステリア】 フレンチらしいお洒落可愛い外観で人目を惹きます。道行く殆どの人が見てくれます。最近いかつい顔の車が多い中ホッとします。 【インテリア】 簡素ですが差し色の赤が効いています。Bluetoothがつながりにくいことがあります。なおスマホのNaviはBluetoothでは使えません。USBで接続して使います。Android Autoで使えるnaviはGoogle Mapだけです。あと時々Android Autoとつながりにくいアプリがあります。エアコンの操作が物理的にできずタッチスクリーンからしかできないので不便です。特にnaviを使っているときなど。 【エンジン性能】 1200ccの割には力強いです。アクセルを踏むといい音を聞かせてくれます。 【走行性能】 特に問題なく走ってくれてます。運転のし易さと走行安定性が非常に高いです。左から車が接近すると警告音で教えてくれるので助かります。バックモニターは「最後に車の傾きを確認する」程度のものと思っていましたが、上から見た車全体の位置関係を表示してくれるわ、障害物に近づくとそれとの位置関係を表示してくれるわで、駐車時に非常に役立っています。パーキングアシスト機能はまだ使っていません。 【乗り心地】 道路の凸凹を吸収してくれるみたいで、走行中ふわっとした感じを受けます。車内はオートエアコンで快適です。このクラスにしては社内が広いので開放感があります。 あと、スピーカの音質はすごくいいです。アイフォーンからの音を臨場感豊かなステレオサウンドに変えてくれます。 【燃費】 信号の多い街中で10km/l行くか行かないか。郊外や高速を走ると15km/lは行きます。 【価格】 外車にしては安いです。ドイツ車より100万円くらいは安いのではないでしょうか。 【総評】 見た目が他車と一線を画しており、お洒落ですごく可愛いです。期待してなかったエンジンも強力で満足です。ただし燃費がいまいちです(オートエアコンの為なのか現在検証中です)。外観とエンジン性能の良さがポイントの車です。

シトロエンの新着クチコミ

超音波センサーが、パンパー周りにいくつも付いている様に思うのですが、駐車時なとごく低速で走行中に、音などで、障害物までの距離を感じることは可能でしょうか?あるいは、ある程度の速度のケースにか働かないので、コーナーセンサー的には使えないのか?お教えいただけると幸いです。

  • 返信数4
  • ナイスクチコミ3
  • 2021年3月27日 更新

購入検討中ですが、後部座席を倒した際の荷室奥行寸法はどれくらいでしょうか?

  • 返信数8
  • ナイスクチコミ54
  • 2021年3月20日 更新

31年で、24台の車に乗ってきました、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、アメリカ、スウェーデン、もちろん日本、 沢山の車の中でも上位に入るほど完成度は高く、ミッションがギクシャクするコメントがありますが、全く感じません、アルファロメをなどは、少しクセがありますが、最近のフランス車は、全く国産に負けず劣らず、価値観は十分、愛車と呼べます! 国産ばかり人ほどぜひ所有してみてください、愛車を愛おしくかんじますよ、10万円ほど3年から5年に延長保証できます、半年所有しましたが、まだ初期トラブルすらありせん、メンテナンスも最近では、オートバックスなどでも行ってくれますし、街の自動車屋さんでもだいぶいじれる車屋が増えました、安心して乗れますよ! こんな可愛いフレンチな車が買い易すなった世の中に感謝ですね、ライズやヤリスも良いですが、かぶらない満足度も是非! 残念なところは、助手席に肘掛けがない所ですね、ディラーオプションで付けれると、良いのですが、、、、

  • 返信数7
  • ナイスクチコミ34
  • 2021年2月20日 更新

今日、この車が後ろに付いて走って来たら凄い威圧感があって、あおられている気持ちになりました。 日本向きじゃない高級車。

  • 返信数15
  • ナイスクチコミ18
  • 2021年1月25日 更新

お世話になります。19年5月登録の車です。 エアコンをモニター下のスイッチでOFFにし、翌日同スイッチでONにすると数分待っても冷風が出ず、モニターで確認するとACが切れています。エアコンの設定は『21』です。外気温が30度を大きく超えていてもACは切れたままです。走行中にON/OFFを繰り返してもACは切れません。長時間の駐車後に切れてます。 皆さんの車はどうですか?

シトロエンの人気中古車ランキング シトロエンの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止