スズキの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

スズキの最近発表・発売された車種

スズキの人気・注目ランキング

スズキの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

スズキの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

スズキの新着レビュー

 スズキのコンパクトハイトワゴンである「ソリオ」の4代目となる新型「ソリオバンディッド」に試乗しました。  10秒でわかるこのクルマの特徴は @後席の快適性と荷室スペースの拡大 A全車速対応ACCを始めとした先進安全装備の充実 Bハイブリッドはマイルド型1本に統一 といったところです。  ソリオ自体は2000年12月に初代が発売されましたが、これはあくまでも当時のワゴンRの登録車版といった位置づけ、本腰を入れたのは2011年1月に発売された2代目からです。実際このモデルから後席スライドドアを採用し販売台数も伸びてきました。  新型ソリオは5名乗車に対応する登録車ですが、昨今の軽自動車の躍進からも差別化を図らないと生き残りは難しいと感じています。さらに言えばスズキにはこのクラスの3列シートミニバンがありませんので、その部分は割り切りつつも、ユーザーニーズに応えなければいけません。  新型では特にユーザーからの声として後席の快適性向上と荷室スペースの拡大を求められていました。もちろん昨今の安全装備の充実などは当たり前ですが、それと同時にリアルな消費者からの声を真摯に受け取りレベルアップさせています。  まずデザイン的にはソリオが持つコンセプトを継承しつつ、全長を80mm(試乗したバンデッドは+70mm)拡大しました。この拡大分は荷室の床面長(奥行き)の拡大に充てられており+100mmを実現しています。もちろん後席のシートスライド機構は50:50の独立式で移動幅は165mmあります。後席を一番後ろにセットした状態だと大人でも足が組めるほど余裕があります。この場合の奥行きは550mm、この寸法は国産のBセグメントのコンパクトカーより短くなりますが、逆に一番前にスライドさせた場合でも足元にはギリギリの快適性は確保しながら奥行きは一気に715mmまで拡大します。  つまり乗員数や荷物の種類に応じて従来以上に積載量が増え、フレキシブルに使えるようになった点は長らく軽自動車やコンパクトカーを手がけてきたスズキの得意分野と言えるものです。  しかしどうしても改善して欲しいのが後席の中央部にヘッドレストが無いことです。50:50のシートとはいえ、このクルマは5名乗車の登録車ですからこれは絶対に必要です。ライバルと想定されるダイハツトールも小型ではありますが、きちんと中央のヘッドレストは装着されています。  実は過去にもイグニスやクロスビーに関しても同様で開発に質問したことがあるのですが、あまり明確な回答はもらえていません。逆にグローバルで展開するスイフトには装着されています。コストダウン自体は否定しませんし、先進安全装備の充実も素晴らしいことですが、基本の安全に関してもきちんと行って欲しい。ゆえに厳しい言い方ですが、ソリオは定員5名ですが、4名乗車までと割り切って乗って欲しいのです。  その一方で後席の快適性はかなり向上しています。前述したように4名乗車と割り切れば、後席にはセンターアームレストが別々に設置され、リクライニング機構は従来の倍となる56度まで倒れるようになりました。これをどう使うかはユーザーの考え方次第ですが、カタログ等に載っているように前席シートのヘッドレストを抜き、倒すことで休憩時の簡易ベッド的に使うこともできます。  また今回スズキの登録車初となるスリムサーキュレーターはスペーシア系で採用されているものと同じ考え。室内高のあるトールワゴンの場合、頭上周りを中心に熱が溜まることが多く、この装備は役立ちます。実際スズキによれば使用して一定時間回すことで前後席の温度差が縮まり、冬場などでは後席足元の冷えもかなり軽減できるそうです。  前席に目を向けると基本的は旧型同様にセンターメーターを採用していますが、これ自体も運転席側にオフセットすることで視認性もさらに高まっています。さらに新設定されたフルカラーのHUD(ヘッドアップディスプレイ)には走行時における必要な情報がほとんど表示されることで視線移動も抑えられますし、筆者もそうですが焦点合わせがやや苦手になってきた高齢者の方にはかなりありがたいと感じました。  収納の多さはこの手のクルマのセールスポイントですが、これは良い!と思ったのが実は運転席側のドリンクホルダーです。  ペッドボトルだけでなく紙パックも置ける形状だけでなく、ドライバー側に近づけて設置されています。スズキによればペットボトル1本分とのことですが、腕を無理に伸ばし背筋が浮いてしまうことなくスッと飲み物に届く絶妙の位置に設置されています。この他の収納類も最近のスズキ車同様に使い勝手も良く、派手な新機能は少なくてもこれまでの装備をしっかりとレベルアップさせています。  走りに関しては全グレード1.2L直4DOHCを基本として、バンディッドやソリオにはモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドが設定されています。  ソリオは旧型で5速ASGを組み合わせたフルハイブリッドも設定されていました。筆者的にはこのシステムは限られた予算内で見事に低燃費とダイレクトな走りの良さを実現した発明と評価していたのですが、実際これによる価格上昇やASG独特の(軽め)変速ショックはユーザーには受け容れられなかったようです。ディーラーで話を聞いても「200万円を大きく超えるとスズキのお客様は敬遠する」という声からも先進安全装備を搭載しながら今回の価格設定がギリギリ上限なのでしょう。  とはいえ、実際走らせてみると特に日常では不満はありません。実用燃費は市街地から高速走行を含めて19.6kmとほぼカタログ並み、特に静粛性の向上と前述したように後席の乗り心地は大きく向上しています。個人的はリアの足回りを少し柔らかくしたことやパワステの味付けが軽めなことから高速走行時のしっかり感はもう少し欲しい部分ですが、ACCの“利き”自体も及第点でこれ1台で日々の生活をカバーできる利便性の高いクルマに仕上がっています。

【エクステリア】 パールホワイトを選びましたが、清楚で好感が持てます。 キャデラックを思わせる縦型ライトが他のワゴンRと差別化されている感じが優越感を抱かせます。 【インテリア】 内装も広くて上質で良い感じですが、やはりセンターメーターでなくナビの画面がもう少し上に位置している方が視線の移動が少なくて見やすいと感じました。 あと、ヘッドアップディスプレイがフロントガラスに反射してしまう時が気になりました。 【エンジン性能】 坂道や高速道路での加速感がストレスを感じず流石にターボだと感じました。 しかし、マイルドハイブリッドがあまりにも黒子化していて、プリウスの様な相乗的なハイブリッド感が無くて残念でした。 【走行性能】 アイドリングストップからアクセルを放しても、セルモーターが回る気配もなくごく自然に再始動を初めてくれるので、とても心地良いです。 【乗り心地】 BSエコピアの165/55/15タイヤですがマイルドな乗り心地です。今後BSのレグノに履き替えた時の乗り心地が更に向上すると思うと楽しみです。 静粛性も想像以上に静かで、走行性、乗り心地共に軽に乗っていることを忘れてしまいます。 【燃費】 残念ながら燃費は18〜19km/Lといったところで、20は中々超えませんが走りのストレスを感じさせない分を考えると許容範囲です。 【価格】 オプションをフル装備すると200万円を超えますが、ダウンサイズをお考えの私の様な初老の方なら、予算が有ればオススメできると思います。 【総評】 購入後30日の感想ですが、安価なFXやFZにせずにスティングレーTをチョイスして良かったと思っています。

2021年2月、マイナーチェンジ型を購入して2カ月後のレヴューです。 ■マイナーチェンジ後の、ACCとレーンキープ機能の評価です。 ACCについては、発進時のもたつき感はありますがグイグイ加速すると前の車が発車後の急ブレーキに対応できない場合を考えると、少し出遅れ気味の設定の方が安心感と安全度を確保できそうです。 それ以外はほぼ不満がないレベルで作動しているので、この機能は十分役立ちます。 ■レーンキープについてははっきり言ってほぼ使い物にならないくらい雑です。 時速60km以上から始動して、整備された直線道路でも左右の白線を読み込んではいるが、右へ寄っては左へ寄ってと1秒ごとにゆらゆらと揺れながら前進します。 右側と左側の白線をそれぞれ読み込んでいるようで、同時に読み込むレベルではなさそうです。 また緩いカーブの中心はほぼ読めないみたいで、だんだんと外側の白線に近づき、何度もハンドルを手動で戻しました。 スズキのコスト優先の結果か、システム提供の日立オートモーティブシステムズ社のレベルが低いのか、どちらにしても現在はこの機能を使っていません。運転が怖いです。 このレベルでもリコール発動しないのでしょうかね。 もっと精度の高いプログラムに置き換えるべくコンピュータのアップデートを早急にお願いしたいです。 ■【リジカラ】で直進性が格段に向上。 もともと大きな不満があった直進性と安定性については、リジカラ取付で相当の改善がみられました。 車自体は左右どちらかへの振れの癖もなくアライアンスの調整は必要ないと感じます。 以前は時速40kmからハンドルの中立部がありましたが、今では30kmでもしっかりあります。 カーブの入口では取付前はハンドルを切り始めてもハンドルの切り足しと戻しがいつも必要でしたが、取付後はそれもほぼ無くなりスムーズに曲がります。取り付け部が緊結されたからと思います。 直線道路では車の元々の性質でしょうか、ほんの少しハンドルの微修正が必要ですが過去の3L級の車とは同レベルかそれ以上で充分満足です。ただ100キロ以上では体験していません。 A 緊結されたからでしょうか、道路のザラザラ感と大きめの凹凸は強めに拾います。仕方ないと思っています。 静粛性も少し落ちましたがほんのわずかです。 B 同じ理由から、大きく切ったハンドルの反力も強くなり、手放しでも戻りやすくなりました。 反力がもう少し足りないのはタイヤの幅が狭いからと思いますので、いずれは幅広に交換する予定です。 C 総じて車がしっかりして、乗り心地以外は格段に挙動が安定し、家内でも分かるほどの変化です。 ■トランクに重量物積載したら、安定性がグッと向上。 トランクへ10〜20kg荷物を積むと車の挙動がグッと安定したので、トランクボックスの前とリヤシートの間に12kgのビニールシートのロール巻きを設置したら一段と直進性と安定性が向上しました。タップンタップンするガソリンを満タンにしたとき以上に効果があります。 軽量のクロスビーの欠点ですね。燃費は当然落ちますが、後輪がユサユサ揺れやすい癖が少なくなったので気分がいいです。

スズキの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数6
  • ナイスクチコミ7
  • 2021年5月17日 更新

3月7日にソリオMZのMOPナビ装着車を注文しました。 契約時に6月初めに所用に新車で向いたいので間に合うなら契約する旨を伝え押印しましたが5月10日現在、全く生産の目処が立たず、納車がいつになるかわからないとの説明がありました。 昨今の情勢から致し方ないとは思いますが、待ち遠しいですね。 販売店やメーカーに苦情を伝えることはしませんが、 同じ時期に注文されて、すでに納車されている方、 又、待たれている方、 情報通の方からの現在の状況をお聞きしたく質問いたしました。 よろしくお願いいたします。

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ15
  • 2021年5月15日 更新

MA37Sソリオバンディットの荷室灯をLEDに交換しましたが、交換後点灯しませんでした。 元の豆電球に戻しても点灯しなくなり、LEDに交換したルームランプなどは正常に点灯します。 原因が分からなくて困っているのですが、電装系に詳しい方がおられましたら教えていただきませんでしょうか?

スズキの人気中古車ランキング スズキの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止