ハイブリッドカーの新車情報・自動車カタログ

国産メーカーの車種を探す
トヨタ
レクサス
日産
ホンダ
スバル
スズキ
ダイハツ
三菱
光岡
輸入メーカーの車種を探す
メルセデス・ベンツ
BMW
ミニ
ボルボ
ポルシェ
ジープ
ランドローバー
フェラーリ
マクラーレン
価格帯から探す
100〜149万円
150〜199万円
200〜299万円
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
1000万円以上
価格情報なし・販売終了
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

ハイブリッドカーの最近発表・発売された車種

ハイブリッドカーの人気・注目ランキング

ハイブリッドカーの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ハイブリッドカーの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • メーカー順
  • 価格帯順
  • 50音順

ハイブリッドカーの注目のレビュー

最新車種の評価をチェック

【エクステリア】 サイズよりも大きく見える水平基調のデザイン.ホイール周りに無塗装樹脂パーツが目立つライバル車とは一線を画するピアノブラックパーツの高級感.賛否両論ある同色グリルはEV化を見据えたものらしく,実車を見れば新鮮かつ未来的で大変良い.ホイールもピアノブラック基調でとても質感が高い. 【インテリア】 ブラック基調でやや単調だが,ソフトパッドやピアノブラックが多く使われており質感が高くホンダらしく機能性を追求したレイアウトになっている.センタータンクレイアウトのおかげで後席もライバル車と比べ圧倒的に広い.ラゲッジは先代よりも狭くなったが使い勝手は全く問題ない. 【エンジン性能】 街乗りではe-hevのモーター走行が滑らかかつ静かでとても良い.一般道の制限速度まではあっという間に加速するので最初は驚く.高速域は110キロくらいまでの巡航は余裕.120キロ以上での追い越しや上り坂はエンジンが多少唸るが,1.5リッターe-hevの特性上やむを得ない. 【走行性能】 ホンダセンシングがとても良くできている.ACCや車線保持(LKAS)も他メーカーと比べかなり優秀で,高速道路の運転がとても楽.減速セレクターも慣れれば使い勝手が良いが,ブレーキランプが付かないみたいなので追突には注意.FFでもカーブでのロールは殆ど感じない. 【乗り心地】 タイヤサイズがこのクラスにしてはやや大きめの18インチかつリアサスがトーションビームであることを感じさせない上質さがある.タイヤがZグレードに標準装備のミシュランプレマシー4(コンフォートタイヤ)であることをも効いているようだ. 【燃費】 エアコンをつけたり燃費を気にせず乗るとリッター20キロくらい.燃費を伸ばそうとすれば25くらいまでは行く. 【価格】 Zグレードは必要装備がほとんど標準装備なので,とてもお買い得かと思う.マルチビューカメラシステムは左ハンドルレバーの先端部に切り替えボタンがあり,他メーカーと比べとても使いやすい(もちろんRレンジで自動切り替え)のでオススメです.このサイズでも有ると無いとでは狭い道路でのすれ違いや駐車の際に安心感が違います. 【ナビ】 メーカーオプションのホンダコネクトディスプレイは普通に使えるが幾つか欠点がある↓ ・テレビがPレンジにしないと映らない.(他のホンダ純正ナビは停車中も映る) ・2021年4月発売のスマホとBluetooth接続できない(未対応機種と表示←謎). ・ナビゲーションシステムがホンダ純正ナビ(Gathers)よりもとても使いにくい (経由地の到着時刻が表示されない,インターチェンジが指定できない,渋滞情報の案内が無い,県境をまたいでも案内が無いなど・・・).私の設定の問題かもしれませんがメーカーオプションのホンダコネクトディスプレイのナビは未完成品という印象を強く受けており,今後のアップデートを期待したいです. 【総評】 今回,車を購入するにあたっての要求事項は以下の通りでした. ・横幅1800以下であること. ・SUVであること(ミニバンは運転したくない). ・ハイブリッドカーであること.(これからの時代を考えると,内燃機関のみの車は厳しい). ・先進安全装備が充実していること. ・週末は子供や妻が乗るので,後席が十分広いこと. ・乗り出し価格400万円以下. 他のライバル車も検討しましたが上記要求事項を全て満たす車はヴェゼルe-hev Zグレードしか現状見当たらず,先行予約開始直後に契約しました. 納車されて500キロ程度走りましたが,概ね満足しています.エクステリアは見とれてしまうほど格好良いです.メーカーオプションナビの改善だけは何とかしてほしいです.

ヤリスクロス ハイブリッドZ(FF)ベージュのツートンカラー メーカーオプションは、自動駐車以外の基本的なものは付けています。 総評 5 ・コンパクトSUVの中で最高な車です。 エクステリア 5 ・非常に大好きなデザインです。 ・実物はコンパクトカーの大きさですが、デザインの妙により一回りか二回り大きく見えます。 ・街乗り用だとコンパクトカーが利便性の面で圧倒的に便利ではあるのですが、デザインとしては大型SUVが好みで、 そのアンビバレントな需要を把握された上でのデザインだと感じてます。 ・特にツートンがアウトドア感を高めるおすすめの色です。 ・さらに、Zグレード標準装備のアルミタイヤのデザインがアウトドア感を更に高めてくれます。 インテリア 3 ・他の車に乗ったことがほぼ無いため評価は難しいですが、個人的には可もなく不可もなしです。 エンジン性能 4 ・性能評価できるほどエンジンに詳しくありませんが、快適に乗れています。 走行性能/乗り心地 5 ・走りの性能レビューは他の方にお譲りしますが、運転アシスト機能が非常に便利だったためそのレビューを。 ・アシスト機能そのもののレビューになってしまってますが、この価格帯の車にこれらがすべて搭載されているのは、恐らくヤリスクロスくらいなのではないでしょうか。恐ろしいコスパです。 ・衝突/接触アラート - 物体と一定の距離まで近づくとアラートが鳴り、衝突のリスクを大幅に低減できます。 - これがあることで駐車時や狭い道の通行を安心して行うことが出来てます。 ・レーントレース - 車道の白線をはみ出すとアラートがなり、ハンドルの自動制御が行われます。 - 高速道路での走行時に運転の負荷がある程度低減されました。 - ただし、路駐の車を追い越す際に白線をはみ出さざる負えないことがありますが、その時に意図せず自動制御が起きるため、やや不便に感じます。 ・電動パーキングブレーキ/オートブレーキホールド - 圧倒的に便利です。信号待ちの際は必ず使ってます。 ・クルーズコントロール - 高速道路走行時に猛威を発揮します。 - 高速道路走行時に特に便利に感じたのは、大きく2つのケース @ 渋滞時の超低速走行     - 渋滞時に不規則なタイミングでブレーキが必要になり非常に煩わしさを感じてましたが、この機能がそれをすべて自動的に行ってくれます。     A アクアラインなどに代表される直線道路での走行     - 直線道路が何キロも続くと、個人的に集中力の低下や走行スピードの認識のバグなどが発生しやや危険性を感じておりました。     - この機能を使うことでそれが自動化されるためリスクを低減することができます。 ※ 注意点 - 逆にこの機能を使うべきではない場面として、首都高など角度のきついカーブが連続する道での利用は控えたほうが良いかもしれません。 - 前方走行車に追従するため、カーブの開始タイミングで急な速度の拡大が起きることがあります。 燃費 5 ・1,000km走行して燃費は22kmと非常に低燃費です。 価格 5 ・同価格帯の車の中では最も機能性が充実している車種の一つだと思います。

2021年1月末に納車されて約3か月乗ってのレビューです。 マツダCX-5、ホンダCR-Vと迷いましたが、 最終的には今まで乗った車(4社6台)の中で、 一番不満が少なかったトヨタ社のこの1台に決めました。 【エクステリア】 これは好みの問題だと思いますが、サイドとバックのデザインが気に入り 選びました。 フロントはCR-Vの方がゴッつくて個人的には好きでしたが、 乗ってみればこれも見慣れてきて、特にダブルL字のディライトはカッコいい!! 便利なのが先行車や対向車に光が当たる部分だけ自動的に遮光する アダブティブハイビームは優れものです。 夜間の走行をより快適に安全にしてくれています。 ボンネット等、車体重量を徹底的にシェイプアップをしながらも、 高い剛性を実現していることに驚きました。 【インテリア】 ゴチャゴチャしてないシンプルで大人の雰囲気がいいと思います。 特に運転席、助手席の満足度は高く、内装色はブラウンを選択しましたが 室内全体がブラック基調のためカジュアルで落ち着けます。 1つ1つのパーツが上質で計算された上で丁寧に作り込まれているのも 高評価。 特に夜はアクアブルーに統一されたアンビエントライトが シックな印象ですが控えめでもう少し光量があった方が好みでした。 後席はエアコン噴出し口周りと肘掛トレイのコストカットは残念。 【エンジン性能】 試乗して車重とガソリン車エンジンの組み合わせにパワー-不足を感じたので 2500ハイブリッドを選んだのですが、今のところ不満を感じません。 リチュームバッテリーの性能によるものなのか積極的な電力走行が 燃費にも良い結果です。 【走行性能】 ワインディング走行や加速停止の挙動が少なく感じ、高速安定性も好印象。 静音性も様々な工夫がされているようだが、もう1つ詰めが甘く感じました。 【総評】 個人的には買って良かった車です。 末長く大事に乗っていきたいと思っています。 駐車時録画の機能が欲しくて社外のドラレコ(前のみ)を設置しましたが、 前後録画機能付きのデジタルインナーミラーがいちばんのお気に入りです。 発注から6か月。追加で注文した車内パーツ選びも楽しかったです^^

ハイブリッドカーの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数23
  • ナイスクチコミ77
  • 2021年5月7日 更新

エンジン音が気になります。 寒くなったからか、停止時に充電のためエンジンがかかることが増えた気がします。 停止時にエンジンがかかると、エンジン音の大きさにびっくりします。 その辺のガソリン車より大きい音なので、ちょっと高級志向なハリアーとしては残念な感じです。 皆さんは気になりませんか?

  • 返信数74
  • ナイスクチコミ318
  • 2021年5月7日 更新

3月28日 ブラックトーン グレーメタリック、寒冷地仕様 契約しました オプションは3Dマット、T-コネナビキット、ETC2.0、モデリスタ 値引き約53万 ハリアー下取りで205万 納期前に再査定 納期、年内は無理と言われてます 注文書は1月30日となってます 他の方の書き込み見ていると8月だの10月でなぜ小生は年内無理なのか・・・。 羨ましい(つД`)ノ 最近契約された方納期は何時ごろ予定ですか?

  • 返信数21
  • ナイスクチコミ465
  • 2021年5月6日 更新

パクリ車両が1位となっていてびっくりしたのですが、なんでハリアーをおいて1位になれるのでしょうか? 買う人の気が不思議です。。。

  • 返信数9
  • ナイスクチコミ10
  • 2021年5月6日 更新

はじめまして。 税金について質問させて頂きます。 ヤリスクロスHV Z を契約しました。 注文書を確認すると自動車税環境性能割の欄に 79,400との記載があります。 ハイブリッド車でもこの税金を支払うものなのでしょうか。 宜しくお願い致します。

コロナ禍のため、あまり遠出ができていませんが、それでも楽しく乗っているインプレッサの感想です。 所有しているのは、2018年B型の2.0i-S(AWD)です。 とにかく所有しているインプレッサをとても気に入っていて、時間がたっぷりあるGWに自分が思っていることをダラダラと書いてますので、適当に読んでいただければ幸いです(^_^; 今のインプレッサは2台目で、1台目は先代の2015年・1.6i-L Proudエディション(FF・アイサイト無)でした。 ただ走ればいいやと思って購入しましたが、走りが気持ちよくて3年で3万キロ以上を走り、車検時に今のインプレッサを買い替えました。 今度は、どうせあれこれ欲しくなるだろうと思い、機能ほぼ全部のせの2.0i-Sにして、アイサイトセイフティプラス(運転支援、視界拡張)を追加しました。 このインプレッサについて私が思っている@デザイン(外装・内装)、Aアイサイト、B走り(街乗り・高速)、C燃費の4つについて書きたいと思います。 @デザイン (外装) 真後ろからの見た目を除いて、全てかっこいいと思っています。 特に前も後ろも斜め少し上からの見た目がかっこいい。 フロント真正面の見た目は、フロントグリルがもう少し大きくてもいいんじゃないかと思いますが、現行型の横一文字に広がったロアグリルよりはフォグランプと分離したB型のロアグリルが気に入っています。 アルミホイールは、C型2.0i-Sのホイールデザインが好きですが、B型も悪くないです。 アルミ削り出し部分の少ない現行型の2.0i-Lやアドバンスのホイールは、自分にとってはイマイチです。 一般的にはスポーティーな印象があるのかもしれませんが。 真後ろからの見た目は、ナンバープレート周辺の手抜き感があっていただけません。何かが足りない印象です。 かといって、テールゲートガーニッシュもちょっと違うかな・・・。 あと、真横から見たフォルムは、抜群に格好いいです。 完璧ではありませんが、他社、他のスバル車の中でも一番格好いいと自分で思っているので、とにかく満足です。 これが、長く付き合いたいと思える一番の理由かもしれません。 (内装) 可も不可もなくといった感じです。 メーター類のデザインは、先代レヴォーグのデザインだったら良かったのになぁ。 シフト、ドアノブ周りの素材の安っぽさは否めません。 また、シートも長く座っていて疲れるということはありませんが、もう少し固めが自分は好きです。(デザインの話じゃないですが・・・) Aアイサイト 他社の自動運転支援を使ったことがないのでなんとも言えませんが、ACCでの高速走行はとにかく楽です。 ロングドライブの負担が大幅に軽減します。渋滞時の減速はとても自然です。 のんびり走りたいときなど、本当に重宝します。 出口やカーブでの減速は勝手にはしてくれないので、扱いに注意が必要です。 アクティブレーンキープは、ハンドルの戻し方がカクカクするので、個人的にはあまり気に入っていません。 ただ、夜間、片側1車線の高速道路を走行する際には、安心感が増します。 それから、プリクラッシュブレーキについては、お世話にならないように注意して運転していますが、万が一のとき少しは助けてくれるのだろうという安心感はあります。 B走り (街乗り) 低速で走行する街乗りの走りは、ふつーで、楽しいと思うことは特にありません。 また、パフォーマンスパーツは何もつけていませんが、沿道の店に出入りするときなど、直角に曲がるときは車体がねじれる感じがあり、もうすこしガチッとしてほしいなと思います。フレキシブルタワーバーをつけて変わることがあるならつけてみたいですが。 また、青信号での走り出しの感じは、iモードだと、とてももたつきを感じます。 マニュアルモードにして意図的にローからのスタートにしても駄目です。 ただ、これはSモードにすると随分変わります。 燃費を気にして普段はiモードにしていますが、Sモードにすると割とスッと走り出します。 個人的には、街乗りもSモードのほうが気持ちよく走れると思います。 (高速) 高速走行はとても気持ちいいです。 合流や追い越し時はSモードにしますが、とてもパワーを感じます。 2リッターあると、90-100km/hも余裕もって走れるので、気持ちよく走れます。 しかし、アクセルに対する反応は少しタイムラグを感じるので、もう少し敏感に反応してほしいというのが正直なところ。 C燃費 最初から気にしていませんが、たまに遠出の走り方だと、平均11.5kmです。 先代の1.6i-L(FF)は、遠出が多かったのですが、平均で18km、高速では20km以上も出ていました。 こればっかりは仕方がないですね。 長くなりましたが、以上が私の感想です。 完璧ではないですが、長く付き合えそうなお気に入りの愛車です。

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止