ミニバンの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

ミニバンの最近発表・発売された車種

ミニバンの人気・注目ランキング

ミニバンの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ミニバンの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • メーカー順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • メーカー順
  • 価格帯順
  • 50音順

ミニバンの新着レビュー

シトロエンの7人乗りミニバンである「グランドC4スペースツアラー」に試乗しました。 10秒でわかるこのクルマの特徴は @日本風ミニバンとは一線を画するオシャレなデザイン Aボディサイズに対し、広い室内と高い積載性 B2Lクリーンディーゼルターボのゆとりある走り を3つのポイントとして挙げました。 元々グランドC4スペースツアラーは2014年に日本で発売を開始した「C4ピカソ」の2代目にあたります。 導入当初は5人乗りの「C4ピカソ」と7人乗りの「グランドC4ピカソ」でしたが、2018年9月の大型改良で5人乗りは廃止、車名を「グランドC4スペースツアラー」に変更し、ADAS(先進運転支援システム)の充実や待望の2Lクリーンディーゼルターボを採用し、現在は「シャイン ブルーHDi」というモノグレードで販売を継続しています。 昨今のシトロエンはベルランゴやC3エアクロスSUVに代表される独創的なデザインが高く評価され販売も好調です。同じグループのプジョーブランドとの差別化もうまく行われています。 最新モデルほどではありませんが、それでも大型改良でエクステリアデザインは同じトレンドを組み込み、インテリアは全体の質感が大きく向上しています。まさにひと目見てシトロエンのクルマであるアピアランスは十分にまとっているわけです。 室内は国産に代表されるような「よっこらしょ」と乗り込むタイプのミニバンと大きく異なり、乗降性にも優れています。また視界も広く、特にフロントウインドウの縦方向が長く、停止時でもすぐ真上の信号が確認できるほどです。過去、旧型のC3には「ゼニスウインドウ」と呼ばれる独創的なフロントガラスが採用されていましたが、機能的にはこれに近いと言えます。もちろんスライディングバイザーにより直射日光を遮断することもできます。 インパネにはダッシュボード上部に12インチのパノラミックスクリーン、下部にはナビやAV機能などを表示&操作できる7インチのタッチスクリーンが搭載されています。 各機能を効率良く振り分けていますが、機能によっては階層や切り替えが少し面倒な部分もあります。 一方で過去のシトロエン車(プジョー車も)に搭載されていたカーナビ(AV)関連の機能はAppleのCarPlayやGoogleのAndroid Autoに対応するようになったことで十分な性能を手に入れました。またもっと本格的なカーナビが欲しいというニーズに対しても現在はディーラーオプションで専用カーナビ(ベースはカロッツェリアの楽ナビ)が用意されています。 筆者的にはCarPlayに高機能なナビアプリ、有償であれば「カーナビタイム」、無償であれば「Yahoo!カーナビ」を活用すれば十分と考えます。ちなみに純正カーナビの価格はETCユニットとのセットで26万1690円と高めです。ゆえにまずこのコネクト機能を使ってみて、納得できないようであれば、後からディーラーオプションで装着するというのもひとつの選択肢です。 そして注目すべきは寸法からはイメージできないほどゆとりのある室内と積載性の高さです。 2&3列目の席は全て独立した構造で3列目を格納した場合でも実測で奥行きは約1m、2列目を倒した際は1900mmを超える奥行きが確保できます。また開口部の高さも800mm超え、横幅も1100mmを超えますのでかなり大きな荷物、また試しに用意した中型犬用のドッグケージも余裕で積載できました。 標準装備されるパノラミックガラスルーフは2列目の乗員が開放感を得ることができます。一方で3列目シートはあくまでも非常用と割り切った方が賢明でしょう。 搭載するパワートレーンは前述したように2L直4のディーゼルターボです。日本市場ではマツダがクリーンディーゼルを積極展開していますが、1660kgの車両重量に対し、163ps&40.8kg-mのスペックは十分すぎるほどです。 パワフルというわけではありませんが、多人数乗車時でも高速道路への合流も極めてスムーズに行えます。アクセルで速度コントロールもしやすいので最終的にドライビングにおける疲れも少ないです。 またディーゼルのメリットであるランニングコストも高速走行を含めた燃費は19.8km/Lと優秀、さらに軽油ですから当然日々の支払いを抑えることが出来ます。 一方でADASに関しては細かなアップデートによりACCやレーンキープアシストなども標準装備化されるようになりました。ただ、国産のハイレベルなモデル比べるとその“効き具合”は少しゆるく感じます。 乗り心地に関してはシトロエン車でよく言われる「魔法の絨毯(じゅうたん)」とまではいきませんが、それでも乗り心地は良く、特にコーナリング時にゆっくりとしたロールを伴いつつ、しっかりと1本筋が通ったような接地感は見事です。ライバル車として想定されるフォルクスワーゲン ゴルフトゥーランのキビキビしたハンドリングとはちょうど対極にあるのかもしれません。 車両本体価格は425万円、ナッパレザーパッケージ装着車は464万円と高めに感じるかもしれませんが、このオプションには電動パワーシートやシートヒーターなども装着されていますので、リセールバリューの点では期待できます。 グランドC4スペースツアラーの中古車はこの原稿執筆段階で全国に20台弱しかありません。であれば、選ぶとしたら現状では新車一択。画一的な“日本型ミニバン”ではなく、日々のライフシーンを演出できる点でも大きな魅力と言えます。

追記【聴音施工の結果ノーマルタイヤ、及び総合的な静粛性】 4月にノーマルタイヤへ戻して暫く乗りましたが、結論を言えば 普通の感覚で言えば誤差の範囲の気がします。 今更施行前との比較ができませんので、なんとも言えませんが、 劇的にロードノイズが減ったとは思えません。 とは言え、エンジンの唸り音は置いておいて、元々 静粛性はそれなりにありましたので、車としての静粛性の満足度は 高いです。 そろそろ新型のステップアップが発売開始されそうですが、 車格の位置づけがワンランク上である事は変わりませんので、 室内空間(特に横の広さと座席の質感)は間違いなくオデッセイの 方が不満はでないと思います。 【使い勝手】 使い勝手については、つい最近も妻からステップワゴンのわくわくゲートの 方が良かったと不満の声が上がりましたので、やはりあの機構は画期的だったようです。 特に買い物袋の出し入れはサッと出し入れできるところなど。 セカンドシードの前がかなり広いので、そこへ荷物と思いましたが 車の動きで荷物が滑るので固定する為に、結局2列目シートは前側に移動させています。 【乗り心地】 シートの作り含めるとやはり断然オデッセイが良いです。 ステップワゴンだと寝たくでもシート形状と座り心地が固く 寝ることはありませんでしたが、助手席、特に2列目に座っていると 直ぐに眠くなります。ヘッドレストのポジション含めて良いです。 【視認性】 前方、後方は問題ありませんが、特に左右のAピラーが太く右コーナーや、 右折時の交差点(横断歩道)で視界に入りまくり、本当に対向車(人)が見えない事があります。 これは乗ってみないと分からなかった事です。 【センシングについて】 ACCとハンドルアシストですが、基本ステップワゴンと変わりませんが、 オデッセイのハンドルが重いせいか、ハンドルのアシストは力強く動くので 多少疲れます。慣れるまで少し怖い感じがしました。ハンドルを取られると言うか。 高速道路では必須なので使っています。 【その他、オプション】 デジタルインナーミラー(中華製)を納車時に付けて半年以上経過しましたが 問題なく動いており、非常によいです。後続車からも見えるためか、 カメラ越しに見られていると思ってなのか車間を取ってくれるのでストレスも減りました。 オートブレーキホールドの自動化キットも付けていますので、発進後30秒(任意で設定可)で ONになり、これも非常に便利です。なぜデフォルトで付いていないのか。。 コロナ渦の影響もあり帰省の様な長距離移動もなく、8ヶ月で5,000k程度しか乗っていませんが、 今のところ大きな不満なしで買い替えて良かったです(嫁は普段使いで不満らしいですが) ちなみに燃費諸々でハイブリットの元を取るつもりは全くなくガソリンスタンド行く 回数が減り、加速時のリニアな動きが好きなのでハイブリット一択です。 ----------------------------------------------------------------------------- 追記【聴音施工の結果】 ロードノイズ及び、エンジン音を抑えるため、フォーカル・オーディオ・ジャパンにて 聴音施工を実施していただきました。タイヤハウス及びバルクヘッド ※2月中旬に実施した為、スタッドレスタイヤ装着状態 結論から言えば、人によっては体感できるが、音に興味がなければ違いを感じにくいかも 【エクステリア】 中期までのデザインは自分好みでなかったので、RB3⇒ステップワゴンHV GEXと 乗り継ぎましたが、今回のフロントフェイスは好みでしたので文句なしです。 EHEV-EXですが、18インチホイールデザインもお気に入り。 【インテリア】 IKEA感がありますが、悪くないと思います。 ただ、収納が増えたとは言え、まだ少ない。 【エンジン性能】 こちらは、車重がそれなりにある関係だと思いますが、ステップワゴンHV(同じエンジン)と 比べると随分モッサリした加速に感じます。 ステップHVは軽くアクセルを踏んでもスッと前に出る感じ。 その為、オデッセイではアクセルを余分に踏むためか発電でエンジンが五月蠅い。 ちょっとした坂道で唸りますので結構ストレスになります。 【走行性能】 エンジンと同じく加速性能はステップワゴンHVの方が断然良いですが、 コーナーリングは以前乗っていたRB3ほどではありませんが流石によいです。 全体的に重い動きです。 【乗り心地】 低重心のため、安定していますがゴツゴツ感はあります。 固い足回りは嫌いではありませんが乗り心地が良いかと言われると 誰にでもお勧めはできないかもしれません。 コーナーリングと横風には強いですが、直線ではタイヤサイズと パフォーマンスダンパーの影響かステップワゴンHVの方が乗り心地がよいです。 【燃費】 まだ走行距離が少ないので、なんとも言えませんがステップワゴンHV と同じ程度(街乗り16k前後)だと思いますので、車格考えると良い方だと思います。 ※燃費消費は気にせずエアコンクーラー使っています。 【価格】 ベルファイアの質感と比べると割高と感じますが、納得しての購入なので。 DOP込みで見積550万でした。ベルファイアのSCパッケージと同じくらいかも。 ※そこから値引き50万 【総評】 子供が多少大きくなり、ついて来なくなったのでステップワゴンから買い替えました。 正直利便性は、ワクワクゲート込みで考えるとステップワゴンHVの方が 断然使いやすかったと感じます。3列目の分割収納も含め。 所有している満足感は高いですが、オデッセイとステップのどちらが お薦めかと言われると先ずはステップワゴンをお勧めすると思います。 特に中学生以下のお子さんがいる家庭やワクワクゲートの利便性を考慮すると、 本当に便利なのでオデッセイにもOPでつけられるならデザイン悪くてもつけたいくらいです。

特筆すべきはパドルシフトを使ってワインディングを攻めて気持ちの良いスポーツフィールを味わえるミニバンであるということです。着座位置は高いけれど、重心は低くハッチバック感覚で操れます。そんなミニバンは他に無いと思います。 PSAグループのEMP2プラットフォームを使っているだけあって、シャシー剛性は抜群です。プジョー308は足回りが割とソリッドですが、ピカソは程よく柔らかい。しっかりしてるが、たゆたうような、鷹揚に気持ち良くショックを吸収する足回り。足回りは本当に良く出来ています。C3やベルランゴに比べると締まっています。プジョーで表現する猫足に近く、柔らかいプジョーの乗り味。 ハンドリングはこのサイズに丁度よく、クイックではないが節度が丁度良い。回した時のフィールも重くなく軽過ぎもしない、手応えはしっかりあってしっとりともしている。エンジンはディーゼルで振動は少しあります。外だとそれなりに音も大きいです。しかし、室内では決して音が大きくはなく不快な振動や音ではありません。音質はディーゼルらしい音ですが、なかなか良いです。 アクセルのレスポンスは踏み始めから加速するタイプではなく、しっかり踏み込まないと加速感は味わえません。ただこの車の性格的にも余裕を持ってゆっくり加速するのが気持ち良かったりします。トルクがあり、加速しようと踏み込めば速いです。多少の刺激は味わえる加速感です。特に70キロを越えてから安定感、足回りの素晴らしさ、エンジンの頼もしさ、シャシーとボディーの剛性感の高さを顕著に感じます。風切り音やロードノイズも小さいです。 この車ならではの快感が得られます。普通に走らせれば普通に良い車ですが、きちんと加速してスポーティーに走らせると、この車の凄さに脱帽します。街乗りでも高速でも快適です。 ブレーキは踏み始めからよく効きます。フランス車らしいカックンブレーキと表現しても良いかもしれません。後輪もディスクなだけあって、しっかりと止まります。アクセルとブレーキを上手に踏み操る喜びがあると思います。 後期モデルは乗り心地が前期モデルに比べて大きく向上しています。 また、フランス車としての乗り味は濃いです。 シートの出来も良く、疲れにくく、腰痛にもなりません。 デザインですがシトロエンのCをモチーフにしたデザインがあらゆるところに隠されています。ピカソの絵画のような面白さがデザインにも表されています。 積載性ですが、ラゲッジにトノカバーを外せば、子供用の自転車が1台積めます。充分広いです。燃費は15から16km/Lくらいです。街乗り、郊外、高速の平均でこれくらいです。軽油ですし、燃費は良いです。 総合的にはこれ以上のスポーツ性能とユーティリティも含めトータルバランスに優れた車は今のところ見当たらないくらい良い車です。欲を言えばマニュアルでも乗りたいくらいですかね。ただ6ATでも充分満足しております。 現在、8万キロ以上走っていますが、故障はこれと言ってありません。バッテリーは一度交換しました。 これからも長く付き合いたい車です。

ミニバンの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数33
  • ナイスクチコミ101
  • 2022年5月23日 更新

S-Zガソリン 快適利便Hi + 10.5Inch DA + LED HEAD 37J有 発注日:12/9 発注都道府県:大阪府 本日ディーラーより連絡があり、5月中には車が完成予定と連絡がありました。 (「ただ確定ではないので少し早めにご連絡させて頂いております。」との事(;^_^A) 発注して5ヶ月、、、 確定ではないにしても動きが出た事がわかるだけで嬉しい限りです(T_T) 長くお待ちの方の参考になれば幸いです。

  • 返信数17
  • ナイスクチコミ40
  • 2022年5月21日 更新

先輩方諸氏にお尋ねさせて頂きたいです。 当方、90系HVのS-Zを購入検討している者です。 滅多にない買い物ですので、オプションもあれこれ迷いながら、ほぼフルオプション状態の見積をしています。 悩んでいるのが、寒冷地仕様を付けるか否かです。 九州在住ですが、オプションの内容を見る限り、雪の多寡にかかわらず、魅力的な内容が安く手に入ると感じています。 個人のサイトや動画サイトには色んな私見があり、肯定的なものが、総じて多い気がしています。 反面、消耗品に関わることなので、例えばバッテリーの取替のタイミングでのコストがどれくらい違うのか等、デメリットに思えるようなことが、やはりあるのでは?とも感じます。 決定的な短所(莫大な費用、または、寒冷地仕様によるリスク)がない限りは選びたいと考えています。 ご教示頂けたらありがたいです。よろしくお願いいたします。

ミニバンの人気中古車ランキング ミニバンの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止