レクサスの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

レクサスの最近発表・発売された車種

レクサスの人気・注目ランキング

レクサスの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

レクサスの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
  • 300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
  • 英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
  • 300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • 英数字

レクサスの新着レビュー

 2018年11月の発売から2年弱、レクサスの都市型(アーバン)クロスオーバーである“UX”のハイブリッドAWDモデルである「UX250h“バージョンL”」に試乗しました。  先に言っておくと試乗時の天候等の事情で画像は2019年10月に撮影したものであることをお断りしておきます。  レクサスブランドにおいてUXはSUVとは言っていません。実際、悪路走破性の規準のひとつとなる最低地上高も160mmとそれ程の数値ではなく、さらに言えばガソリン車のUX200にはAWDモデルの設定もありません。  ただ、それに目くじらを立てる必要もなく、あくまでも扱いやすいサイズとレクサスがスタートしてから着実に磨き込んできた走りの性能などをこのカテゴリーに落とし込むとどうなるか、その答えを具現化したモデルとも言えます。  小難しいことより、まずはそのボディサイズです。全長4495×全幅1840×全高1540mmは都市部などの立体駐車場への入庫も容易にします。昨今のクルマはデザインはもちろんですが、グローバルに販売することや側面からの衝突安全性能を確保するためにも一定以上の全幅が必要とメーカーの技術者からも話を聞く機会が多いです。  ただUXに限ったことでは無く、1840mmの全幅は狭い道路でのすれ違いの際やショッピングモールなどの駐車場でピッタリと駐車しないと周りに迷惑がかかります。余談で申し訳ないのですが、個人的には元々日本の道路事情や道路運送車両法で定められた規格(かなり古いですが)からももう少し全幅は狭めてもらいたい、安全技術に関しては実際5ナンバーのSUVでも規準をクリアしているモデルもありますので1800mmを切る全幅に近づけて欲しいという気持ちもあります。  閑話休題。そんなUXですが、レクサス車ではおなじみの「スピンドルグリル」やその下部にシルバーのフレームを配することでアンダーガードをイメージしたフロント周辺や全高を抑えながらボディサイドには数多くの造形を施すことで重厚さや力強さもうまく演出しています。  一方、室内に乗り込むと気になるのは若干のタイト感です。視界も良く、特にインパネ周りのデザインが横方向へ幅広い感じに見えるように設計されています。その中でフロントシートより気になるのがリアシート、そしてラゲージルームの狭さです。もちろんリアシートはC-HRのような“超”が付く割り切りまではいきませんし、それなりの空間は確保できていますが、5名乗車状態でラゲージの奥行きは筆者がメジャーで図った限りは800mmを少し切る寸法、左右は950mmを少し切る位ですが、これでは9型クラスのゴルフバックを2個積載するのは難しい。実際、UXのカタログを見てもゴルフバックを積載する場合はリアシートを倒すような写真になっています。  ゴルフをやらない人(筆者もそうです)には関係ないと思うでしょうが、別の荷物、例えば大型のスーツケースなども積載には工夫が必要です。同クラスでももう少し積載量が確保されているモデルもありますので、デザインとはいえ、購入時にはこの部分は自分のライフスタイルに適合するか確認しておいたほうが良いでしょう。  一方走りに関しては誰にでもわかりやすく(ここ重要です)素直なハンドリングに好感が持てました。UX250hは新開発の2L直噴4気筒エンジン(UX200に搭載)をベースにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載します。試乗車はリアにモーターを組み込んだAWD(E-Four)になりますが、プリウスやC-HRなどの1.8Lハイブリッドと比較しても単純に「排気量の差」だけではなく、全域にわたってスムーズさが向上、さらに力強さも増しています。  特に気に入ったのが静粛性の部分、元々レクサス車はこの部分にはコストもかけていますが、実際アクセルを踏み込んだ際のエンジンの振動の少なさ、そして音に関しては足元の先以上の遠くで回っているような感覚、遮音などには徹底していることもわかります。  ハンドリング自体は昨今展開する他のレクサス車と比べると全体的に柔らかい印象を受けました。レクサスにはスポーティ仕様の“F SPORT”もありますが、他の機会に試乗した際もガリガリの走り仕様ではなく、ロール時のボディの動きが素直で、さらにコーナリング時のピークでは一本芯が通ったような接地感を味わうことができます。言い換えればどの速度域でも非常にコントロール性に優れていると感じました。  正直、UXは前述したユーテリティの部分は別としても佇まいや走りの質感でもう少し評価されても良いと感じています。しかしここまで書いても必ずと言ってぶち当たるのが「価格」の問題です。今回の試乗車はAWDの最上位グレードということもありますが、オプションの“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンド(23万2100円)やパノラミックビューモニター(12万1000円)などをプラスしていくと車両本体価格は軽く600万円を超えてしまいます。  もちろんUXはガソリン車ならば最廉価で397万2222円から設定されていますが、メーカーオプションも魅力的なものが多く、必然的に価格が上昇します。理想はこれら、特に先進安全装備系は完全にパッケージ化して「全グレード標準装備」することが望ましいのですが、なかなか難しい部分でもあります。  最後に将来のリセールバリューも考慮すると今回試乗した“バージョンL”そして“F SPORT”がオススメです。また執筆時に販売されている特別仕様車であるUX250h“Brown Edition”も全体としてコスパが高めに設定されています。UXは2021年前半にBEV(電気自動車)である「UX300e」を発売予定です。これらも含めUXの未来は面白くなりそうです。

まず最初に。試乗しただけのレビューです。 検討した車はLX570(見積1400万ほど)、BMW X7(1600万)、ランクル200(1100万)でした。 最終的にランクル200にしました。 オプションは基本メーカーオプション、ディーラーオプションなどですが一部特別なカスタムを想定したので見積額は一般的に知られる内容とは異なるかと思います。 【エクステリア】 フロントが見える範囲の180度からは非常に洗練されたデザインです。 一方でリアの方はお粗末です。これは好みの問題で片付けるようなものではなく デザインのコンセプト、一貫性がどの程度のレベルで保たれているか?という話です。 内装にも通じるのですが国産車は基本的に合理主義の思想で車作りをされているため 「一貫性のあるデザイン」というのが非常に弱いところです。 ビシッと決めたファッションなのに靴だけが汚れていたりする、これと同じです。 リアだけ別の車に見えてしまいます。 【インテリア】 ランクルと比べて非常に洗練された内容でした。 ただ実際の使い勝手という意味ではどうか?購入者では無いので一概には言えませんが 各種機能が本当に効果的なレイアウトをされているかは微妙ですし やはりランクルの派生形という領域に留まっているとも思います。 この点ではX7のほうが圧倒的な違い、洗練度を感じます。 【エンジン性能】 検討時点での試乗レベルでは評価が難しいですが基本的には良いのだろうと感じます。 5.7Lの迫力はやはりランクル200に勝ると感じますが、同時に並べて比べたわけでは無いので。 【走行性能】 静粛性と安定性でランクル200より優れると感じます。 走破性という意味では「おそらくランクルの上位互換なので強いのだろう」という程度です。 高速走行はしておりません。 【乗り心地】 静粛性、安定性に優れており、その後実際にランクル200を購入した立場から思い返すと LX570はアンチロールがよく効いているように思います。 シート類にはさほど違いを感じませんでした。 【燃費】 燃費は悪いとしか言いようがありませんがその点を不満に感じる人は選択肢に入れないでしょう。 しかしながら、総評で詳しく書きますが「何のための排気量?」という点で このレクサスというブランドの意味がわからなくなります。 【価格】 冒頭で述べたように、検討した3車種の中では真ん中の価格ですが 「最も価値のない車」だと感じました。 【総評】 ブランド力、ステータスを重んじる人に向いた車だと思います。 所有欲というかなり個人の主観に寄った領域で決めるのなら気に入った車を買えば良いと思います。 まず、「ランクルの上位互換に過ぎず、ラグジュアリーとは相反するという矛盾」が疑問です。 客観的に見ればランクルの兄弟であることは明白で、トヨタエンブレムでもおかしくない。 そしてランクルはその走破性などから「性能という点で実績や地位を獲得した車」という本物感がある。 それに付加価値を付けて「ラグジュアリー」方向に振った車であるかと思いますが その出自(性能の強さ)とラグジュアリーは相反しており矛盾を感じます。 実際この点はランクル80あたりから始まったジレンマだと思いますが。 ランクルなら泥だらけでもカッコいいと言えるかも知れませんがLX570では傷一つなくエレガントに乗るべき。 だとすればこの排気量、ランクルと同等かそれ以上の走破性は何なのでしょうか? この2種だけで考えればそれでも「高い次元で性能とラグジュアリーを調和している」と言えるかも 知れませんが、X7を選択肢に加えると答えは明白。 エクステリア、インテリアの一貫性、高い意匠性などはLX570を遥かに凌ぎます。 これはX7に限らず広く「大型SUV」である程度の価格帯に視野を広げればLX570以上のものを 候補に挙げることは難しくありません。 言い換えるなら、「ランクルのルーツから脱却できていない中途半端な車」となります。 私がランクル200乗りだから?いえいえ、ランクルより豪華さなどがあることは認めます。 迫力もありますし並べばその外観、さらには性能という総合的な点でも「LX570が優れる」と認めます。 しかしながら一千数百万という価格で広く選択肢を設けた時にはどうでしょうか? 私が設けた選択肢だけでなく多数の車が挙げられると思いますが このクラスになると車種ごとの個性、特長は明確なものが多いと思います。 LX570のような中途半端さはあまりないのではないでしょうか? そう考えた時に私はX7かランクル200の選択肢に絞られました。 (最終的にランクルにしたのはまだ30代なのでX7は早いかなと思った次第です) 世の中には旧車、クラシックカー、スポーツカーなどに大金を使う人がいて それぞれに理由がありますがLX570はどんな理由があるでしょうか? 歴史があるわけでもなく走行性能ではランクルと被る。 となるとやはりステータスでしょうか?しかし、同一価格帯なら他の選択肢もあるのでは? この点が全くよく分かりません。

【エクステリア】 マイナーチェンジでヘッドライトとリアランプの意匠を変えてきたが、比べないと分からない程度の差。車体が大きく小回りが効かないので気を使う。周りのクルマからは邪魔な目で見られるかも。 【インテリア】 メーターの液晶パネルや、ステアリングは古い感じだが質感は高くレクサスらしい。レクサスの中ではアンビエントライトが控えめではあるが、ちゃんと付いている。 【エンジン性能】 ハイブリッドシステムも一世代前のものだが、それなりのパワーはあり2トンを超える車重でも軽々と加速する。 【走行性能】 3.5Lエンジンの2トン超えの4WDで、実燃費が10Km以上走るのは、世代が古いとはいえ、さすがハイブリッド。 【乗り心地】 車重があるので、重厚な乗り心地。ノイズが抑えられて車内はとても静か。快適な環境でゆったりと運転出来る。着座位置が高く見晴らしが良く、気分良く運転出来る。 【燃費】 10?11Km/L 【価格】 オプションを色々付けて、乗り出しで850万円。 レクサスの中では中級クラスの値段かな。 【総評】 2015年のモデルチェンジから6年経ちモデル末期ではあるが、コツコツと改良し安全装置も最新のモノが搭載され、未だに人気があるのは、このクルマならでは。 好みは分かれるが、気品とステータスを備えた、カッコイイクルマだと思う。

レクサスの新着クチコミ

  • 返信数4
  • ナイスクチコミ11
  • 2021年6月16日 更新

現在RAV4 Adventureに乗っていて、新登場のNX350を検討中です。 RAV4はかなり満足しているのですが、いくつか不満点はあって、それが全て解決しそうなので。 現状のRAV4の不満点は下記の通り(その他ほとんどは満足なんですけどね) ・パワー不足とエンジンの吹き上がり音がちと安っぽい ・CVTの中ではダイレクト感はあると思うがやっぱりCVT ・ACCが高速ジャンクションのカーブ手前で減速しないので不便(2年前はそれが普通でしたが) CVTじゃなくて、8ATしかもFスポに乗りたいというのも一つ。ところでこの8ATはアイシン製なのでしょうか? またZF社の8ATとはどのような違いがありそうでしょうか。8ATの経験はありません。 もし買うことになれば最後のガソリン車になるかも

  • 返信数4
  • ナイスクチコミ12
  • 2021年6月16日 更新

新型NXの動画を見るとナビでのCD.DVDを差し込む場所が見当たらないのですが不可能なのでしょうか?

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ5
  • 2021年6月15日 更新

本日ワールドプレミア公開されましたが、PHEVにFSPORTS設定があるでしょうか? また、価格公開はいつ頃になるでしょうか?

  • 返信数8
  • ナイスクチコミ48
  • 2021年6月14日 更新

https://www.youtube.com/watch?v=QZjjo97J4TY これは満点に近い進化かもね!

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ49
  • 2021年6月13日 更新

●「NX450h+」:プラグインハイブリッド車「2.5リッター(E-Four)」 ●「NX350h」:ハイブリッド車「2.5リッター (FF/E-Four)」 ●「NX350」:ガソリンターボ車「2.4リッター (電子制御フルタイムAWD)」 ●「NX250」:ガソリン車「2.5リッター (FF/電子制御スタンバイAWD)」 現時点で日本価格未発表も、このラインナップみても、発表されたスタイルみても、間違いなく、これは売れるよな! ハリアーのグレード高いやつ買うならこっち選ぶ人とか、現行型買わなくてよかったって言う人とか、たくさん現れそう。 コンスタントに売れるかはわからんが初期受注は多いんじゃない?さすが、レクサスでもっとも売れてる量産車種だけあるなあl 間違いなく、これは買いだ!

レクサスの人気中古車ランキング レクサスの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止