フォード クーガの価格・新型情報・グレード諸元

<
>
フォード クーガ 2013年モデル 新車画像
  • クーガ 2013年モデル
  • エクステリア フローズンホワイト - クーガ 2013年モデル
  • エクステリア1 - クーガ 2013年モデル
  • エクステリア2 - クーガ 2013年モデル
  • エクステリア3 - クーガ 2013年モデル
このページの先頭へ

フォード クーガの新型情報・試乗記・画像

クーガの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

新車発売中のグレードはありません

クーガのモデル一覧

クーガのレビュー・評価

(2件)

ユーザーレビュー募集中

  • クーガ 2013年モデル フォードのSUVクーガがフルモデルチェンジを受け、2代目モデルが登場した。フォードジャパンがヒルトン小田原で開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、上級グレードのタイタニアムに試乗した。

    新型クーガはミドルクラスのSUVという基本コンセプトは変わらない。その上で、デザイン、パワートレーン、AWDシステム、装備などが全面的に新しくなった。

    外観デザインはフォードのデザインテーマであるキネティック・デザインを採用した。余裕ある全幅を生かして、立体感のあるプレスラインやボリューム感を持たせた面構成などによって、躍動感のあるデザインに仕上げている。

    フロントバンパーやテールランプ
    続きを読む など、細かなディティールの部分にもキネティック・デザインが徹底されている。

    インテリアも、ほかのクルマと似ていない個性的なインパネだけでなく、素材の選択や質感の表現なども含めて、デキの良さを感じさせている。

    試乗車にはカーナビが装着されていなかったが、ソニー製のオーディオを取り外して代りに2DINのカーナビ&オーディオを装着するか、あるいはオーディオを生かしてインパネ上部に折り畳み式のカーナビを装着するかの選択になる。いずれもディーラーオプションで用意されている。

    今回のクーガはボディがやや大きくなって、特に全長が95mm延長された。その延長分は後席の居住空間やラゲッジスペースの拡大に使われた。これによってゆったりした余裕のある後席空間が作られている。

    搭載エンジンは1.6Lのエコブースト(直噴ターボ仕様)エンジンに変わった。最近のフォードはさまざまな排気量のエンジンをエコブーストに切り替えている。フォーカスは生産するタイでエコブーストエンジンが作れなかったために標準エンジンを搭載していたが、クーガはスペインで生産されることもあってエコブーストエンジンを搭載する。

    動力性能は134kW/240N・mの実力で、従来のモデルに搭載されていた2.5Lターボに比べると数値的には劣るものの、燃費は20%以上の向上が図られている。動力性能性能と環境性能を高次元でバランスさせるのがエコブーストの特徴だ。

    クーガはフォーカスの基本プラットホームを使って作られたモデルながら、SUVである上にAWD車であることから、車両重量はフォーカスに比べて300kgほど重くなって1700kg前後に達している。なので乗る前にはこの重さだとさすがにどうかなと思ったが、クーガは意外に良く走るクルマだった。

    最大トルクを1600回転から5000回転まで維持するフラットなトルク特性もあって、低速域から必要十分な走りを示す。アクセルを踏み込んだときも、このトルク特性が生きて滑らかな加速を示してくれる。

    ただ、いただけなかったのはサムシフトと呼ぶ6速ATのマニュアル操作だ。シフトレバーに設けられたサムスイッチを押して変速操作する仕組みは、フォーカスと同様に扱いにくいものだった。これは早期にパドルに切り替えてもらいたい。

    動力性能以上に好感が持てたのは足回りだ。クーガには走行条件に応じて前後の駆動力配分を変化させる最新のAWDシステムに加え、左右輪の駆動力を制御するトルクベクタリング機能が備えられている。

    左右輪の駆動力配分を切り替える本格的なタイプではなく、コーナリング時に荷重が抜けて空転しがちな内側のタイヤにブレーキをかけるというESPの機能を使ったタイプだが、これによってコーナーでの回頭性に優れた走りが実現される。

    車両重量の重さやAWDであることが落ち着いた感じの走りにつながっていて、それと同時にトルクベクタリングが軽快さや回頭性のよさを生んでいる。重心高が高めのSUVの割には操縦安定性のレベルも高かったし、乗り心地も悪くなかった。

    試乗した上級グレードのタイタニアムには、バンパー下に足を出し入れするだけでバックドアが開閉するシステムや、衝突回避・軽減ブレーキのアクティブ・シティ・ストップ、斜め後方視界を確保するBLIS、ロール・スタビリティ・コントロール付きのアドバンストラックなど、さまざまな快適装備や安全装備が備えられている。

    フォードは日本では地味でニッチなブランドで、そのためにクーガの385万円の価格は充実装備とはいえ、やや高めの印象がある。でも輸入車のSUVでAWD車であることを考えると、何とか納得できる範囲内でもある。販売網が充実していたならけっこうな売れるのではないかと思えるクルマなので、ほかの人があまり乗っていないちょっと変わったSUVが欲しいと思う人にお勧めできる。
    参考になった 5人
    2013年9月12日 投稿
    満足度 4
    エクステリア 3
    インテリア 4
    エンジン 3
    走行性能 4
    乗り心地 3
    燃費 2
    価格 2
  • 参考になった 8人
    2010年12月28日 投稿
    最近はアメリカ製のSUVを中心にしたラインナップを構成しているフォードだが、今回はヨーロッパ製のSUVクーガを日本に導入した。フォードにとってはエスケープとエクスプローラーの間を埋めるモデルになる。

    ボディサイズはかなり大きい。全長はミディアムサイズだが、全幅が1800mmを超えているから相当に大きな印象になる。最近のヨーロッパ車はワイドボディ車が多く、考えさせられる部分がある。

    外観デザインは面のメリハリが効いた印象で、独特の個性を持つ。アメリカ製のフォード車とは違ったイメージのデザインだ。

    日本でも駐車場事情など、使い勝手に影響する部分があるので、購入時には日頃出かける先
    続きを読む での取り回しなども含めてしっかり検討した上で決める必要がある。

    運転席に乗り込むのは乗用車とそう変わらない。SUVといってもフォーカス系のプラットホームを採用するためで、乗降性は悪くない。それでいてやや高めの着座位置によって運転席からの視界は開けている。

    乗り込んだ後の操作系にはほかのフォード車と大きな違いがある。エンジンスタートボタンがインパネ中央の上部に設けられているからだ。初めて乗ったので、ボタンを探すのにきょろきょろさせられたが、これはオーナーになれば問題ない話である。

    搭載エンジンはボルボ製の直列5気筒2.5LのDOHCターボで5速ATと組み合わされている。V70などに幅広い搭載されているエンジンだが、現在ではフォードがボルボを中国の吉林汽車に売却したので、これがフォードに供給される最後のボルボ製エンジンになるのかも知れない。

    それはともかく、このエンジンはわずか1600回転からの幅広い回転域で320N・mの太い最大トルクを発生する。実にトルクフルなエンジンなので、重量級のSUVボディでも余裕の走りを実現する。ターボの効き方も段差などは感じられず、自然吸気エンジンのような滑らかさで、とても扱いやすい印象だ。

    駆動方式はハルデックス社製のインテリジェント4WDで、オンロードでの快適かつ安定性の高い走りを実現すると同時にオフロードでの走破性も確保している。

    こうしたパワートレーンを考えると、クーガはボルボXC60の姉妹車的な位置付けのクルマと考えることができる。

    足回りやステアリングの操舵感などは全体に柔らかめの味付け。コーナーでは操舵に応じてそれなりにロールする。ただ、ロールした状態で受け止める印象があり、安定感を損なうことなくコーナーを抜けていく。

    300万円台中盤の価格設定は、快適装備&安全装備の充実度の高さなどを考えると相当に割安な印象。ボディサイズが苦にならない人なら大いに満足して乗れるクルマだと思う。
    満足度 3
    エクステリア 4
    インテリア 3
    エンジン 4
    走行性能 4
    乗り心地 4
    燃費 3
    価格 4

クーガのクチコミ

(9件 / 4スレッド)

クチコミ募集中

クーガのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

クーガ 2013年モデル

クーガ 2013年モデル

クーガ 2013年モデルのクチコミを書く
クーガ 2010年モデル

クーガ 2010年モデル

クーガ 2010年モデルのクチコミを書く
クーガ

クーガ

クーガのクチコミを書く

閉じる

クーガのクチコミ対象製品を選択してください。(全3件)

クーガ 2013年モデル

クーガ 2013年モデル

クーガ 2013年モデルのクチコミを書く
クーガ 2010年モデル

クーガ 2010年モデル

クーガ 2010年モデルのクチコミを書く
クーガ

クーガ

クーガのクチコミを書く

閉じる

    • ナイスクチコミ8
    • 返信数2
    • 2015年5月8日 更新
    現行モデルのタイタニアムの購入検討中のモノです。
    先日エクスプローラーを見たいと思いディーラーへ行った所、KUGAが展示されておりそこで初めてKUGAの存在を知り一目惚れ、試乗で購買意欲が倍増した次第です。しかしながら当サイトでも情報が少なくネットで調べてもモータージャーナリストのレビューばかりで、実際に乗られている方の使用感の情報が余りにも少ないので質問させていただきます。
    続きを読む
    聞きたい点は…・冬道でのAWDの走行性能(スタッドレスタイヤ装着)・実際の燃費・故障等の有無・購入後ココは良くなかった、またココは良かったなど…私の心配な点はフロントガラスの熱線は実際気にならなくなりますか?試乗時前方の熱線が気になったもので…
    長文で申し訳ありませんが、オーナーの皆様実際の使用感を教えてください。
    • ナイスクチコミ5
    • 返信数0
    • 2013年8月10日 更新
    ディーラーから案内があり1台だけ試乗車が入庫したとのことだったので、
    早速試乗してきました。営業マンも新型クーガについてはあまり勉強していないせいもあり、
    説明が今一つの印象でしたが、試乗そのものは期待通りと言うか非常によかったです。
    試乗車は上級グレードの「タイタニアム」です。
    スタイリングは旧型よりシャープになった印象があり好き嫌いはあると思いますが、
    キネティッ
    続きを読むクデザインコンセプトは十分に感じられました。
    内装はほとんどフォーカスですね。スイッチ類がかなり多く使いこなせるか不安になります。
    シートはこれはいい意味で期待を裏切られました。本革シートでかなり体にフィットして
    よかったです。フォーカスもそうでしたがシートは素晴らしいですね。
    エンジンは1.6Lのエコブーストですが、こちらは予想通りトルク感もあってよかったですが、
    アクセルを踏み込むとそれなりに忙しく変速しますし、高回転領域ではそれになりに
    エンジン音が高まります。2000回転前後で巡航中はすごく静かでオーディオもクリアに
    聞こえます。ハンドリングはこれもフォーカス譲りで思った方向に曲がりますので、
    非常にくせのないハンドリングでしょうか。長く乗るともっとよさがわかると思いました。
    後席と荷室はは旧型より広くなっていて良くなった点と言ってました。
    ちなみに後席はリクライニングしますので、ゆったり乗れそうですね。
    その他快適装備は充実してますので、ナビ以外はオプションはいらない感じですね。
    アイドリングストップやパーキングアシストなどは装備されていないので、
    その辺りが弱点でしょうか。
    価格は上級グレードですとコミコミで400万を超えますのでそこが難点です。
    ライバルが多い車格なので、値引きは頑張って欲しいです。
    • ナイスクチコミ9
    • 返信数2
    • 2010年11月28日 更新
    本日、早速試乗してきました。
    確かに前評判通りパワフルでした。
    ちょっとアクセルを踏んだだけで、グイッと走り出します。

    ハンドルも軽いです。
    お好みで切替SWで重くもなるようです。
    ゴツゴツ感や突上げるような感じはありませんでしたが、
    多少高さがあるので、ロール傾向にはありますが、
    全く気になることはありませんでした。

    しかし、他のヨーロッパ車のSUVと
    続きを読む比べると、
    装備は大変充実してコストパフォーマンスも優れているものの、
    走りの点でしっくりこないというか、
    安っぽさを感じてしまうのは、
    あくまで個人的感想でした。

    とは言えライバルメーカー対策は、
    しっかりと意識して作り込んでいるので、
    売れているというのも頷けるところです。
    新商品でも、しっかり値引も頑張りますと言っていました。








クーガの中古車

クーガの中古車相場表を見る
  • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止