マクラーレン MP4-12Cの価格・新型情報・グレード諸元

    このページの先頭へ

    マクラーレン MP4-12Cの新型情報・試乗記・画像

    MP4-12Cの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

    比較リストを見る

    新車発売中のグレードはありません

    MP4-12Cのモデル一覧

    MP4-12Cのレビュー・評価

    (2件)

    ユーザーレビュー募集中

    • MP4-12C 2012年モデル 眩い山吹色のボディカラーが印象的な英国マクラーレン・オートモーティブ社が製造するスーパースポーツカーである「MP4-12C 」。過去には、BMWモータースポーツGmbh社製V12エンジンを搭載した「マクラーレンF-1」が印象的であり、現在でも世界最速車両に数えられています。(最高速度は公式で391km/hを記録)また、メルセデス・ベンツとマクラーレンが共同で製作した「SLRマクラーレン」もF-1マシンのノーズを連想させるエクステリアと、世界一級クラスの動力性能で、現在でも、中古市場では数千万の高値で取引されるほどです。

      そんなマクラーレン・オートモーティブ社の最新モデルが、「MP4-12
      続きを読む C 」です。「12」という数字から、スーパーカーらしい12気筒エンジンが搭載されていると思われがちですが、実際には、3.8L V8 ツインターボエンジンを搭載。12気筒エンジン並のパワーを搾り出せるという意味が込められています。

      今回は、日本自動車輸入組合が主催する報道関係者向け試乗会に参加し(筆者は今年で19回連続参加と常連であります。)この山吹色のスーパーカーを短時間ながら試乗を敢行しました。

      先ほども触れましたが、同社初のロードモデル「マクラーレンF1」にも使われたディへドラルドアは、この「MP4-12C 」にも採用され、ドアを開けた姿は、飛び立とうとする甲虫のようなスタイリング。スーパーカー世代である筆者には、たまらない興奮を覚えます。

      幅広いサイドシルを跨ぎ、極めて着座位置の低いシートに身を沈めますと、正面には8500rpmからレッドラインが引かれたアナログのレブカウンターと右下には、デジタル表示のスピードメーター、他の情報は左右に配された液晶モニターで呼び出せます。また、センターコンソールには、タブレット端末を髣髴をさせる大型液晶ディスプレイがシンプルに設置されており、空調などの基本情報をはじめ、多岐に渡る情報を表示させることが可能です。

      埋め込まれるようなタイトな空間は、スーパースポーツのそれですが、前方視界は良好で、全幅が1909mmもあるクルマとは思えないほど、コンパクトに感じます。
      エンジンに火を入れますと、格好から想像するより、音量ははるかに控えめで、ラテンのスーパーカーのような爆発的なサウンドではありません。しかし、背後からは、低く野太いサウンドが響き、シートにもボディソニックのごとく、振動が伝わってくる辺りは、このクルマが、世界で何本の指に入る動力性能の持ち主である事をうかがい知ることが出来ます。

      試乗日はあいにくの雨。2013年モデルから、最高出力は25馬力向上し、625馬力!を発生するこのマシンの7段デュアルクラッチギアボックスを1速にシフトし、ゆっくり試乗会場を後にしました。

      試乗会場からハイウェイに乗り、法定速度に則り走り出しました。こんな派手なクルマが法定速度で流していると、周囲のクルマの流れもそれに従っているのが不思議。時速100キロに満たない巡航では、サスペンションの動きが手に取るようにしなやかに動き、たっぷりとしたストロークで、まるでGTカーのような快適な乗り心地を提供してくれます。ただ、背後に収まる625馬力、V8エンジンは、ぶ厚い低音のサウンドをフロアにまで響かせ、その迫力といったら、言葉で表せるレベルではありません。

      試乗時間が短い中、幸いにして雨も上がり、アスファルトの一部が乾いている区間があったため、ほんの一瞬重いアクセルを踏み付けました。8500rpmのトップエンドまで回す事は不可能でしたが、回転が上がるにつれ、市販車両の領域を超越した猛烈な勢いで吹け上がるV8ツインターボは、日本刀のような切れ味を持ち、一瞬恐怖すら覚えるほどです。

      もう一度、同じ区間にて完全停止状態から、時速100キロまで加速してみましたが、手元のクロノグラフでは、2秒後半で到達。そして、カーボンセラミックブレーキは、その速度を一瞬で殺す制動力を発揮。公道での試乗のため試す事は出来ませんでしたが、急制動時には、リアウイングが起き上がり、4輪の接地性を確保する“エアブレーキ”も装備されます。

      このご時世、F1譲りの技術を集めたスーパースポーツカーが存在していることは、ある意味絶滅危惧種であるといえますが、マクラーレン・オートモーティブの業績は伸びているといいます。

      クルマ好きには、速いクルマは永遠の憧れ・・・。自動車趣味人が減少の一途を辿る中、このようなクルマを製造する同社に敬意を表して、試乗を終えました。


      参考になった 7人
      2013年2月28日 投稿
      満足度 5
      エクステリア 5
      インテリア 5
      エンジン 5
      走行性能 5
      乗り心地 5
      燃費 無評価
      価格 4
    • 日本自動車輸入組合(JAIA)が毎年2月に開催している輸入車試乗会で乗りました。撮影を含めて45分間という限られた時間だったので、第一印象のみ報告します。

      見た目はまぎれもないスーパーカーですが、イタリア生まれのフェラーリやランボルギーニに比べると控えめで、イギリス車らしさを感じるとともに、F1レースで活躍してきたブランドらしい機能重視の姿勢が伝わってきます。ドアはパネルの窪みの下を手のひらでサッとなでるとサイドウインドーが下がり、引き上げることで開きます。かつてのTVRを思わせるトリッキーな手法で、これもまたイギリスらしさかもしれません。

      高めのサイドシルをまたいで、中央寄りに置
      続きを読む かれた低いシートに腰を下ろす動作はロータス・エリーゼを思い出させます。インテリアデザインもロータスに似て、モダンかつクールであり、イタリアンスーパーカーとは一線を画しています。もうひとつ印象的なのは視界の良さです。インパネや後方のエンジンフードが低いので、全長4509mm、全幅1908mm、全高1199mmというサイズがはるかにコンパクトに感じられるのです。

      ミッドシップに積まれる3.8LのV8ツインターボエンジンは、ル・マンやデイトナを走った日産のレーシングカー用をベースに、マクラーレンと技術開発企業リカルドが共同開発したもので、7速デュアルクラッチトランスミッションを介して後輪を駆動します。

      最高出力600ps、最大トルク61.2kgmを豪語するだけあって、3000rpmあたりでターボが本領を発揮してからの加速は強烈そのものです。でもそれ以下の回転でも扱いやすく、レスポンスやサウンドはイタリア製スーパーカーほどワイルドではありません。デュアルクラッチ・トランスミッションを操るパドルのタッチも乗用車的です。

      カーボンファイバー製モノコックの前後にアルミ製サブフレームを装着し、4輪のダンパーの油圧を統合制御する「プロアクティブシャシーコントロール」を採用した足回りは、硬質な中にまろやかさを秘めた、独特の乗り味をもたらします。辛くないレーシングカーといった感じで、乗用車の固い足回りとは別物のフィーリングです。

      ハンドリングはひと口ふた口味見した程度ですが、予想以上に素直でした。いい意味でボディサイズやエンジンパワーを感じさせず、乗りはじめて数分後には自信を持ってペースを上げることができます。カーボンファイバーモノコックやプロアクティブシャシーに加えて、エンジンを低い位置に縦置きしたことが良い結果を生んでいるようです。

      フェラーリやランボルギーニに比べると、見た目は派手さに欠けるかもしれませんが、その気になればしっかり乗り手の意志に応えてくれる走りは、レース屋が作ったスーパーカーらしいものでした。
      満足度 4
      エクステリア 4
      インテリア 5
      エンジン 4
      走行性能 5
      乗り心地 4
      燃費 無評価
      価格 3

    MP4-12Cの中古車

    MP4-12Cの中古車相場表を見る
    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止