クライスラー 300 2012年モデルの価格・グレード一覧

このページの先頭へ

300 2012年モデルのグレード一覧

比較リストを見る

新車販売が終了したグレード

グレード名
発売日 / 発売区分
新車価格 中古車価格 減税
区分
駆動定員燃費排気量重量出力
300 Black&White2013年11月16日/特別仕様車

398万円

-

  FR 5人 9.2km/L 3,604cc   286ps
300 SRT82015年10月17日/マイナーチェンジ

756万円

248〜398万円   FR 5人   6,416cc 2,020kg 476ps
300 SRT82013年3月2日/マイナーチェンジ

671万円

248〜398万円   FR 5人 5.9km/L 6,416cc 2,020kg 472ps
300 リミテッド2012年12月15日/フルモデルチェンジ

409万円

115〜298万円   FR 5人 9.2km/L 3,604cc 1,880kg 286ps
300C ラグジュアリー2012年12月15日/フルモデルチェンジ

554万円

159〜278万円   FR 5人 9.2km/L 3,604cc 1,900kg 286ps
300S2015年10月17日/マイナーチェンジ

577万円

188〜348万円   FR 5人 9.2km/L 3,604cc 1,880kg 286ps
300S2013年7月6日/特別仕様車

478万円

188〜348万円   FR 5人 9.2km/L 3,604cc 1,900kg 286ps
アロイエディション2016年9月12日/特別仕様車

577万円

-

  FR 5人 9.2km/L 3,604cc 1,880kg 286ps

300 2012年モデルのレビュー・評価

(4件)

300 2012年モデルの満足度

5.00

(カテゴリ平均:4.3)

    300 2012年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    • 300 2012年モデル クライスラーがフィアットの傘下に入り、日本法人もフィアット・クライスラー・ジャパンになって、クライスラーブランドとしては実に4年半振りの新型車としてクライスラー300(とイプシロン)が投入された。

      臨海副都心の有明地区をベースに開催されたメディア関係者向け試乗会に出席し、フィアット・クライスラー・ジャパンが用意した広報車両に試乗した。

      基本プラットホームは従来のモデルを継承しており、プロポーションも従来からの堂々としたオーソドックスな4ドアセダンであるのは変わらない。今回は取り敢えずワゴンの設定はなく、登場したのはセダンのみだ。

      変わったのは内外装のデザイン。威風堂々といった
      続きを読む 感じの外観デザインは、全体にクォリティアップが図られ、LEDのクリアランスランプなどに作り込みの良さや品質の向上が見て取れる。それ以上に良くなったのが内装で、大幅な品質の向上が図られている。

      試乗車は上級グレードの300Cラグジュアリーだったので、ナッパレザーの本革シートやイタリアの高級皮革メーカーであるポルトロウナフラウ社製の“フォリーニョ”と呼ぶレザーインテリアトリムが採用されていた。

      細かな部分の作り込みなどはまだまだといった感じも残っていたので、ヨーロッパのプレミアムブランド並みとまではいかないにしても、高級感にあふれた内外装の仕様であるのは間違いない。

      ブルーのLED照明を備えたメーターパネルは印象的で、斬新なイメージの高級セダンであることを強調している。逆に大きな液晶画面を持つメモリーナビは高級感あるインテリアの雰囲気から浮いた感じも受ける。このナビやオーディオにはUコネクトという新しい操作系も採用されている。

      5.0mを超える全長や1.9mを超える全幅は日本ではさすがに大きすぎるサイズだが、これにより室内空間の余裕は十分。フロアトンネルがあるので後席中央には座りにくいが、シートのサイズも大きめで、大人4人までならゆったりと座れる。トランク容量もたっぷりと確保されている。

      搭載エンジンはV型6気筒3.6Lの可変バルブタイミング機構付きDOHCエンジンで、210kW/340N・mのパワー&トルクを発生する。従来の3.5Lエンジン比べると、動力性能を向上させながら燃費も向上させている。

      ZF製の電子制御8速ATと組み合わされた走りは滑らかそのものだ。市街地などを走っているときには7速や8速のギアには入らないが、そこまでの変速も滑らかそのものといった感じ。気付かないうちに変速しているので何速で走っているか分からなくなる。

      時速80kmを8速ギアを使ってで走るときのエンジン回転数は1000回転をちょっと超える程度。市街地はともかく高速クルージング時の燃費は相当に良さそうだ。

      シフトレバーはセンターコンソールに設けられているが、300Cラグジュアリーではステアリングホイールの裏側のパドルを使ってのマニュアル操作も可能だ。

      乗り心地はけっこう硬め。というか、300Cラグジュアリーには20インチタイヤが装着されていて、これが乗り心地の硬さを感じた理由と思われる。ベースグレードの300リミテッドは18インチタイヤを履いている。恐らくはこれがジャストフィットなのだろう。

      300リミテッドの価格は400万円を切り、Cクラスや3シリーズと競合するような設定。上級グレードの300Cラグジュアリーは538万円の設定で価格は一気に高くなるが、前述の本革シートや本革インテリア、サンルーフ、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター&リアクロスパスディテクションなどが装備される。

      安全装備の充実化も今回のモデルの大きな特徴なので、予算に余裕があるなら先進の安全装備を備えた300Cラグジュアリーを選びたい。

      参考になった 3人
      2013年1月15日 投稿
      満足度 3
      エクステリア 4
      インテリア 4
      エンジン 4
      走行性能 4
      乗り心地 3
      燃費 3
      価格 4
    • 2005年式新車で買って9年近く乗ってカスタムしてとうとう乗り換えたよ〜!
      ひとまずまだ、どノーマルで乗ってるけど、ラグジュアリー感出てて意外と満足してるよ!
      見た目が大分変わっちゃったけどまぁ今は大好きだなぁ!
      内装はやっぱりクラウン、レクサス等比べてしまうとだいぶ落ちるけどね!
      そりゃレクサスと比べちゃいかんわかなぁ。
      てか国産と比べると落ちるね〜
      まぁ旧型と比べればだいぶオシャレになったね〜
      同じアメ車でもキャデラックのほうが上を行きますわ〜。
      でもクライスラー大好きだからいいんです!て感じだね!
    • サイズ、足回りの滑らかさもさることながら、2重ガラスを採用しているため静粛性は抜群です。たとえばパチンコ屋の駐車場にいても窓を閉めればピタッと外部の雑音をシャットアウトしてくれます。
      またエンジンの防音もしっかりとされていて走行中も耳障りな音は聞こえてこず3.6Lペンタスターエンジンの滑らかな音が聞こえてきます。ドイツ車などと比べるとインテリアの高級感は劣りますが、シンプルな作りのためクラスターメーター類の青色LEDの光が際立ち室内空間を少し色っぽく演出してくれていると感じます。
      燃費に関していえばけして良くはありませんが、国産車の3500CCサイズの車両と比べて悪いわけではなく、これだけ
      続きを読む のサイズと重量をもってしてむしろ燃費は良いほうと感じます。実質月1回の高速走行のみですがトータル燃費7キロはあります。8速ATの100km/hでの回転数は1000回転ほどですので高速走行ゆったりと流して走れば燃費はもっと伸びそうですね。
      回転数がこれだけ低いと高速でも騒音はほとんどありません。ロードノイズが気にならない程度するなといったくらいです。
    • 最高の乗用車です

      この値段でこの装備、優越感、快適さ

      全てパーフェクト

    300 2012年モデルのクチコミ

    (4件 / 1スレッド)
      • ナイスクチコミ1
      • 返信数3
      • 2019年3月28日 更新
      ワイパーの交換をしたいのですが、どのワイパーが適合するか調べきれていません。
      お勧めのワイパーをどなたか教えてください。

    300の中古車

    300の中古車相場表を見る
    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止