トヨタ ライズの価格・新型情報・グレード諸元

このページの先頭へ

トヨタ ライズの新型情報・試乗記・画像

ライズの自動車カタログ・グレード諸元・新型情報

比較リストを見る

ライズのモデル一覧

ライズのレビュー・評価

(3件)

ライズ 2019年モデルの満足度

4.00

(カテゴリ平均:4.31)

    ライズ 2019年モデルの満足度

    カテゴリ平均値

    ユーザーレビュー募集中

    • 顔とグレードの装備、純正ナビとか以外はほぼダイハツのロッキーとおなじです!


      「完」        あくとう先生の次回作にご期待ください。



      …ではあまりにもつまらないので、折角ディーラーまで行って乗ってるんだから書きますね!
      (開発の主体であったダイハツのロッキーのとこで大体書いているのでそちらも読んでもらえたら参考に    …ならんレビューや。いつも。)

      デザインに関してはキーンルックのカローラやCH-Rに連なるフロントデザインです。
      ルーフも高めにとってありフォルム的にはRAV4などの正統派のSUV系なのでなにかとRAV4言われるんでしょうが、クラスの近いC
      続きを読む H-Rと比較されて共喰いにならないようにトヨタ的に意図的に誘導している可能性はあります。
      ただ、実際の車を見てもらえばわかりますが、なかなか立派に見える佇まいですし、室内を見回しても質感も悪くありません。コンパクトなサイズながらリアシートの居住性などはCH-Rよりずっと健全。ショールーム効果は抜群だ。(ポケモン感)

      実際に乗り込んでみてちょっと小ぶりかなと思うシートに腰かけてポジションをとると、視界も広く、カローラで若干鬱陶しいなと感じたディスプレイオーディオ(ナビ)も視界を遮らずいいです。上位グレードならシートヒーターが標準です。これは乗った人間にしかわかりませんが、冬は腰やおしりからポカポカしてあるととてもありがたい装備です。
      CH-Rで試乗の際に左後方の視界があまりにも悪かったため自転車を轢きそうになりましたが、ライズはかなり視界良好です。なんなら、ブラインドスポットモニターもオプションで付けれます。
      とっさに押せることが一番重要なハザードボタンも誰でもわかるし、押しやすい位置にあります。グッジョブです。

      ここまで褒めてきましたが、たぶん意見が分かれるのはここからです。
      エンジンが1リッターターボエンジンしかないこと、そしてダイハツではDNGAなどときれいごとを言っていますが、要は軽自動車ベースに共用拡張したプラットフォームを使うことによるフィーリングです。

      エンジンのパワーについてはとにかく頑張って軽く仕上げたのが効いて、通常の街乗りでは力感には欠けますが問題なく走ります。エンジンの遮音もタンク/ルーミーの頃よりうまく処理してあって静かになりました。
      官能的なことは皆無の実用仕様でこれで悪くない出来ですが、それでも盲目的にハイブリッドでないと絶対嫌だ!とかいう方は必ずいますので、そこをどう捉えるかでしょう。

      ハンドルを切るとよく切れる感覚に襲われます。17インチのタイヤはいていて5mの最小回転距離というスペック以上に。
      そして感じる、よく言えば軽快、悪く言えば妙な安っぽさ微妙な剛性感のフィーリング。
      だいたいこのシャシーに17インチというのが過剰スペックと自分では感じるのですが、それでも破綻せずまとめたダイハツも苦労してるんだろうなとは思います。
      それでも、フィットベースのヴェゼル、カローラやプリウスベースのCH-R、SUBARU GLOBAL PLATFORMのXVなどとは、上に載っかかる想定重量が違います。
      せいぜい1トン前後のボディを想定しているプラットフォームと、1.5トンとか悪ければ2トン近いボディを受け止めなければならない(スバルなんかこれから後のモデルは基本的にこれ1つで賄わなきゃならんのだし。)ではつくりが違うのは自明の理。
      そういう点も含めて試乗してみるのもいいんじゃないでしょうか。

      しかしカタログを見れば見るほど、カスタマイズの幅が広くてビビります。
      ひと昔の中国人の人の喜ぶ高級装備がでかいディスプレイ、非接触充電(Qi)、マッサージ装備(笑うなかれ、PSAのDS7などは対中国用高級車のため運転席にマッサージ機能がついている)ですが、マッサージ機能以外は対応できます!(笑)
      おかげで調子に乗って機能足していくと300万越えたりしてビビリます。
      トッピングはほどほどにでしょうか。(笑)

      それにしても、フル装備のエアバック類、ブラインドスポットモニターや全車速対応アダプティブクルーズコントロール、高級装備の数々にめまいがしそうですが、しっかりしたドアの厚みといい、クルマなんて軽自動車でいいやと思考停止しそうなユーザーたちに、ちょっぴり維持費が高くなってもこれ欲しい!と思わせるだけの出来ではあると思います。

      懸念材料はいまだ微妙なスマアシ3と、耐久性でしょうか。
      17インチのタイヤなど結構シャシーに負担がかかるとおもうので、そこらあたりがクリアになれば欲しいとおもう車ですね。

      でもトヨタでライズ、ダイハツでロッキー。わざわざデザイン2つ起こす必要があったんでしょうか?
      オプションカタログ見たらグリルガーニッシュとかメッキ加飾できるパーツが結構揃っていて、ライズ カスタムとか簡単にできそうです。
      元々はタンクやルーミー、トール、ジャスティのように、トヨタ4チャンネルとダイハツ、スバルでいろいろと売る予定だったけど、近い将来トヨタは全ディーラーが同じ全車種を取り扱うようになるんでダブっちゃうんと、せっかくスバル顔にしてやったのにスバルがXV売れんようになるからやめてー(ジャスティなんてほんま売れてない)と泣きが入ったからやめたとか、
      最後までどっちのデザインでいくか決め切れなくて、結局キーンルックをトヨタで、ベーシックなデザインをダイハツにと分けたとか、
      色々邪推してしまうんですが、いかがなもんでしょうか。 スバル 邪推ティー。

      なんだかんだ言っても初代のRAV4を知っている世代ならこのサイズ感などリバイバルしてきたようで嬉しい限り。
      Gにシートヒーター、ディスプレイ、パノラミックモニターをつけたくらいでさらりと街乗りと割り切って使うとかならぜんぜんいいかも。
      (つーか、年間2万とか3万キロとか走るとかだったらもっとしゃんとした車のほうがいいと思うだけで。)
      そんな一台でした。
    • 《一部加筆、修正しました。》
      会社帰りに通りがかったら展示車両があったので覗かせてもらいました。
      グレードはGのFF ナチュラルベージュマイカでした。

      【エクステリア】
      5ナンバーながら、カクカクしてるせいか実寸よりは大きく見えます。雰囲気はビーゴ似てるなと感じましたが、テイストはフロントグリル、ライトはRAV4ですね。リアランプをガーニッシュで繋げたのはUX意識してるのかな。
      違和感少なく受け入れやすいデザインはマル
      ちなみに最低地上高は185mm

      【インテリア】
      シート縁のアカパイピング、ハンドル、ドアノブにシルバー加飾(G以上のグレードのみ)してRAV4風の造形。
      続きを読む 運転席に座った感じ、全方位の視界、見切りは良さそう。
      ウレタンハンドルは小さい自分の手でも細目、アップライトの姿勢で適正ポジションを取り後席に乗り込むと、足元は車体サイズ4m未満とは思えない広さあり、余裕で脚が組めました。膝の高さで縦こぶしで4個くらいの余裕あり、ただ頭上は1.2個分か。ちなみにリアドアの取手は遠いRAV4と違い、アームレスト内蔵のドアポケット兼ねたもの。
      リアートのリクライニングは2段階、センターアームレストは無し。
      トランクはこの車体サイズで十分確保されてると思ったらアンダーボックスが30cm深く、合われば大容量。スペアタイヤ付けなければ…
      帰ってカタログで確認したらデッキボードが2段式で、容量はデッキ上段で303L、下段で369L、アンダーが145L、80Lなので合わせて440L位ですかね。ただ4WDは40L程減少するようです。
      またカタログでは後席倒して150cmのスノボが詰める奥行きはあるそうです。

      [グレード-予防安全機能)
      グレードはRAV4と同名称で上からZ.G.Xs.Xの4グレード
      安全装置はスマートアシストという名称で15種類くらいありますが、充実してるのは上位2グレード
      ただし、全車速追従機能付ACC、レーンキープはZのみ。
      ブラインドスポットモニター、パノラミックビュー、スマートパノラマパーキングは上位2グレードのみにオプション設定。BSM(ブラインドスポットモニター)はなんと6.6万円もします。
      なおサイドエアバック、カーテンシールドエアバックは全グレード標準。
      快適装備の前席シートヒーターはZ、4WDが標準。その他はオプションです。

      【価格】
      問題はここ!
      170万台(税抜)のGグレードがフロントダッシュボードに置かれたプライスタグを見ると280万円近く。
      9インチナビが26万くらいしめていたが、営業マンの話しで4WDだと320万くらいになるとか。リッターカーがこの価格とは、思わず唸るが営業も同意見でした。


      【総評】
      5ナンバーで実用性が高い、パッケージングは見事でした。
      ミニRAV4として受ける要素はありますが、オプション付けてここまで高くなるとは。トヨタマジック、一回り大きいSUVが買えるのは悩ましいところ。
      軽自動車でもオプション盛って250万くらいな時代なので、高いいけど唯一無二の5ナンバーサイズで充分な室内空間と小回り性能を持つ、ラッキー、ライズはSUVのニューカマーとして売れるんでしょうね。
      ちなみにカタログのキャッチコピーは『サプライズと出会おう』でした。
      5人のアダムスファミリーならぬRAIZEファミリーが主役なので家族に売り込みたいのでしょうかね。

      試乗してないレビューですいませんが参考になれば幸いです。ナンバー着いたら試乗させてもらう予定です。

    • 【エクステリア】
      個性は強くないですが、万人ウケする良いデザインです。
      【インテリア】
      9インチのディスプレイオーディオも含めて全てオプションのオーディオレス仕様の一種ですが、約10万円のディスプレイオーディオがcar playなどのスマホに標準対応するなど、これまでのナビを売りたいトヨタからはだいぶ進化しました。

      軽自動車のスペース活用術を応用したことにより、室内はこのクラスでは考えられない大人4人かなりゆったり乗れて、トランクもかなりの容量を確保し、遊びグルマとしての基本をしっかりと押さえています。
      【エンジン性能】
      1000kg前後の軽い車重には十分なエンジンなので、必要
      続きを読む なパワーは得られるでしょう。
      【走行性能】

      【乗り心地】

      【燃費】

      【価格】
      FFだとZグレードに9インチディスプレイオーディオで200万円の前半に収まる総額とかなりおトクな価格設定です。
      【総評】
      イグニスをレビューしたときに全長4程度に伸ばせばキャビンとトランクが実用的な良いコンパクトSUVになると書いたことがありましたが、まさにそんなクルマが出てきました。

      コレは大ヒットの予感がしますね。

    ライズのクチコミ

    (159件 / 16スレッド)

    クチコミ募集中

    ライズのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    ライズ 2019年モデル

    ライズ 2019年モデル

    ライズ 2019年モデルのクチコミを書く
    ライズ

    ライズ

    ライズのクチコミを書く

    閉じる

    ライズのクチコミ対象製品を選択してください。(全2件)

    ライズ 2019年モデル

    ライズ 2019年モデル

    ライズ 2019年モデルのクチコミを書く
    ライズ

    ライズ

    ライズのクチコミを書く

    閉じる

      • ナイスクチコミ0
      • 返信数2
      • 2019年11月12日 更新
      現在、購入を考えています。
      この車に社外ナビを考えています。
      ナビは11月に新型が出て値引きのある
      パナソニックのCN-F1DVDを考えているのでが
      サイズ的に2DINサイズは導入可能でしょうか?
      (ハーネスが間に合わない件は目をつぶったとして)
      ディーラーに聞いても
      「どうでしょうね〜」「量販店に聞いてみては?」
      と明確に教えてもらえません。
      よろしくお願い
      続きを読むいたします。
      • ナイスクチコミ35
      • 返信数4
      • 2019年11月11日 更新
      ネッツ店で展示車見てきました。Gモデルでした。
      パッケージは最高。今まで何でこのクラスが無かったのか不思議なくらい。
      狭い住宅地環境の日本では売れるでしょうね。
      Zモデルを見たかったけど、Gで我慢。
      試乗はしていないけど、座ったりした感じではシートもポジションも私には
      ちょうどいい。座りごごちも良い。荷室も十分。
      ただ残念に思ったのは、ダッシュボードまわりの造りがチ
      続きを読むープな事。手触
      り感もそうだけど、ダッシュボードを指で叩くと安っぽさ満載。樹脂の質が
      低いのと、厚みが薄いのが良く分かる。会社のプロボックスの方がしっか
      りしている。
      Gモデルだったのでステアリングも樹脂製。細くて見るからに安っぽい。
      ステアリングスイッチもノートパソコンの音量などのボタンの方が高級感
      ある。
      展示車にはディスプレイオーディオが付いていたけど、このDAの裏にデ
      ィーラーナビを付けるためにあるダッシュボードのフタ、これも安っぽい。
      高熱で反って来るんじゃないかと思うほど。ダッシュマット作ったら多分
      売れるでしょう。
      コスト削減は分かるけど、見えて触れる部分はもう少しこだわって欲しか
      ったと感じました。

      ジムニーがまだ納車待ち1年ぐらいと聞くので、そういう方の一部も取り込
      むかも知れませんね。
      それにしても久々に欲しいクルマ。これなら家内でも運転できそうです。
      早く試乗したい!
      • ナイスクチコミ8
      • 返信数4
      • 2019年11月10日 更新
      これってヘッドレスト外してフロントシート倒し後席とフラットにすることできるんでしょうか?

    ライズの中古車

    ライズの中古車相場表を見る
    • ※ 掲載しているすべての情報は万全の保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格です。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

    このページの先頭へ

    © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止